2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非公開コメントのお方さまへ 手書きハングル文字、解読しました!

1かめら-3

「スタイルを分かっている人たちの目にだけ
宝物を見つけられるでしょう」(見つける能力が備わっているでしょう)

스타일을 아는 사람들 눈에만 보물이 보인 탑나다.

これで ほぼ間違いないと思います。

がぁ~~、しかし・・・
オルゴール-2
動画をもう一度確認したら、バレリーナの人形のオルゴールに
つづきのハングル文字があり
それもついでに訳したら・・・

「やっと(ついに)宝物、発見!」

って、書いてありました!!(^^;)

やっぱりオルゴールを買ったみたいです。
オルゴールは、その後の他のシーンにも出てくるので間違いないと思います。
ですが、カメラを買ってないとも言い難い・・・
カメラを買った後にオルゴールも買った?かも知れませんよね?!(く、苦しい・・)

確かにCMの中だと、カメラのシーンの後に すぐお金を払うシーンがあるんですが、
この場合、編集してある可能性も充分考えられるし・・・
ああ・・わからん・・答えはやっぱり霧の中・・・

スポンサーサイト

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

Spring Waltz Special Galleryがユン・ジェハ編withウニョン⑦に更新されています

春のワルツ公式ガイドブック特設サイトでは
Spring Waltz Special Gallery Feat. Yoon JaeHa
「春のワルツ」特別ギャラリー
 
がユン・ジェハ編withウニョン⑦に更新されます。

ファンミの日、7月25日にユン・ジェハ編withウニョン⑥が更新されていたんですねぇ
気づかずに1週間過ごしてしまいまして、すみません
どんなお写真が紹介されていたのか? とても気になります

今週のお持ち帰りはこちらです!
チェハとウニョン7-6

こちらからご覧ください。
 Spring Waltz Special Gallery

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

TOKIMEKIにソ・ドヨンファンミーティング2009レポート①がアップされています

ソ・ドヨンにTOKIMEKiでは、
ソ・ドヨンファンミーティング2009 レポート①が
紹介されています

イベントの模様は「愛韓プラス②」「韓国ドラマTVチェック③」に掲載予定です。

とのことです!

ではどうぞご覧ください
http://tokimeki-p.com/special1/toki89.html

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョジュちゃん 愛の自転車分かち合いイベントに出席

Baskin Robbinsのイベントに出席したハン・ヒョジュ
20090731151709773.jpg
ハン・ヒョジュ

31日午後、大学路(テハンノ)Baskin Robbins(ベスキンラビンス/日本では“サーティワンアイスクリーム)のカフェ31で行われた<Baskin Robbins ブラスト ハン・ヒョジュの愛の自転車分かち合い>イベントで、韓国女優ハン・ヒョジュが飲料<ブラスト>を持ちポーズを取っている。

2009/07/31 16:14:17 入力

記事元 http://www.wowkorea.jp/news/enter/2009/0731/10060443.html
----------------------------------------------------------------------
[★フォト]'チャニュ'ハン・ヒョジュ,人気実感!
[スターニュース] 2009年07月31日(金)午後03:12

[マネートゥデイ スターニュース ユ・ドンイル記者]
20090731151258769b6_151804_0.jpg
ドラマ'きらびやかな遺産'で熱演を広げた俳優ハン・ヒョジュが31日午後ソウル バスキン・ロビンス マロニエ店で新製品プルラストゥを広報する中で多くの取材陣等を見て驚いている。

記事元 http://kr.search.yahoo.com/search/news?b=41&p=%ED%95%9C%ED%9A%A8%EC%A3%BC&y=11&fr=kr-search_bottom
----------------------------------------------------------------
その他、ネットニュースの写真です!

2009073115173055215_151822_0.jpg
20090731151258769b6_151804_0.jpg
2009073114572434402_154018_0.jpg
20090731161710177e7_162812_0.jpg
20090731152114826b6_152704_0.jpg
20090731152100825b6_152704_0.jpg
2009073115181859315_152122_0.jpg
2009073115173455315_151823_0.jpg
20090731152818860b6_153616_0.jpg
2009073115242567415_153319_0.jpg
2009073115335474180_153609_0.jpg

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ワン・ジヘさん インタビュー記事です

“最後の撮影の時涙ジャージャー注いで”
2009年07月31日(金)11:28フォーカス新聞
fsf999b94cba07493fa84f473c094ddf67_0.gif
■ interview ‘友人,私たちの伝説’ジンスク役ワン・ジヘ

前髪ない‘ポブダンバル’スタイル女性に人気“ジンスクは遊び人違います…ガムはちょっとかむが”

“ジンスクが頭して下さい。”

美容室を見れば最近どんなドラマが人気なのか一気に知ることが出来る。 ‘内助の女王’が全国をさらった時は君も私も‘チョン・ジエの波パーマ’をまねるとこの頃大勢は‘友人,私たちの伝説’(MBC)の‘ジンスクがスタイル’だ。

劇中ジンスクは前髪ないポブダンバルをお目見えする。 ややもするとやぼったいこともあるがワン・ジヘ(24)の白い皮膚,さっぱりした耳目口鼻と交わるときれいで清純な魅力が倍加される。

“女優ならば,誰でも画面で美しく見えたいです。 だが時代劇だから衣装とメーキャップ,ヘアースタイルまで多くの部分をあきらめなければなりませんでした。 だが演技に没頭すればいつかジンスクが引き立って見えることと信じましたよ。”

その上ジンスクは同数(ヒョン・ビン),樽石(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン)傾向(税)男の愛を一人占めする。 それこそ‘福受けたキャラクター’だ。

“ジンスクの明るくて元気な姿に魅力を感じるのではないでしょうか? 主人公の気持ちを揺るがす‘卵の黄身(重要な部分)’配役であるからさわやかなエネルギーをアピールしようと努力しましたよ。 クァク・キョンテク監督様も‘明るく笑いなさい’という要請をたくさんされました。”

だが一部視聴者たちは劇中バンド ボーカルのジンスクを‘遊び人’で蔑視したりもする。

これに対してワン・ジヘは“自分の主張強い女”としながらも“ガムはちょっとかむがタバコは吸わない”としてげらげら笑い出した。

“去る12月キャスティング消息を聞いて,台本をリーディングする時まで‘夢なのか生時なのか’しました。 クァク監督様作品なのに加えいつかなまり演技を必ず一度してみたかったんですよ。”

馬山(マサン)出身の彼はすでに慶南(キョンナム)地域なまりがなじむが“釜山(プサン)なまり特有の香ばしさをまともに表現できないようだ”として物足りなさを表わすこともした。

ワン・ジヘはドラマ最後の撮影日クァク監督の前でジャージャー涙をこぼした。 感動と惜しい感情がこみあげたためだ。 当時が浮び上がったのかワン・ジヘの目じりがまたしっとりとした。

“宝物同じ時間でした。 追加撮影で当時の物足りなさを相殺したいが撮影が終わればまたそのように涙をこぼしそうです。”

文キム・ヤンス記者・写真イ・ヒョギュン記者(webmaster@fnn.co.kr)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2310367&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョンビンさん インタビュー記事です

ヒョン・ビン“‘友人’出演反対激しかった‥内演技は60点” (インタビュー①)
[ニュースエン] 2009年07月31日(金)午前06:50
20090731065033375e7_065612_0.jpg
[ニュースエン文ユン・ヒョンジン記者/写真チョン・ユジン記者]“皆が反対した‘友人’出演後悔なしに満足‥挑戦精神あったので私の演技は60点”俳優ヒョン・ビンが一層荒くなった目つきに戻った。 口数はぐんぐん減ったが彼の表情には口でとてもみな吐きだすことが出来ない深くて悲しいお話がたっぷり含んでいる。

ヒョン・ビンはMBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’(以下ドラマ‘友人’)で主人公ある同数役を担った。 映画‘友人’のクァク・キョンテク監督とスタッフらがまた意気投合したドラマ‘友人,私たちの伝説’は映画よりさらに繊細なストーリーラインをお目見えして主人公らの切ないメロー関係と成長過程などの個人的理由に焦点を合わせて,また他の面白みをプレゼントしている。

ヒョン・ビンが引き受けた主人公同数やはり映画からよりさらに多い理由を伝える。 特に同数という人物はすでに映画‘友人’でヒョン・ビンと同じ所属会社家族であり懇意な兄の俳優チャン・ドンゴンが熱演したのでヒョン・ビンとはより一層縁が格別だ。

“チャン・ドンゴン氏との比較はもちろん予想した。 だが深く気を遣いはしない。 映画とドラマでの同数は各々違った感じを持っている。 チャン・ドンゴン氏が演技した同数よりドラマで私が演技する同数はさらに緩和される部分が多かった。 ドラマでは同数がなぜそのような人生を選択して生きるのか具体的に表現されるからエピソードがさらに多様だ。 ジンスク,ご両親との関係で見せてくれる点などがさらに多い。 映画と同じアングルを追求したが場面の他に内容上で明らかに差異点がある”同じキャラクターを消化したチャン・ドンゴンはヒョン・ビンに強固な助言者であり応援軍だ。 多くの言葉の代わり頑張れとの慰労とよくやり遂げているという応援を送る。 実際ヒョン・ビンが釜山(プサン)で‘友人’を撮影する時,現場を直接探したことがあるチャン・ドンゴンは過去映画‘友人’をとる当時の思い出に陥って,懐かしさを吐露した。 また最近ではドラマ‘友人’をモニターしてヒョン・ビンにたびたび文字や電話でおもしろくよく見ているというメッセージを伝えたりもする。

だがヒョン・ビンがドラマ‘友人’に出演すると出るや周囲では皆彼を止めた。 極力反対してヒョン・ビンに考え直してみることを薦めた。 映画‘友人’がすでに大きく興行をおさめただけでなく大衆には映画の中場面らと大使らがとても慣れているからむしろ比較だけ当てられるという意見らが多かった。

“多くの反対を押し切って出演を決めた。 視聴者たちの頭の中にすでに映画‘友人’が刻印された状態なのでどの1人ももれなく‘そうだ,どのようにとったようなようにしよう’という考えでドラマ‘友人’をつねってみるという予想が多かった。 それでも私は果敢に挑戦して,無事に撮影を終えた。 作品に対して特別に酷評があふれることでもないので現在満足する。 私の演技に点数を付けろと言うなら100点満点に60点だ。 挑戦精神が60点で残った40点は私が演技でさらに満たさなければならない部分だと考える”もちろん負担感は少なくなかった。 ドラマ‘友人’だけの色を見せなければならなかったしそのようにするためには演技にも差別化を与えなければならなかった。 映画より繊細な心理描写はもちろん同数というキャラクターの内的な面をさらに見せなければならなかったので単純になまりや容貌だけがでない繊細な他の何かが必要だった。

“目つきに神経を多く使った。 同数がお話が多いキャラクターではないのでそれ以外の部分で大使がない時は目つきで同数を表現しようと思った。 同数は高等学校の時格闘技選手生活をした人物なので鋭利で鋭い目つきを考えた。 その目つきと状況での同数を作るために6ヶ月の間運動もした”目つきの他にヒョン・ビンが重点を置いたまた他の演技ポイントはまさになまりだ。 クァク・キョンテク監督はヒョン・ビンにドラマ20回分の大使を釜山(プサン)なまりで皆録音して伝達する熱意を見せた。 私消したことであることもあるだろうがソウル男者ヒョン・ビンには言葉で表現できないほど有難い配慮であった。

釜山(プサン)で撮影する当時朝から夕方まで釜山(プサン)なまりを習うためのヒディンは一日中続いた。 リーディング後には監督と一対一なまり課外も受けた。 もしかして表情や感情処理に気を遣うのに大使をまともに表現できない時はクァク・キョンテク監督の無線機でヒョン・ビンの大使が香ばしい釜山(プサン)なまりも伝えられた。 そのように6ヶ月撮影が続いた。

“監督様に本当に感謝する。 私のなまりをいちいち点検する姿を見てこういう方も啓示区やしたかった。 作品に対するすごい情熱が感じられた。 撮影会場でまともに表現できないなまりは後市(詩)録音でまたした。 ドラマ‘友人’は事前製作から編集手本として不足した部分をまた満たすことができた。 補充撮影をしている今はむしろさらに易しく釜山(プサン)なまりで演技をしている。 なまり演技がもう一層気楽で習得する過程もはやくなった”クァク・キョンテク監督との作業はヒョン・ビンに俳優としてさらに成長できる学習と機会を与えた。 その間分からなかった演技ポイントをクァク監督を通じて,新しく悟ったしただ今回だけでなくこれからヒョン・ビンの演技に強固な栄養分になるほどの教えを受けた。 特になまり以外の演技においてクァク監督は徹底的にヒョン・ビンを信じた。 監督が考える同数だけを固執しないでヒョン・ビン自ら表現やり遂げることができる余地を残した。

このような貴重な過程らがあったのでヒョン・ビンは決して視聴率に執着しなかった。 映画‘友人’だけに大きい興行をおさめることができなくて10%内外に留まって低調な視聴率を記録しているけれどスターでない俳優を渇望するヒョン・ビンに今当面の高い視聴率をそれほど大きい意味がならなかった。

“数字は格別意味がない。 作品自体が非難を受けたり私の演技に対する反応が良くないならば気に障って大変でしょうがそうではなくてある程度良い評価を聞いて必ず高い視聴率でだけ評価されたくはない。 高い視聴率を記録した出演作‘私の名前はキム・サムスン’時のヒョン・ビンと今のヒョン・ビンは違う。 その時は私の顔を知らせて多くの愛を受けることが最高だったが今は人気より演技と認められたい”ヒョン・ビンはドラマ‘友人’以後当分休息期に入る。 その間1年が過ぎるまで休まないで駆け付けたので再充電をしながらより大きい跳躍のために内実を固める計画だ。 一緒に昨年釜山(プサン)国際映画祭に現れたことがある映画‘私は幸せです’封切りが今年の末に予定されることによって映画広報で活動を再開する予定だ。

ユン・ヒョンジンissuebong@newsen.com/チョン・ユジンnoir1979@newsen.com
20090731065033375e7_065612_1.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090731065033375e7&newssetid=83
-------------------------------------------------------------------
ヒョン・ビン“孤独だが恋愛はまだ...センスある女良い”(インタビュー②)
[ニュースエン] 2009年07月31日(金)午前06:50
20090731065057376e7_070034_1.jpg
[ニュースエン文ユン・ヒョンジン記者/写真チョン・ユジン記者]俳優ヒョン・ビンがドラマ‘友人,私たちの伝説’を通じて,最高の純真なひまわり愛をお目見えしている。

ヒョン・ビンは劇中ある同数役を担って,高等学校時期から片思いしてきたチェ・ジンスク(ワン・ジヘの方)と切ないメローラインを形成している。 ドラマ‘友人,私たちの伝説’は映画‘友人’からより主人公らのあいだのさらに深くて繊細な心理描写を表現やり遂げて豊富なエピソードを伝える。

ジンスクを眺める同数の切なる心は映画やドラマ皆で相変わらずだがドラマ‘友人,私たちの伝説’ではこれらの愛情関係がさらに浮び上がっている。 映画‘友人’が友人らのあいだの友情を主な素材でお目見えしたとすればドラマ‘友人,私たちの伝説’は映画で皆見せることが出来ない人物らのあいだの愛をさらに濃く表わして視聴者たちの心を揺さぶる。

劇中同数はジンスクに一言まともに表現できない少しは苦しい男だ。 好むという言葉さえ手紙に“他の恋人作らずに待ってくれ”とやっと表現する。 だが実際ヒョン・ビンの愛は少しみなルだ. 書いても良がる心を努めて,ギュウギュウ押したり隠しはしない。

“もちろん誰かが胸中に入ってくるならば同数のように非常に悩んで迷いそうだ。 だが他の点があるならば同数を話をよくできないが私は表現するということだ。 同数がそばにある友人樽石(キム・ミンジュンの方)を考えて,さらに話せない点もあるだろうが私がもし好む女を勝ち取りたくて私の前にあったら良いと判断されれば言葉で心をまさに表現するようだ。 少なくとも同数のように話せなかったり手紙に伝えないだろう”同数のように友人の前恋人を愛することになるならばどうだろうか? 友情と愛二つのうち一つを選択しなければならない苦しい状況であることもあるがヒョン・ビンは果敢に愛を選ぶという意外な返事をした。

“女を選ぶ。 もちろん友人とつきあっている途中ならばあえて奪い取ってきたくはない。 だがすでに友人と終わった間ならば問題になることがないと見る。 好む女に堂々と心を明らかにして連れてくる。 もちろんまだそうしたことはない”ことにだけ追われて駆け付けたヒョン・ビンやはり孤独だ。 いくら仕事にぶらさがって忙しく生きる芸能人であっても孤独なのは皆同じだ。 だがまだ恋愛する時でないとここは彼だ。

“孤独だ。 仕事をする時は働きさえするスタイルだ。 まだ仕事が先にのようだ。 恋愛は時になればするだろう。 ガールフレンドもいつか現れるだろうという考える。 私はセンスある女が良い。 どんな状況が与えられた時,その状況に合うように服を着て行動と話をして適切に対処できるセンスを持った女が理想だ。 賢明ながらも,センスを発揮できたら良いだろう。 また私ができない部分らを代わりに用意することができる女性ならば良いだろう”一方ヒョン・ビンはドラマ‘友人,私たちの伝説’放映終了以後当分休息期に入る。 その間1年が過ぎるまで休まないで駆け付けたので再充電をしながらより大きい跳躍のために内実を固める計画だ。 一緒に昨年釜山(プサン)国際映画祭に現れたことがある映画‘私は幸せです’封切りが今年の末に予定されることによって映画広報で活動を再開する予定だ。

ユン・ヒョンジンissuebong@newsen.com/チョン・ユジンnoir1979@newsen.com
20090731065057376e7_070034_0.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090731065057376e7&newssetid=83
-------------------------------------------------------------------
ヒョン・ビンに実際の友人と友情とは? (インタビュー③)
[ニュースエン] 2009年07月31日(金)午前07:06
20090731070659402e7_071412_0.jpg
[ニュースエン文ユン・ヒョンジン記者/写真チョン・ユジン記者]俳優ヒョン・ビンに友人という(のは)どんな意味であろうか?
ヒョン・ビンは現在放映中のMBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’である同数役を担って,熱演中だ。 映画‘友人’のクァク・キョンテク監督とスタッフらがまた意気投合したドラマ‘友人,私たちの伝説’は映画よりさらに繊細なストーリーラインをお目見えして主人公らの切ないメロー関係と成長過程などの個人的理由に焦点を合わせて,また他の面白みをプレゼントしている。

高等学校時期竹馬の友であった同数を含んだ4人衆の友人らは以後学校を卒業して各自の道を歩くことになる。 学生時代みな固く団結して同じであるところを眺めていつも一つを叫んだ友人らはおとなになって,世の中に飛び込んで他の環境と価値観の中で少しずつ遠ざかることになる。

“出てきて友人ら関係やはり他の見方をすればドラマの中人物らの状況と少し似ているようだ。 ドラマのように一時毎日付いて回った友人らが各自の仕事をして自らの仕事ができて,ちょっと粗雑にされることはあった。 家庭事情などをはじめとして,すべての部分で秘密がなかったしお互いに対して皆知っていた友人らであったのに年を取って各自の仕事をしては以前のように連絡して会ったりという時間らが減ることになった”ヒョン・ビンは竹馬の友であった友人らと関係が少しずつ遠ざかって疎遠になることになった最も大きい原因がもしかしたら自身にあるかも知れないと打ち明けた。 習う他の人々と少し違った職業,環境そして越えなければならない制約が多いためだ。 ヒョン・ビンは今回のドラマを撮影する間の友人に対してさらに深く考えることになった。 ドラマ‘友人’が彼に本当に‘友人’の意味を振り返ってみることができる機会を与えた。

“ドラマを撮影して,私の友人らとの関係を顧みて惜しいと考えた。 私が今間違っているのではないのか。 その友人ら立場では私が一番忙しくて状況が安らかでないから。 また共有できる話の素材らも違うからちょっと遠ざかるのではないだろうかという気がした。 私があらかじめそのような点を取りまとめていなければならない部分なのに惜しい。 ことであるからただ友人らが理解してあげるだろうしたかった”だがヒョン・ビンは友人らの友情が決して軽薄でないいつでもまた回復できる関係という強い信念を持っていた。 ヒョン・ビンは今回のドラマが終われば永らく会えなかった竹馬の友らをまた会う計画だ。 ドラマ‘友人,私たちの伝説’で友人らがついに悲劇的な結末を迎えることと違いヒョン・ビンは友人らをまた取り戻すつもりだ。

“本当の友人ならば,以前のようにまた帰れると見る。 ドラマ補充撮影まで皆終えて出ればまた出して,私生活に中心を置くだろう。 それと共に友人らもまた会って,話もしてひょっとしてその間遠ざかった時間の中で誤解があったとすれば解きたい。 男たち間で何空しい点があっても何度として打ち込んでしてすぐ解けるようだ”ヒョン・ビンはドラマ‘友人,私たちの伝説’放映終了以後当分休息期に入る。 その間1年が過ぎるまで休まないで駆け付けたので再充電をしながらより大きい跳躍のために内実を固める計画だ。 一緒に昨年釜山(プサン)国際映画祭に現れたことがある映画‘私は幸せです’封切りが今年の末に予定されることによって映画広報で活動を再開する予定だ。

ユン・ヒョンジンissuebong@newsen.com /チョン・ユジンnoir1979@newsen.com
20090731065057376e7_070034_0.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090731070659402e7&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 ヒョン・ビンとソ・ドヨンが筋肉対決

ヒョン・ビンvsソ・ドヨンがっしり筋肉モムチャンデギョル‥カリスマごうごう
[ニュースエン] 2009年07月31日(金)午前10:20
20090731102043399e7_102815_0.jpg
[ニュースエン ユン・ヒョンジン記者]MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’男主人公らがより一層濃い男性美をお目見えする。

来る8月1日,2日に放送される11,12回放映分でソ・ドヨンとヒョン・ビンが元気なからだを表わしてナイスバディ イメージを吹きだす。 キム・ミンジュンも相変らず強いカリスマでブラウン管をぎゅっと満たす。

ソ・ドヨンがモデル出身らしいスタイルを表わす瞬間は劇中時代の痛みが埋めている場面で運動圏学生で学生運動をして軍服務をすることになった劇中サンテク(ソ・ドヨンの方)が大学運動圏先輩の自殺と関連した疑問死調査を受けるシニだ。

運動圏学生出身という理由で軍保安対で調査を受けたある病死(兵士)が自殺をすることになってこれを調査する軍検察ト大尉(ノ・ジュンホの方)が暴行可否を確認するためにサンテクの服を皆はがしてこの過程でなめらかながらも硬いソ・ドヨンのスタイルがそのままあらわれる。 ヒョン・ビンは高校時期ボクシング試合神(靴)を通じてお目見えした筋肉質スタイルをまた誇る。

組織を受け継いだ樽石(キム・ミンジュンの方)を代って,暴力組織の行動隊長を自任して自首,収監生活をすることになる同数(ヒョン・ビンの方)が刑務所作業場で態度を働かせる収監者らとの戦いにまきこまれることになって結局問題収監者で分類されて,青松刑務所の独房で移監される。

同数の前に独房での孤独な生活と無差別的な暴力が続いてこれを勝ち抜くために単独で運動をする場面でヒョン・ビンの硬いスタイルがもう一度あらわれることになる。

‘友人,私たちの伝説’の事前製作に参加するために主演俳優らが6ヶ月余りの時間の間釜山(プサン)で過ごして,運動などからだ育て方に熱中したことはすでによく知らされた事実だ。 この過程で作られたヒョン・ビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど主演俳優らの硬いスタイルが整っているストーリーあちこちにあらわれて,視聴者たちの関心を引いている。

特に11,12回でヒョン・ビンとキム・ミンジュンが登場する場面らは軍事政権の下のクン疑問死や学生運動の弾圧,組織暴力団に対するすさまじい処罰など時代的に暗鬱だった時期を含んでいて,単純に見どころでだけ終わりはしない展望だ。

ユン・ヒョンジンissuebong@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090731102043399e7&newssetid=1352
----------------------------------------------------------------
'友人'ヒョン・ビンVSソ・ドヨン,'ナイスバディ'筋肉正面対決
2009年07月31日(金)13:48アジア経済
as651508_0-2.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]俳優ヒョン・ビンとソ・ドヨンがMBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク以下の友人)でナイスバディ対決を広げて目を引いている。

来月1日と2日に放送される'友人'ではヒョン・ビンとソ・ドヨンが元気なからだを表わして‘ナイスバディ’イメージを前に出す。

ヒョン・ビンは高校時期ボクシング試合神(靴)を通じてお目見えした筋肉質スタイルをまた誇る。 組織を受け継いだ樽石(キム・ミンジュンの方)を代って,暴力組織の行動隊長を自任して自首,収監生活をする同数(ヒョン・ビンの方)が刑務所作業場で態度を働かせる収監者らとの戦いにまきこまれることになって,結局問題収監者で分類されて,青松刑務所の独房で移監される。

同数が独房で単独で運動をする場面でヒョン・ビンの硬いスタイルがもう一度あらわれること。

ソ・ドヨンがモデル出身らしいスタイルを表わす場面は劇中サンテク(ソ・ドヨンの方)が大学運動圏先輩の自殺と関連した疑問死調査を受けるシニだ。

運動圏学生出身という理由で軍保安対で調査を受けたある病死(兵士)が自殺をすることになってこれを調査する軍検察ト大尉(ノ・ジュンホの方)が暴行可否を確認するためにサンテクの服を皆はがしてこの過程でなめらかながらも硬いソ・ドヨンのスタイルがそのままあらわれること。

主演俳優らは‘友人'のために6ヶ月余りの時間の間釜山(プサン)で過ごして,運動などからだ育て方に熱中していた。

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2311883&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 ソ・ドヨンは堂々と活力あふれるサンテク演じる

'友人'ラストシーン'マイ準備して子供が~'
[韓国日報] 2009年07月31日(金)午前06:31
2009073106314836607_063904_1.jpg
[EXCLUSIVE]ドラマ'友人-私たちの伝説'未公開カット'一緒にいる時,私たちは何も恐ろしいことがなくてみな。'去る2001年開封された映画<友人>の広告コピーだ。 そして8年後,差し障りがない四人の男がまた一つになった。 <友人>は俳優ヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シオンなどで新しい時を組んでMBC週末企画ドラマ<友人-私たちの伝説>(脚本・演出クァク・キョンテク)にまた戻った。 野戦司令官は相変らずクァク・キョンテク監督だ。 ドラマの中四人の男の友情と義理ぐらい<友人-私たちの伝説>撮影会場もねばっこい人間味が流れてあふれた。

#映画の中サンテクは忘れて下さい。
サンテクがすっきりしていた姿でカメラを見つめた。 映画の中サンテクはドラマの中サンテクで服を着替えて新聞記者という華やかな職場を得た。 サンテク役を担った俳優ソ・ドヨンはより堂々と活力あふれるサンテクの姿を適切に描き出している。


#勝負してみようか?
現場で俳優より多い延期(煙,演技)をすると噂になったクァク・キョンテク監督. クァク監督は俳優らにいちいち演技指導をしながら忙しく撮影会場あちこちを行き来した。 帽子まで脱いだクァク監督の姿があたかも戦いが始まる前ポーズを取るようだ。

#私たちはレイボ~右です!
<友人-私たちの伝説>は映画に比べて,メロー要素が大きくなった。 劇中女子高生グループ レインボーのメンバーで出演する俳優ワン・ジヘ,チョン・ユミ船グリーンなどの役割も大きくなった。 三人やはり現場でヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン劣らない友情を誇示した。

#マイ準備して子供が~.
"雇馬年と,マイつないで子供が"という大使で有名な<友人>のラストシーン. 四日の間撮影したこの場面はためにヒョン・ビンは冷たい雨に降られて混信の演技を見せた。 ヒョン・ビンぐらい大変なこれらがいたので! まさに死に門の敷居に達したヒョン・ビンを表現する扮装チームだった。

#クァク・キョンテク監督様に習います。
撮影現場で俳優らと多くの話を交わして,撮影が終わった後共に酒を飲んでさらに多い話を交わすことに有名なクァク・キョンテク監督. クァク監督は撮影時々ヒョン・ビンとキム・ミンジュンを呼んで,タバコを薦めて作品に対する意見を聞いた。 明るく笑っているヒョン・ビンと深刻な表情で話を聞いているキム・ミンジュンの姿が妙な対応を成し遂げる。

#カップルvs. カップルメロー要素が加味された<友人-私たちの伝説>ではカップルらの愛情構図も多彩だ。 同数(ヒョン・ビン)とジンスク(ワン・ジヘ)の愛はつらい。 反面ドラマの笑いを担当するチュンホ(イ・シオン)-エロス(ペ・グリーン)カップルのコミック演技は甘草の役割を正確にしている。 カメラに向かって,ポーズを酔っぱらった二つのカップルの姿も各々だ。

#親しくなるように願う~.
長い間の撮影に疲れたことだろうか。 制服姿のヒョン・ビンとキム・ミンジュンが疲れた表情に座って休息を取っている。 頭を下げたまま帽子だけいじりまわしている二人の姿がおもしろい。

スポーツ韓国アン・ジンヨン記者realyong@sportshankook.co.kr写真=尽人事フィルム提供
2009073106314836607_063904_2.jpg

2009073106314836607_063904_3.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009073106314836607&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ソ・ドヨンさん インタビュー記事です

[スターシークレット]ソ・ドヨン"なまり先生と3ヶ月合宿しましたよ"
2009年07月31日(金)11:12スポーツソウル
ss727538_0.jpg
“英語勉強をなまり習うようにしたら本当に上手にしたでしょう。”

MBCドラマ‘友人. 私たちの伝説’でエリート記者‘サンテク’役を担ったタレント ソ・ドヨン(28)がこの前インタビューでしらじらしく笑ってした話です。 “どれくらいなまり練習をしたのでこういう話をするのか”と尋ねたところ彼は“外国語を勉強する時と全く同じだと考えられれば良い”として笑いました。

ソ・ドヨンは大邱(テグ)出身です。 しかし幼い時期故郷を離れて,ずっとソウルで生活したといいます。 なまりが口に(身ごもる)しみこむ余裕がなかったことでしょう。 その間作品でも主に現代的なイメージを見せて,劇中でなまりを使ったことは今回が初めてというのに非常に濃いなまりをぷつんと吐きだすソ・ドヨンの姿を見れば“本当であろうか?”という気がします。

ドラマ演出者の‘援助釜山の男’クァク・キョンテク監督もほめるほどのソ・ドヨンのなまりは合宿訓練(?)煮込んで粘り強い反復学習が秘訣でした。 クァク監督は“キャスティングを確定作る時までだけでも上手にできなかったので。 一ヶ月だけに頭からつま先まで違っていた”として彼の執念をほめました。

キャスティングが確定した次の日ソ・ドヨンはまさにドラマの背景の釜山(プサン)出身のなまり先生を探したといいます。 彼は“慶尚道(キョンサンド)出身だとなまりが似合うが。 実際に使ってみたことがなくて堪え難かった”としながら“久しぶりにドラマに出演するだけに完ぺきに(なまりを)やり遂げたかった。 それでなまり先生を迎えて,3ヶ月の間共に生活した”と明らかにしました。 またなまり先生の育成(肉声)を録音しておいて時間がある時ごとに聞いて耳に(なじむ)実らせたといいます。 話だけでなく食べ物と文化. 釜山(プサン)の人々の気質などを習って‘現地化’訓練をしました。

釜山(プサン)の文化にどっぷり浸かったためでしょうか。 余談だが,その間釜山(プサン)にゆっくりぬれて,生活したソ・ドヨンはもうプロ野球も釜山(プサン)を原因であるロッテのファンだと打ち明けました。

彼は“釜山(プサン)の人ができた(笑い). 一生生活でもある瞬間からなまりを使っている”としながら“野球もロッテの‘クァンペン’になってしまった。 以前には他のチームが好きだったが。 この頃はロッテを応援する。 応援文化と熱情的な雰囲気が良い”として親指を褒め称えました。

whice1@

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2310093&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 追加撮影でワン・ジヘさん落馬事故 撮影続行の根性

'友人'ワン・ジヘ,引き続いた落馬事故にも演技情熱'ほかほか'
2009年07月31日(金)08:11アジア経済
as651038_0.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]俳優ワン・ジヘが引き続いた落馬事故にも強く撮影会場を守って目を引いている。

MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク・以下の友人)でジンスク役を担っているワン・ジヘは去る29日京畿道(キョンギド)文山(ムンサン)のある乗馬クラブで進行された撮影で馬に乗って行って話の苦闘に底に落ちる事故に遭った。

この場面ではゆっくり馬を追って行くことが主な状況だったが,出演した話が緊張をしたためなのか数回‘苦闘’を打ったあげくワン・ジヘが馬から落ちる事故が二回連続して起きた。

言葉が走る状況ではなかったし丈夫でない山道底だったが,人の背ほど高さの話などで二回も落ちたのですべてのスタッフらが緊張したがむしろワン・ジヘが“大丈夫だ”として撮影に積極的に参加,皆を安心させたという後日談。

演出を受け持っているクァク・キョンテク監督は“馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに担当するように撮影に臨んでくれて有難くて立派だった”として“新人にふさわしくない根性を持った俳優”とほめた。

一方,樽石(キム・ミンジュンの方)と同数(ヒョン・ビンの方)の三角関係にサンテク(ソ・ドヨンの方)までジンスクに対する心を表現してメローラインに興味を加えている‘友人'とは‘男ドラマ’という偏見を払いのけて女性視聴者たちにも大きい関心を受けている。
as651038_1.jpg

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2307507&year=2009&Query
--------------------------------------------------------------------
‘友人’ワン・ジヘ,落馬事故にも撮影闘魂‘大丈夫です’
[OSEN] 2009年07月31日(金)午前08:40
20090731084042701a4_085609_0.jpg
[OSEN=キム・ミンジョン記者] MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’の女主人公ワン・ジヘ(ジンスク役)が度重なった落馬事故にも落ち着いている姿で製作陣を安心させて撮影に臨んだ。

ドラマの製作会社の(株)尽人事フィルム側によればワン・ジヘは去る29日京畿道(キョンギド)文山(ムンサン)のある乗馬クラブで進行された撮影で馬に乗って行って話の苦闘に底に落ちる事故に遭った。 この日撮影は再会した樽石(キム・ミンジュンの方)とジンスクが公園で乗馬デートを楽しむ神で樽石とジンスクが一緒に馬に乗って小道を散策する場面.

この場面は二人がゆっくり馬を追って行く状況だったが,出演した話が緊張をして,数回もがいたし結局ワン・ジヘが馬から落ちる事故が二回連続発生した。 幸い言葉が走る状況ではなかったし丈夫でない山道底だったが,ワン・ジヘは人の背ほど高さの話などで二回も落ちて,皆を驚かせた。 だがワン・ジヘは“大丈夫だ”としてむしろ皆を安心させてはまた撮影に臨んだ。

演出を受け持っているクァク・キョンテク監督は“馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに担当するように撮影に臨んでくれて有難くて立派だった”として“新人にふさわしくない根性を持った俳優”とほめた。

一方樽石とジンスク,同数(ヒョン・ビンの方)の三角関係にサンテク(ソ・ドヨンの方)までジンスクに対する心を表現してメローラインに興味を加えている‘友人,私たちの伝説’は‘男ドラマ’という偏見を払いのけて女性視聴者たちにも大きい関心を受けている。

ricky337@osen.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090731084042701a4&newssetid=83
------------------------------------------------------------------
'友人'ワン・ジヘ落馬事故にも撮影闘魂
[スポーツ朝鮮] 2009年07月31日(金)午前10:36
2009073110360242433_160913_0.jpg
  ワン・ジヘがドラマ'友人'撮影中落馬事故に遭って,製作陣を驚かせた。 幸いからだをケガしはしなくて撮影は無事に終えた。

 製作会社の尽人事フィルムによればワン・ジヘは去る29日京畿道(キョンギド)文山(ムンサン)のある乗馬クラブで馬に乗って行く場面を撮った。 樽石(キム・ミンジュン)とジンスク(ワン・ジヘ)がコン・ウォンギルで乗馬デートを楽しむ神(靴)(scene)だ。

 のろい歩みで馬を追ったが緊張した話が数回もがいたのが問題であった。 ワン・ジヘは二回も連続で馬から落ちた。 びっくりした周辺のスタッフが駆け付けたがさっさと振り払って起きて"大丈夫だ"と話して,皆を安心させた。

 クァク・キョンテク監督は"馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに淡々と撮影に臨んでくれて有難くて立派だった"として"新人にふさわしくない根性を持った俳優"とほめた。

 MBC週末ドラマの'友人,私たちの伝説'は最近樽石とジンスク,同数(ヒョン・ビン)の三角関係にサンテク(ソ・ドヨン)までジンスクに対する心を表現してメローラインに興味を加えている。

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009073110360242433&newssetid=746

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 第11回でヒョン・ビンとソ・ドヨンが男性美誇示

‘私も友人子供が’
[スポーツカーは] 2009年07月31日(金)午後09:52

・ヒョン・ビン・ソ・ドヨン男性美誇示
20090731215218545d5_220003_0.jpg
MBC週末企画‘友人,私たちの伝説’のヒョン・ビンとソ・ドヨンがナイスバディ対決を広げる。 女主人公ワン・ジヘは落馬にもかかわらず落ち着いている姿で撮影会場雰囲気を作り出している。

先にヒョン・ビンとソ・ドヨンは元気なからだを公開して濃い男性美で視聴者たちの視線を引き寄せる。 高校時代ボクシング試合場面を通じて,筋肉質スタイルをお目見えしたヒョン・ビンは劇中青松刑務所独房で移監されて孤独な生活と無差別的な暴力を勝ち抜くために単独で運動をする場面でもう一度硬い筋肉質スタイルを誇る。 ソ・ドヨンは大学運動圏先輩の自殺と関連した疑問死調査を受けている間暴行可否を確認するために服を脱ぐ過程でモデル出身らしいなめらかながらも硬いスタイルをそのまま表わす。

ヒョン・ビンとソ・ドヨン,そしてキム・ミンジュンはドラマ撮影のために6ヶ月余りの間釜山(プサン)で過ごして,運動でからだ育て方に熱中した。 この過程を通じて作られた俳優らの硬いスタイルがストーリーあちこちに登場して,視聴者たちの関心を引いている。

女主人公ワン・ジヘは二回の落馬事故にも製作陣を安心させる落ち着いていることを発揮した。 補充撮影が真っ最中の中でワン・ジヘは29日京畿道(キョンギド)文山(ムンサン)で馬に乗って行ってやめ揺れ動いて,底に落ちる事故を二回も当てられた。 人の背ほどの高さの話で二回も落ちたが言葉が走る状況ではなかったし丈夫でない山道底のおかげで大きい負傷を免じた。 緊張したスタッフとは違いワン・ジヘはむしろ“大丈夫だ”として撮影に積極的に参加した。

ワン・ジヘの情熱にクァク・キョンテク監督は“馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで,無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに堂々と撮影に臨んでくれて有難くて立派だった”として“新人にふさわしくない根性を持った俳優”と賞賛を惜しまなかった。

一方‘友人’は‘男ドラマ’という偏見を破って女性視聴者たちにも呼応を得ている。

<文パク・ジュンボム記者・写真尽人事フィルム>

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090731215218545d5&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

お子ちゃま大好き! ドヨン王子! -- by おまっちゃさま

王子まで子供みたい!
No.1おまっちゃ-2

No.2おまっちゃ-2

とってもごきげん♪♪
No.4おまっちゃ

ふきげん
No.5おまっちゃ

嫌われてる?
No.6おまっちゃ

赤ちゃ~ん、そのお兄ちゃんはおっぱい出ませんよ~~
No.7おまっちゃ

ちびウニョンと
No.8おまっちゃ

ちびキベクと
No.9おまっちゃ

チェハベイビー(次の写真の赤ちゃんです)
No.10おまっちゃ

No.11おまっちゃ

No.12 カングと・・・本当の兄弟みたいですね~
No.12おまっちゃ

No.13おまっちゃ

No.14おまっちゃ

おまっちゃさま~
ファンミでも集合写真撮影の際、ドヨン王子が子供をひざの上に乗せて撮影する光景を
何度も見ましたよね!
子供が大好きな王子のお写真、ありがとうございました

ほのぼのします

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」ホームページ 新しい写真がアップされています

friend_photo09073019194341FRIEND20090.jpg

friend_photo09073019194341FRIEND20091.jpg

私自身と同じ偏狭な思考に陥った若者がいるならば...
彼らを先導するすべての手段と方法に積極的に協力することであり,自分自身が先に立ちます。

保安部隊調査室に引きずられて行って..
手先を強要されるサンテク!

彼が流す涙一粒が見る人でとって胸をジーンとするようにさせた..
忘れられない名場面の中の一つでしょう?

こちらから転載しました
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/2009_friend/sketch/index.html

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

イ・ソヨンさん オリーブTVの「パリ ヘアースケッチ」に出演

‘感覚派’イ・ソヨン,パリでも瞬間的に
[日刊スポーツ] 2009年07月30日(木)午前10:41

[JESキム・イング]
2009073010412884608_104509_0.jpg
イ・ソヨンが'パリの女性'になった。

ケーブル チャンネル オリーブTVで放送されるリビング ビューティーイ・ソヨンの'パリ ヘアースケッチ'で感覚的で溌刺としたイメージを精一杯お目見えした。 イ・ソヨンは先月フランス,パリ トゥィルリル公園野外舞台で開かれたロレアル100周年記念ヘアーショーにアジア モデルに唯一招待されて,出国した。

このプログラムは当時の活動姿を現わしたのだ。 ヘアーショーとともにパリ市内の迷路のような路地を縫って画報撮影も消化した。 両側肩を表わした紫ワンピースがビンテージ風の路地とよく似合ったという伝言だ。 イ・ソヨンは昨年MBC TV週末劇'私の人生の黄金期'以後次期作を準備中だ。

キム・イング記者[clark@joongang.co.kr]写真提供=スターアンドヒット

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009073010412884608&newssetid=1352
-------------------------------------------------------------------
イ・ソヨン,ペショニトゥス急浮上
[ニュースエン] 2009年07月30日(木)午前07:39
20090730073915187e7_074910_0.jpg
俳優イ・ソヨンがオリーブtvで放送した'リビングビューティーイ・ソヨンのパリ ヘアースケッチ'放映後ペショニストゥで熱い反応を得ている。

イ・ソヨンは去る6月ヘアーショーに参加のためにパリを訪問した。 当時通常のケーブル放送の旅行プログラムとは違ってイ・ソヨンのパリヘアースケッチでは視聴者たちにヘアースタイルに対するチップと情報を提供するのにために色々なもののスタイル提案とアイディアを提供した。

視聴者たちやはりパリの名所らと一緒にイ・ソヨンが提案するヘアースタイルとヘアースタイルに似合うエクセソリ チップのような情報らを提供したことに対して満足したし演技者イ・ソヨンのまた他の姿を見られて良かったという反応だ。

これと共に放送で着て出た服やアクセサリらがどこ会社製品かという問い合わせが絶えなくて入ってくるなど次世代ペショニスタロソのイメージも共に得た。

イ・ソヨンは"これからペショニストゥジョギン姿をたくさんお目見えすること"としながら"近い将来ドラマと映画でファンたちに良い姿を見せてさしあげる"と明らかにした。
2009073010412884608_104509_0.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090730073915187e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョン・ビンさん インタビュー記事です(動画あり)

ヒョン・ビン,"私生活公開しない!"
[ETN] 2009年07月30日(木)午後06:15
20090730181530443e3_181530_0.jpg
[動画参照]この頃'友人'で演技変身で注目されていている俳優ヒョン・ビン氏が自身の恋人や家族など私生活を公開するつもりがないと明らかにしました。

ヒョン・ビン氏はあるインタビューで私生活を公開することに対して拒否感があるとし,家とご両親,ガールフレンドなど何でも明らかにしないと話したといいます。

スターの私生活に対して関心を持つのは一部トップスターらに関してだけあることですが。 こういう発言をためらいなくするとはすでにトップスターという自負心に出てこられた話でしょうか? でなければこれからさらに大成することになる未来を考えてされた話でしょうか?
ヒョン・ビン氏は過去ガールフレンドを公開していましたが自身に会うというにあたってガールフレンドの周辺で話らが多かったとし行き過ぎた関心が決別理由の中の一つだったことを迂回的に表現したといいます。

恐らくその当時決別の衝撃が今日私生活を秘密にするヒョン・ビン氏を作ったのではないだろうかという気がするんですが。 彼は日常生活が不便だがその不便と自身のことを対等交換をしたのではないかと俳優として認められたいだけゴシップの種を提供するスターよりはキャラクターで呼ばれる演技者でしたいといいました。

ゴシップの種よりは演技で勝負する演技者になるためには本当に熱心に仕事をしなければならないようです。

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview3.htm?linkid=197&articleid=20090730181530443e3&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「きらびやかな遺産」 制作会社社長へのインタビュー記事です

<生き生きコスダック>ペネント“ ‘チャニュ’海外でも大当たり出す”
2009年07月30日(木)08:37ヘラルド新鮮ニュース

“‘きらびやかな遺産’が視聴率と批評両側で良い評価を受けて,気持ち良いです。 この頃日本など海外輸出議論が活発になされているのに高い価格に売れると展望されます。 このドラマで20億~30億収入は軽く上げることができそうです。”

今年に入り最も高い視聴率を記録して幕を下ろしたドラマ‘きらびやかな遺産’製作会社のパン・エンターテインメント ドラマ事業部キム・ジョンシク社長は“今後も‘きらびやかな遺産’のような暖かいながらも競争力があるドラマを出す”と明らかにした。

今後もミニシリーズ2ヶ,朝ドラマ1ヶを準備しており特に来年放映される‘遺跡捜査隊’は3年の間準備した野心に充ちた事前製作ドラマだ。 “‘遺跡捜査隊’は韓国コンテンツ振興院で5億ウォンの支援を受けたし日本に先販売して,リスクを減らしていくこと”というもの。

パン・エンターテインメントは韓流の援助コンテンツの‘冬のソナタ’(2002年)をはじめとして‘太陽のイ・ジェマ’(2002) ‘孤独’(2002) ‘夏の香り’(2003) ‘2番目プロポーズ’(2004) ‘バラ色人生’(2005) ‘噂になった七姫’(2006) ‘太陽の女’(2008)等ヒット コンテンツを着実に出している放送プログラム外注製作業者だ。 2006年には外注除籍業者最初にコスダックに直上長なったし5年連続黒字を達成することもした。
hsart_id200907300070_0.jpg
最近1~2年間ドラマ製作環境が極度に萎縮したのにペネントは三和(サムファ)ネットワークスとともにむしろ活発に,ドラマを製作している。 キム・ジョンシク社長は“私たちも昨年には営業損失が出たのに現金配当を実施した”と明らかにした。 昨年にはエンターテイメント業界最初にファン(パン)エンターテイメントが模範納税者に選ばれて,企画財政部長官賞を受けることもした。

KBSドラマ チーム長を歴任してパン・エンターテインメントに招聘されたキム・ジョンシク社長は企画力と演出力を同時に認められたドラマPD出身だ。 40人余りの職員らも企画と製作に関連したベテランらが多い。 コンテンツ企画力が優れて優秀作家らを大挙保有しているからあえてトップスターを起用しなくても成功する確率が高い。

‘太陽の女’はトップスターなくてもうわさが立って‘well madeドラマ’という評価を受けて東北アジア3ヶ国に輸出する快挙を達成したし,‘バラ色人生’時は放送活動をすることができなかったチェ・ジンシルをカムバック作で起用して,大きい成果を上げることもした。

キム社長は“多くの出演料を与えなければならない有名スターをキャスティングするよりは配役と似合う演技者を選びます。 ‘きらびやかな遺産’の故殷盛逆徒(重量挙げ)ハン・ヒョジュがよく似合うことと予想しました”としながら“出演料で残した製作費は企画と台本に投資します”と話した。

投資家らが株式を買いとるに当たり重く問い詰める要素は企業の事業部門と資産価値だ。 パン・エンターテインメントはドラマの属性上成功と失敗を予想するのが難しい面もあるが視聴率が高いドラマを長い間の期間安定的に製作してきたので事業部門は検証になった状態だ。 また今年の年末ソウル,上岩洞(サンアムドン)DMC(デジタルメディアセンター)敷地に社屋が着工に入れば2011年頃完工する予定なので資産価値も非常に高いほうだ。

キム社長は“事業と資産価値両面で見るとき株価が低評価されている状態なので投資家分が高い”としながら“今年は営業利益が出るようだし来年にはより一層良くなると予想される”と楽観的な展望を出した。

ソ・ビョンギ大衆文化専門記者/wp@heraldm.com

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=2295537&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

韓流スターの独立相次ぐ 一人立ちの長所と短所 (ヒョン・ビンさん出てます)

"2009 FAスターは独立中"…韓流スター,一人立ちの得と糸
2009年07月30日(木)17:21スポーツソウル
ss727330_0.jpg
[スポーツソウルドットコム|ソン・ウンジュ記者]最近韓流スターらがマネジメント事業に出場意向を示した。 これらは所属会社と専属契約が満了することと同時に自身の名前を掲げたマネージメント社を整えて独立を宣言した。 2009年上半期芸能界FA大魚と指折り数えられたチェ・ジウ,ソン・スンホンも独立マネージメント社をたてた。 最近ユン・ウンヘも1人会社を設立してスター独立隊列に入った。

韓流スターらの独立は去る2004年ペ・ヨンジュンが最初に始めた。 以後イ・ビョンホン,雨などが独立を宣言して,今までエンター事業を受け継いできている。 チャン・ドンゴンはヒョン・ビン,シン・ミナとともに小規模マネージメント社を運営している。 リュ・シウォンとイ・ヨンエは1人企業形式の小規模メニジトントゥサで演芸活動を受け継いできている。 クォン・サンウは最近ファントム エンターテイメントと決別してマネジメント事業を準備しているところだ。

このようにスターらが独立を選択する理由は何だろうか。 スター自分たちはもう少し気楽に自分の意志のままに芸能界活動を継続することができるということが大きい理由と話す。 だが数多くの演芸関係者たちは金銭的な理由を最も大きく指を折って数えている。

スターらの独立理由と得と実は何があるのか調べた。

◆ "韓流スター,独立を夢見る理由?"

スターらが一人立ちを選択する最も大きい理由はお金だ。 いくらトップスターといっても最小8対2,あるいは7対3の割合で所属会社と収益金を分け合わなければならない。 稼ぐ収益が大きいから20~30%離してくれるのもスターらは惜しいと考える。

しかし独立をすることになれば投資家らができることになる。 自身のギャランティーを100%取りまとめることができて,投資家らのお金でマネージメント社を整えて,事業を拡張することができる。 会社に専属で所属している時より収入が倍に増えることだ。

今まで積み重ねた名声が一人でもやり遂げることができるという自信を吹き込んだりもする。 大部分1人企業を整えたスターらは10年近く芸能界生活をしてきた。 その間のノウハウを通じて,収益も取りまとめて,作品も取りまとめる,すなわち独立を2匹のウサギを捕まえることができる機会にする。

◆一人立ちの長所:作品決定権

独立の最も大きい所得は自身の思い通り決定できる権限だ。 会社に専属で縛られている時は個人的な嗜好より会社の条件により動く時が多い。 作品は気に入るが会社の利害関係にからまってのがす場合もかなりなる。 例えばギャランティー衝突だ。

反対に会社の強要から自由なこともあるという長所もある。 独立を試みたあるトップスターのマネジャーは"所属会社社長の姻戚の八寸行事まで呼ばれていった"としながら"ただ自身のことにだけ集中できるという長所が独立を夢見るようにする"と説明した。

表情から自由なこともあるとのことも大きいメリットだ。 期待ぐらい結果がアンナともあまり申し訳なくない。 この他にも俳優自らイメージを作ることができるということ,収益で多くの部分を一人占めできるとのことも一人立ちを通じて,得だ。

◆一人立ちの短所:客観性喪失

独立による最も大きい実は客観性喪失だ。 全てのものを自ら決めるために望む自由は得ることができる。 だが失敗や失敗にともなう責任もまた一人で担わなければならない。

ある大型マネージメント社関係者は"一人で作品を決める時は客観的になれない。 自身ができるのとないことだけ区分するだけだ。 反面所属会社は製作会社と配給会社の財政状態まで几帳面にチェックする。 イメージ関連しても細かくて検討して客観性あるように決める"と説明した。

また事件事故に対する対処も大変だ。 危機管理を一人で下記に力不足というもの。 数十個に達する演芸媒体をマネジャー何人で相手にすることは思ったより容易ではない。

だけでなく絶えずモニターをして世論を把握することやはりスターだけある新生企画会社で下記に余裕がない。 ある芸能界関係者は"一人であらゆる事を占めることができると判断して,独立を夢見るが実際に光良い満州杏である時が多い。 スター独立会社中黒字を出す会社は実際にそんなに多くない"と指摘した。

<写真=イ・スンフン,イ・ホジュン記者>

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2303803&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 ドンスの刑務所生活に視聴者関心

ヒョン・ビン,囚人服を着ても‘とじ込み男’
2009年07月30日(木)11:00韓国経済
keX20090730_105944_0.jpg
MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’の同数逆に出演中であるヒョン・ビンの劇中収監生活が視聴者たちの関心を引いている。

暴力組織をお父さんから受け継いだ樽石(キム・ミンジュンの方)を代って,監獄に行くことになる状況で収監生活のすさまじさと自身を面会来たジンスク(ワン・ジヘの方)に対する憐憫が濃く染み出てきて,見る人々の同感を引き出していること。

こういう過程でヒョン・ビンの優秀に充ちた目つきと苛酷な環境で生き残るためにもがく姿が交差して“罪修復を着ていてもその姿に注目が行く”,“ヒョン・ビンの目つきにすさまじい状況がそのまま溶け込んでいる”などの絶賛が続いている。

また収監生活をする同数をいつも面会して心配するチュンホ(イ・シオンの方)とエロス(ペ・グリーンの方)の姿も描かれて,たとえ囚人の身分の友人であっても友情を捨てない温かい姿も見せて共感を得た。
keX20090730_105944_1.jpg
このような状況は暴力や暴力組織の美化よりは登場人物が暴力組織に加担して処することになる極限状況と社会の処罰背を向けなければならない荷物が如何に多いのかに対する暗示がドラマに含まれて見たら広がる状況.

ドラマの製作会社の(株)尽人事フィルム側は“一部では‘友人,私たちの伝説’に対して‘暴力美化’や‘チンピラ素材’等の曲解された視線で眺める眼差しがある”としながら“むしろそのような世界の恐ろしさとすさまじさを見せる面がさらに強いと見ると主人公らに対する憐憫ができること”と説明した。

‘友人,私たちの伝説’はヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリーン,イ・ジェヨン,キム・ドンヒョン,イム・ソンギュなどが出演して,毎週土曜日と日曜日各々午後10時50分科10時40分に放送されている。

ハンギョンドットコムbntニュース チョ・ウンジ記者star@bntnews.co.kr

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=2297973&year=2009&Query
--------------------------------------------------------------------
ヒョン・ビン優れた囚人服ファッション優秀に充ちた目つき
[ニュースエン] 2009年07月30日(木)午前11:29
20090730112956637e7_114217_0.jpg
[ニュースエン パク・セヨン記者]罪修復を着てもスタイルが生き返る。 MBC週末企画ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク/演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)で同数逆に出演中であるヒョン・ビンの劇中収監生活が公開された。

ヒョン・ビンは劇中同数が暴力組織をお父さんから受け継いだ樽石(キム・ミンジュンの方)を代って,監獄に行くことになる状況で収監生活のすさまじさと自身を面会来たジンスク(ワン・ジヘの方)に対する憐憫が濃く染み出てきて,見る人々の同感を引き出している。

同数が初めて監獄生活をして,留鳥を働かせる既存収監者(キム・ビョンマンの方)から身辺の威嚇を受けるかと思えば来る8月1日放映される11回予告では自身の命を狙うやかららの戦いにまきこまれて,独房に収監される姿が電波に乗って,視聴者たちの残念さを買った。

こういう過程でヒョン・ビンの優秀に充ちた目つきと苛酷な環境で生き残るためにもがく姿が交差して"罪修復を着ていてもその姿に注目が行く","ヒョン・ビンの目つきにすさまじい状況がそのまま溶け込んでいる"等の絶賛が続いた。

また収監生活をする同数をいつも面会して心配するチュンホ(イ・シオンの方)とエロス(ペ・グリーンの方)の姿も描かれて,たとえ囚人の身分の友人であっても友情を捨てない温かい姿も見せて共感を得た。

'友人,私たちの伝説'製作会社側は"一部では'友人,私たちの伝説'に対して暴力美化やチンピラ素材などの曲解された視線で眺める眼差しがある"として"むしろそのような世界の恐ろしさとすさまじさを見せる面がさらに強いと見ると主人公らに対する憐憫ができること"と説明した。

一方来る8月1,2日に経て放送される11,12回で樽石は自身の代わりをして,監獄生活をしている同数に対する申し訳ない心を抱いてお父さんの組織を受け継いで,これを導く姿をお目見えする予定だ。

パク・セヨンpsyon@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090730112956637e7&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョジュちゃん 化粧品のイメージキャラクターに

ハン・ヒョジュ、今度は化粧品のイメキャラに
2009/07/30(Thu) 17:04
102023_l.jpg
SBS週末ドラマ『{燦爛たる遺産}』の主人公{ハン・ヒョジュ}が、化粧品のイメージキャラクターに抜擢されて、清純な美しさを誇る。

ハン・ヒョジュはLG生活健康の自然発効化粧品「su-m37」の広告モデルに選ばれて、CMでも自然で純粋な美貌を披露する。

LG生活健康側は、30日「ドラマ『燦爛たる遺産』で、長い間苦難に負けず勝ち抜いた主人公ハン・ヒョジュのイメージと、長時間精誠を尽くして作られた『su-m37』のブランドコンセプトが一致している。またハン・ヒョジュが、芸能界でも評判の健康的な肌を持っているので、モデルとして抜擢した」と説明した。

LG生活健康は明るくハツラツとしたイメージのハン・ヒョジュを起用することによって、「su-m37」の既存顧客はもちろん、もう少し若い顧客層にも幅を広げ、マーケティングをより一層強化する方針だ。「su-m37」は清浄地域において、遺棄農法で栽培した約50種類の植物を、3年プラス7日の1102日間保存温度37℃で人為的操作を行わず自然発効させて作った化粧品で、発売2年目で1年間の売り上げが500億ウォン台のビックブランドに急成長した。[写真=LG生活健康]

記事元 http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=102023

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

今度は帽子!?-- by イ・チゲンさま

1_zmalqp321-500.jpg

yhPHk090603006500_0.jpg

2009060215163342908_170505_0-2.jpg

KEJ10-1.jpg

KEJ10-3.jpg


KEJ10-1-250-2.jpg2009060215163342908_170505_0-250-2.jpg

ただいま動画のハングル解読中・・・・
手書きの文字は読みづらいのよね~~~(^^;)
1かめら-2


王子の帽子はこれかな?
中折れストローハット(by Riebom)
中折れストローハット黒

イ・チゲンさま~、私も元気出ました!
ありがとう

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

KJ-netのスタッフブログ Purunaのひとりごとにソ・ドヨンファンミちょっと掲載!

2009年07月29日
チェ・スジョンさんとシン・ドンウクさんとソ・ドヨンさん
7月は猛烈に忙しかったです。
3週連続でイベントだったので、めまぐるしい日々でした。
でも心はとても充実していました。
チェ・スジョンさんは大人の魅力あふれていてお仕事をしながら楽しかったです。
シン・ドンウクさんには大阪にきたら、必ず笑いをとることがうけるひけつであると伝えたら、本当にたくさんの笑いを取ってくれてイベントは大盛り上がりでした。
ソ・ドヨンさんは今回初めて握手会で、初めは緊張していましたけど、ファンのかたの笑顔と愛情あふれる言葉を間近で聞きながら、とても柔らかい良い表情に変わっていくのが、よくわかりました。
ファンの力はすごいな~と感じた時間でした。

この3週間、忙しかったですが、良い方に出会え、楽しく仕事ができていつになく楽しい日々でした。
でも少し体重が減ってしまったかもしれませんね・・・^^

こちらから転載しました!
http://www.kj-net.jp/blog/blog.php?ym=200907&day=29


KJ-netさま、ドヨン王子の握手会と集合写真をスムーズに進行してくださり
ありがとうございました
私も本当に安心しましたし、無事に終わって感謝しています

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チョン・ユミさん インタビュー記事です(ソ・ドヨンさんちょっと出てます)

"あのツーランホームランを打ちました"
[韓国日報] 2009年07月30日(木)午前06:49
2009073006493191207_065704_1.jpg
ドラマ・映画縦横無尽チョン・ユミ'友人'通じて,演技力など認められて…テレビ劇場・スクリーンひきつづきキャスティング同名異人チョン・ユミの活躍がテレビ劇場とスクリーンで目立つ。

テレビ劇場のチョン・ユミはMBC週末特別企画<友人,私たちの伝説>(脚本・監督クァク・キョンテク・以下の友人)で,映画では<車(茶)右>(監督新訂院)を通じて人気を得ている。

ドラマ<友人>の,チョン・ユミは前もって次期作を定めて足早い歩みで目を引いている。 チョン・ユミは<友人>を終わらせた後,同時間帯放送されるイム・ソンハン作家のドラマ<手ぶり>(演出白虎民)と映画<ティファニーで朝を>(監督イ・ユンギ)に続けて顔を出す。 チョン・ユミは<友人>を通じて,演技力と美貌を認められてキャスティング ツーラン ホームランを撃った。

チョン・ユミは"<友人>の放送中間にしばらく留学に行く設定なので一ヶ月の間放送分量がなくて惜しかったです。 その時期に二つの作品オーディションを見ました。 期待しなかったが運が良いですね。 休まないで演技に対する悩みを継続することができて骨が折れるが気分が良いです"と話した。

チョン・ユミはドラマ<友人>で同数を片思いする金持ちの家娘ウンジを引き受けた。 原作映画にはなかったキャラクター. 映画からはバンド レインボーのジンスクが紅一点で注目をあびたがウンジの登場で女性配役らの比重が増えた。 しかしチョン・ユミは視聴率不振に出演分が編集される痛みを体験した。

チョン・ユミは"映画になかったキャラクターと比較される負担はなかったです。 代わりにどのようにキャラクターを捕まえて行くべきかも感がこなくて悩みをたくさんしました。 クァク・キョンテク監督様とヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン先輩らと相談してキャラクターを捉えたがシナリオが修正されてすでに撮影した放送分量が編集されて,中がちょっと傷つきましたよ"と説明した。

チョン・ユミはこの前追加撮影した場面をモニターして痛んだ中をくれといった。 以前撮影分量と違い今回はウンジの成熟した姿を見せることができるからだ。 当初単純に同数が好きな断面積の姿から抜け出して,同数樽石サンテク,チュンホなどを助ける助力者で比重が大きくなった。

チョン・ユミはクァク・キョンテク監督とヒョン・ビンから井戸の中のように狭い演技の見解を広げる方法を習った。 台本を挟まって生きるチョン・ユミとは違いクァク監督とヒョン・ビンはドラマの大きい枠組みを維持したまま状況によって,他の演技を披露した。 ヒョン・ビンの延期(煙,演技)助言で他の女優らから嫉妬でない嫉妬を受けることもした。

チョン・ユミは"ドラマ初めての撮影がヒョン・ビン先輩とトゥシャシオソヨ. 演技に没頭して,同数で感じるべきなのに芸能人と度々見えるとNGが出ました。 監督様が'酒でも一杯して緊張を解こう'で小物のシャンパンをごくりと飲んで撮影しましたよ。 事実飲酒してとったが親しくなった契機になりましたよ"と話した。

スポーツ韓国イ・ヒョンア記者lalala@写真=キム紙困気者jgkim@sportshankook.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009073006493191207&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョン・ビンさんインタビュー記事 私生活公開するつもりない

ヒョン・ビン"恋人? 家族? 公開するつもりない"
2009年07月29日(水)08:15スターニュース

[マネートゥデイ スターニュース キム冬記者]
ms2009072908025641656_0.jpg
ヒョン・ビン(c)ホン・ポンジン記者honggga@

俳優ヒョン・ビンが恋人や家族など私生活を公開するつもりがないと断固として明らかにした。

ヒョン・ビンは28日ソウル,汝矣島(ヨイド)のあるカフェで進行されたインタビューで私生活を公開することに対して拒否感があると率直な内心を打ち明けた。

ヒョン・ビンはこの席で"私生活を表わしたくない。 家,ご両親,ガールフレンド何でも"と話した。

引き続き"私の私生活を見て割った方々が私を好むのではないのではないか"として"私のものをあれこれ引き出してみるならば後ほど何を見せることができるか"として懐疑的な反応を見せた。

'だが過去にガールフレンドが公開されたことがあるのでないか'で尋ねて,ヒョン・ビンは"良く見る友人だったが私が会うというのに対して周辺であれこれ話らが多かった"として行き過ぎた関心が別れた理由中に一つだったことを迂回的に表現した。

引き続き彼は"結局私があえて話をしなければならない必要がないのに(ファンカフェに)文を載せた。 事実私がガールフレンドに会うが男の友人に会うがそこに対するから必要性を感じられない"と付け加えた。

彼は"だが私生活に制限を受けるのは他の見方をすればスターとして得た当然の悪業の報いと考える"という話も繋いだ。

彼は"日常生活が不便なのは事実だが,食堂二回,3度行くことを一度で減らし気楽に通えないのと私のことを対等交換をしたのでないか"として豪快な笑いを作った。

だが彼は俳優として演技と認められたいだけだと話した。 "習う演技で勝負をかけることだと考える。 私はゴシップの種を提供するスターよりはキャラクターで呼ばれる演技者になりたい。"

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2282793&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「ACTORS STYLE韓国17」 「チング」制作発表会記事掲載

ACTORS STYLE韓国17
7andy_07226066-1.jpg
出版社 : 竹書房
発行年月 : 2009年07月
通常価格(税込) : ¥1,400

★表紙巻頭特集:ソ・ジソブ
独占グラビアインタビュー&『カインとアベル』

★John-Hoon in 『カフェ・ソウル』
★韓国最新DVDリリースドラマ特集
『アイリス』『太陽を飲み込め』『チング、愛と友情の絆』『シンデレラマン』『ザ・スリングショット~男の物語~』『ベートーベン・ウィルス』『インスンはきれいだ』
…ほか

詳細はこちらへどうぞ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3641260
-------------------------------------------------------------------
サンテクドヨンの写真が結構大きく出てるよ~と
◎っちゃんが写真を送ってくれました

「チング」制作発表会記事掲載

P57 一部 
P58~60 全3ページ
Image3252.jpg

Image3251.jpg

◎っちゃん、いつもありがとう
みなさま、本屋さんで見つけたら、どうぞご覧ください

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ヒョンビンさん インタビュー記事です

'友人'ヒョン・ビン,"チャン・ドンゴンは解かなければならない宿題…視聴率神経使わなくて"
[イーデイリーSPN] 2009年07月29日(水)午後12:05
20090729120544851g6_121011_0.jpg
▲ヒョン・ビン

[イーデイリーSPNキム・ウング記者]俳優ヒョン・ビンが変わった。 デビュー初めから時々突っついたのだが順どんとこのように優しくて無邪気な姿だけ見てきたが赤銅色皮膚にほっそりしている腰,筋肉質スタイルで強靭な印象が感じられた。 ところでその姿でする延期(煙,演技)がキャラクターに正しく交わる。 MBC週末特別企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’に会って,ヒョン・ビンを訪れた変化だ。

最近ソウル,汝矣島(ヨイド)ある飲食店で昼食を一緒にしてヒョン・ビンに投げた最初の一言は“なぜこういうキャラクターを今や引き受けたか”であった。 既存ロマンチック コメディー,メロージャンルの作品で見せてくれたことと違うがヒョン・ビンが‘友人,私たちの伝説’で演技している同数の凄然ながらも経たキャラクターをよく溶かして出しているという感じのためだった。

“私がこういう役割をしないのではありません。 ‘私の名前はキム・サムスン’が人気を呼んだ後,ロマンチック コメディー,メロージャンルだけで出演提案がきたことでしょう。”

多様なキャラクターに挑戦したがる欲が伝えられた。 ‘友人,私たちの伝説’はヒョン・ビンにそのような怨念解消ができる初めての機会であった。

‘友人,私たちの伝説’は2001年封切りして,800万人を越える観客を劇場に呼び入れた映画‘友人’を原作にしたドラマだ。 ヒョン・ビンが受け持っている同数は原作映画でチャン・ドンゴンが演技した。

20090729120544851g6_121011_1-2.jpg
▲ヒョン・ビン

映画では同数の悪漢面が主に浮び上がったがドラマでは違う。 ‘友人,私たちの伝説’で同数は寂しくてかわいそうな感じまで与える。 このドラマが映画とは違い同数がなぜ過激になるほかはなかったかに焦点を合わせているからだ。

そのためにヒョン・ビンに懇意な先輩のチャン・ドンゴンは‘友人,私たちの伝説’で解かなければならない課題のように近づくほかはなかった。 自身も映画を印象深く見ただけ同じ状況で他の演技をしようとしてもチャン・ドンゴンの演技が模範答案のように頭の中に残っていたためだ。

“出演を決めた後,映画をまた見ました。 ところで度々(場)ドンゴン兄のように演技をしなければ違ったようだという気がして映画を見なくなければならないで決心しましたよ。 だが演出者のクァク・キョンテク監督様と話してキャラクターを作っていってまた映画を見ることにしました。 映画と同じ人物なのに同じ状況で100%他の演技をするのは答ではないようでメローとか,高校時代ボクシング選手であり船も乗ったなど他の設定を忠実に消化することだけでも他の同数と見えることができることという考えでした。”

このためにヒョン・ビンは‘友人,私たちの伝説’を撮影する6ヶ月ずっと運動を併行して,からだを作った。 ボクシング選手出身という点で鋭くて鋭い感じを視聴者たちに伝えたいからだ。 それだけでもチャン・ドンゴンからある程度抜け出すことができた。

そのように悩んで努力して作ったキャラクターなのに‘友人,私たちの伝説’視聴率は多少残念でないだろうか? ‘友人,私たちの伝説’は放送時間が30分余り重なったSBS週末特別企画ドラマ‘きらびやかな遺産’が40%を上回る視聴率で人気を呼んでいるのに押さえられたからなのか一桁数視聴率に留まっている。

だがヒョン・ビンの返事は意外に簡単に出てきた。

20090729120544851g6_121011_2.jpg
▲ヒョン・ビン

“前視聴率は1%も神経を使いません。 その間(視聴率不振は)たくさん体験したのではないですか。 この頃はインターネットだ,ケーブルTVだ,あるドラマに接することができる通路があまりにも多いから見る人々はどうにか見ることと考えます。 またそのような媒体らは視聴率集計から除外されるから視聴率に気を遣う必要もないです。”

ヒョン・ビンは俳優と監督,スタッフの役割は完成度あるように撮影をすることで視聴するのか決める選択は視聴者の役割だと線を引いた。 事実このドラマがインターネット ダウンロード サービスなどで‘大当たりドラマ’と釣り合う数値を記録しているというクァク・キョンテク監督の話を勘案すればヒョン・ビンの説明が合うという考えになった。

むしろヒョン・ビンは視聴率より自身が持ったこのドラマに対する期待を強調した。

“クァク・キョンテク監督様が私が分からなかった表情,私が分からなかった日探して引き出して下さいました。 してみなかったキャラクターを演技してみるのもおもしろかったし釜山(プサン)なまり演技もそうしましたよ。 またドラマを数えて,シーズンで分けて,14~20回を先に写してその次に7~13回,1~6回順で逆に撮影して行きました。 映画のように現長編執刀しましたし。 撮影会場で編集したこと等を見たがはやくまともに付けて,ドラマで見たかったんですよ。”

ヒョン・ビンは自らも‘友人,私たちの伝説’をおもしろく見ていて作品の完成度面では視聴者たちの評価と同じように自身も満足だといった。 また“今はよく分からないだろうが後ほど考えれば演技の幅は増えているでしょう”という言葉も付け加えた。

ヒョン・ビンは28日から‘友人,私たちの伝説’補充撮影に入った。 ドラマの完成度を一層高めるための作業だ。

そして補充撮影を終えた後には当分休息を取るといった。 ドラマ‘彼らが生きる世の中’に続き‘友人,私たちの伝説’,映画‘私は幸せです’まで3編にひきつづき出演して心身が疲れたためだ。

“直ちに新しい作品に入れば100%失敗しそうです。 無条件休んで,再充電をするでしょう。”

キム・ウング(記者) cowboy@

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090729120544851g6&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 補充撮影は28日から10日間

さらに固くなる‘友人’
[フォーカス] 2009年07月29日(水)午前10:42
20090729104207830k7_110418_0.gif
劇完成度高揚危害10日内外補充撮影突入

事前製作ドラマ‘友人,私たちの伝説’(MBC)が補充撮影に突入した。

ドラマ製作会社(株)尽人事(チニンサ)フィルム側は“劇の完成度を高めるために28日から補充撮影を始める”と明らかにした。

ドラマのすべての撮影はすでに終えられた。 だが製作会社は撮影分の連結性を補強して,映画と違った結末に達する過程の仕組み(つなぎ)を硬くさせるためにソウルと釜山(プサン)で10日間追加撮影を進行することにした。

演出を引き受けたクァク・キョンテク監督は“補充撮影に俳優らが快く応じてくれた”として“高い映像美はもちろんより一層整っているストーリーの構成にも役に立つだろう”と明らかにした。

韓流スターヒョン・ビンとキム・ミンジュンが主演を,クァク・キョンテク監督が脚本と演出を引き受けたドラマ‘友人,私たちの伝説’は毎週トゥ・日曜日夜10時50分に放送される。

/キム・ヤンス記者

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090729104207830k7&newssetid=1352
---------------------------------------------------------------------
補充撮影で‘友人’勝負の賭け
[メトロ] 2009年07月29日(水)午前09:17
20090729091712276c3_093404_0.jpg
MTV週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’が補充撮影で勝負の賭けに出た。
映画‘友人’のクァク・キョンテク監督が演出を引き受けたこの作品は国内ドラマ環境では異例的な100%事前製作で放送前すべての撮影分量を完成,作品性に対する期待値を高めてきた。
だが若い俳優らの好演とずば抜けた映像美にもかかわらず,週末夕方遅れた放送時間と19才以上観覧可等級にともなう表現限界など悪条件がかみ合わさって10%内外の視聴率不振を経験した。 結局クァク監督は‘補充撮影’という秘蔵のカードを持ち出した。 映画とは全く違う結末が予告されただけに映画で深く扱うことが出来ない多様な人物の話と結末に達する過程などストーリーの仕組み(つなぎ)をがっちり固めて,視聴者の共感を引き出すという意図だ。
先月末すべての撮影を終えて個人日程を消化してきたヒョン・ビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨン・ワン・ジヘ・ペ・グリーンは28日初めての撮影を始め10日間ソウルと釜山(プサン)を行き来して撮影強行軍を広げる予定だ。
クァク監督は“すべての出演陣が補充撮影提案に快く応じた”として“秀麗な映像美はもちろんこまかい話展開に多いに役に立つだろう”と期待を表わした。
伝授米(記者) jun@metroseoul.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090729091712276c3&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

キム・ミンジュンさん カリスマ演技で視聴者を惹き付ける

キム・ミンジュン,カリスマ演技で視聴者ひきつけて
[アジア経済] 2009年07月29日(水)午前08:28
20090729082820784f3_083914_0.jpg
[アジア経済新聞パク・ゴンウク記者]俳優キム・ミンジュンがカリスマ演技を披露して週末テレビ劇場視聴者たちをひきつけている。

MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説(以下の友人)'で樽石逆に熱演を広げているキム・ミンジュンは劇が進行されるほど樽石としてカリスマを120%発揮している。

特に映画では公開されなかった高校時期のエピソードと追加されたストーリーらでキム・ミンジュンは時にはコミカルに,または深刻なカリスマを吹きだして自由自在に延期(煙,演技)を駆使して目を引いている。

劇序盤映画'友人'中ユ・オソンのカリスマをキム・ミンジュンがどれだけ再演することができるかに疑問が傾いたりもしたが彼の熱演でこのような疑問は消えたという評価だ。

クァク・キョンテク監督やはり"キム・ミンジュンの演技は期待以上だ"として"強いカリスマはもちろん感情や肉体的状況が達した演技までも立派にやり遂げた"と評価した。

一方来る8月1日と2日に放送される'友人' 11,12回で樽石は自身の代わりをして,監獄生活をしている友人同数(ヒョン・ビンの方)に対する申し訳ない心を抱いてお父さんの組織を受け継いで,これを導く姿をお目見えする予定だ。

パク・ゴンウク記者kun1112@asiae.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090729082820784f3&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

映画とドラマ 2人のジュンソクに注目集まる

'テサム'ユ・オソン-'友人'キム・ミンジュン,'二人のジュンソク'ウィンウィン効果?
[アジア経済] 2009年07月29日(水)午前09:50
20090729095023217f3_100046_0-2.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]SBS水木ドラマ'太陽を飲み込め'(以下テサム)のユ・オソンとMBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下の友人)のキム・ミンジュンがウィンウィン効果を起こしている。

ユ・オソンとキム・ミンジュンは格別な縁がある。 ユ・オソンは去る2001年映画'友人'で樽石役を担って,映画を興行させるのに大きい役割をした。 その映画'友人'をドラマ化した作品で樽石駅をキム・ミンジュンが引き受けたこと。

ユ・オソンは現在'テサム'で傭兵出身天才ケムブルロ ジャクソンリ役を担って,熱演を広げている。 ジャクソンリを演技するユ・オソンは先週'テサム'に登場するやいなや各種ポータルサイト検索語順位1位を占めて関心を集めている。

キム・ミンジュンも樽石駅をよく消化しているという評. ドラマが成人期に入ってキム・ミンジュンのカリスマが光を発揮していてこれに対する評価も肯定的だ。

キム・ミンジュンはキャスティング過程と放映初期,映画の中ユ・オソンのカリスマを再演することができるかに疑問が傾くこともした。 だが今までのキョルグァマンボァもこのような疑問は消えた状態だ。

映画‘友人’とドラマ‘友人'の演出を引き受けたクァク・キョンテク監督は“キム・ミンジュンの演技は期待以上だ”として“強いカリスマはもちろん感情や肉体的状況が達した演技までも立派にやり遂げた”と評価した。

だから'ツー(TWO)樽石'ユ・オソンとキム・ミンジュンの演技に視聴者たちの関心が集められている。

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090729095023217f3&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

映画「チング」とドラマ「チング」の比較を楽しむ視聴者

映画'友人'とドラマ'友人'間…視聴者は楽しい
[マイデイリー] 2009年07月29日(水)午前08:57
'ドラマ'友人'は映画'友人'の参考書!'
2009072908572685194_091212_0.jpg
[キム・ミンソンのスターピル]

初めて映画‘友人’を見た時,映画ストーリー自体も大丈夫だったが映画に出てくる風景らも観るに値した。 釜山(プサン)埠頭と浜辺通りが背景の映画では単にセットのためだけでなく,70-80年代を追憶するようにする装置らがあちこちに並んでいた。 若者たちには頭の中で想像だけしたその時その時代を経験するようにしたし,その時代を暮らした人々には自身のお話を引き出すようにした。

映画全般(前半)に溶け込んだ'釜山(プサン)'という(のは)地方色は拒否感はさて置き懐かしいだけしたし,俳優らがぷつんと投げる言葉らは主人公が'組織暴力'と刺々しい言葉が多かったが,国民流行語になった。 暴力的で残忍だったがその上に友情という媒介体を通じて,むしろ人においがする映画で作った。 映画を通じて‘その時期’を追憶した人々が今は映画‘友人’を追憶している。

このような‘友人’をドラマでまた見ることができるようになったので,ドラマに無神経な筆者のような世代らもブラウン管に自発的に駆せ参じた。

800万観客の興行映画,その上クァク・キョンテク監督が直接リメークした作品とかだけにドラマ‘友人,私たちの伝説’は出発から大きい関心とイシューの種になるので(に)充分だった。 だがむしろ演技者と監督は興行映画という後光を享受するよりはより一層上手にしなければならないという負担感がより一層大きかっただろう。

ヒョン・ビンは直ちに‘友人’といえば浮び上がるチャン・ドンゴンという高い壁を跳び越えなければならなかったし,クァク・キョンテク監督は一度劇場入ってくればほとんど出て行くことない映画とは違って気乗りし次第リモコン ソピンを楽しむ視聴者たちの葦のような心をずっとつかまなければならない宿題をかかえることになった。

ドラマ‘友人’は基本的なストーリーラインは映画と同一だが,時間の制約を受けないドラマの特性上映画では表現できなかった事件を過程中心に解いて,表現している。 ドラマ‘友人’を映画‘友人’の参考書格だと考えればやさしいようだ。 その時なぜそうしたか考えた部分らがドラマを通じて自然に説明されている。

映画‘友人’がドラマで製作されるといった時から誰が‘同数’役をすることになるのか焦眉の関心事であった。 大韓民国最高のハンサム俳優チャン・ドンゴンが演技派俳優として新たに出た役割ではなかったか。

しかし記憶するのか分からないだろうが,チャン・ドンゴンやはり初期‘同数’役にキャスティングされた時,似合わないという評価を受けていた。 映画‘友人’がチャン・ドンゴンをハンサム俳優で演技派俳優と認められるようにしたように,ヒョン・ビンやはりドラマ‘友人’を通じて,本当に俳優に成長していきつつある。 過程が省略された映画の中でチャン・ドンゴンはユ・オソンに反発して強いだけしたとすれば,ヒョン・ビンはジンスク(ワン・ジヘ)との関係を通じて,その余白を埋めて温和なことも見せている。 ヒョン・ビンの話によれば"(場)ドンゴンが兄が'上手だ"と話してくれた"ともする。

<キム・ミンソン ソウル総合芸術学教理事長www.sac.ac.kr>

[写真=映画'友人'のチャン・ドンゴン(左側)とドラマ'友人'のヒョン・ビン.(映画'友人',MBCドラマ'友人')]

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=2009072908572685194&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」VS[チング」 クァク・キョンテクワールドの進化なのか、後退なのか?

<友人> vs <友人>|クァク・キョンテク ワールドの進化なのか,後退なのか
2009年07月29日(水)09:34テナシア

映画<友人>はすでに820万観客が見守った。 その上韓国映画興行の全党(殿堂)に名前を上げているこの記録的な話はその間疲れることもせずパロディなった。 “お前が行きなさいハワイ”から“私が君の使いっ走りが”まで経た釜山(プサン)なまりは全国的な流行語になったし,クァク・キョンテク監督はその後にも男らの義理で深くしみた映画らを作った。 しかし10年が過ぎた今,監督はMBC <友人,私たちの伝説>で皆が皆知る話をまた持ち出した。 これはただ<友人>の自己複製に終わってしまうのか,でなければ名前のように新しい伝説を創造するだろうか? <10アジア>ウィ・クンウ記者とキム・ソニョンTV評論家<友人,私たちの伝説>が伝説になることができる可能性を占ってみた。/編集者注

MBC <友人,私たちの伝説>を支配する最も大きい情緒は友情あるいは義理でない強迫だ。 初回序盤に見せた編集映像で盗塁鼻(イム・ソンギュ)一党が同数(ヒョン・ビン)を襲撃する場面と樽石(キム・ミンジュン)が同数にハワイで数年の間死んだように過ごせと忠告する場面,そしてドラマ中間同数が樽石に“私が君の使いっ走りが?”という有名なセリフを投げる姿をせめて衣装までほとんど同一に再現するこのドラマではクァク・キョンテク監督の前作映画<友人>に対する強迫が読まれる。 だが本当に重要なことはこういう強迫が特別な自分複製に終わらないでし終えることができなかった話を除隊で終えたい自分所感に対する強迫につながるという点だ。

<友人>という神話的世界に対する強迫観念
ta2009072811210796388_0.jpg
あえて興行記録を問い詰めなくても映画<友人>はその継ぎ目が緩い映画は決してなかった。 興味深いことは<友人,私たちの伝説>を見て<友人>の神と神の間の隙間がとても大きく感じられる,一種の事後の構成が起きるということだ。 たとえば出所した同数が中華料理店でサンゴン(イ・ジェヨン)の下に入る場面だけおいてみれば映画とほとんど同一だが同数が自身が動かす船長を集団殴打したサンゴンやからを殴り倒して,監獄に行って,お母さんのためにお金が必要になるエピソードがその前に配置されて,同数が暴力団の道を歩く理由がはるかに明確になる。 すなわち映画に寄り添ったドラマが原作をまた解釈するようにする一種の解説集役割をすることだ。

同数がドラマ初回ナレーションを通じて,少しの間だけでも一種の話者役割をしたということはそれで注目するに値する。 映画での彼は友人の信頼を裏切って義理を破った人物だった。 映画<愛>,<台風>でも証明されたようにクァク・キョンテク ワールドの男にそれは最も大きい欠陥だ。 だがそれは結局しばらく騒ぎ立てるがあった映画の中話者のサンテクの視線と判断であったし,何年間歪んだ同数と樽石関係の責任は弁解の機会もなしで同数に帰ってしまった。 だが<友人,私たちの伝説>での同数はやむを得ずサンゴンの下に入って樽石の代わりに監獄に行く姿を通じて,映画の中サンテクの視線,換言すれば監督のカメラがそこまでつかみ出せなかったその何年間変化の理由を見せる。 それで<友人,私たちの伝説>はあたかもある友人の話だけ聞いて評価した他の友人に対する記憶に新しい事実を満たして入れて再構成した誰かの述懐を見るようだ。 ここで<友人>は断片的だが誤った記憶ではないので簡単に毀損されてはいけない。 ドラマで見える自分複製の強迫はあたかも記憶を守ろうとする強迫のように感じられる。

クァク・キョンテク ワールドの進化なのか,後退なのか

だがこのような変化の中でもこのドラマが最も重要に思うのは原作と同じように同数と樽石,状態(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シヨン)が小学校の時から高等学校に至るまで作った“友達同士申し訳ないことない”という情緒だ。 彼らは友人のためについにげんこつを持って,好む女をあきらめて,代わりに罪をかぶる。 その中で同数に対する弁解は友情の他に他の価値も重要だという認定でない,同数が事実義理を破ったことでないとの誤解の解消につながってむしろ友情の価値をより一層強固にする。 だから<友人,私たちの伝説>は結局<友人>の向こう側で<友人>を完成しようとする試みだ。 ‘私たちの’という価値は‘私たちの’として生きてきた記憶に対する共有を通じるだけで証明される自分証明的な価値で,<友人,私たちの伝説>はその価値を証明する‘私たちの’らの叙事だ。 これがクァク・キョンテク ワールドの進化なのか,でなければまた他の前近代的退行の兆候なのかは簡単に話しにくい。 ただし確実なことは共感したしなかったこのドラマは韓国的義理という教理を証明するもう少しもっともらしい男性神話に近接しているという事実だ。

文ウィ・クンウ


MBC <友人,私たちの伝説>は映画<友人>の結末から話を出発させる。 これはこのドラマの全体的雰囲気を決定する。 友人らとの思い出を過去から呼び出しするサンテクのナレーションで始める映画が弱々しい回顧談の性格を帯びたとすれば,同数(ヒョン・ビン)のみじめな死で署長を使ったドラマはあたかも映画の悲壮なレクイエムのように見えるためだ。 組織暴力英雄物語のロマンチック ファンタジーを強固にした映画の叙事をそのまま従っていながらも,ドラマ全般(前半)に垂らしたこの寂しい挽歌の気勢はいつのまにかそのファンタジーの有効期間がすべてしたことを語ってくれる。

組織暴力成長叙事の亀裂と変化
ta2009072811210796388_1.jpg
このような変化の核心には映画と大きく変わった同数と樽石(キム・ミンジュン)キャラクターがある。 まず根本的に変わったことは彼らの友人関係だ。 幼い時期樽石が同数のために代わりに戦ってくれて自然に形成された序列構図が暴力的葛藤で発展する映画とは違い,ドラマで二は‘戦いたくなくて’互いに引き分けたもよう打って友人になる。 またドラマの中同数と樽石はいわゆる‘強い男なること’の熱望より傷ついた少年性がさらに目立つキャラクターだ。 幼年時期のトラウマがさらに強くなった彼らはおとなになってもジンスク(ワン・ジヘ)の表現のとおりまだ成長できない傷受けた“オイディプス”らだ。 ヨム屋お父さんと家庭を捨てたお母さんに対する深い愛憎を持った同数は出世と生存に対する欲望を隠さなかった映画の中同数とは反対に,幼い時期から“私一人この世の中にないと何か大きいことが起こること同じでもない”という人生に対するむなしいことでぎっしり埋まってはなはだしきは“これからごろつきで生きるつもりもない”と話す。 樽石もごろつきお父さんと病気にかかって孤独に死んでいったお母さんに対する傷のために“自身を駄目になることがお父さんに対する復讐”と考える。

要するに映画の中樽石と同数が各々幼年の傷を暴力で克服して結局はさらに強力なお父さんの世界の人組織に入って,自ら強いお父さんになる組織暴力成長叙事を忠実に従っているならば,ドラマはその叙事に参加しながらも,他の一方ではそれに(彼に)亀裂を加える他の叙事らの可能性を抱いていることだ。 ここで懐疑して揺れる男性的叙事の代わりに補完された話がまさにジンスクの叙事だ。 クァク・キョンテク監督は男性中心的世界であった映画に対する批判を受け入れて,ドラマの中でジンスクの比重を強化して個人史にも精魂を込めた。 もちろん‘数えたふりをするが本心は優しい’二人の男間で救援(旧怨)の女性像で機能する限界を見られるが,映画でサンテクがナレーターとして持った外部自適視線を分け合う一歩前進を見せたりもする。

‘伝説’に対する欲望が誤らせること

しかしこのドラマが抱いている原作世界亀裂と解体の可能性は他の一方では原作の神話を強固にして,題名そのまま‘伝説’を作ろうと思う相反した欲望と衝突してしばしば挫折する。 その欲望は企画意図でも見えるようにSBS <砂時計>をベンチマーキングしてサンテク(ソ・ドヨン)の補強された個人史等を通して,もう少し拡張された社会史的脈絡を表わそうとすることだ。 だがドラマはその軍事独裁時代の暴力的世界が現在とそんなに違わないにもかかわらず,作品中で十分に滞貨した話を作り出すことができなくて現実政治を喚起させることもできない。 組織世界を通じて,軍事政権の暴力的属性を暗くて圧縮的に描き出した映画に比べて巨大な話に対する欲ばりすぎがドラマ内部的にも不均質な叙事を作っていることだ。 ドラマは何より人物の話だ。 <友人,私たちの伝説>この映画より引き立って見えた成果があるならばまだ未完でも中心人物らの豊富な話を通じて,叙事全体に多層的解釈の可能性を抱いたということだ。 スケールと神話に対する強迫でその人物らの話までのがすならば‘伝説’どころかまあまあである雑談で終わるかも知れない。

文. ウィ・クンウ(eight@10asia.co.kr)
文. キム・ソニョン(TV評論家)
編集. イ・ジヘ(seven@10asia.co.kr)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2283676&year=2009&Query=서도영

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。