2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・チゲンさま新作MV「BEFORE&AFTER」



 http://www.youtube.com/watch?v=pE4N_x7I1zo

イ・チゲンさまファンのみなさま、お待たせいたしました
とうとう新作MV、出ましたよ~

題して「BEFORE&AFTER」です
さ、どうぞ~

イ・チゲンさま
恐れ多い視聴率女王ヒョジュ姫と
今回も視聴率どんづまったドヨン王子をからませてくださり
ありがとうございました

さらにファミレスのあちこちから画像を使ってくださり
世界のようつべアップ!
このPR効果を考えたら・・・・・・
あらためて西の方へ向いて ありがとうございました~

スポンサーサイト

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」の失ったものと得たもの

モザイクの伝説‘友人?’…失ったのと得たこと
[ソウル新聞] 2009年08月31日(月)午後12:15

[ソウル新聞ナウニュース]
20090831121519448h2_121519_0.jpg
30日MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)が物足りなさ中に幕を下ろした。

事前製作を通じて‘well made’ドラマという評価を受けながらも,結局一桁数視聴率を抜け出すことが出来ない‘友人’

それでも失ったことよりは得たのがより大きい‘友人’とともにある至難二ヶ月を振り返ってみる。

◆マイナス- 19金ドラマ,‘モザイク’の伝説になる

‘友人’は空中波ドラマとしては異例の19才以上視聴可判定を受けた。 組織暴力団という素材,扇情的な放送言語そして暴力の表現程度がかなり高かったという評価だ。

俳優らのぎこちないなまり,濃厚な暴力性にもかかわらず初めての部屋は9.0%という無難な出発をした。 だが週末午後11時という遅れた放送時間帯そして大きい期待を集めたアクションシーンが大部分モザイク処理されて‘友人,モザイクの伝説’というニックネームも得た。

ドラマ演出を引き受けたクァク・キョンテク監督はインタビューを通じて“思ったよりモザイク処理が多かった。 本当に精魂を込めて,熱心にとった画面がべたべたモザイク処理されたことを見て大いに衝撃を受けたのも事実だ。 ドラマをとても分からなかったせいで本当に気に障る。”と物足りなさを吐露した。

あたかも映画撮影をするように精魂を込めて,製作したドラマ‘友人’は結局最後まで爆発的な視聴率は得られなかった。

20090831121519448h2_121519_1.jpg
◆プラス+ヒョン・ビン,キム・ミンジュンの新しい発見・イ・シオン,チョン・ユミなど新人らの猛活躍

‘ロマンチック行き’ヒョン・ビンはタフ南へ完ぺき変身したし‘モデル出身’キム・ミンジュンの演技力が光を放った。

映画原作と比較されることを明らかに分かりながらも,もしかしたら‘無謀な’挑戦を始めた俳優たちの演技は好評を受けて良い結実を結んだ。

チャン・ドンゴンの推薦で‘同数’役を担うことになったヒョン・ビンはその間隠した鋭くて寂しい目つきをお目見えして孤独な反抗児に変身した。

また‘樽石’役を担ったキム・ミンジュンの演技変身も印象的だった。 釜山(プサン)出身キム・ミンジュンは‘はじめて’自分声を出したという評価を受けるほどすごいカリスマをふいて完ぺきにキャラクターに没頭した。
20090831121519448h2_121519_2.jpg
また‘演技になる’新人らの活躍も引き立って見えた。

大きい目を輝かせてヒョン・ビン,キム・ミンジュンとの気力の戦いでも押されなかったジンスク役にワン・ジヘ. 20部ずっと多少重かった劇の雰囲気を明るく,また楽しくさせた‘フンフンカップル’チュンホ,イ・シオンとソンエ ペ・グリーン.

ヒョン・ビンの子供を産んだウンジ駅のチョン・ユミなどはドラマ‘友人’をやわらかくてまた感性的に作るのに大きい役割をした。

10年前映画が知らせなかった同数の死の背後,そして同数のための樽石の復讐を描いて‘友人’は静かな最後挨拶をした。

原作のパワー,映画以上の映像美,‘断片台本’の圧迫から抜け出した事前製作ドラマ‘友人’.

7.2%視聴率で寂しい退場をしたがwell madeドラマという名誉な名前でケーブルと日本市場でもう一度良い評価を得ることになることを期待してみる。

ソウル新聞NTNウ・ヘヨン記者woo@seoulntn.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831121519448h2&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

MBCドラマ「チング 俺達の伝説」 全視聴率

45321127062009_1.jpg

MBCドラマ「チング 俺達の伝説」 TNSメディアコリア視聴率より

     第 1回 6月27日(土) 9.0%    第 2回 6月28日(日) 8.6%
     第 3回 7月 4日(土) 9.8%    第 4回 7月 5日(日) 8.2%
     第 5回 7月11日(土) 9.8%    第 6回 7月12日(日) 7.9%
     第 7回 7月18日(土) 9.0%    第 8回 7月19日(日) 6.8%
     第 9回 7月25日(土) 8.1%    第10回 7月26日(日) 5.4%
     第11回 8月 1日(土) 8.0%    第12回 8月 2日(日) 7.0%
     第12回 8月 8日(土) 5.2%    第14回 8月 9日(日) 6.1%
     第15回 8月15日(土) 7.5%    第16回 8月16日(日) 5.7%
     第17回 8月22日(土) 7.6%    第18回 8月23日(日) 8.2%
     第19回 8月29日(土) 7.9%    第20回 8月30日(日) 7.2%

サンテクドヨン、いい仕事しました!
お疲れ様でした!

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」 "私たちもあんな友人がいるか?"

ドラマ'友人',それは友情向かった復讐であった!
[マイデイリー] 2009年08月31日(月)午前11:04
2009083111042714294_111234_2.jpg
'映画と違った結末,樽石は同数を殺しなさいしなかったし,むしろ復讐してくれた'…視聴者たち'惜しい感動'

[マイデイリー=キム・ヨンウ記者] "シキャ,暮らせる。 死なない。 生きろ友人だ。 必ず生きなければならない"

30日夜MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'最後の会では映画'友人'でなかった樽石(キム・ミンジュン)が帰ってきて,雨の中に刃物合って死んでいく同数(ヒョン・ビン)を握りしめる場面で放送が始まった。 雨の中にノルブロジン魚がはねて,流れる血液が下水口に流れて行く中で万物スーパーの前で同数は死んでいった。

逃避2年に控訴時効がいくらも残っていない時点に樽石は友人チュンホ(イ・シオン)の弟の刑事中期(チュ・ミンホ)を通じて,自首する。 監房可期前最後食事をして樽石は妻になったジンスク(ワン・ジヘ)と友人チュンホ,そして中期に"夢に同数見た。 子,出てみて心安らかに持てというんだって"といいながら安心させる。 また"昔には中区(チュング)集で本当にでなければウドンであったのに,この頃には本当にでなければチャンポンだったよ,いつからそのようにトェンノ"と無駄な言葉に回すが,ジンスクと子供を置いておいて警察署へ向かう表情は縁結びする。

チュンホは樽石を面会と"今から戦争だ。 頭よく使わなければならない"として友人のために裁判を助ける。 だが樽石は友人らの涙ぐましい救出努力を裏切って'私がさせた'で殺害指示'を認める。 'なぜそうしたか'で尋ねる友人に樽石は"恥ずかしくなって"して後日"恥ずかしくなったのでなく友人なので"と答える。

ここで反転. 映画にはなかった組織暴力親分サンゴン(イ・ジェヨン)が捕えられて,オクに入ってきた。 あらかじめ捕えられてきた同数の部下銀器(手顔貌)は"くやしい人はなかったら良いだろう"と改心して検事に殺害指示は樽石でないサンゴンがしたと自白する。 樽石は"本来は胸は刺さないで太ももだけ年バカだけ作れば良い"としたのだ。 殺せとの命令は親分サンゴンがしたのだ。

これを知った樽石はサンゴンの監房シャワー室を訪ねて行ってすさまじく彼を殺害して,面会がないある休日刑務官の'面会'という(のは)話を聞いて,日光きらびやかな監房の外死刑場へ向かう。

ドラマ'友人'で映画と違った内容は29日と30日夜の最後の2回に要約された。 結局樽石は相手方組織の同数を攻撃指示はおりたが,殺害指示はしたことがなかった。 また攻撃命令直後樽石はジンスクの"私たちが離れて,絶対何のこともなく年"という電話を受けて,樽石を生かしに車を回す。

映画'友人'で観客らは樽石(ユ・オソン)が同数(チャン・ドンゴン)を殺せといったと分かっていた。 ユ・オソンは裁判で"私が指示した"としたし,面会来たサンテクとチュンホにも何の話をしなかった。

ドラマは結局樽石が組織あつれきのために'ハワイ'舌戦を広げる,攻撃指示を与えたし,ただし殺害指示は上部で一傑で年の友人樽石にモール認定したチンピラ世界よりはそれでも友情と人間が残っている'友人'を生かしたもようになった。 さらにドラマ'友人'は樽石が監房で殺人までしながら死んだ同数のために復讐までする。

ドラマは映画のようにまた子役に帰って,エピローグをむかえる。 パダッ葦畑は同数と樽石は"友達同士申し訳ないことオディンノ"といいながら海へ向かう。 二人とも死んで,空で会うという暗示だ。

30日夜最終回視聴率は二つの視聴率機関で5.6%,7.2%が出てきた。 競争ドラマに比べて,顕著に,低い視聴率だが,マニアらは重たい正統ドラマに熱狂した。

なまりが下手だったし初めて映画に比べて弱く見えた二人の主人公キム・ミンジュンとヒョン・ビンはますます目つき,表情,大使など演技が重量感を増した。 ついに29,30日放送では映画のユ・オソン,チャン・ドンゴンにまけないくらい変わってきた。 また他の友人のソ・ドヨンとイ・シオンも二人の友人の重心を捉えて余白をよく埋めたし,ワン・ジヘ,チョン・ユミ,ペ・グリーンは息が詰まる男世界に酸素を供給した。 バカ正直にアナログ正統スタイルを繰り広げた'友人'はそれで中壮年視聴者たちも集めた。

ドラマはすさまじい殺人劇,そして組織暴力世界,利権,政治暗闘などがあらわれたが,後日主人公樽石の妻ジンスクとの愛と友人同数との友情で結ばれて美しい感動さえも抱かれた。 血はねる殺人が最後に二度行われたが,樽石の復讐を見て視聴者たちはましてとても単純なこうした話も自問することになった。

"私たちもあんな友人がいるか?"

[写真=死んでいく同数(ヒョン・ビン),死刑場へ向かう樽石(キム・ミンジュン),監房シャワー室で激闘劇を行うサンゴン(イ・ジェヨン)と樽石.]
2009083111042714294_111234_0.jpg
2009083111042714294_111234_1.jpg

(キム・ヨンウ記者hiljus@mydaily.co.kr)

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009083111042714294&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

クァク・キョンテク監督が語る「チング」4人衆

クァク・キョンテク監督明らかにしたヒョン・ビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨン・イ・シオン‘友人’4人衆は?
[ニュースエン] 2009年08月31日(月)午前10:26
20090831102645680e7_103529_0.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’がぴりっとした反転で好評の中に8月30日放映終了をむかえた。

‘友人,私たちの伝説’は映画‘友人’を演出したクァク・キョンテク監督がメガホンを取った作品で早目に話題になった。 たとえ低い視聴率によってTV申告式は残念だったが,ずば抜けた映像美と劇的反転まで付け加えた作品性だけは重ね重ね広く知られるほどの力作だった。

‘友人’がドラマ化されるという事実が知らされた後から最も期待を集めた部分は‘友人’ 4人衆に誰がキャスティングされるのかどうかであった。 果たしてクァク・キョンテク監督がチャン・ドンゴン,ユ・オソン,ソ・テファ,チョン・ウンテクの映画の中ポスを繋ぐほどの幸運の主人公で誰を選択するかが焦眉の関心事になった。

結局‘友人’ 4人衆はチャン・ドンゴン-ヒョン・ビン,ユ・オソン-キム・ミンジュン,ソ・テファ-ソ・ドヨン,チョン・ウンテク-イ・シオンで落下点なったし,6ヶ月余りの撮影機間と3ヶ月余りの放送が終わった今キャスティングは合格点を受けた。 クァク・キョンテク監督の選択が正しいのだ。 それならヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ矢言が見るクァク・キョンテク監督はどうだろうか?

▲‘同数’ヒョン・ビン,
クァク・キョンテク監督との作業はヒョン・ビンに俳優としてさらに成長できる学習と機会を与えた。 その間分からなかった演技ポイントをクァク監督を通じて,新しく悟ったしこれからヒョン・ビンの演技人生に強固な栄養分になるほどの教えを受けた。 ヒョン・ビンは事前製作のドラマ撮影条件を100%活用,自身の不足した部分をまた満たして‘本当に俳優’と呼ぶことが惜しくなくさせた。

“監督様に本当に感謝する。 私のなまりをいちいち点検する姿を見てこういう方もおられるんだなという気がした。 作品に対するすごい情熱が感じられた。 撮影会場でまともに表現できないなまりは後市(詩)録音でまたした。 補充撮影をしている今はむしろさらに易しく釜山(プサン)なまりで演技をしている。 なまり演技がもう一層気楽で習得する過程もはやくなった”

▲‘樽石’キム・ミンジュン
クァク・キョンテク監督はキム・ミンジュンを置いて‘友人,私たちの伝説’を通じて,はじめて自分役割をする俳優に新たに出たと話した。 キム・ミンジュンはこれに対して“私が聞くことができる最高の賛辞だ”と話した。 キム・ミンジュンは100%台ボンに依存しないクァク・キョンテク監督のおかげ(?)エ撮影現場で感を育てることができた。 俳優ぐらい表現力が優れたクァク・キョンテク監督に直接謝辞受けた演技はおまけだった。

“‘友人,私たちの伝説’をとって,はじめてカメラの前で楽しかった。 その間カメラ前に立てば‘私が果たして上手にしているのか?’という考えに緊張した。 だがクァク・キョンテク監督という立派なマエストロがあったので私もオーケストラ団員で一段階成長したようだ。 また事前製作ドラマをしながらこのようにふらつくことがないのは初めてだった。 私には本当に最高ドラマだ”

▲‘サンテク’ソ・ドヨン
ソ・ドヨンは‘友人,私たちの伝説’を通じて俳優として一層成熟したと話した。 事実その間ソ・ドヨンはドラマ‘春のワルツ’を通じて,韓流スターに浮上したが自身の名を連ねて前に出すほどの代表作はなかった。 だがもう‘友人,私たちの伝説’はソ・ドヨンの代表作中最初に名前を上げるほどの作品になった。 ソ・ドヨンには演技に対する自信を抱かせた忘れることのできないドラマ期のためだ。

“クァク・キョンテク監督様は本当に良い方だ。 演技側でもたくさん習ったが人々対する方法や心費用も見習うほどであった。 好人で,男らしくて,リーダーシップも強いが反面ひとりひとりみな用意しながら演技指摘は手厳しくする姿が印象的だった。 また私が分からなかった感情や表情らを一つ一つ引き出して下さる監督様のおかげで私だけの新しい姿を発見することができた”


▲‘チュンホ’イ・シオン
新人のイ・シオンにクァク・キョンテク監督のラブコールは天が与えられた機会であった。 初めてのドラマでヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンと肩を並べることができる方法は全く分からなかったためだ。 だがイ・シオンはしらじらしいチュンホ役を完ぺき消化してクァク・キョンテク監督に100%応じた。 そのためだろう。 クァク・キョンテク監督は‘友人,私たちの伝説’で最も満足なキャスティングでイ矢言を選ぶこともした。

“とても好んだ作品だと小さい駅でも引き受ければ最善を尽くすという考えでオーディションを見たがチュンホ役を担うことになる方法は考えもできなかった。 監督様が選んで‘君の口と眉毛を作ったご両親に感謝しろ’でおっしゃった。 私の容貌がキャスティングに一役を買ったようだ。 4次までオーディションを見て,私の人生を変えることができる機会という考えに最善を尽くした。 最高の監督と作業した私は幸運児だ”

(写真=左側からヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン イ・シオン)
イミへmacondo@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090831102645680e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チョン・ユミさん インタビュー記事です

チョン・ユミ"ヒョン・ビンと初めての演技,酒を一杯飲んで開始(?)"(インタビュー)
[チョニュース24] 2009年08月31日(月)午前10:31

<チョニュース24>MBC週末企画ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下'友人')のチョン・ユミがドラマ序盤劇中同数がヒョン・ビンと見えて苦労した理由を打ち明けた。

チョン・ユミは'友人'で同数(ヒョン・ビンの方)に対する一途な心で純愛好きを大事に保管したウンジ役を担った。 自分の感情に率直で愛表現にも積極的な人物だ。

チョン・ユミは"初めにヒョン・ビン氏と演技するという時,とても気分が良かった。 ヒョン・ビン氏と演技するということ自体も良かったし兄さんがスポットライトを受けるはずなのにそばにあれば付いて行かないだろうか期待もした"と率直に話した。
20090831103155200c4_103609_0.jpg
チョン・ユミがヒョン・ビンとある作品で本格的な演技をすることになったことは今回が初めてだがデビュー初めCFで会った縁もあったと。

"ヒョン・ビン氏が'私の名前はキム・サムスン'に出演する前にCFでパートナーで会いました。 その時話一度できなくなってみたがなじんだ感じがありましたよ。 初めての撮影の時ひょっとして調べてみないだろうか期待をしたが調べてみられないで,内心さびしかったです。 ところで何日か後に'ひょっとしてその時その友人違うか'として調べてみましたよ(笑い)."

同数とジンスク(ワン・ジヘの方)と三角関係を形成したチョン・ユミはヒョン・ビンと正面対立するシニ唯一多かった。 チョン・ユミは初めには劇中同数がヒョン・ビンと見えて苦労したこともあったと打ち明けた。

"初めて一緒に撮影した場面が酒を飲んで同数に胸の内を表わす感情シーンでした。 ところで同数が同数で見なくてヒョン・ビンと見えましたよ。 目も見つめられないしぎこちなかったんですよ。 その時監督様が隣の席で呼んで,酒を一杯してこいといったほどでした。 その日は最後までヒョン・ビンと見えてピジルゴリミョンソ撮影を終えましたよ。"

以後俳優らと同じ宿舎で合宿をしたしヒョン・ビンとも自然に親しくなったし演技に対する助けもたくさん受けた。

"私は台本に執着するスタイルであったのに'友人'は現場で即興的に変わるのも多くて,適応をするのに無理がたくさん従いましたよ。 ヒョン・ビン氏はそんなことに開いていました。 ヒョン・ビン氏を通じて監督様スタイルをよく知ることになって,ゆとりあるように対処できたことのようです。"

チョン・ユミはヒョン・ビンだけでなく他の俳優らとの呼吸もとても良かったし撮影会場の雰囲気も良かったと自慢をならべた。 また唯一相性がよく合う俳優らもあったと。

"ソンエ(ペ・グリーン)やチュンホ(イ・シオン)はあれやこれやおかゆがよく合いました。 ジンスク(ワン・ジヘ)は樽石(キム・ミンジュン)と特異なギャグ コードがよく合います。 サンテク(ソ・ドヨン)は男や女優らでもあまねく無事に過ごしました。 姉さんのようによく用意して連絡もたびたびして...私ですか? 私や同数は二つとも性格がとても静かに話すスタイルだと親しかったようです。"

チョン・ユミは"レインボーメンバーら間で集いも作った。 本当に少しの間見てしまう俳優らでなく長く見る友人らのようだ。 本当の友人二人ができたようだ"と笑った。
20090831103155200c4_103609_1.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831103155200c4&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ついに伝説になれなかった「チング」

<ついに伝説がならないMBCドラマ'友人'>
[聯合ニュース] 2009年08月31日(月)午前10:14
2009083110140275401_101821_1.jpg
(ソウル=聯合ニュース)イム・ウンジン記者= MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテク・ある勝運・キム・ウォンソク,演出クァク・キョンテク・キム・ウォンソク)がついに視聴率一ヶ所壁を越えることができなくて幕を下ろした。

原作の映画'友人'が観客を820万人を動員して大きい人気を得たことと比較すると低調な数値だ。

31日視聴率調査機関のTNSメディアコリアによれば前日午後10時40分に放送された20部作'友人,私たちの伝説'の最終回視聴率は7.2%であった。

最終回は映画'友人'でそこまで扱うことが出来ない同数(ヒョン・ビンの方)の死に対する秘密が解けるという'秘密兵器'があったがついに一桁数視聴率から抜け出すことができないこと。

興行失敗の原因で放送序盤過度なモザイク処理で劇没入が難しかったし,素材が組織暴力団なのに加え暴力的な場面が多くて,主視聴者層の女性らの関心を受けられなかった点などが挙げられた。

ここに国民の6分の1が見たという映画原作と似た展開であらすじが食傷ぎみだったし,釜山(プサン)なまりに対して一部視聴者たちが拒否感を見せたことも視聴率不振の要因として作用した。

ただしこのドラマが日本に先販売されて中国と台湾など中華圏に輸出議論が進行していて各種ウェブサイトのドラマまた見るサービスを通じて入ってくる収入などが製作費75億ウォン余りは渡したという点が製作会社の尽人事フィルムに慰めになるようだ。

engine@yna.co.kr

(終わり)
2009083110140275401_101821_0.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009083110140275401&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」最終回視聴率 AGBニールセンでは5.6%

ドラマ‘友人’一桁数視聴率で幕降りて
[日刊スポーツ] 2009年08月31日(月)午前10:00
2009083110004512508_100504_0.jpg
[JES]開始も放映終了も静かだった。

MBC TV週末劇'友人,私たちの伝説'が30日幕を下ろした。 クァク・キョンテク監督の予告のように最終回では映画と違った結末を扱ったが一桁数視聴率では抜け出すことができなかった。

'友人'は30日放送で同数(ヒョン・ビン)が刃物にささって倒れるや樽石(キム・ミンジュン)が近付いて大丈夫であることと慰めて自身が犯人でないことを明らかにした。

引き続き同数の富んだ銀器(手顔貌)がサンゴン(イ・ジェヨン)の指示で犯行を犯したことを認めたし樽石はサンゴンを殺害,友人の死を復讐することになる。 映画では樽石に出てきたユ・オソンが同数(チャン・ドンゴン)を請負殺害することで描写された。

しかしこのような変化にもかかわらず,ドラマ'友人'の最終回視聴率は5.6%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録してさびしく退場することになった。 '友人'は初回から過度なモザイク処理と残忍な場面描写で非難に苦しめられた。

日の当る場所院記者[jiwon221@joongang.co.kr]

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009083110004512508&newssetid=1352
-----------------------------------------------------------------------
ドラマ‘友人’,寂しい退場…‘天使’は安定圏進入
[経済トゥデイ] 2009年08月31日(月)午前09:39
20090831093907270a3_095206_0.jpg
[経済トゥデイ] MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’が5.6%(AGBニールセン)でさびしく放映終了した。

6月27日1回放送を始め8月30日20回放映終了まであるケタ数に留まって苦戦した‘友人,私たちの伝説’は“映画と過度に全く同じだ”という指摘にもかかわらず,視聴者たちの高い忠誠度を反映してwell madeドラマとして自負心を捨てなかった。

‘友人,私たちの伝説’と一緒にMBC夏特選ドラマ‘欲しい戸田’やはり5.6%なかなか苦戦をまぬがれなくなっている。

そうかと思えば29日初回放送したイ・スギョン懐かしいコ・ウンミ,リュ・ジン主演SBS週末劇長‘千万回愛している’という13%で前作‘愛は誰でも一つ’初回放送視聴率より多少低くなった性的に始めた。 しかし30日2回放送は15.8%で安定圏に進入して,期待を高めた。 SBS週末特別企画‘スタイル’は18.9%で小幅上昇した。

放映終了を控えて4回延長放送を決めたKBS2週末ドラマ‘松薬局集息子ら’は35.6%で相変わらず人気を誇示したし,KBS2大河ドラマ‘千秋太后’やはり18%成績を記録した。

週末芸能プログラムの先頭は先週に続きKBS2 ‘ギャグコンサート’が占めた。 20.1%で20%を渡す成績を上げて視聴者たちの愛を一人占めしていること。 後に続いたKBS2 ‘ハッピーサンデー’やはり19.1%で後をぴたっと追った。

それに比べてMBC ‘兄さんバンド’ 4.4%と‘大儲’ 4.4%で視聴率乱調に苦しめられており,SBS ‘ファミリーが浮かび上がった’という17.6%で奪われた王座奪還に困難を経験している。

パク・ジニ記者jini@eto.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090831093907270a3&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ドラマ「チング」が惜しい結果となった要因

スクリーン光栄に分けた'友人',成否左右した要因は
[チョニュース24] 2009年08月31日(月)午前08:20

<チョニュース24>MBC週末企画ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下の友人)が映画の派手な光栄を再現できなくて惜しい放映終了をおさめた。

800万興行神話を成し遂げた原作映画を土台に製作されたドラマ'友人'は出発から原作との比較から自由になれなかった。

クァク・キョンテク監督は映画でそこまで見せられなかった君の友人の幼い時期の話と豊かになった高等学校時期のエピソード,新しく登場したキャラクターなどで映画と差別化された話を描くと明らかにした。
20090831082049787c4_091207_0.jpg
しかし話展開流れと'私が君の使いっ走りが?' '私たちの友人いやが' '君が行きなさいハワイ'など'友人'の名セリフと名場面もそっくり借用,映画の延長線から始まるという意図も明確に明らかにした。

原作と差別化を試みると同時に映画'友人'の郷愁を生かして,視聴者たちを居間に引き込む計算もあった計算だ。

しかしドラマ'友人'は映画の名前の値段を正確に見て放映前関心追求には成功したが実際にトゥコンを開けてみた後には視聴率惨敗を体験した。 放映ずっとずっと一桁視聴率をおさめたこと。

このような視聴者たちの冷淡な反応には映画をドラマに移すのに限界があったためだ。

何より'組織暴力'という素材のために程度が高かった暴力性をドラマで表現するには無理があった。 刃物で人を刺す場面などにより'友人'は19禁等級を受けたし初回放送で一部画面がモザイク処理されて,視聴者たちの不満を買った。 '友人'製作陣らの間でも'モザイクの伝説'と呼ばれる程気に障った部分だ。

80年代の話やはり視聴者たちの郷愁を刺激するより過去の価値観に留まっているという反応も多かった。 軽くて簡単に進行される最近のトレンド ドラマとは違い多少重くてくすんでいる雰囲気が視聴者たちの目を引くには不足したという反応もより増した。 また映画と似た話仕組み(つなぎ)が劇の緊張感を落としてしまったという指摘も多かった。

ここに深夜時間帯の限界と'きらびやかな遺産'など強大な競争ドラマと編成時間がかみ合わさる不運などで序盤視聴率位置するのに失敗して,結局不運のドラマになった。
20090831082049787c4_091207_1.jpg
しかし'友人'の成果が全くなかったことではない。

放送当時憂慮を集めたヒョン・ビンとキム・ミンジュンなどは原作チャン・ドンゴンとユ・オソンのキャラクターを脱いで出して自分たちだけのキャラクターを新しく創造した。 ドラマ展開が進行されるほど俳優らには'名品演技'という賛辞があふれた。

特に懇意な先輩チャン・ドンゴンに対する多くの負担感を抱いて始めたヒョン・ビンは経たカリスマの中孤独で寂しい内面を抱いている'同数'をよく表現して一層さらに成熟したという評価だ。

事前製作による高い作品完成度と感覚的な映像と音楽なども視聴率でさえぎられて正しくなされた評価されることができないのも惜しい大きな課題だ。

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090831082049787c4&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」最終回 映画と違ったラストは視聴者好評

'友人',同数死ミステリー解けた'反転結末'
[チョニュース24] 2009年08月31日(月)午前07:32

<チョニュース24>MBC週末企画ドラマ'友人,私たちの伝説'の同数の死に対するミステリーを解きほぐして幕を下ろした。

'友人'は最終回を控えて樽石(キム・ミンジュンの方)の誤った指示で同数(ヒョン・ビンの方)が襲撃にあって,悲運の死にいたる場面が放送されて,結末に対する関心を集めた。

原作映画では樽石が法廷で同数の殺害を指示したと自白して終わりにした。 このように余韻を残した結末に同数の死に対して意見が入り乱れていた。
20090831073223679c4_073609_0.jpg
30日放映された'友人'最終回でついに同数の死に対する秘密が解けた。 同数の死を指示した人は樽石でないサンゴン(イ・ジェヨンの方)だった。

同数の死を見守った樽石は自身を自ら叱責して永らく苦しんだ。

樽石はジンスクに"同数は私が殺したのと同じだ。 計画していた。 そいつアを殺す計画をしていた"と打ち明けた。 同数を殺そうとしたが同数の死に関与しはしなかったこと.

しかし法廷に立った樽石(キム・ミンジュンの方)が'同数の死内指示による'ことだと自白をして刑務所に収監された。

樽石は同数の死の後にサンゴン一党があることを分かっては復讐を敢行するための準備をしていった。

樽石は面会来たジンスクに"子供分別がつく前に日本に行っていてくれ。 子供連れて面会に行くことが心が良くない。 私は私の坊や自分のお父さんがある(どんな)人であったか分からなかったら良いだろう"とお願いした。

樽石と同じ刑務所に収監されたサンゴンは樽石の事件を受け持った検事に組織暴力団と結託した国会議員の不正と国際的な麻薬組織を教えるということで取り引きをして抜け出る工夫をした。

しかし樽石は刑務所に火事をおこした後抜け出して,サンゴンを探したし,結局サンゴンを殺すこととして同数に対する復讐した。 そして自身も刑場のつゆで消えた。

幼い時期,懇意な友人で始めて,刃物をあわせなければならなかった運命の鎖を切る瞬間だった。

画面は'とクレンノ友人だ。 お前がそれで私がさらに申し訳なくなるいやが' '友達同士申し訳ないのがオディンノ'として懐かしく肩友達(同志)をした頭の友人の姿で終わった。

放送後視聴者らは'予想できない反転に手に汗を握って見た' '俳優らの名演技と名品映像が最後まで光った。 視聴率は低かったが名品ドラマであった'で放映終了に対する物足りなさを伝えた。

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831073223679c4&newssetid=1352
---------------------------------------------------------------------
‘友人’同数-樽石二人とも殺した‘セドゥエンディン’..映画と違った劇的反転に視聴者好評
[ニュースエン] 2009年08月31日(月)午前06:47
20090831064710470e7_080033_0.jpg
[ニュースエン ホン・ジョンウォン記者]MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’中二人の主人公同数(ヒョン・ビン)と樽石(キム・ミンジュン)が皆死んで完全な‘セドゥエンディン’で放映終了された。

‘友人,私たちの伝説’中樽石(キム・ミンジュン)がついに殺人罪で死刑場のつゆで消えた。 だが同数(ヒョン・ビン)を殺した罪でないサンゴン(イ・ジェヨン)を殺した罪で死刑になったニュアンスを漂った。

30日放送された‘友人,私たちの伝説’最終回ラストシーンに同数と樽石の子役俳優が出てきて葦畑を歩いた。 これらは死体を負わせる随意(獣医)を連想させる白い色服を着て登場して,意味深長な大使を残した。 幼い樽石が幼い同数に“申し訳ない”としたら同数は樽石に“友達同士申し訳ないのが何インノ?”として笑った。 以後これらは葦畑を歩いていった。

この場面以前,樽石は友人同数を殺したサンゴンを刃物で殺した場面が出てきた。 サンゴンは樽石がある監獄に入ってきてこのようなむごたらしい事態にあった。 同数に対する復讐心に燃えていた樽石がサンゴンを襲撃,刃物で刺して殺したこと。 以後樽石が部屋から出て,死刑場へ向かう姿が比喩的に表現された。

これに先立ちこの日最終回では樽石の告白で彼が同数を殺していないことが明らかになった。 樽石は同数が死んだ後,永らくパニック状態に陥って苦しんだ。 浴室に入って,シャワーをねじっておいたまま苦しんだ樽石はジンスクに“そいつ(同数)死んだことはみな私のためだ”としたらジンスクが“世の中は分からないが私は分かる。 君があることではないこと”と打ち明けた。

これに樽石は“同数は私が殺したのと同じだ。 計画していた。 そいつアを殺す計画をしていた”と吐露した。 これで原作映画のミステリーが解けた。

原作映画では同数が疑問の死にいたって“雇馬年と,マイ泊まって子供が”という名セリフと名場面を残した。 映画では始終一貫同数を肩を持った樽石が法廷で同数の殺害を指示したと自白して終わりにして‘本当に樽石が同数の殺害をそそのかしたのか’を置いて観客らの疑問が増幅されて,その間解けないミステリーで残っていた。

ホン・ジョンウォンman@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090831064710470e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」最終回視聴率は7.2%でした

MBC '友人',一桁数視聴率でさびしく'退場'
[アジア経済] 2009年08月31日(月)午前06:54
20090831065457500f3_071309_0.jpg
[アジア経済新聞パク・ゴンウク記者]MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下の友人)が一桁数視聴率を記録して静かに退場した。

31日視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば去る30日午後放送した'友人'最終回は全国視聴率7.2%を記録した。

これは前日放送分が記録した7.9%より0.7%ポイント下落した数値だ。

この日放送分ではヨンファエソとの結末とは違った内容をお目見えして視聴者たちの目を引いた。

映画の中で開かれた結末をむかえることと違いサンゴン(イ・チェヨンの方)が同数(ヒョン・ビンの方)を殺害してまた樽石(キム・ミンジュンの方)が同数の復讐したこと。

'友人'はその間俳優らの好演と優れた映像でwell madeドラマという好評を受けたのにかかわらず,低い視聴率を記録して放映終了した。

一方来月5日からは'友人'後続作でイム・ソンハン作家の'宝石ピビンパ'が放送される。

パク・ゴンウク記者kun1112@asiae.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831065457500f3&newssetid=1352
-------------------------------------------------------------------
ドラマ'友人',一桁数視聴率放映終了
[イーデイリーSPN] 2009年08月31日(月)午前07:39
20090831073948585g6_074521_0.jpg
▲ MBC '友人,私たちの伝説'

[イーデイリーSPNパク・ミエ記者] MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'が一桁数視聴率でさびしく退場した。

TNSメディアコリアによれば30日放送された'友人,私たちの伝説'は7.2%の視聴率で放映終了した。 29日放送が記録した7.9%より0.7%ポイント下落した数値だ。

予告された通り'友人,私たちの伝説'は映画'友人'とは結末が違って目を引いた。 ドラマ上では同数(ヒョン・ビンの方)を殺害したサンゴン(イ・チェヨンの方)が樽石(キム・ミンジュンの方)に復讐されることで終わった。

'友人,私たちの伝説'は放映前,人気映画をドラマ化するという事実で大きい注目をあびた。 このドラマは映画劣らない映像美と俳優らの好演で好評を聞いたが一桁数視聴率という低調な成績を見せた。

同じ時間帯電波に乗るKBS 2TV '千秋太后'とSBS 'スタイル'は各々19.4%,17.9%を記録した。

AGBニールセンメディアリサーチで'友人,私たちの伝説'は5.6%を現わした。

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831073948585g6&newssetid=746

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

クァク・キョンテク監督が話すドラマ「チング」裏話

クァク・キョンテク監督が話すドラマ‘友人’裏話
[ノーカットニュース] 2009年08月31日(月)午前06:27

[ノーカットニュース放送演芸チーム チョ・ウンビョル記者]
2009083106270045770_063210_0.jpg
話題の中に放映されたMBC週末特別企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’(以下‘友人’,脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク,演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)が30日総20回で放映終了した。

ドラマは800万観客を動員した原作映画に比べて,多少振るわない視聴率を見せたが映画劣らないクォリティーと俳優らの好演で‘well madeドラマ’という評価を受けてマニア視聴者たちの絶対的支持を引き出した。

特に最終回では原作映画の中で気がかりなことを呼び起こした主人公同数の死の背後を描いて,もう一度インターネットを論議に陥るようにした。 もちろんドラマの結末は虚構だが,この作品自体が実話を土台にした事実が広く知られているので(に)結果的にある程度残っていた論議の火種をつけたもようになった。

すでに10年前映画‘友人’で世間を沸き立つようにした演出者クァク・キョンテク監督が冒険を押し切って,この作品をドラマで作った理由は何だろうか。 またクァク監督はドラマを通じて,何を話したかったことであろうか。 クァク・キョンテク監督に会って,ドラマ撮影後日談を聞いてみた。

2009083106270045770_063210_1.jpg
◇惜しかったモザイクと視聴率

ドラマ‘友人’は放送ずっと8-10%台の低調な視聴率を記録して原作の名声に比べて,多少期待に沿えない成績表を受けた。 これは競争作のSBS ‘きらびやかな遺産’と‘スタイル’の善戦も大きかったが放映序盤ドラマの暴力性を心配したモザイクのせいが大きかったことを夫人できない。 クァク・キョンテク監督もこの二種類を最も惜しんだ。

“初めには気に障りましたよ。 15%は出てくることができたが...放送初日視聴率票(表)を持ち上げた後,私が去る1年半の間努力したのが水の泡になればどのようにするが心配したりもしました。 私のそれなりに刀を持たなければならない大きな課題でも棒に変える程暴力的な場面を緩和しようとしたが...現在MBCの情況のためであったでしょうか? 放送前から放送倫理委員会で‘鋭意注視するという公文書が降りてきたりもしましたよ。 その上に周辺で苦言より良い評価をたくさんしてくれて幸いだと考えます。”前作‘その生きよう’で5%台視聴率を経験した主人公同数駅のヒョン・ビンは“また見ることやウェブハード ダウンロードする数値は大当たりドラマ数値だよ”としてむしろ監督を慰めたりもしたと。

“それでもまたとってもっと上手くやるかと尋ねるならばそのような自身はないとのことです。 出てきてスタッフらが最善を尽くしてとったので放送を見る時ごとに‘私のところ往生した’という気がしたりします。 多分審議が通過すればウェブハード サービスを通じて,ノモザイクバージョンを見られるでしょう。”

2009083106270045770_063210_2.jpg
◇ヒョン・ビン-キム・ミンジュン演技期待以上

原作のチャン・ドンゴンとユ・オソンは映画‘友人’を通じて,演技者で再評価受けた。 特にチャン・ドンゴンはこの作品を通じて,韓流スターで位置づけたといっても過言ではない。 映画の中‘雇馬年とマイ泊まって子供が’という大使は今でも重ね重ね広く知られている。

だが原作の陰が大きければリメーク作品の負担は大きくなければならない。 このためにドラマ放映初期にはヒョン・ビン,キム・ミンジュンとチャン・ドンゴン,ユ・オソンを比較するネチズンらの指摘がたまに掲示板に上がってきたりした。 特にヒョン・ビンのなまり演技を置いてドラマ掲示板で激論が広がることもした。

“他の俳優らが皆慶尚道(キョンサンド)に縁故を置くのに反してヒョン・ビンはソウル出身だからキャスティング初めから心配が大きかったです。 このためにヒョン・ビンに80点を受けるほどなまりを練習しろと早かったが,本人が非常に努力しましたよ。 釜山(プサン)出身の私が見るには90点は与える程します。”樽石駅のキム・ミンジュンとは映画‘愛’で縁を結んだ間. クァク監督はキム・ミンジュンに無限の信頼を送った。

“ミンジュンは‘愛’を共に撮影して,非常に潜在力が大きい俳優と感じました。 見られることに比べて,開発の余地が多い演技者でしょう。 事実ミンジュンをキャスティングして周辺の反対も大きかったです。 一部では‘監督様,スター作る運がよだととても己惚れることではないのですか’という非難を送ったりもしました。 だが作業を終えた今は(キム・ミンジュンに対して)とても満足です。”

2009083106270045770_063210_3.jpg
◇ドラマ‘友人’の主題は...

ドラマ‘友人’は映画の中で見せてくれなかった同数の死の秘密を描いた。 後日の暴風は途方もなかった。 映画が実話を土台にした事実がすでに知られているからドラマの中で見せたサンゴンの指示が果たして実際起きたことかを置いてインターネット上で激論が広がった。 なぜクァク・キョンテク監督は映画封切り後何と10年が過ぎた後ドラマの結末を明らかにしたのだろうか。 そしてクァク監督がドラマを通じて,窮極的に言いたかった話は何だろうか。

“ドラマを通じて‘ごろつきで生きてはいけない’という話をしたかったです。 過去ごろつき生活をした私たちのドラマ作家だけでもなぜ先輩らがさせることを無意味にまねて,それが男らしいことであるように生きたのか分からないと話したりしましたよ。 映画‘友人’でもそのような話を非常にしたかったです。 どうなろうと人が二人も死にませんでしたか。 ところで人々は二つとも殺しても素晴らしいと考えるから...あたかも私がごろつきを量産した代表監督のようになったそうです。 (笑い)今回地上波を借りて‘本当にごろつきで生きれば君損害だ’という話をはっきり伝えたかったです。”

mulgae@cbs.co.kr

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009083106270045770&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」第20回サンテク登場シーン動画 -- by 春頭さま



 http://www.youtube.com/watch?v=cJ0PX-HApAA




 http://www.youtube.com/watch?v=grzl0pqqPNk




 http://www.youtube.com/watch?v=6dv1vd_B5ZE

春頭さま、サンテク登場シーンの動画アップ、最後までありがとうございました
最後のなんだかなぁとちょこっとサンテクも、丁寧に編集してくださってますね
愛だわ~、愛をひしひし感じます

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」最終回は死まで共にした友情 感動の嵐

'友人-最終回'結末,'反転'妙味光った
[マイデイリー] 2009年08月30日(日)午後11:43
2009083023434328494_003608_0.jpg
[マイデイリー=イ所有はインターン記者] MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説'最後の会が映画と違った場面を見せて目を引いた。

30日放送された‘友人’ 20回で,刃物で刺されて倒れている同数(ヒョン・ビン)に樽石(キム・ミンジュン)は"愛する友人しっかりしなければならない"として話す。 同数と樽石の目つきが交差する場面は友人の二人の切ない感情を映画のような映像美で現わして視聴者に強烈な印象を与えた。

同数の死以後樽石は逃避生活をする。 ジンスク(ワン・ジヘ)は樽石に"日本へ行く船が準備されること"という話をするが樽石は"同数は私が殺したのと同じだ。 そのような計画を組んでいた"として大変がる。 そのような樽石にジンスクは"違う。 同数をあなたが殺さなかったということを世の中が皆知る"として話す。

チュンホ(イ・シオン)は弁護士を選任して樽石のために努力するが,樽石は同数の死が自身の指示によったものと法廷陳述をする。

サンテク(ソ・ドヨン)は樽石に面会に行って"法廷でなぜ同数を殺したという嘘をついたか"と尋ねる。 樽石は"私たちはごろつきなのに恥ずかしくなって"といって,サンテクは"そうでない。 私たちは友人なのでそんなものだ"と話す。

収監された銀器(手顔貌)は検事に"相違(上位)でだけ作業しろ。 殺せないでバカだけ作れ"としたと話す。 出国をしようとしていたサンゴン(イ・ジェヨン)は監獄で送検される。

監獄中で樽石はサンゴンを訪ねて行って正面対立してすさまじく懲らしめる。 サンゴンに振り回す樽石のげんこつは友人のための復讐であった。 結局樽石はサンゴンに刃物を振り回してサンゴンはそのように死ぬ。

樽石は結局死刑執行場に歩いていく。 樽石と同数の幼い時の姿,君の友人の幸せだった姿を回想する場面が最後に描かれた。

‘友人,私たちの伝説'でヒョン・ビンはその間見えたイメージで脱皮して経た男のイメージを見せた。 彼は友人の樽石とジンスクの間で葛藤しながらも,ますます荒々しく変わる同数の姿をよく表現やり遂げた。 キム・ミンジュンも強い目つきと,ぎこちないことないなまり駆使でキャラクターを立派に消化した。

その他にもワン・ジヘ,イ・シオン,ペ・グリーンなどの好演も劇の深さと面白味を導いた。 これら俳優らの完ぺきな呼吸で'友人'はよく作ったドラマで幕を下ろした。

[友人同数の殺人教唆罪で監獄に行った樽石. 写真= MBC放送画面]

(イ所有はインターン記者sylee@mydaily.co.kr)

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=2009083023434328494&newssetid=83
-----------------------------------------------------------------------
ドラマ‘友人’放映終了,映画他の反転結末‘最高’
[トゥデイコリア] 2009年08月31日(月)午前00:02
20090831000220420h1_003014_0.jpg
MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク・以下の友人)が映画と違った結末でその間ドラマを見守ってきた視聴者たちを驚かせた。

30日放送された‘友人’最後の会では樽石(キム・ミンジュンの方)が同数(ヒョン・ビンの方)の殺害疑惑をかぶって樽石も法廷で同数の殺害を自身が指示したと述べる。

また裁判後サンテク(ソ・ドヨンの方)が面会をきて“なぜ法廷で嘘をついたか”と尋ねるや樽石は“X売れて。 同数や私も二つともごろつきなのにごろつきがX売れてはいけない”と話す。

ここまでは映画のような内容だったが同数の部下銀器(手顔貌の方)がお父さんの死刑が執行されたという声を聞いて検事に“本来は胸でなく太ももだけある二回与えてXシーンだけ作れば良いと”と話した。

サンゴン(イ・ジェヨンの方)が同数の殺害をそそのかしたものと自白したこと。

これに樽石はジンスク(ワン・ジヘの方)を日本に送った後監獄中でサンゴンを殺害して結末を結ぶ。

映画の中で開かれた結末をむかえることと違いサンゴンが同数を殺害してまた樽石が同数の復讐して樽石が死刑にあうのを暗示するのを最後にドラマは幕を下ろした。

一方,‘友人,私たちの伝説’のOSTが注目をあびており後続作ではイム・ソンハン作家の‘宝石ピビンパ’が放送される。

sorisae0320@todaykoreaイ・ナヨン(記者)

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090831000220420h1&newssetid=1352
---------------------------------------------------------------------
‘友人’最後の会,死まで共にした友情‘感動の波’
2009-08-30午後11:54:16
200908302354162100_1.jpg
[OSEN=キム・ミンジョン記者] MBC週末特別企画‘友人,私たちの伝説’が同数に対する死の秘密を明らかにして大長征の幕を下ろした。

30日放送された‘友人’最後の会で話は1993年で流れて,チュンホ(イ・シオンの方)とサンテク(ソ・ドヨンの方)の出会いから始まった。 樽石(キム・ミンジュンの方)は同数(ヒョン・ビンの方)を守ることが出来ない残念なことで彷徨の日々を送ることになる。

樽石はチュンホと中期(チュ・ミンギの方)に会って,自首を決心して,同数の殺害を指示したという疑惑で投獄されてしまう。 チュンホは樽石を面会と法廷で有利に述べられるように助けるが樽石は自身が指示したと明らかにして不利な状況に置かれることになる。

裁判長でなぜ偽り陳述をしたかというサンテクの話に樽石は“ごろつきが恥ずかしくなってはいけないから”と答えたし,これにサンテクは“ごろつきで,恥ずかしくなってそうしたことでなくて‘友人’なのでそんなものだ”として樽石の決定に胸が痛いといった。

同数の部下銀器は検事を訪ねて行って“くやしい人はなかったら良いだろう”としてその間隠してきた事実を打ち明けて,サンゴン(イ・ジェヨンの方)は緊急逮捕された。 樽石はサンゴンが拘置所に入ってきたという消息を聞いて,サンゴンは樽石の復讐を恐れた。

サンゴンは検事に会って,同数の死を部下の誤りに回して国際的な麻薬組織があると情報を流した。 だが樽石はサンゴンに復讐した時間を計画して,収監者らの助けを受けて,シャワールームを急襲して,復讐を敢行した。

友人同数の死を復讐として終えた樽石は結局死刑にあうことになって,“友人らどうし申し訳ないことがどこにいるのか”という同数と樽石の幼い時期の姿で‘友人’は幕を下ろした。

‘友人’最後の会が終わった後掲示板には‘最後の会議感動がまだまだ行かない’ ‘映画に続きドラマやはり名品だった’ ‘キム・ミンジュンの最後の演技があまりにも印象深かった。 本当に悲しくて弱々しいエンディングだった’という物足りなさの文等が続いた。

一方‘友人’の後続ではイム・ソンハン作家の新作‘宝石ピビンパ’が放送される予定だ。

ricky337@osen.co.kr

記事元 http://osen.freechal.com/news/view.asp?code=G0908300162
---------------------------------------------------------------------
'友人'映画と違った結末'樽石,寃罪を晴らしたが…'
[アジア経済] 2009年08月30日(日)午後11:43
20090830234344285f3_000031_0.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク・以下の友人)が映画と違った結末で視聴者たちを驚かせた。

30日放送した'友人'では樽石(キム・ミンジュンの方)が同数(ヒョン・ビンの方)の殺害疑惑をかぶる。 樽石も法廷で同数の殺害を自身が指示したと述べる。

また裁判後サンテク(ソ・ドヨンの方)が面会をきて"なぜ法廷で嘘をついたか"と尋ねるや樽石は"X売れて。 同数や私も二人ともごろつきなのにごろつきがX売れてはいけない"と話す。 ここまでは映画のような内容.

だが同数の部下銀器(手顔貌の方)がお父さんの死刑が執行されたという声を聞いて検事に"本来は胸でなく太ももだけ1,2度与えてXシーンだけ作れば良いと"と話した。 サンゴン(イ・ジェヨンの方)が同数の殺害をそそのかしたものと自白したのだ。

これに樽石はジンスク(ワン・ジヘの方)を日本に送った後監獄中でサンゴンを殺害して結末を結ぶ。 映画の中で開かれた結末をむかえることと違いサンゴンが同数を殺害してまた樽石が同数の復讐したこと。 樽石が死刑にあうのを暗示してクグン幕を下ろした。

'友人'は部屋領内内多くの話題をばらまいて20部作を終えた。 来月5日からはイム・ソンハン作家の'宝石ピビンパ'が電波に乗る。

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr
20090830234344285f3_000031_1.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090830234344285f3&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」第20回サンテク登場シーン紙芝居

チュンホに会いにきたサンテク
「チング」第20回01

チュンホに預けた書類を受け取る
「チング」第20回02

「チング」第20回03

「チング」第20回04

「チング」第20回05

「チング」第20回06

「チング」第20回07

「チング」第20回08

「チング」第20回09

「チング」第20回10

「チング」第20回11

「チング」第20回12

「チング」第20回13

ジュンソクからの手紙を読んでいるの?
「チング」第20回14

どこへ行く途中なの?
「チング」第20回15

これでサンテク登場シーンは全て終了です!

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング 俺達の伝説」第20回(最終回)あらすじ

128892770524566540.jpg

「チング 俺達の伝説」第20回(最終回)は、8月30日(日)午後10時40分からです

樽石は暴漢の被襲にあった同数を一歩遅れて助けてみるがすでに同数の目つきは曇っている。 手配を避けて,逃亡を通った樽石をチュンホと中期が逃避させてみるが樽石は同数を守ることが出来ない罪悪感に苦しむ。 何度かの騒乱を起こしたあげく樽石は警察に自首をすることになってチュンホの努力にもかかわらず,樽石は自身が同数の殺害を指示したとし,投獄されるに至る。 ある日樽石が収監中の刑務所に検挙されたサンゴンが入ってくるという噂が広がることになるのに…

 「チング 俺達の伝説」第20回(最終回)あらすじ

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

さようなら「チング」 ドラマが残した3つのこと&光ったワン・ジヘの演技

[アデュー'友人'①]well madeドラマ'友人'が残したこと三つ
2009年08月30日(日)13:28アジア経済
as677831_0.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下の友人)が30日大詰めの幕を下ろす。

去る2001年全国観客数800万を渡して興行した同名映画をドラマ化した'友人'は期待ぐらいの視聴率成績を上げられなかった。 だが'友人'はドラマの質を一次元アップグレードさせてwell madeドラマと評価されている。

◆映画のような映像美

'友人'は一般ドラマと違った映像を一般視聴者たちが見ても感じるほどだ。 これはクァク・キョンテク監督の徹底したディテールに従ったこと。 同数役を担ったヒョン・ビンやはりクァク監督のディテールに舌を巻いた。

ヒョン・ビンは最近アジア経済新聞とのインタビューで"ひとまず撮影する時,照明が違うドラマより多い。 またスタッフらも映画'友人'時スタッフらがそのままだ。 だから映画のような映像美を具現できること"と話した。

◆似合うなまり

また'友人'は似合う俳優らの釜山(プサン)なまりでドラマのリアリティーを加えた。 普通ドラマで俳優らがするなまりは漁色するものだ。 だが'友人'にはぎこちないなまりが全く登場しない。 キム・ミンジュンは釜山(プサン)出身,ワン・ジヘは馬山(マサン)出身だ。

釜山(プサン)出身でないヒョン・ビンはなまりのために血の出る努力をした。 ヒョン・ビンは"クァク監督は俳優たちの台詞一つ一つ,指一つ一つ,表情一つ一つに皆気を遣われる。 なまりも慶尚道(キョンサンド)出身でない俳優らにはいちいち大使を録音して伝える"と話すこともした。 こういう情熱がドラマ画面にそのままにじみ出たのだ。

as677831_1.jpg
◆俳優らの再発見

'友人'は色々な俳優らを再発見するようにした作品でもある。 特にヒョン・ビンとワン・ジヘは'友人'がアップグレードさせたり育てたスターだ。

ヒョン・ビンはその間優しい男イメージで脱皮して'友人'では悪い男のイメージを前に出した。 同数は樽石(キム・ミンジュンの方)に押されて,いつも2人者に留まって中盤以後単独で立って'悪い男'に変身した。 彼は友人の樽石. ジンスク(ワン・ジヘの方)と間で葛藤しながらも,ますます過激に変わる同数の姿を完ぺきに表現やり遂げたという評価だ。

ワン・ジヘは'友人'を通じて,主演級俳優に一気に跳ね上がった。 彼は'友人'で樽石と同数の間で葛藤するジンスクの演技を率直な内面演技で消化して演技人生の転換点をむかえた。 それはやはりアジア経済新聞とのインタビューで"‘友人’を会うようになって運が良いようだ"と話した。

この他にもキム・ミンジュン,イ・シオン,ペ・グリーン等も好演で劇の深さと面白味を導いた。 これら俳優らの完ぺきな呼吸は'友人'をwell madeドラマで完成させた。
as677831_2.jpg

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=2604948&year=2009&Query
----------------------------------------------------------------------
[アデュー'友人'②]新しく捜し出した格別ワン・ジヘ
2009年08月30日(日)13:00アジア経済
as677888_0.jpg
[アジア経済新聞ファン・ヨンヒ記者] MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク・以下の友人)で大衆に確かに顔印鑑を押した俳優がいる。 まさにジンスクを演技したワン・ジヘだ。 人気ドラマ'花より男'がイ・ミンジョンを作り出したとすれば今回のドラマ'友人'ではワン・ジヘという女性演技者が主演級で足出ることという契機になった。

ワン・ジヘの延期(煙,演技)が光を放つほど'友人'の視聴率も走った。 映画'友人'より大幅増えたジンスク キャラクターを完ぺきに消化したという評価を受けている中で男主人公らの微妙な感情を触るジンスクの存在感はまだ俳優として確固たる位置を占めることが出来ない俳優ワン・ジヘ エーゲは最高の幸運だった。 映画で相対的に少なかった女性キャラクターがドラマでは面白味と完成度を高める要素として作用したこと。 特に1980年代郷愁を呼び起こす復古ドラマの中でお父さんに対する切ない懐かしさと男性の前でよどみなくなしで吹き出すカリスマなど彼の複合的なキャラクターが光を放ったという評価を受けている。

一時ワン・ジヘのジンスクは樽石(キム・ミンジュンの方)と同数(ヒョン・ビンの方)の間を行き来する'ジグザグ歩み'で一時視聴者たちの眉をひそめるようにもしたが,では太い演技と家族らに捨てられたお父さんに対する愛は多くの視聴者たちの共感を呼び起こすので(に)充分だった。

ワン・ジヘは特に男性視聴者らにアピールした。 大きい身長に丸い目,えくぼがぐいっと入る明るい微笑は男性視聴者たちの視線をひきつけるのに足りなさがなかった。 おいしそうな慶尚道(キョンサンド)なまりもワン・ジヘのセクシーアピールにある力を加えた。 首都圏男性視聴者らは慶尚道(キョンサンド)なまりに良い反応を見せるためだ。

ワン・ジヘはアジア経済新聞とのインタビューで"事実故郷が馬山(マサン)だとなまりはそれほど難しい方でない。 今回の作品を通じて,新しく生まれたようだ"と話した。

ワン・ジヘは事実16才にデビューした8年目習う。 2001年CFモデルで芸能界にデビュー,映画'ビューティフル サンデー'とSBS '完ぺきな隣に会う方法'に出演したが大衆には自身の魅力を刻印させられなかった。

したがって彼は最近インタビューでジンスクが波瀾万丈な試練らを体験して抜け目のなく変わる姿と実際自身と同一視した。
"私が浮気心が多い性格は違います。 だから越えなければならない壁らも多かったんですよ。 'この道が私の道なのか'という考えもしましたね。 芸能人は他の人々が見るには派手に見えます。 だが鴨が水の上で浮かんでいるために下で無断に,努力するように芸能人らも死に物狂いで,努力しなければなりません。"

だが彼にいて'友人'は転換点になった作品だ。 それで'友人'は彼に永遠に忘れることのできないドラマになるだろう。
as677888_1.jpg

ファン・ヨンヒ記者hee21@asiae.co.kr

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=2604811&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チングOSTのボビー・キムさん 韓国に来て16年ぶりの成功

Bobby Kim,16年ぶりの成功の中に...ライブ公演界ブルーチップ
[スポーツ朝鮮] 2009年08月30日(日)午後02:52
2009083014520156133_160034_0.jpg
◇Bobby Kim

  子供たちグループ一色の歌謡界. 皆が大変だとわめくがこの歌手は例外だ。

 Bobby Kim。 今年初め発売した'愛そいつ'のスペシャル アルバムだけ5万枚以上売れたし,上半期全国12都市31回公演ツアーで累積観客4万人を動員した。 だが彼は淡々とした。 バス費がなくて歩かなければならなかった貧しい青年失業者で韓国にきて16年ぶりにおさめた成功だが,昔も今も変わりない表情だ。

 ★...新しいライブキンの誕生!

  今年Bobby Kimコンサート ツアーで確認されたが,彼は驚くべきショーマンシップの所有者. 珠玉のようなレパートリーに,ゲスト付加ギングスの舞台も興がわいたがコンサートを進行していく彼の話しぶりとユーモア感覚も一品だった。 MBC管弦楽団トランペット演奏者であった父親キム・ヨングン氏が譲った芸能の浮気心に幼い時からスターを夢見て(なじむ)実らせた多様な基本技らが爆発するように初物のみな。 作詞作曲をすべてするシンガーソングライターなのに加えラッパーとボーカリストを自由に行き来することができる独特の音色の主人公. "幼い時から体でぶつかって聞いて経験した音楽と情緒が作り出す音楽なので国内派歌手はトジョニ出すことはできない"ということが彼の競争力だ。

 イ・スンチョル,キム・ジャンフンと肩を並べた今年ツアーの大当たりのおかげでバービーつけることはライブ公演界のブルーチップに浮かび上がった。 今年は人間Bobby Kimの素朴な姿をたくさん見せたとすれば来年には音楽的な完成度に主眼点を置くという欲だ。

 そうそうたるOSTレパートリーもBobby Kimのトレードマーク. 'ファッション70s'を始め'漬かったウイ戦争' 'ハヤンゴタプ' '(受ける)乗って塩辛くて'まで彼が歌った相当数のドラマが興行に成功した。 今年は'友人,私たちの伝説'と'ドリーム'のOSTを呼んだ。 "男たちの愛を素材にしたドラマが製作される時,一番最初に交渉が入ってきます。 事実'ハヤンゴタプ'の'松'はしないとしました。 私のスタイルと合わないようで。 それがさく烈したおかげでさらに多様なジャンルの歌に挑戦することができるようになったが...."

 ★..."パク・チョンアとの熱愛説見て(道に)背信感じました。"

 73年生まれゴールド ミスター. "四十ならば結婚したい"という漠然とした計画だけあるだけまだシングルだ。 "どうせなら僑胞(海外在住韓国人)1.5世代なので私をよく理解してあげられると良いし,芸能人よりは一般人が良い"という耳打ち. "とても美しい女は耐えられる自信がない"ととても真剣な表情で話す。

 だが彼女ができれば最小限近い知人らには率直に知らせるとして,誰聞けというように話す。 "(懇意な)道とパク・チョンアの熱愛説がさく烈した後道から'あらかじめ話してくれなくて申し訳ない'という文字を受けて怒っていた"という詳しい説明が後に従う。

 容貌で推し量れたが,一言で酒飲むのが好きで,男義理取りまとめる煮込んで。 飲んで踊るパーティー文化を楽しむ米国式飲酒文化よりは飲んで対話する韓国式飲酒文化がさらに体質に合う。 また新しい友人らと付き合うよりは無名時から親しかった芸能人らと似合う側. 付加ギングス後輩の主ビットレーンとガンジー,タイガーJKユン未来夫婦,道などと特に親しい。 収入は相当部門を酒飲むのに使う。 いっぱい酔っぱらった合間を利用して,財布でお金を取り出していく後輩も虚々実々笑いで受け入れる。

 今年末正規アルバムに戻る。 スペシャル アルバムを通じて,バラード曲をたくさんお目見えしたとすれば正規子を虎時はオリジナル Bobby Kimスタイルの歌らを吐き出す計画だ。

 噂になった孝行息子だが,作業する時はママも息子顔色を見て留守にするほど完ぺき主義者. 音楽的インスピレーションを得る瞬間は机頭にたまる時でなく全くとんでもない仕事をする時と話す。 "成功すればなくなることができたが根源的うつ病は解決にならない"という人間的悩みもある。 だが満たされないその部分が芸術家としては大きい滋養分になっている。

 韓国言葉が相変らず自然でないが演技をすれば上手にする自身はある。 米国で演技学院(塾)も通ってみたし,コメディアン選抜大会も出演してみたと。 "直ちに在米同胞や酒ヨッパライ演技は完ぺきにするようだ"という主張. 歌以外にも見せることが多いという自慢でも聞こえる。 大器晩成の八方美人歌手Bobby Kimが次にはまたどんな鯨の夢を広げるとみられるのか,気になる。

 <チョン・ギョンヒ記者gumnuri@sportschosun.com >

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009083014520156133&newssetid=746

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チング制作会社 ドラマの結末は映画と違うと強調

ドラマ‘友人’ “反転期待してくれ”..映画と違った結末
[ニュースエン] 2009年08月30日(日)午後12:30
20090830123023748e7_124212_2-1.jpg
MBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’の製作会社尽人事フィルム側がドラマ結末が原作映画と確かに違うと再度強調した。

‘友人,私たちの伝説’放映が始まって“ドラマが原作映画‘友人’とストーリーが似ている”という話を聞いたりした。 これに対して尽人事フィルムの関係者は最近“今週鐘方するのに映画と完全に違った結末を見せる”として“確実な反転があってその反転は最終回の20回に放送される”と明らかにした。

この関係者は引き続き"8月初め進行された補充撮影で映画と違った結末の反転場面を極秘裏に撮影した”としながら“反転候補が何個いたが製作陣の会議終わりにその中一つが選択された”と説明した。

すでに29日19回では同数(ヒョン・ビン)が死ぬ場面が放送された。 30日20回を通じて,映画と違った反転が公開される。

原作映画では同数が疑問の死にいたって“雇馬年と,マイ泊まって子供が”という大使とともに名場面を残した。 映画では始終一貫同数を肩を持った樽石(キム・ミンジュン)が法廷で同数の殺害を指示したと自白して終わりにして‘本当に樽石が同数の殺害をそそのかしたのか’を置いて観客らの疑問が増幅されて,まだ解けないミステリーで残っている。

映画とドラマの演出を引き受けたクァク・キョンテク監督は“映画が封切りして10年がみななって行くがまだ‘同数は誰が殺したか’という質問をする人が多い。 ドラマにその答を入れた”と話したことがある。

製作会社側はドラマ放映前から映画と違った結末を予告してきた。 ドラマが放映されて,映画と全く違うかたがついてくるという糸口らがあちこちで捉えられることもした。

映画では比重がなかったウンジ(チョン・ユミ)がお父さんが誰なのか分からない子供とともに帰国するかと思えば同数の右腕銀器(手顔貌)がサンゴン(イ・ジェヨン)からある種の提案を受ける設定,ヒョンド(迫真数)が収監中樽石に会って,同数に対する反感を表わす場面など反転に対するヒントらが何度も現れた。
20090830123023748e7_124212_0-1.jpg

20090830123023748e7_124212_1-1.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090830123023748e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チング 最終回でドンスの死の秘密が明らかに

『チング、愛と友情の絆』最終回、ドンスの死の秘密が明らかに…
2009/08/29(Sat) 20:03
103335_l.jpg
MBC週末特別企画、ドラマ『チング、愛と友情の絆』の最終回で、ドンスの死の秘密が明らかになる展望だ。

ドラマの原作映画『友へ チング』ではドンスが謎の死に至り、「それくらいにしろ、たくさん食ったじゃないか」というセリフで名場面を演じた。映画では始終一貫ドンスの肩を持ったジュンソク(キム・ミンジュン)が、法廷でドンスの殺害を指示したと自白して、最後に「本当にジュンソクがドンスの殺害を指示したのか」をめぐって観客の疑問が増幅した。映画とドラマの演出を引き受けたクァク・ギョンテク監督は、「映画が封切りして10年が過ぎるが、未だに“ドンスは誰が殺したのか”という質問をする人が多い」、「ドラマでその答えが出てくるだろう」と明らかにした。

放映前から映画とは違った結末を予告していただけに、その疑問が解けると予想されている。ドラマが進行して、映画とは全く違う結末だという布石があちこちで見られた。映画では比重が少なかったウンジ(チョン・ユミ)が、父が分からない子供とともに米国から帰国するかと思えば、ドンスの右腕ウンギ(ソン・アンモ)がサンゴン(イ・ジェヨン)から提案を受ける設定、ヒョンドゥ(パク・ジンス)が収監中にジュンソクに会って、ドンスへの反感を表わす場面が登場して、結末への複雑なヒントがあふれた。ドラマの制作社チニンサフィルム側は、「8月初めに進行した補充撮影で、結末に登場する場面の一部を非公開で撮影した」、「映画とは違った結末であり、ドラマの面白味を倍増させる結末になるだろう」と説明した。

結末への期待感で終盤の視聴率が上昇している『チング、愛と友情の絆』は、30日に最終回の放送を控えている。

記事元 http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=103335

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チング 放送終了を前に視聴率停滞

放映終了前にして'友人',ヒョン・ビン死にも視聴率停滞
2009年08月30日(日)10:11スターニュース

[マネートゥデイ スターニュース キム・ヒョン録記者]
ms2009083010022165038_0.jpg
MBC週末特別企画ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクなど・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)が放映終了をした回控えても視聴率が停滞状態だ。

30日視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば去る29日放送された'友人,私たちの伝説' 19回は7.9%の全国一日視聴率を記録した。

この日放送で主人公同数(ヒョン・ビンの方)が暴漢の襲撃を受けて息をひきとる映画の中印象的な場面がそのまま登場したが話題の場面が視聴率上昇につながることはなかった。

映画'友人'は同数の殺害を指示したという樽石の自白で終わりにする。 このような場面が最終回予告篇で登場したがドラマ'友人,私たちの伝説'は多少他の結末をお目見えする予定なので関心を集める。

一方'友人,私たちの伝説'は30日20回で放映終了を控えている。 後続ではイム・ソンハン作家の新作'宝石ピビンパ'(演出白虎民)が放送される。

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2603813&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

チング ジュンソクはドンスの殺害指示を翻意

'友人',樽石は同数を生かしに帰ってきていた!
2009年08月30日(日)11:20マイデイリー
my200908301038491116_0.jpg
my200908301038491116_1.jpg
my200908301038491116_2.jpg
my200908301038491116_3.jpg

'ヒョン・ビン,キム・ミンジュン圧巻目つき演技に,映画'友人'とはどのように違うか…30日膜方気がかりなこと'

[マイデイリー=キム・ヨンウ記者]ドラマ'友人'と映画'友人'はどのように違うだろうか。 29日D-1,最後の会を一日前にした放送で視聴者を驚かせた'反転'があったが,また'運命'は逆らえなかった。

MBC週末特別企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’(脚本:クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク,演出:クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)が最後の会を控えて結末に対する気がかりなことが増している。

29日夜19回放送で同数(ヒョン・ビンの方)は映画でチャン・ドンゴンがおかゆ銀帯で釜山(プサン)ナイトクラブに樽石(キム・ミンジュンの方)と最後の会合を持ってクラブ入口を出て相手方行動隊襲撃で雨の中に残忍に殺害される。 クラブ ルームで同数と樽石は映画とともに"ハワイに行け" "君が行け'として息が詰まる舌戦をしていて,樽石は結局同数をあきらめてタバコを落とすことで傘長寿行動隊に殺害を指示する。

だが大半前,'友人を殺しなさい'という命令をして車を持って生まれては樽石は二つの恋人ジンスク(ワン・ジヘの方)から"私たちが離れることだから,絶対にアムイルもなく年'という丁寧な電話要請を受ける。 瞬間樽石は'ジンスクと自身が譲歩することにして' "車回して,取り消す,みな中止させろ"として同数の殺害指示を翻意する。

これは映画にはなかった場面. "私たちはさせるままにする奴,子供が"として血も涙もない組織暴力世界の残忍さを追う,結局'友人'の友情と人間を探すという大半前だったが,また訪ねて行ったクラブの前ではすでに悲劇は広がったし,友人'同数ヒョン・ビン'は映画のチャン・ドンゴンのように'雇馬年と,マ二分け取って,子供が'としてあらゆる所に刃物合ってバラバラにある。 映画のように運命はそのまま行った。

視聴者たちはキム・ミンジュンが"車回して"する時"ひょっとして同数がサナ?'としばらく疑って楽観(?)していた。 同数が生きるならば'友人'の悲劇的名場面が君も生きて私も生きる'新派'と結論に至るのに一巡'水っぽい気持ち'も入ったりしたが,反面その間ドラマが見せた友情に取って,また同数が生きることも見送った。

30日最終回予告篇では樽石がこれに対して自身の指示によったものと法廷陳述をする。 場面は原作映画そのままだ。

だが土曜日放送でジンスクが二人同数樽石の間を仲裁するために努力する姿やウンジ(チョン・ユミの方)に会って,海外逃避をお願いする場面などが登場して,しばらく楽観論も起こったこと。

またサンゴン(イ・ジェヨンの方)が同数と樽石が友情を探して,結託することを備えて,何かを指示する場面や組織暴力団と結託した国会議員がト・シニョン検事()を訪ねて行って,何かを計画しようとするなど結末に対する複雑なヒントが提示されて,その関心は残っている。

さらに29日放送では'友人'のサンテク(ソ・ドヨン)が空港でチュンホ(イ・シオン)に会って"君も見ずに誰にも見えるな,後日持ち出してくれと連絡しても与えるな"とこちんこちん安い(支える)たまって,ファイルふろ敷包を伝える。 果たしてその中(案)には何が聞いたのだろうか。

これに対して製作会社の(株)尽人事フィルム側は“多くの糸口らを組み合わせてみれば意外に自然に結末が予告される”としながら“一部ネチズンらが正確な予測をしておこうとすることもした”と伝えた。

製作会社では8月初め進行された補充撮影で非公開で撮影された結末の部分の一部写真らを予告篇と共に公開,結末に対する期待を高めている。 そちらでキム・ミンジュンは罪修復を受けたし,監獄中でイ・ジェヨンとキム・ミンジュンが喉首とらえて戦うカットはまた他の糸口を暗示したりもする。 果たして組織暴力親分イ・ジェヨンと行動隊長キム・ミンジュンはどんな葛藤があったのだろうか。 同数の殺害指示は樽石の個人的決定であろうか,でなければ組織の決定であろうか。 または組織の誤解があったし伝達過程が間違ったのか。

最後にチョボドゥロガルスロクヒョン・ビンとキム・ミンジュンなどの演技は光った。 ナイトクラブ'ハワイ'会合で二人の目つき演技課気力の戦い演技は映画の中チャン・ドンゴン,ユ・オソンに劣らなかった。 原作がある限界,そして主要ストーリーと演技を逆らうことはできない限界にもかかわらず,ヨリタン花南二(ナミ)未知ヒョン・ビンは彼の強い目つきと非常に濃い釜山(プサン)なまり大使でますます残忍でとても冷酷な組織人間になって行ったし,組織に先に行ったキム・ミンジュンも強いアゴの線に印象的目つきと大使で'組織'と'友人'を行き来する人間性演技を格好良く見えてくれた。

ヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリーンなどが熱演した‘友人,私たちの伝説’は30日午後10時40分最後放送をする。

[写真= '友人同数'を生かすために帰ってきた樽石,'友人樽石'の殺害指示で雨の中インドあごで死んでいく同数ヒョン・ビン,友人同数の殺人教唆罪で監獄に行った樽石,囚人服を着て裁判を受けるキム・ミンジュン.(写真上から)]

(キム・ヨンウ記者hiljus@mydaily.co.kr)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2604223&year=2009&Query

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」第19回視聴率は7.9%でした

悲喜交錯したMBC,週末劇のせい‘泣いて’週末芸能おかげ‘笑って’
[ニュースエン] 2009年08月30日(日)午前08:34

[ニュースエン パク・セヨン記者]週末劇沈滞期に陥って,泣き顔のMBCが常勝疾走する週末芸能のおかげで一安心している。

視聴率調査会社TNSメディアコリア調査結果8月29日放送されたMBC '欲しい戸田'と'友人,私たちの伝説'は各々6.0%,7.9%の視聴率を記録した。 去る22日放送分が記録した5.3%,7.6%と似た数値だ。

だがこれは似た時間帯競争ドラマに比べて,しばらく遅れた記録だ。 '欲しい戸田'の競争相手のKBS 2TV '松薬局集息子ら'は34.0%の視聴率を記録して週末劇1位を走っており,'友人'と時間帯が重なるKBS 2TV '千秋太后'とSBS 'スタイル'は各々17.7%,17.4%の視聴率を記録した。

惜しいのは'欲しい戸田'と'友人,私たちの伝説'皆秀作という好評にもかかわらず,競争作の強大な勢いに押されて,マニア ドラマに転落しているという点だ。 これらドラマは競争ドラマらがすでにある程度位置した状態から始まるなど放送時期が交錯して相次いだ編成不運を体験している。

幸いにもドラマによって泣き顔の雰囲気を芸能が埋めてくれている。 この日放送されたMBC '私たち結婚してこの2','無限挑戦','世の中を変えるクイズ'(三回り)が皆同時間帯1位を握る善戦をした。 特に'三回り'という他社週末劇と比べても遅れをとらない視聴率までのぼった。

'日曜日日曜日夜に'(日夜)で独立編成された'右きめ2'は10.5%の視聴率を記録,同時間帯1位に上がった。 '右きめ2'はキム・ヨンジュン-ファン・ジョンウム,パク・ジェジョン-ユイ仮想+実際カップルの率直な活躍に力づけられてKBS 2TV 'スターゴールデンベル',SBS 'スタージュニアショープンオパン'など競争プログラムを抜いて3週連続1位に上がった。

'無限挑戦'は16.8%の視聴率を記録,同時間帯競争プログラムSBS '驚くべき大会ストッキング'とKBS 2TV '天下無敵土曜日'を軽く抜いて土曜芸能強者の面目(容貌)を誇示した。 この日'ストッキング'は11.9%,'天下無敵土曜日'は10.5%の視聴率を記録するのに終わった。

また'三回り'という16.9%を記録,去る22日14.0%より2.9%Pや上昇して自体最高視聴率を更新した。 '三回り'という同時間帯週末ドラマと誤差範囲内で善戦してMBC週末芸能トロイカとしての強固な面目(容貌)を誇った。

パク・セヨンpsyon@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090830083425300e7&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」 お前がいきなさいハワイ・・・

発行日:2009/08/29 21:06:25
友人だ。.. お前が行きなさいハワイ...

ジンスクに会ったサンテクは樽石と共に遠く逃げろと忠告とは同数説得をお願いする。
1_L_1251528294.jpg
29日放送されるMBC '友人,私たちの伝説'で同数(ヒョン・ビンの方)を訪ねて行ったジンスク(ワン・ジヘの方)は‘樽石と共に遠く離れる’という話を伝えるがむしろ同数の願望と冷笑が混ざった目つきを見ることになって樽石(キム・ミンジュンの方)はタンスの書類を取りまとめてお父さんの墓地を探す。

出国のために空港に到着したサンテク(ソ・ドヨンの方)は周辺を見回して変装した警察らの姿を確認しては郵便局に行ったサンテクは厚い原稿固まりを取り出して,チュンホ(イ・シオンの方)に渡す。

樽石は同数に韓国を離れることを薦めてクラブを出るけれど。

《文化芸術公演1位報道資料受信ksg3626@artsnews.co.kr》

記事元 http://artsnews.media.paran.com/news/38013

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」 映画とは違う結末に期待が高まる

‘友人’刑務所シーン,映画と違った結末に視聴者関心暴走
[ニュースエン] 2009年08月30日(日)午前09:34
20090830093713383f3_093911_4.jpg
[ニュースエン ホン・ジョンウォン記者]最終回を控えているMBC週末ドラマ‘友人,私たちの伝説’の結末に対して視聴者たちの好奇心が高まっている。

29日放送された19回で同数(ヒョン・ビン)が暴漢に襲撃にあって,最後をむかえた。 29日末に公開された最終回予告篇で樽石(キム・ミンジュン)がこれに対して自身の指示によったものと法廷陳述をする場面は原作映画内容と大きく異ならない。

だが19回でジンスク(ワン・ジヘ)が二人の間を仲裁するために努力する姿やウンジ(チョン・ユミ)に会って,海外逃避をお願いする場面などが登場して,細部ストーリーの関連性に対する疑問がより増している。

またサンゴン(イ・ジェヨン)が同数と樽石が友情を探して,結託することを備えて,何か指示する場面や組織暴力団と結託した国会議員がト検事を訪ねて行って,何かを計画しようとするなど結末に対する複雑なヒントが提示された。

映画で始終一貫同数を肩を持った樽石(キム・ミンジュン)が法廷で同数の殺害を指示したと自白して終わりにしたこととは全く違った状況だ。

これに対して製作会社尽人事フィルム側は“多くの糸口らを組み合わせてみれば意外に自然に結末が予告される”としながら“一部では正確な予測をしたりもして驚いた”と明らかにした。

一方製作会社は8月初め進行された非公開補充撮影分の結末反転場面の一部写真を予告篇と共に公開することもした。

ヒョン・ビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリーン,イ・ジェヨン,イム・ソンギュなどが出演した‘友人,私たちの伝説’は30日最終回放送を最後に幕を下ろす。

ホン・ジョンウォンman@newsen.com
20090830093713383f3_093911_0.jpg
20090830093713383f3_093911_3.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090830093416375e7&newssetid=83
--------------------------------------------------------------------
'友人'詰めの同数の死,気がかりなこと増幅
[アジア経済] 2009年08月30日(日)午前09:37
20090830093713383f3_093911_0.jpg
20090830093713383f3_093911_1.jpg
20090830093713383f3_093911_2.jpg
[アジア経済新聞コ・ジェワン記者]MBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク以下の友人)が終結に向かってキム・ミンジュンの最後のシーンに対する関心が高まっている。

30日放映終了する'友人'は去る29日放送で同数(ヒョン・ビンの方)が暴漢に襲撃にあって死にいたって最終回予告篇で樽石(キム・ミンジュンの方)が'私が指示による'ことだと法廷陳述をする場面が登場して関心を集めた。

またサンゴン(イ・ジェヨンの方)が同数と樽石が友情を探して,結託することを備えて,何かを指示する場面や組織暴力団と結託した国会議員がト検事を訪ねて行って,何かを計画しようとするなど結末に対する複雑なヒントが提示されて,その関心はもっと大きくなっている。

映画では樽石(キム・ミンジュンの方)が法廷で同数の殺害を指示したと自白をしながら終わりにした。
20090830093713383f3_093911_3.jpg
これに対して製作会社の尽人事フィルム側は“多くの糸口らを組み合わせてみれば意外に自然に結末が予告される”としながら“一部では正確な予測をしたりもしておこうとしたりもする”と明らかにした。

一方製作会社では8月初め進行された補充撮影で非公開で撮影された結末の部分の一部写真らを予告篇と共に公開,結末に対する期待を高めている。

コ・ジェワン記者star@asiae.co.kr
20090830093713383f3_093911_4.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090830093713383f3&newssetid=1352
----------------------------------------------------------------------
ドラマ'友人',映画とは違った結末'関心↑'
[スターニュース] 2009年08月30日(日)午前10:02

[マネートゥデイ スターニュース キム・ヒョン録記者]
20090830100246432b6_100904_0.jpg
MBC週末特別企画ドラマ'友人,私たちの伝説'(脚本クァク・キョンテクなど・演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク)が最後の会を控えて映画とは違った結末を予告して目を引く。

去る29日放送された19回では主人公同数(ヒョン・ビンの方)が暴漢に襲撃されて息をひきとる場面が放送されたし,続いた最終回予告篇ではその友人の樽石(キム・ミンジュンの方)が自身がこれを指示したと述べる場面が登場した。

ここまでは映画の結末と大きく異ならないけれど,19回でジンスク(ワン・ジヘの方)が二人の間を仲裁するために努力する姿やウンジ(チョン・ユミの方)に会って,海外逃避をお願いする場面などは映画と違って,気がかりなことをかもし出している。

またサンゴン(イ・ジェヨンの方)が同数と樽石が友情を探して,結託することを備えて,何かを指示する場面や組織暴力団と結託した国会議員が何かを計画しようとするなど結末に対する複雑なヒントが提示されて,より一層目を引く。

反面映画は樽石の自白で終わりにする。 これに製作会社尽人事フィルム側は"多くの糸口らを組み合わせてみれば意外に自然に結末が予告される"として"一部では正確な予測をしたりもしておこうとしたりもする"と伝えた。

'友人,私たちの伝説'は30日20回で放映終了する。 後続ではイム・ソンハン作家の新作'宝石ピビンパ'(演出白虎民)が放送される。
20090830100246432b6_100904_1.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20090830100246432b6&newssetid=1352

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ペ・グリーンさん インタビュー記事です

‘友人’ペ・グリーン“クァク・キョンテク監督,日俳優で作った”(インタビュー)
[ニュースエン] 2009年08月30日(日)午前08:41
20090830084155302e7_092811_1.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]MBC ‘友人,私たちの伝説’がまた1人の新鋭スターを産んだ。 まさにソン・ソンエ役を担ったペ・グリーンだ。 ボーイッシュな魅力のソン・ソンエをとても完ぺきに消化したペ・グリーンはチュンホ(イ・シオンの方)とともに‘友人,私たちの伝説’の甘草の役割を正確にやり遂げた。 どうのこうのソンエとチュンホ カップルは多少重くて暗いこともあるドラマに笑いをあたえる活躍素になった。

そういえばペ・グリーンの顔がたくさん顔なじみだ。 他でもない2007年話題になったT映像通話完全征服CFでチョン・キョンホとしらじらしいカップル演技で話題を集めた主人公. だがペ・グリーンはCFスターに留まることに満足しなかった。 その後2年,ペ・グリーンはいくつかのドラマに助演で顔を出して,演技経歴を積み上げたし今は習えとの呼称が面目を失わないように成長した。

“クァク監督様,ドラマを撮ってさっと老いて悲しいです”ペ・グリーンに光を与えたドラマ‘友人,私たちの伝説’. 愛らしいソンエを作り出したペ・グリーンを人々はまた注目し始めた。 だからだろうか? ペ・グリーンはSBS ‘ハンサムですね’に続けてキャスティングされた。 もう今やペ・グリーンには春であるようだ。 それならペ・グリーンに‘友人,私たちの伝説’とクァク・キョンテク監督は果たしてどんな意味を持つだろうか?
“日俳優で作ったドラマであることのようです。 特にクァク監督様が俳優で作りましたよ。 私ができないと考えるのを監督様は内面で引き出して下さいました。 私がこういうものもできる? という考えもするほどでしたよ。 私が撮影する時ごとに監督様がかっと大声を出すことが多かったが,その時は嫌うと考えたが今顧みればとても感謝します”ペ・グリーンはクァク監督に対してしたいお話が多いようだった。 クァク監督が撮影会場で娘のようにかわいがってくれたかきまり悪いほど称賛したささいなことらがペ・グリーンには良い思い出だと。 またこらしめればむしろ自信を失う自身のために“称賛はソンエを踊るようにする”としながら“ソン・ソンエ子供上手です”と応援をしたクァク監督にペ・グリーンは強い愛情と信頼を見せた。

“ドラマ撮影がみな終わった後監督様を見るから初めてより多く老いられましたよ。 なぜかその姿を見ると涙も出るところでした。 まだ不足した私に良い機会を与えられたし,俳優として成長することができるようにして下さったのではないですか。 私には‘私をかっとするようにさせる人’だが私の人生で本当に最高の出会いだと呼ぶことができる程本当に良い人です”“ヒョン・ビン兄さん集中力は本当に最高です”ペ・グリーンは‘友人,私たちの伝説’を通じて,俳優に新たに出たが,他のその何とも変えることはできない良い同僚らをたくさん得た。 釜山(プサン)で6ヶ月の間同苦同楽するように過ごしたスタッフらはもちろんで俳優らとはドラマ撮影が終わった後にも着実に連絡をやりとりする程チョルチンがになった。 それならペ・グリーンがボン‘友人,私たちの伝説’俳優らはどうだろうか?
“ヒョン・ビン兄さんは集中力が本当に最高です。 ヒョン・ビン兄さんを見ていればびっくりするほどです。 本当にものすごい集中力を持った人です。 私たちと遊びながらもシュートだけ入れば同数になっています。 ‘ヒョン・ビン’という人の位置に上がらなければならない人です。 監督様もその点は認められましたよ。 ところでまたそれとなくいたずらっ子である面もあります。 魅力的でしょう”‘友人,私たちの伝説’俳優らとは家族のように過ごした。 特に大きい容貌が似ていたワン・ジヘとはきては親姉妹のように過ごしたと。 釜山(プサン)にある間共に南浦洞(ナムポドン)街を闊歩したり,クジェ市長を行ってショッピングをして,共に映画を見たりした。 家族と落ちて過ごさなければならなかった遠い釜山(プサン)生活だったが,おかげで全く孤独でなかった。

“キム・ミンジュン兄さんは助言をたくさんしてくれる方です。 涙演技のために苦労する時もからだを後れを取るようにさせろと助言をされました。 私とは帯同い年がふわりと越えるがいたずらもたくさんみなされました。 また意外にソ・ドヨン兄さんがお話が多かったです。 どんなにおしゃべりもたくさん震えますかおばさんと呼びました。 イ・シオン兄さんも同じだよ。 カラオケを行けば二人で雰囲気をみな浮かしましたから”今まさに演技始めて着手を踏み出し始めたペ・グリーンには夢がある。 ‘幻想のカップル’ハン・イェスルのような演技をしたいということ。 しらじらしい表情のペ・グリーンを見ているととてもよく似合いそうだという考えが自然に出る。 そのように演技内面空白を積み上げてみるならば映画‘私の頭の中の消しゴム’ソン・イェジンのような演技もいつかは可能でないだろうか?
(写真提供=チェイエンスタ)イミへmacondo@newsen.com
20090830084155302e7_092811_0.jpg

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090830084155302e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」第19回 ドンスの壮絶な最後

‘友人’ヒョン・ビン凄惨な最後“雇馬しろ。 沢山食べて子供が”名セリフに視聴者“鳥肌ぞっと”
[ニュースエン] 2009年08月30日(日)午前09:08
20090830090859349e7_092816_0.jpg
[ニュースエン ペ・ソニョン記者]同数(ヒョン・ビンの方)が雨の中で凄惨な最後をむかえた。

去る29日放送されたMBC週末ドラマ'友人,私たちの伝説'(以下の友人/脚本クァク・キョンテクある勝運キム・ウォンソク/演出クァク・キョンテク,キム・ウォンソク) 19回で同数は外れた樽石(キム・ミンジュンの方)の指示で雨の中で刃物使いにあった。

血をざあざあ流して自身を刺すチンピラの手を握って"雇馬しろ。 沢山食べて子供が"と話す彼の目つきが悲しくて鋭かった。 そのように雨の中片方でうずくまって死んでいく同数は一歩遅れて自身を訪ねてきた樽石と最後に向き合った。

真に至難だった運命だった。

幼い時懇意な友人であった二人は成人になって同じチンピラ世界へ足を入れて,少しずつ間が外れた。 1人の女性を愛することになった運命も悪かったがいつのまにかにょっきり育ってしまった二人周辺には両者を行ったり来たりして仲違いするこれらも多くなった。

結局同数は自身が予想した通り樽石に後頭部を殴られた格になってしまった。 樽石やはり最後にすべての作業を撤回することを命じて同数を生かそうと思ったが友人を殺した者になってしまった。

一方この日'友人'は同名の映画であまりにも有名な場面になってしまった神々が登場した。

同数駅のヒョン・ビンは映画'友人'の有名セリフの"君が行きなさい,ハワイ" "雇馬しろ。 沢山食べて子供が"を自分だけの色で再現した。

この日放送に接した視聴者たちはヒョン・ビンの熱演に賛辞を送った。 これらは関連掲示板を通じて"鳥肌が出た。 目つき,表情皆とても良い" "映画で内容を皆知っていることにも手に汗を握ることになった"と話した。

週末劇'友人'は30日最終回30回で放映終了される。 ある関係者は結末と関連,“映画と完全に違った結末を見せる。 確実な反転があってその反転は最終回の20回に放送される”と明らかにした。

ペ・ソニョンsypova@newsen.com

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=16&articleid=20090830090859349e7&newssetid=83

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「チング」第19回サンテク登場シーン動画です -- by 春頭さま



 http://www.youtube.com/watch?v=3mIOl8p829Y




 http://www.youtube.com/watch?v=jRQcilj6leo

春頭さま、動画アップ、ありがとうございました
泣いても笑っても、明日で最終回
とうとう最後ですよぉ

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

「韓国ドラマの現状と課題」(「愛韓プラス2」より抜粋)

「愛韓プラス2」に掲載されていた記事から、内容を抜粋してご紹介します
-------------------------------------------------------------------
P90~93 
特別リポート 韓国ドラマの現状と課題 第1回 過酷な制作環境
事前製作したくてもできない事情とは?


日韓のドラマ制作環境の比較
 (略)
 日本の場合、ドラマの放送は週1回で、1話あたりの放送時間は40分。ほとんどのドラマが全10~12話で構成されている。
 一方、韓国ドラマは週2回の放送が主流で、2話合計の放送時間は140分。ドラマの長さも10話から24話というのが一般的だ。ワンクールで放送されるドラマの合計時間は、多いときで韓国は日本の5倍にも及ぶ。 
 加えて、韓国ではテレビ番組の途中でCMを入れることができないため、広告収入も日本に比べて格段に少なくなり、番組制作に掛けられる予算も限られてしまう。しかもその予算の多くが、韓流スターのギャラに使われてしまうのだ。
 その結果、ひとつの作品を完成するまでに多くの労働力を必要とするにもかかわらず、予算などの制約から投入できるスタッフの数は限られてしまう。そうした状況が、過酷な労働環境を生み出しているのだ。(略)
 韓国では多くのドラマが日本のように事前政策されることなく、放送日ギリギリまで撮影や編集が続けられることが多い。その背景には、前述した放送時間の長さがあるのは事実だが、影響力の強い一部の韓流スターのスケジュールに撮影日程を合わせなければいけないという事情もある。

事前製作ドラマの可能性
 韓国でも、ドラマを事前製作することが当たり前にならないか。
 その可能性を探るために、韓国ドラマ制作社協会で広報を担当しているヨン・ジュヒョンさんを取材した。
 (略)
 韓国ドラマ制作者協会には、『太王四神記』でペ・ヨンジュンとタッグを組んだキム・ジョンハク監督が代表を務めるプロダクションをはじめ、韓国で有名なドラマ制作会社37社が名を連ねている。この37社で韓国ドラマの約80%を制作しているというのだから、いかに韓国ドラマが放送局ではなく外部の制作会社によって作られているかがわかる。
 ヨン・ジュヒョンさんとの一問一答は以下の通り。

韓国ドラマはどうして事前製作が少ないのですか。
「決して少なくはありません。韓国には事前製作されるドラマもかなりあります。傾向としては、むしろ増えているくらいです。今まで事前製作のドラマが少なかったのは、放送局側がそれを受け入れない可能性があったからです」

放送局が受け入れない理由は何ですか。
「もっとも大きな理由は出演俳優の契約問題です。まず、事前製作だと俳優の拘束時間が長くなって経費がかかります。また、韓国ではドラマの出演に契約したものの、後でキャンセルする俳優が少なからずいますが、事前製作の場合は放送日まで時間的な余裕があるので、その間に俳優が契約解除を申し出るリスクが大きくなってしまうんです。さまざまな事情を考えると、まだ放送局が事前製作を受け入れる体制が整っていないといえるでしょうね」

ドラマを事前制作しない利点はありますか。
「視聴者の意見によって、物語の内容を途中で変更できることです。もちろん、視聴率を過度に求めるあまり、視聴者の意見に左右されてしまってはダメでしょうが・・・・・・。それと、視聴者の指摘で、作家が気づけなかったストーリーを発見することもできます。韓国の作家の場合、作品をより良くするためなら、どんどん視聴者の意見を取り入れたいと考える人が大半ではないでしょうか」
(略)

「負の遺産」を克服
 いつから韓国では、制作現場の環境が悪くなってしまったのだろうか。
 韓国ドラマに携わる人々の間では、韓流ブームに火がついてからだという見方が主流のようだ。
 昔の韓国は、ドラマといえば大家族のドタバタ劇を描くホームドラマか、時代劇が大半を占めていた。1990年代に入ると、核家族化や視聴者の嗜好の変化から、韓国も日本のように美男美女が登場するトレンディドラマが流行するようになる。しかしこうした作品も、あくまで物語の内容や演出力で勝負することが多かった。
 ところが、アジア各国で韓流ブームが起こると、ドラマ制作の主眼は人気俳優がどれだけ出演しているかに移るようになる。その結果、人気ドラマの収益が飛躍的に増大する。一方で、一部のスター俳優のギャラが高騰する事態も招いてしまった。
 そして、作品の質に厳しい目を持っていた韓国の人々でさえも、自国の作品が海外で評価されることを肯定的に捉えるあまり、スター偏重になっていく現状を甘んじて受け入れる傾向があった。
 韓国のあるテレビ局のプロデューサーは、そうした問題点を的確に指摘している。
「韓流ブームが起きて、韓国ドラマが大金を稼げるコンテンツになったために、放送局も制作会社も視聴率競争ばかりを意識するようになりました。よい作品をつくるために専門スタッフを充実させたり地道に育てたりということをしなくなってしまったのです」
 目先の利益を追うあまり、時間や人手をかけて良質の作品を生み出すという意識が、いつしか薄れてしまたのかも。 
 また、プロデューサーの役割に問題があるという指摘もある。
 現在の韓国では、プロデューサーが撮影現場で演出を行うだけでなく、ドラマそのものの企画や制作管理など多くの業務を兼務することが一般的になっている。日本のように、演出は現場のディレクターが責任を持って行い、その他の制作進行に関わる業務をプロデューサーが担当するというような、分業ができていないのだ。
 韓国ドラマのプロデューサーは、まるで映画監督のように働くわけだが、放送時間が映画の数十倍もあるドラマでこのような働き方をするのは健全とはいえない。結局、制作の総指揮者にあたるプロデューサーが激務を行っているせいで、その下で働く多くのスタッフたちも、問題が多い労働環境に対して意義を唱えにくくなってしまう。
 しかし、視聴者は決して甘くない。いくら大物の韓流スターが出演していても、ドラマそのものに魅力がなければ、すぐに飽きられてしまう。実際、最近の韓国ドラマでは、韓流スターを多く起用したにもかかわらず、視聴率が低迷するドラマが相次いだ。その一方で、「ベートーベン・ウイルス」のように、企画に優れた作品は好評を博している。
 そういう意味でも、「韓流」という言葉が海外でも定着した今だからこそ、今後のさらなる発展のためにも、もう一度ドラマ制作の原点に帰って、良質の作品を生み出すことに人・時間・お金をかけてほしい。韓流人気が海外に広がったために生まれてしまった「負の遺産」を克服しないかぎり、韓国ドラマの質的向上が難しくなるかもしれない。そうなると、一番悲しむのは視聴者たちである。

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

韓国ドラマはどのように規制されているのか?(「愛韓プラス2」より抜粋)

「愛韓プラス2」に掲載されていた記事から、内容を抜粋してご紹介します
-------------------------------------------------------------------
P84~88 韓国ドラマはどのように規制されているのか

韓国の放送規制
 放送通信審議委員会の主な役割は、韓国のテレビ番組を規制する放送法にのっとり、現在放送されている番組が問題ないかを審議することにある。実際、テレビ番組に対する韓国の放送規制は、日本よりもずっと厳しい。
 その代表格とも言えるのが、視聴年齢の制限だ。
 (略)
 韓国では、映画はもちろんのこと、すべてのテレビ番組にも年齢制限が設定されている。
 テレビ番組の視聴年齢制限は、全年齢視聴可、7歳以上視聴可、12歳以上視聴可、15歳以上視聴可、19歳以上視聴可の5つに分かれており、番組に応じてテレビ画面に年齢制限のマークを一定秒数表示することが義務付けられている。たとえば、ペ・ヨンジュン主演の『太王四神記』は15歳以上視聴可のドラマだった。また7月から始まったヒョンビン主演の「チング、僕たちの伝説」は、学園ものドラマにもかかわらず、過激な暴力シーンが多いという理由で19歳以上視聴可に設定されている。
 放送通信審議委員会は番組内容に問題がないかをチェックするだけでなく、年齢制限表示が行われているかについても常に目を光らせている。また、放送当初に年齢制限が不要だった番組が、その後急激に刺激の強い番組に変化していないかなどをチェックしている。
(略)

テレビ界が抱える問題点
 一般に韓国では、「テレビ局は政府寄り」と言われる傾向にある。その原因は、韓国のテレビ局の成り立ちと密接に関係している。
 現在、韓国の3大地上波テレビ局であるKBS、MBC、SBSのうち、完全な民間企業は1991年に開局したSBSだけだ。1961年に誕生したKBSは、もともと国営放送として出発しているし、同じ年に民間放送として設立されたMBCは、1980年に当時の政府の管理下に置かれ、現在は半官半民の企業として存続している。
 韓国では1980年代後半まで軍事政権が続いたため、新たなメディアとして台頭したテレビ局に対して、批判を恐れた政府が長い間、介入する結果になっていた。
 こうした歴史が、現代の韓国テレビ界に大きな影を落としている。 
 日本より人口が少ないとはいえ、地上波のテレビ局が3社しかなく、完全な民間放送が1局しかなければ、健全な競争環境は生まれにくい。しかも、KBSとMBCにはその時々の政府の意向が影響するという懸念もある。
 また、テレビ局の最大の収入源であるCMにも問題点は少なくない。
 韓国のテレビ番組は途中でCMが入らないことで有名だが、これは当時のパク・チョンヒ大統領が、番組途中のCMを見て激怒して廃止させたという逸話も残っている。この結果、テレビ局各社は番組の前後に放送されるCMの視聴率を上げるために、番組全体における熾烈な視聴率競争へと突き進むことになった。視聴者の意見によってドラマの内容が変更されるという、日本では考えられないような事態が起きるのも、日本以上に視聴率至上主義が蔓延しているからだといえるだろう。
 (略)
 その一方で、韓国の各世帯が地上波テレビを見る比率は年々減少傾向にあり、若い世代を中心にケーブルテレビやインターネットの比率が急速に高まっている。
 地上波テレビ局各社は、番組途中でもCMを入れられるように政府に訴えているが、健全な競争の視野を広げることなく、安易な視聴率競争やスポンサー企業の商品PRが乱立する番組づくりがさらに進めば、視聴率の低下に歯止めはかからないだろう。

韓流に与える影響
 放送通信委員会と放送通信審議委員会は、韓国のテレビ局を苦しめるだけの存在であるようにも思えるが、常識の範囲内で番組づくりが行われている限り、特に問題になることはない。
 (略)
 しかし、韓流ドラマに対する支援はしていないという。
 (略)
その背景には、すでに海外の多くの国で高い人気を得るほど、韓流ドラマのコンテンツ力が高まっていることがあるのだろう。政府機関があえて支援しなくても、韓流ドラマは世界に打って出るだけの力を十分に備えているのだ。
 それだけに、規制や審議の対象になって、余計な労力を費やすことは無駄以外のなにものでもないと言える。
 韓国では放送できなくなった韓流ドラマが大量に日本にやってきたーーそんな自体が起こらないように、各テレビ局は「健全な作品づくり」にぜひ力を注いでほしい。

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。