FC2ブログ

2009-12

君昨日それ見たか? 「天下無敵イ・ピョンガン」と「ヒーロー」の批評

ドラマと我慢して見ること疲れる疲れて
[マガジンesc]
125853052535_20091119.jpg
君昨日それ見たか?

月曜日と火曜日には文化放送<善徳女王>が視聴率40%を行き来して三ヶ月超えて持ちこたえていて,水曜日と木曜日には20%を越える視聴率で始めた韓国放送<アイリス>は絶頂に向かって走って行っている。 この二作品と同じ時間に放映されるドラマは‘不運な対戦表’のために特別な関心を受けられずにいるのが事実だ。 それが必ず対戦表の問題であろうか? <10アジア>(10asia.co.kr)のチェ・チウン記者(写真左側)とウィ・クンウ記者が韓国放送<天下無敵このピョン・カン>(以下<このピョン・カン>)と文化放送<ヒーロー>を詳しく覗いて見た。

設定らのごちゃまぜ,どこでたくさんみたキャラクターら‘天下無敵このピョン・カン’庶民と三流のおかしな組合,ペク・ユンシク魅力で相殺する‘ヒーロー’


ウィ・クンウ(以下の上) <このピョン・カン>はコメディーで勝負を見るという意図が多い作品だ。 初めて戦争場面ではなまりを使う温達(オンダル)将軍を登場させるなど捻ることを通した笑いを与えようと努力する。 ところでその捻るのがとても目に見える。 時点が現代に戻った時は倒れて笑わせるスラブスティックコメディーを見せるのに,笑わせようとする場面で突然カメラが後に退くなど‘これは笑わせるの’といいながら遠慮なく演出するのもとても目に見える。

笑わせることも遠慮なくすれば水っぽくなって

チェ・チウン(以下チェ)温達(オンダル)(チ・ヒョンウ)とピョン・カン(ナム・サンミ)が前世でどんな縁であったかを史劇で見せて,またどのように再会するかを現代劇で見せてくれる。 問題はとても多くの要素が無秩序にこんがらがっているということだ。 正確に何を話そうとしているのかよく見られない。 ヒューマン コメディーなのか,ロマンチック コメディーなのか,でなければキャディーとリゾート後継者間のシンデレラ ラブストーリーなのか,ゴルフ選手のスポーツ ドラマなのか,でなければ相続を置いて広がる葛藤を扱う話かわからない。 ドラマを構成する要素らが不均衡だ。
上の温達(オンダル)はピョン・カンに会えば鳥小屋で寝るなど真相を震えて新しいお母さんの帝王後(チェ・ミョンキル)とつく場面では突然深刻化する。 トンが一定でない。 温達(オンダル)がバカでなく能力があるとのことを見せるべきなのに,演出にあって中間中間に笑い欲が多いからなのかピョン・カンだけ会えばキャラクターが崩れる程軽率な行動に出る。

チェ・ジヒョン友情魅力は虚々実々下面で潜在力を見せるというところにある。 <メリー・テグ攻防戦>では武侠小説を書く作家志望生の失業者でその特有の魅力が生き返っていた。 ところでこのドラマではすでにたくさん見てきたジヒョン友情の姿をまた見せる。 予測可能なキャラクターだ。

125974298508_20091203.jpg
前世と現在を行き来して温達(オンダル)とピョン・カンの愛を描き出すドラマ<天下無敵このピョン・カン>(上)と巨大言論に対抗する小さい新聞社の話を扱ったイ・ジュンギのドラマ復帰作<ヒーロー>. 韓国放送・文化放送提供

上のイ・ピョンガンとても予測可能なキャラクターだ。 江原道(カンウォンド)なまりを使うのもおてんば娘ということを見せようとする意図のためということが目に見える。 ここでなまりはリスニングおもしろくて入れる一種のコメディー装置程度に終わる。 はなはだしきはなまりを使ったピョン・カンが真剣な場面では突然標準語を使う。

チェ,ナム・サンミは<不信地獄>等で可能性を見せた。 <甘いスパイ>ではキャンディ型キャラクターをしたが典型的でなく演技した。 ところでこのドラマでナム・サンミが演技するこのピョン・カンというキャラクターは俳優を理解するのが容易でなくさせる。 いくら自分のお父さんが作ったゴルフコースが重要だといってもそれを無視するとし,突然人のほおを殴るのは後始末ならない行動だ。 90年代キャンディらがしたそのまましている。

上の2000年代後半でますます‘キャンディ’と書いて‘迷惑’と読むキャラクターらが多くなっている。 <スタイル>の裏書程度そうしたし,<花より男>の金盞ディドーそうした。

チェこのドラマはゴルフ場とリゾートという背景に合わせて帰る。 ゴルフ場とリゾートに執着しなければならない理由は製作支援のためということを皆が分かる。 ところがこの作品はその地点がとりわけあらわれる。 見る人々に重要なのは背景に合わされた話でなく人々が事件を体験して,感じるものなどだ。

上の温達(オンダル)がリゾートのイメージを生かして変態と烙印を押された自分イメージを相殺しようとゴルフ大会参加を宣言する。 ところでピジエイツアーでもなくてリゾートでする大会で優勝をするといって人々が‘この子は分かってみれば変態ではなかった。 リゾートを受け継いでも当然で’とうなずくのが話にならない。 ゴルフ場とリゾートという空間であらゆる事を解決しようとすれば発生する必然的な問題だ。

チェよく作ったドラマとそこまで行けないドラマの差はドラマなので見なければならないのが如何に多いかという。 このドラマではドラマだから移ってくれるのがとても多い。 むしろこの作品でおもしろいのは前世を扱った史劇の部分だ。 ピョン・カンが温達(オンダル)に愛着を持っているのに温達(オンダル)は王女にチジラゲふるまう。 関係が転覆した時生き返るコメディーを見せる。

上(胃)<ヒーロー>は長時間企画されたが放送を控えて事件事故が多かった。 作家が交替させられたし女主人公も変わった。 それでもイ・ジュンギの復帰作で期待を集めた。 ところがこのドラマは弱点が多い。 イ・ジュンギが引き受けたト・ヒョクというキャラクターは巨視的な見解があるようではない,まだただオジラプ キャラクターに留まっている。 ユン・ソイが演技する警察駐在人は正義を前に出してはいるけれどまだその正義が抽象的だ。

チェ三流チラシを作った人が巨大言論に対抗する小さい新聞を作って,彼らの二重性を暴くということ自体は韓国社会に示唆するところが多い。 深く行ってみようという製作陣の意図は分かるだろうが新聞がドラマで扱われる時,定形化されることらがここでも発見される。 三流媒体を作った人々は単にたくさん習えなかっただけ彼らの人生が三流ではないというのを見せなければならないという強迫がある。 醜いけれど,心がけと考えは完全だと強調する。

上(胃)身近な庶民キャラクターを三流媒体を作るこれらに付与する。 庶民と三流は厳格に違う。

チェ・チンドヒョクがなぜマンデーソウルで命をかけながらも,ゴシップ記事を取材したのかよく分からない。 この人がこの仕事をしなければならない正当性が単に正しい記者であったお父さんのためというもので出てくるのに,果たして本当にそうだろうか。 ドラマ主人公らが両親の人生によって,影響を受けるのはすでに去る話だ。 <ハヤンゴタプ>の,チャン・ジュンヒョクに熱狂したことは彼が自分の人生を自ら選択する主人公だったためだ。


‘キャンディ’と書いて‘迷惑’と読むキャラクター追加です

上のお父さんが持った記者としての信念を尊敬して従うことならば理解はいくが,‘マンデーソウル’でパパラッチ同じ仕事をして,記者という職業自体にだけ執着するのは幼稚な発想だ。 信念を持ったキャラクターでなくソなのか突然‘私たちは三流だから三流人生を使う’でする時突然だという感じがする。 三流だから三流をよく分かるということとよく伝達できるということは他の問題なのにここでは混用される。 生きられないから真正性があると駆け寄れば答がない。

チェ結局小人と巨人の戦いなのにこの良い構図が完成度を持とうとするならいくらドラマとしても言論の力がどのように使われて戦いがどんな関係でなされるのかに対する説得力がなければならないのにこのドラマでは新聞の属性を見過ごしている。 誰4戸子犬を探す話は美談だが,ニュースではない。 このドラマはその程度から出発する。

ウィ・チンドヒョクお父さんの死と大勢日報チェ会長の関係,このように大きな事件を想定しておいて行けばヨンドク日報ができるのは特ダネ(特殊)しかない。 致命的な事件の実体を明らかにすれば勝つことができるということはとても単純で純真な希望だ。 現代の敵はそんなに単純でない。 誰かの発言権自体がなくなることができるという現実が恐ろしいことであって誰を殺したりするのが恐ろしい時代ではない。

チェ現代社会の問題を話すのに重要なのは今この社会がどこに来ているかを早く捜し出して,速度感を合わせることだ。 もう本格的な2幕に入る回(順序)だから短所らが改善されたら良いだろう。

上のイ・ジュンギは誇張しないで演技が上手になっている。 オジラプ キャラクターと少しだけ外れれば非好感になりやすいが今まではよくやり遂げている。

チェあえて惜しい点を挙げようとするならイ・ジュンギが非現実的な顔付きなのでそうなのか現実的な話に入ればキャラクターが素早く浮かび上がるということだ。 キャラクターと見えるよりはイ・ジュンギと見えるというだろうか。 演技力の基本になっていて容易ではない主人公役をよく引っ張っていっている。

上(胃)このドラマで最も重要な俳優はヨンドク役を担ったペク・ユンシクだ。 上手にする俳優1人がドラマをどのように生かすかを見せる。 言葉があまりないが俳優の張力が感じられる。 目つきと微妙な表情だけでも理由があるんだな察するようにする。 そのような理由がこのドラマのトクパプだ. ドラマを見るようにさせる力がペク・ユンシクを通じてできる。 ペク・ユンシクは節制された演技の代価だ。

チェ,ペク・ユンシクが出てきてドラマに重量感が感じられてコメディーが滑稽でなくなる。

<内助の女王>で習いなさい

上(胃)<このピョン・カン>と<ヒーロー>を見れば上半期代表作<内助の女王>がどれくらいよく作ったドラマだったのか新たに考えるようにする。 コメディーがよく組まれた男(社内)政治とともに行って,要所要所をよく触って,笑いがむなしくなかった。 <内助の女王>は<花男>放映中には視聴率が5%程度だったが<花男>が終わるやいなや視聴率が打って上がってきた。

チェ結局視聴率がよく出てこないものは大作らとついたのでなく,ドラマ自らの完成度問題のためだ。


■ここで笑った

“<ヒーロー>で公演会場に潜入する時,女性記者が歌手であるように扮装だけしてノコノコと入る場面. 警備がものものしい公演会場にそれとなく弱点が多い。 こういう発想はわずかだがおもしろい。”(チェ・チウン)

“<このピョン・カン>でイ・ピョン講義ママがお金をたくさん儲けてくるとしながら弱々しく娘の写真を撫でて鍵が大きく落ちるやまさにお金をみなはたいていく場面. こういう互いの行き違いのおもしろい笑いは良い。”(ウィ・クンウ)

■ここで固まった

“<このピョン・カン>で温達(オンダル)が組織暴力に裸にされた後変態に集まって,鶏で殴られるのに人々がちょうど写真を撮る場面. どんな状況なのかも分からなくて,人々がひとりを変態取り扱って暴力を振り回すのを笑いの素材で選択した。 疎通不在によるコメディーを作りたかったのは分かるだろうがそのような笑いが大丈夫だという考え自体が不快だった。”(ウィ・クンウ)

“<ヒーロー>でヨンドク日報を作る過程を見せて,人を脅迫して,無料で印刷をして事務室も得る場面が。 コミック コードで使おうとしたのは分かりますがその過程がすっきりしなかった。 話のためにキャラクターの可能性が犠牲になった。”(チェ・チウン)

整理アン・インヨン記者nico@hani.co.kr

記事元 http://www.hani.co.kr/arti/specialsection/esc_section/391041.html

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

芸能界1人企業の明暗と得失 (ヒョジュちゃん出てます)

‘キム・テヒも独立?’芸能界1人企業の明暗と得失
[日刊スポーツ] 2009年12月06日(日)午後04:18
pho_200910051718450107000001070100-00.jpg
[JESキム・ポムソク]ペ・ヨンジュンで火がついた'芸能人1人企業'が深刻な富めば益々富を作り,貧は益々貧になる現象を見せている。

ペ・ヨンジュンを見れば皆常勝疾走するように見られるがこれはあくまでも錯覚現象. 少なくない1人企業が赤字の苦痛に苦しめられている。 さらに大きな問題はこれを打開するとがっていた収益創出ウィンドウがないという点だ。 クォン・サンウが日本観光客が混雑する明洞(ミョンドン)真ん中にカフェを整えて化粧品ローンチに熱中するのもこれと無関係ではない。 芸能人会長様の明暗と得失を探ってみた。

▲キム・テヒも近い将来独立?

芸能界にはキム・テヒが近い将来自身のための企画会社を設立して,独立するという噂が広まっている。 去る6月,所属会社と契約期間が満了したが再契約を先送りして,またキム・テヒの家族がエンターテイメント事業に関心を見せて,こういうデマを加速化している。

芸能人がオーナーの1人企業はペ・ヨンジュン以後着実に拡大再生産された。 これらは大きく二つの部類. チャン・ドンゴン・イ・ビョンホン・雨のように後輩芸能人を迎え入れて,四才を育てる所とイ・ミヨン・ソ・ジソプ・ソン・スンホン・イ・ヨンエ・ユン・ウンヘ同じナホルロパでに分かれる。

芸能人らがこのように個人事業者で立ち向かう理由は自由な作品活動と休息保障,既存収入配分に対する累積した不満のためだ。 新人の時とは違いスターになれば映画とドラマ,CF,行事などすべての外部活動を企画会社と協議した後決める。

だが会社の利害関係で100%自由なことはない。 億台の契約金と経費を回収しなければならない企画会社立場では芸能人の'回転率'を高めなければならないためだ。 会社はどうにか出演契約を成功させようとして,この過程で芸能人は素直に飲み込めない作品にも出演しなければならない。

▲山が高ければゴールも深い

芸能人が会社を整えて,独立すればすべての選択権を自分が持つ。 願わない監督ミーティングとファンサイン会もしない'権利'ができる。 満足な作品が出てくる時まで趣味活動に没頭しても誰一人干渉しない。

しかし山が高ければそれだけゴールも深く用意. 企画会社に所属すれば気を遣わなくても良い種々な仕事の処理に頭痛を腐ることになる。 ひとまずお金流れを見回さなければならないストレスが発生する。 毎月収入と支出を問い詰めて賃貸料と人件費,油類費,交通罰金まですべての会計に関与しなければならない。 こういう過程が複雑でわずらわしくて,また企画会社に行くという芸能人が出てくるほどだ。

ある演芸関係者は"チャン・ドンゴン氏の場合も独立する時,某大企業が投資意志を映ったがドンゴン氏が断ったと分かる"として"ただの昼食がないという言葉のように誰かの金を受け取って,会社を整えれば必然的に干渉と要求条件ができる。 多分これを遮断するためにだっただろう"と話した。 雨が後輩グループ エムブルレクを育成するのもプロデューシングに対する欲もあるが会社の利潤追求という利害関係が作用したためだ。

▲世の中にただの昼食はない

芸能人が1人企業を設立するまた違う理由を薄情になる契約金で探す声もある。 2~3年前コスダック熱風が吹いて,実弾が豊かになると一番最初に上がったのがまさに契約金と出演料であった。 しかしバブルが消えたこの頃,契約金に対する芸能人と企画会社の温度差が激しくなった。

芸能人らは"この程度は受けなければならない"として'慣性の法則'を主張するが企画会社では望む金額を合わせれば赤字日ことが火を見るより明らかで,契約書を破ることになる。 キム・テヒが所属会社と再契約をできない理由も1年契約金6億ウォンに対する両側の異見のためだと知らされた。 結局望む契約金を受けられないところには独立して,心でも気楽になろうという側に傾くことだ。

2010年1人企業はもっと増える展望だ。 企画会社らの連合体の韓国演芸マネジメント協会(ヨンメヒョプ)が来年から契約金をなくす方案を用意しているためだ。 芸能人らが企画会社を探す大きい理由の中の一つが契約金のためなのにこれをなくす場合芸能人らがどれくらい企画会社にメリットを感じるかがカギだ。

もちろんハン・ヒョジュのようにイ・ビョンホン会社に契約金なしで行くこともできるだろうが,それよりはヨンメヒョプに加入していなかった会社や演技者パートを併行する歌謡企画会社で大挙移る可能性も高いのが現実だ。

キム・ポムソク記者[kbs@joongang.co.kr]

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2009120616184737308&linkid=4&newssetid=1352

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

芸能番組「日曜日日曜日夜に」 きょう新しい顔ぶれでお目見え(ヒョジュちゃん出てます)

<新しくなった'日夜',成功することができるだろうか>
2009年12月06日(日)07:17聯合ニュース
yhAKR20091205048900005_0.jpg
yhAKR20091205048900005_1.jpg
yhAKR20091205048900005_2.jpg
(ソウル=聯合ニュース)イム・ウンジン記者=新しい顔と主題で6日初めて顔見せするMBC看板芸能番組'日曜日日曜日夜に'(以下'日夜')が視聴率反騰に成功することができるか関心を引いている。

その間放送されたコーナー'兄さんバンド'と'からだからだからだ','大儲'などが視聴率で苦杯をなめるやMBCは'日夜'の中興期を導いた'米屋おじさん'キム・ヨンヒPDを緊急投じた。

海苔PDは先月'日夜'製作発表会で"76泊77日間PD 7人など核心製作陣31人が集まって,毎日明け方2~3時まで仕事をした。 この程度なら'1泊2日'と対決できないか?"として視聴率確保に強い自信を見せることもした。

◇新しいMCの大挙投入=間'日夜'にはまず'国民MC'と呼ばれるユ・ジェソクとカン・ホドンがない。

海苔PDはこれらと皆親しい間だが,同じ時間帯他の放送局で放送されるSBS 'ファミリーが浮かび上がった'とKBS '1泊2日'の進行をこれらが受け持っていて'日夜'の進行を要請できなかったと伝えた。

代わりに'日夜'は芸能番組の進行を受け持ったことがない新鮮な人物を大挙投じた。

アイドル グループSS501のキム・ヒョンジュン,SBSドラマ'ハンサムですね'のチョン・ヨンファ,MBCシチュエーションコメディ'屋根突き抜けてハイキック'で放送界ブルーチップに浮び上がったファン・ジョンウム,tvN '男女探求生活'で人気を呼んでいるチョン・カウン,KBS 'ギャグコンサート'のアン・ヨンミなどがまさに彼らで,言葉どおり'豪華軍団'だ。

また芸能番組で顔をしばしば見ることができなかったタレント ハン・ジミンとハン・ヒョジュ,公益勤務を終えたチョン・ミョンフン等も'日夜' MC軍団に合流した。

ここにキム・ヨンマンとタク・ジェフン,シン・ドンヨプ,キム・グと,イ・フィジェなど芸能番組で専門分野が強い既存MCらも'日夜'に結集して硬く後押しする予定だ。

このように20人余りに達する進行陣が互いにどれだけ調和を作り出して,各コーナーを導いていくかが'日夜'の成功尺度を計る限り定規になるものと見られる。

◇笑いと感動を一度に= '日夜'は競争プログラムと違い面白味と感動,そして視聴者皆が共感できるコーナーを前面に押し出している。

公益性を加味した芸能番組はその間'イ・ギョンギュが行く'と'感嘆符'などを演出した海苔PDの専売特許でもある。

まず'日夜'が出したコーナーは我が国の主要猪出没地域で専門家たちと共に猪による被害状況を調べてみる'大韓民国生態救助団,ホントス!'だ。

カラーなど動物保護団体と市民団体はホントスが猪殺傷を助長するとし,プログラム放送を反対しているけれど,製作陣は猪を虐殺するどころかハンティングや捕獲もしないと反論した。

むしろ野生猪が夜に山から降りて,農家にどれくらい被害を与えるのか調べてこれらを追跡して,習性と生態を集中的に調べてみるプログラムだと説明した。

これと共に退勤したり会食中であるお父さんらに会って,胸中に閉じ込めておいた話を聞いてみる'うちのお父さん',我が国だけでなくアフリカとアジア,南米など助けが必要なところを訪ねて行って,分け前と奉仕を実践する'恵みの雨'など公益的コーナーらが放送される。

海苔PDは"暴露と卑劣な言葉が乱舞した既存プログラムで脱皮して'愉快で暖かく'というモットーで温かくて暖かい楽しみを与えること"としながら"初回に2桁視聴率を自信を持つ"と話した。

engine@yna.co.kr

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=3705203&year=2009&Query

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

今年のテレビドラマは女性の天下

旧恩材・押す・チェ・スンヒ..2009テレビ劇場'女人天下'
2009年12月06日(日)13:26スターニュース

[マネートゥデイ スターニュース ムン・ワンシク記者]
ms2009120610554590793_0.jpg
旧恩材,チョン・ジエ,故殷盛,押すそしてチェ・スンヒまで。

'弱い者で,あなたの名前は女'は少なくとも2009年テレビ劇場でだけは通じない話であった。 今年の一年ドラマの中女主人公らは男たち涙ぐいっと抜く演技でテレビ劇場'女人天下'を導いた。 'センニョ'らが支配した今年の一年テレビ劇場を覗いて見よう。

◆裏切ってみて,目をつけて現れる..'妻の誘惑'旧恩材

今年上半期テレビ劇場の夕方時間を誘惑したSBS日日劇'妻の誘惑'. どん詰まりという非難を腹がいっぱいである程多くはこのドラマはしかし妻を裏切った夫がどのようにすさまじく壊れるのかとその夫をそそのかした(?) 女性の最後を如実が見せた。

特に主人公旧恩材(チャン・ソヒの方)が夫に捨てられて目の下に点一つとって現れた夫を誘惑する演技は理性的には理解(利害)不可ながらも,視聴者たちの好奇心を刺激,40%に肉迫する視聴率で'帰宅の誘惑'を起こした。

妻は最高の純真でなければならないという伝統的見解に鉄槌を下す作品で評価された。

◆私の夫長い私が生かす..'内助の女王'チョン・ジエ

'妻の誘惑'でぶるぶる震えた夫らはMBC月火劇'内助の女王'で安堵のある息と共にうらやましさを感じてブラウン管に陥ることになる。

名門大出てきたのとよくできた容貌抜いてはどれ一つ前に出す必要がない夫のためにあらゆる副業でこれを世話するチョン・ジエ(キム・ナムジュの方).

かろうじて夫を過去の恋人が役員である会社に就職させるが,就職した夫面倒見がさらに侮れない。 だがチョン・ジエはあらゆる屈辱にも,鼻血流すのを押し切って夫を内助して出す。

中間,素早く心がホ・テジュン(ユン・サンヒョンの方)に行くけれども私たちの強いおばさんチョン・ジエはこれをはね除けて家庭に戻って,内助を継続する。

◆意志薄弱世間知らず,私が変えるから..'きらびやかな遺産'故殷盛

今年の夏週末テレビ劇場にはソルロンタン沸く声が揺れ動いた。 おばあさんの遺産だけ信じて,稚気に充ちた生活を送ってきた先憂患(イ・スンギの方). だが絶対遺産をくれないというおばあさんに反抗もしてみるがすぐ心思い直して家家業のソルロンタン事業に参加する。

彼のそばにはお父さん失って新しいお母さんに捨てること受けた故殷盛(ハン・ヒョジュの方)が'幸い'もある。 殷盛はファンの強い時にも黙黙と自身のことをやり遂げてまた世間知らずファンを正しい道に導いて危機に陥ったおばあさんのソルロンタン事業まで救い出す。

殷盛は'フン男'ジューン傾向(税)(ペ・スビンの方)の求愛にも自身が新しい人生に導いたファンのそばに残る。 一緒にクール(?)するように留学に出る姿を見せることによってファンの心配を溶かすことさえする。


◆女とナランニムよくないという方法あるんですか..'善徳女王'押す

今まで史劇は男たちの独壇場であった。 せいぜい女性らの役割とは賃金をそそのかして,国政を混乱させたり自身の息子を賃金で作るために努める'妖婦'に過ぎなかったこと事実.

だがMBC '善徳女王'はそのような史劇の基本枠組みを果敢に揺さぶった。 王の子供も,王の妻でもない押す(コ・ヒョンジョンの方)は果敢に自ら王位に上がることを願う。

彼女のカリスマあふれる姿は視聴者たちの注目までひきつけて月火テレビ劇場を'米失意時代'で作る。 '善徳女王'より'押す'という(のは)題名がドラマにさらに似合うほど。

押すが悲劇的最後をむかえよう'善徳女王'やはり視聴率下落傾向を見せて彼女の空席が大きいということを見せている。

◆美貌に優れた頭,射撃は基本..'アイリス'チェ・スンヒ

時には銃も撃ってくれなければならない。 KBS 2TV 'アイリス'のチェ・スンヒ(キム・テヒの方)はずば抜けた美貌に優れた頭まで,それこそ'アルファかける'の典型だ。 だが彼女の職業はNSS(国家安全局)プロパイルロ. 高度な心理戦文街だ。

チェ・スンヒはしかしプロパイルロを越えて果敢なアクションに,鋭い射撃まで行ってテレビ劇場をぎゅっとつかんでいる。 そのような彼女に賢俊(イ・ビョンホンの方),社友(チョン・ジュノの方)が心を奪われるのはもしかしたら当然に見える。

この優れた女性チェ・スンヒははなはだしきは劇展開に重要な鍵を握っているアイリスの実体ではないのかという疑惑(?)全部呼び起こしている。

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=3706665&year=2009&Query

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

「天下無敵イ・ピョンガン」前半の復習をいたしましょう

11月9日(月)に始まったドヨン王子出演ドラマ「天下無敵イ・ピョンガン」は、前半8話が終了しました。
来年1月4日から新しいドラマが始まるとのことですから、残念ながらあと8話で終了予定です。
後半8話を見る前に前半8話の復習をいたしましょう。
ドヨン王子が演じるエドワード登場シーンは、mimiさまが編集してアップロードしてくださったYouTubeのアドレスもまとめて掲載させていただきます。


 11月9日(月)第1話 エドワードはオープニングと次回予告編のみ出演

_1オープニングエドワード
_1予告編エドワード
(春頭さまから画像をご提供いただきました)


 11月10日(火)第2話 エドワード、帰国
   帰国後早速イ・ピョンガンにメールしますが、携帯電話を持っていたのはオンダルでした
 「天下無敵イ・ピョンガン」第2話エドワード登場シーン 2分53秒

天下無敵イ・ピョンガン第2話エドワードイチオシ3


 11月16日(月)第3話 エドワード、イ・ピョンガンに再会
   イ・ピョンガンの行くところ、かならずエドワードが見守っていました
 「天下無敵イ・ピョンガン」第3話エドワード登場シーン 6分26秒

天下無敵イ・ピョンガン第3話エドワードイチオシ2
天下無敵イ・ピョンガン第3話エドワードイチオシ4
天下無敵イ・ピョンガン第3話エドワードイチオシ5


 11月17日(火)第4話 エドワードが帰国したもうひとつの理由
   仕事中のエドワードが初めて登場、イ・ピョンガンの妹と仲良くなるエドワード
 天下無敵イ・ピョンガン」第4話エドワード登場シーン 2分19秒

天下無敵イ・ピョンガン第4話エドワードイチオシ1-530
天下無敵イ・ピョンガン第4話エドワードイチオシ2


 11月23日(月)第5話 エドワードの前で涙を見せるイ・ピョンガン
   イ・ピョンガンにエドワードはカーステレオで思い出の曲を聴かせます
 天下無敵イ・ピョンガン」第5話エドワード登場シーン 5分23秒

天下無敵イ・ピョンガン第5話エドワードイチオシ1
天下無敵イ・ピョンガン第5話エドワードイチオシ2
天下無敵イ・ピョンガン第5話エドワードイチオシ3


 11月24日(火)第6話 エドワード英語で仕事して、クレープ焼いて、前世も登場
   流暢(?)な英語で仕事して、イ・ピョンガンと一緒にクレープ焼いて、前世も登場しました
 「天下無敵イ・ピョンガン」第6話エドワード登場シーン 7分43秒

天下無敵イ・ピョンガン第6話エドワードイチオシ1
天下無敵イ・ピョンガン第6話エドワードイチオシ2
第6話のエドワード


 11月30日(月)第7話 孤児院でオンダルの父を助けるエドワード、ヨンニュと対決も
   エドワードが子どもの頃にいた孤児院を訪ねてみると、そこに痴呆症で徘徊中のオンダルの父発見
 「天下無敵イ・ピョンガン」第7話エドワード登場シーン 2分51秒

天下無敵イ・ピョンガン第7話エドワードイチオシ1
天下無敵イ・ピョンガン第7話イチオシエドワード


 12月1日(火)第8話 エドワードが孤児院にあずけられた理由、おでこにキス
   孤児院で両親が亡くなった理由を知った後、孤児院前で泣いている女の子をなぐさめるエドワードの姿も
 「天下無敵イ・ピョンガン」第8話エドワード登場シーン 8分49秒

天下無敵イ・ピョンガン第8話エドワードイチオシ2
天下無敵イ・ピョンガン第8話エドワードイチオシ3-530
天下無敵イ・ピョンガン第8話エドワードイチオシ4-530

以上です

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード