FC2ブログ

2010-06

明日は「チョルラの詩」シネマート六本木で劇場イベント!

チョルラの詩前売り券とリピーターチケット

「チョルラの詩」前売り券は持ちましたか?
リピーターチケットはありますか?
お持ちのお方は忘れずに!

明日はくもりのち晴れです!

シネマート六本木の行き方はこちらをご覧くださいね
http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/blog-entry-4011.html

劇場イベントの詳細はこちらをご覧ください
http://www.choruranouta.com/news.php

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

「チョルラの詩」プレミアム試写イベント大阪1回目の内容 -- by チングBさま

映画チョルラの詩の大阪試写会に参加しました

会場でのトークショー、ウロ覚えの部分もありますが、・・こんな感じでしたので、ご報告いたします。
すみません、私はトヨン君のファンなので、トヨン君の部分はなんとか・・ですが、他の部分は^^;・・・

大阪1回目は試写があってからトークショーでした。
司会は東京試写会と同じ古家さんです。(以下 古)
 古) 東京で3回見てまたこちらで見るかたは?
(かなり、手があがってました)凄いですね~俳優に聞くよりも詳しいかも知れません・・・

5回目も見る方は映画館でも見られますね~凄いですね~^O^

まずはイ・カンス役キム・ミンジュンさんです。(以下兄貴)
兄貴) アンニョンハセヨ~キム・ミンジュンミダ~
 古) かっこいいでしょ、同じ男ですからね、(会場 笑い)
    続きまして、イ・ヒョンス役のソ・ドヨンさんです(以下 王子)

キャ~の悲鳴と会場からのアンニョンハセヨ~の掛け声に
王子) ネ~アンニョンハセヨ~ソ・ドヨンミダ~
    お会い出来て嬉しいです。こんなに来てくださってありがとうございます。大阪には2~3年ぶりなんですけど
    皆さまの熱い情熱が伝わって、大変嬉しく思います。
以下プルンさん、監督と挨拶が続きました。

 古) 5回のトークショーすべて違う衣装だそうです。
(と言ってましたけど、東京の2と3は王子、同じ、衣装ででしたよね^^???)

映画における役どころ撮影でのエピソードを・・語る兄貴と王子でした。

 古) 在日韓国人の役柄で演じる面で難しかった点は?
王子) ヒョンスという役は在日韓国人という役でして、日本人でも韓国人でもなくて、そういった面ではアイデンティティ、どちらのアイデンティティを選択するのか難しい面もありました。
そういう生き方はどういう人生なのかという面でちょっと、悩んだりしました。
そういうことを知る為に身近にいる在日の方に直接的や間接的に感情や想いなどを知るように努力しました^O^
身近な方がいらっしゃったんですけども、記者の方や関係者の方々に僕の演技がとても、よかったと褒めて下さいまして、私も、それを聞いて、満足しましたし嬉しく思いました^^

その後、プルンさんと監督のお話が続き、・・・

 古) 演じるにあたって、ソウルオリンピックが88年でした、その前の87年、22年前の韓国人を演じるに当たって、その当時の韓国人の想いなどをどう表現しましたか?

兄貴) その当時の記憶に一番近いのが出演者の中では僕だと思います^^;
80年代というと、僕の子どもの頃ですが、今は個人主義向かってるような気がしますが、当時は、一人よりも、団体の為にという気持ちがありましたし、そして、「ウリ」という、僕達、私達、というみんなが良くなる意味のスローガンを街でよく見かけました、そういう意味ではすこし今と変わったなぁという気がします。

 古) ソ・ドヨンさんは?

王子) 僕が一番印象に残ってるのはその頃のアイスクリームやホットックが55ウォンだった印象があります・・・
冗談で言ったつもりなんですけど・・・笑ってください^^;(値段が安すぎたのでしょうか??よく判らない冗談??)

80年代特に後半といえば、僕はかなり、幼かったですけれど、88年のオリンピックへのみんなが幸せになろうそして団結して成功させよう、僕には一つになってになろうという意気込みを感じましたね、国民がひとつになってるんだなぁと感じていました。

この後は会場からの質問コーナーに・・・
質問1)在日の方からの質問でした・・ふるさとを知らないんです・・慶尚南道で素晴らしい所を教えて下さい。
 
古)  観光番組のような質問が出てきましたね~
(チョルラの詩は撮影地が全羅南道だった為、古家さんの方が面食らった質問だったようですが・・・でも、トヨン君、ミンジュン兄貴には馴染みの地ですよね^m^(ナイスな質問です^^v)

兄貴) そうだね~僕達が出ているドラマ「チング」は釜山の良いところが沢山でていますので、ドラマをご覧になっていただければ、名所も出ていますし、ソ・ドヨンさんと僕の姿もドラマを通して見ることが出来ます、ぜひ、見て下さい。

質問2) 詩についてご自身で詩を書かれますか?誰かに伝えたことは?

兄貴) 僕は自分で詩を読むのは好きですけど、書くのは・・センスがなくて、もし、僕が詩を書いてプロポーズしたら、絶対、失敗する><;と思います^^;ですから、今までは、あちら、こちらの有名な詩を盗作といいますか、もってきては、書いた覚えがあるのですけど、自分では、ちょっと書けませんね^^;

王子) 書くのはね~読みはしますけど・・書くのは、全然、無理です^^;
こう言った質問があるかと、準備しましたものがありますので、僕が高校時代、文学の時間に気に入った詩がありますので、それをちょっと、ご紹介します。
リュ・シファさんという韓国の詩人の方です。愛を囁く詩ですので、・・・^^

水の中には、水だけがあるのではない
空には、空だけがあるのではない
そして、僕の心の中には僕だけがいるのではない
僕の中で息をしている彼女
僕の中にいる彼女
水のように、空のように、僕の深いところで
僕の秘めた夢で出会うあの人
その人が隣にいても、僕はその人が懐かしい

(この詩の発表は、大いに盛り上がりました^^)

兄貴) 僕達は監督も気になりますね~心に秘めた詩があるのか?みんなで披露してはどうでしょう^^
僕から先に言ってもいいですか?ちょっと、楽しいウィットのある詩を紹介したいです・・・書いた人の名前は忘れましたが・・・

練炭をむやみに蹴るな
(横にいたトヨン王子があっははは~^O^と大爆笑・・@@)
君は一度は誰かにとって、熱いもの(人)だったのか・・・・終わりです
 古) これは、お二人(ソ・ドヨン王子、キム・プルンさん)もよくご存知の詩ですか?
兄貴) 映画で紹介された詩ですので、お二人ともよくご存知です

このあと、監督が高村光太郎の道程の詩をカミカミで・・ご紹介下さいました。
    この映画は道がある意味テーマでして、海に沈む道、ソウルと全羅道の道、韓国と日本への道ということをこの詩を思いながら、シナリオを書きました。
キム・プルンさんからも王子と同じユ・シアさんの詩が好きだと答えていました。

質問3) 監督は背が高いようでしけど、身長はお幾つでしょうか?トヨンさんとミンジュンさんとそう変わらない?
監督)  183cmです

質問4) トヨンさん、映画撮影時に同時にドラマを撮影されていましたよね、2つの役を演じ分けるその時感じたご苦労や上手く切り替えた工夫された点などは?

王子) 二人の役柄というのは、全く違ったキャラクターだったので役の切り替えについての苦労はなかったのですけど、撮影の場所が違っていたので、その移動が大変でした。かなり、苦労したという印象が残ってます。
ロケ地へ移動するのに車のカーナビを見たんですが、9時間掛かると出てカーナビが壊れてると思って、カーナビを叩いたりしたんですけど、でもそれは、本当に離れてる、遠い所だったということでねそういうエピソードもあります。
江原道から全羅南道までの飛行機の直行便がなくて、ソウルまで移動してそこから移動でしたので、飛行機と飛行場まで入れて、4時間くらいはかかったので、大変移動には苦労しました。
配役についての苦労は特になかったですね^O^

質問5)カンスが教会でプロポーズをされて、凄く感動しました。実際にプロポーズされる時は間接的にしますか?それとも、直球でしょうか?

王子) 僕は・・そうですね^^;相手の方が僕を愛してる、好きなんだなぁ~^^と確信、出来たら、僕が直接言うんです。そうじゃないと、もしも、上手くいかなかったら、すごく嫉妬するので
(嫉妬??、ショックなのでなので、ではないかと・・・思うのですが・・?通訳さん^^;)
まあ、それが確認できたら、自分からしたいタイプです。

 古) 横で、キム・ミンジュンさんがヒャ~と言っていましたよ^O^

兄貴) ソ・ドヨンさんのようなプロポーズの仕方をソウルスタイルと言うんですね、僕は慶尚南道の釜山の出身ですので、これこそ、運命的な出会いだ、・・、運命だと思ったら、迷わず、直球でプロポーズするタイプです、もちろん直接ポロポーズします。
 
 古) 非常に言い、コントラストですね、実際にそれを受ける、プルンさんはどうでしょう?

プル) 私も、慶尚南道の出身ですので、ミンジュンさんと同じ運命的なものを感じると思います。
なかなか、心を開くのは時間が掛かりますが、私もこの人だと思ったら自分からプロポーズします。

 古) ここから見てまして、ソ・ドヨンさんのお顔がどんどん赤くなっていったのがよく判ります
   ( 会場、大爆笑^o^)

王子)ネ~アニョ~チェガ~・・ハハハッ~(汗汗^^;)

    僕もねそんな、運命に逆らうようなそういう、行動は絶対に致しません。
運命だと感じるから、僕がプロポーズするのでありましてね・・^^;そういう、テクニックとかは考えていませんよ~
    (汗汗・・大汗^^;^^;)
僕も慶尚南道の出身なんですよ~! 
    (会場大爆笑^o^)
ハイ!アリガトウ、ゴザイマス(日本語で王子)
質問者より、お願い僕と結婚してくれないか?を言って下さい
兄貴) 慶尚南道のスタイルで言いますね^^    (ア~、ネ~アイル、ナ~ジュレ?)
僕の子どもを産んで、くれるか?
(会場はキャ~という歓声が^^ミンジュンファンの方、本望では^o^)
 古) これは・・来ましたね~ストレートでしたよ^^ 慶尚南道ではよく聞く光景らしいです、ソ・ドヨンさん、ソ・ドヨンさん、・・



王子) もうすでに、子どもまで、産んでくれと言ったのに、僕が何を言うんですか~^o^;
王子) 言えまちぇん^^;(王子日本語)
 古) せっかくですから、監督じゃ~日本スタイルで・・
監督) お断りします
ぜひ、というお願いに
監督) 僕はこういうことが出来ないので映画を作ってるので・・・勘弁して下さい
カンスのようにしたかったけど、出来なかった、希望を込めて、作りました^^;
 古) 俳優陣は納得しなかったようですが^^

質問6) 日本の監督とのコラボレーション作業はいかがでしたか?

王子) 最初はどのようにコミニュケーションを取っていこうかと心配しました、キャラクターを完成するまでの心配はありました。言葉は通じなくても、同じものを完成しようという目的がおなじですので、決して、言葉が通じるから心が通じるのではないということで、コミニュケーションを取る上では、上手くいったと思います。
表現するに当たっては常に目を見ながら、アイコンタクトでどのように表現したらいいか理解してるかを確かめ合いました。そうすることによって、感情がお互いに行きかいましたし、お互いに気持ちを伝え合うことで、気持ちが深まって来たと言えます。
もちろん、通訳が常にいましたが、後半になって、だんだん通訳なしで、会話じゃなくても、心が通じ合うので、通訳の人をほとんど、通さなくても、良くなりました^o^

 古) 15分以上伸びてしまいましたので、このあとは2部のほうでまた質問してくださいということで・・・
このあとは写真撮影と主題歌を歌ったレイさんのコンサートでした。

大阪1部の終了の挨拶は、
王子) この映画は苦労もありましたが、楽しく撮った映画ですぜひ、皆さん、楽しくご覧下さいまして、周囲の方々にもご紹介下さい。僕も、今後さらに上手くなった姿を努力する姿をお見せしたいと思いますので、期待して待っていて下さい。


以上・・第1部でした              チングB

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

ドヨン王子の読んでいる本「説得の心理学」のご紹介 -- by Camoさま

influence: The Psychology of Persuasion
51X2BtrNanL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
価格: ¥ 1,410

内容説明
Influence, the classic book on persuasion, explains the psychology of why people say "yes"—and how to apply these understandings. Dr. Robert Cialdini is the seminal expert in the rapidly expanding field of influence and persuasion. His thirty-five years of rigorous, evidence-based research along with a three-year program of study on what moves people to change behavior has resulted in this highly acclaimed book.

You'll learn the six universal principles, how to use them to become a skilled persuader—and how to defend yourself against them. Perfect for people in all walks of life, the principles of Influence will move you toward profound personal change and act as a driving force for your success.

人々が「はい」と言う理由の、および影響〈説得における古典的な本〉は、心理学を説明し、どのようにこれら 理解 を適用しますか。 ロバートチアルディーニ博士は、影響と説得の急速な拡大フィールドで独創的なエキスパートです。 人々を変化行動に移動させるものでの研究の3年プログラムとともに彼の35年の過酷で、証拠ベースの研究は、この高く賞賛された本を結果として生じました。

6つの一般的な原則を学び、どのように、熟練したpersuaderandになり、どのようにそれらから自身を防御するかために、それらを使用しますか。 すべての職業の人々に最適に、影響の原則は深い個人的な変化のために、あなたを感動させて、成功のための原動力として作動します。
(自動翻訳機で日本語にしました)

詳細はこちらです
http://www.amazon.co.jp/influence-Psychology-Persuasion-Business-Essentials/dp/006124189X/ref=cm_cr_pr_product_top
-----------------------------------------------------------
こちらは日本語訳でしょうか?

「説得」の心理学
人を動かす6つの原則

著者:ロバート・B・チャルディーニ アリゾナ州立大学リージェント教授(心理学担当)
価格(税込)\840サイズ A4
ページ数 11 ページ
発行年月 2002年 3月

商品の説明
説得の達人の技は、他人には伝えることができない。それは一種の芸術の域にあるからだ。しかしそうした技を持ち合わせていない人間でも、リーダーとして、あるいはマネジャーとして他人を説得する必要に迫られる場面は多いだろう。本稿では心理学の理論を用いた説得の基本原則を示し、実務に応用するための具体的ヒントを紹介する。

http://www.bookpark.ne.jp/cm/contentdetail.asp?review=off&content_id=DHBL-HB200203-008&refno=DHBL-&ftype=rcdt
----------------------------------------------------------
ロバート・チャルディーニ(Robert Cialdini)さんはこんなお方です
456px-RCialdini.jpg
1945年4月27日生まれ
アリゾナ州立大学で心理学の教授でしたが2009年5月退職
彼の書いた「説得の心理学」は、26の言語に翻訳され、
全世界で200万部のベストセラーになりました。

以上、wikipediaより一部抜粋してご紹介しました
http://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Cialdini

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

「チョルラの詩」舞台挨拶1~3回目 -- by Hirokonさま

1回目
Hirokonさま20100605 3-1

2回目 ピントが合っていませんが。
Hirokonさま20100605 3-2

3回目
Hirokonさま20100605 3-4

私もドヨン王子の優しい笑顔に癒されました
ありがとうございます、Hirokonさま

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード