2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Korea Entertainment Journal Vol. 68」ソ・ドヨンインタビュー&ファンミ記事掲載

Korea Entertainment Journal Vol. 68
51Uh-Mje58L__SS500_.jpg
出版社: Korea Ente; 月刊版 (2009/8/17)
発売日: 2009/8/17
価格: ¥ 780

詳細はこちらをご覧ください
http://www.kejnews.com/magazines/68?type=backnumber
-------------------------------------------------------------------
P37~39 ソ・ドヨンインタビュー記事3ページ掲載
KEJ68
春を過ぎ夏に進もうとする俳優
ソ・ドヨン
インタビュー&ファンミーティング


私たちがソ・ドヨンに対して知っていることはどれくらいだろうか。未だに彼を支配しているイメージは、ドラマ「春のワルツ」のユン・ジェハだけでしか無いのではなかろうか。温かくて透明感があり、一緒にいると穏やかな空気を絶え間なく共有できそうな男性。しかし、最近放送中のドラマ「チング~愛と友情の絆」(原題:「チング、俺たちの伝説」)の中のソ・ドヨンは、私たちが見て知っているものとは明らかに違う。スッキリと刈り上げたボウズ頭に約30年前のファッション、混乱した時代背景に置かれた若者の怒りにふるえる表情など……。ソ・ドヨンは今、どんな気持ちで移り変わる時代に立ち向かっているのだろうか。7月25日に1年ぶりに日本を訪れたソ・ドヨンに会って、彼の現在、そして未来を尋ねた。
Photo by Chang Dong-Yeop / Text by Koo Hye-Jin / Translation by Haruna Yui

チョン・ウソンさん主演の「ビート」以降、男性の話をこんなにかっこ良く描いた作品がまた生まれるとは思いませんでした

 時に、第一印象で人を判断するのは良くないこともある。温厚そうな外見の人を甘くみていたら却ってひどい目に遭わされたり、逆に荒々しい印象の人を避けていたら予期せぬ手助けをしてもらったり、といった経験をすることが少なからずある。第一印象の落とし穴、これはイメージが重要な俳優にとってはより一層大きく感じられる部分だ。彼もその1人だ。濃い二重が目の大きさをより際立たせていて、白くてキレイに整った歯が輝く爽やかな笑顔。印象だけを見ると明らかに、申し分ないくらいの良い人だ。多くの人に親しまれている「春のワルツ」ではこのソ・ドヨンが健在である。このドラマの中で彼は、ただ眺めているだけでも癒しを与えてくれる、母性本能をくすぐる男性。一緒にいたら空気の流れさえも手で掴めるような特別な時空間の中に導いてくれる人。そんな彼の雰囲気をユン・ソクホ監督はいち早く読み取った。以前、「冬のソナタ」「秋の童話」「夏の香り」などで主演を務めていたペ・ヨンジュンやソン・スンホンとは違って、完全に新人の彼を素早く主人公に抜擢したのは、ユン監督がソ・ドヨンにしかない「輝き」を読み取ったためだろう。映画で大成功を収めた「友へ チング」をTVドラマで再び描くことにしたクァク・キョンテク監督も、彼の輝きを読み取ることができた。ユン監督とは少々違った意味で……。

 「クァク監督と初めて顔を合わせた時の話なんですが、本格的な話を聞く前に一緒に簡単に食事をしたんですね。すると、急に監督が「一緒に(作品を)作ろう」と提案してきたんです。俳優に会ってすぐに(キャスティングを)決めたのは初めてだそうです。後で監督インタビューを通じて知ったことなんですが、私の目を見て「コイツとやるしかない」と思ったそうです」

 「友へ チング」に特別な想い入れがあった彼は、クァク監督の提案に悩む時間は必要なかった。いや、むしろ興奮するくらいのことだった。感受性豊かな10代の頃、ソ・ドヨンはこの映画のシーンを真似しながら友達との友情を確かめたりしていた。今振り返ってみても思い出しながら笑ってしまうというソ・ドヨン。個人の忘れられない思い出が、現在、俳優ソ・ドヨンが繰り広げる演技によって視聴者の胸の中に永遠に刻みこまれている。

 クァク監督は彼に熾烈な人生を送る人物サンテク役を任せた。激動の80年代を体当たりで立ち向かっていた大学生から、社会部の記者に成長するサンテクは苦悩する知識人の典型だ。80年代に生まれたソ・ドヨンは当時を経験できていないが、文献を参考にしたり、周囲の大人に聞いたりしながら、その雰囲気を感じ取ろうと努力した。非倫理が支配していた時代をそのまま理解するためには、理性ではなく感性で感じ取ることが何よりも重要だと考えたのだ。
 サンテクの比重は映画の時よりも拡大した。映画の中のサンテクが物語を展開する話者の立場あったとしたら、ドラマの中のサンテクは自らが事件の中心にいる。大学の学報社活動、運動権への加入、軍入隊、社会部記者としての入社など、全ての経験はドラマの背景と密接に絡み合っている。しかもソ・ドヨンの言葉を借りるならば、サンテクは「もっとも現実的な人物」だ。情熱、成就欲、友情、愛、仕事と愛の狭間の葛藤など、現代人も普遍的に感じている感情を表現しながら視聴者との情緒的な共感を極大化している。

 サンテクを通じて「男」に近付いたソ・ドヨン。爽やかな笑顔は意思の強い表情に代わっている。この作品は彼の俳優としてのターニングポイントだといえるだろう。ソ・ドヨンの全人生の中でのターニングポイントは、20代中盤に突然俳優になることを決めた時だ。両親の期待を裏切ることなく平坦な人生を生きてきた彼は除隊後、「一度きりの人生なんだから必ずやりたい仕事をやってから死のう」という人生観へと変化させながら、生物学を専攻していた学業を辞めてモデルとして芸能界に足を踏み入れた。その後は運よく、すぐに有名なプロデューサーに抜擢された。ソ・ドヨンは強い運に恵まれていたのかもしれない。誰もが掴みたくても掴めない機会を一度に掴み取ったのだから。しかし、この幸運を長期に渡り持続させていけるかどうかは、他でもないソ・ドヨン自身に掛かっている。彼が楽をして既存のソフトな男性のイメージを繰り返そうとしない理由もまさにこういった点を分かっていたからに違いない。
 「08年公開の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」でダニエル・デイ=ルイスが演じた役を演じてみたいですね。石油開発をしていた労働者がある日突然、大金持ちになって人間性を失っていく過程をダニエル・デイ=ルイスが微妙な部分まで奥深い演技で表現しているんです。僕もこんな繊細な表現が出来る俳優になりたいと思っています」

 短いインタビューの中でソ・ドヨンは何度も同じ言葉を繰り返していた。「ソフトな美青年のイメージを変えたい」と。もう少し彼の既存のソフトな姿を見たいと思っているファンには物足りなく感じるかもしれない。しかし、安堵してほしいのは「音楽が記憶を呼び起こすように、僕を振り返った時も全てが共有できる思い出として残ってくれればうれしいですね」と彼自身が語ったということだ。彼は刹那ではなく、長い間私たちの側にいるために今日も一生懸命汗を流しているということは事実なのだ。

記者会見&ファンミーティング記事は省略

P66 今月のプレゼント ソ・ドヨン直筆サイン色紙 5名様

スポンサーサイト

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

買ってきました!

文章がすごっくよかったですv-344
トヨン氏を形容して

ただ眺めているだけで癒しを与えてくれる、母性本能をくすぐる男性。一緒にいたら空気流れさえも手で掴めるような特別な時空間に導いてくれる人…

だって~~~~v-401その通りよ~~~~v-345

王子は今どんなオファーを検討してるのかなあ。
魅力を引き出して、なおかつヒットを飛ばしてくれる監督さんに当たりますようにv-421

私も本屋さんに行きました

行ってこの雑誌を見ました
確かに内容は素晴らしいことをいっぱい書いてくださっていて
うれしかったです

でも服装が・・・i-195i-195i-195
もう怒りさえこみ上げてきてしまい、あれこれ考え、悩んで
もう今日はエネルギーゼロ il|li _| ̄|○ il|li

確かに服は・・・

不思議v-388v-361なデザインの服でしたね・・・v-403
一体どんなデザイナーと提供関係を結んでいるんでしょうかv-361
トヨン氏には、韓国のデザイナーより欧米の服の方がいいように思うんですがv-361

まさか・・・v-404私服じゃないよねv-361

ほんとにね~

まだ暑いというのに秋物ということは、やっぱりスタイリストさんか何かが
用意した衣装でしょうね~v-388

王子は私服は、わりとシンプルな感じで、もっとセンスが良いと思うのですが・・・v-389

服装・・・

私もv-404でした・・・エウルのピンクのシャツも、今の髪型には似合わないような・・・v-390
見返り王子のときのように、シンプルなお洋服のほうが王子の透明な魅力が引き立つのに~~v-363

私が怒っている理由

このシャツに関しては私服ではないと断言します

ドヨン王子はインタビューの中で何度も今までのイメージを脱ぎ捨てて男らしいイメージになりたい、という意味の言葉を言っているにおかかわらず
なぜ白い襟の胸元で切り替えのある女性をイメージしたかのようなシャツを着ているのでしょうか?
チェハのような眺めのヘアスタイルならわかります
短いヘアにこのシャツは言語道断
掲載される写真が全身ではなくバストアップ写真なら、なおさらです

新しい事務所に移籍して、今後ドヨン王子はどんな俳優になっていくのか?
ご本人が言っているように男性的なイメージを売りにしたいのでしたら
服装、ヘアスタイル、発言内容全て統一して欲しいです
ドヨン王子を上手に売り出してください

いい写真が見たいのです
いい写真が掲載されれば盛り上がれるのにv-406

私も・・・

立ち読み組でしたv-390

スタイリストさんの用意してきたお洋服がイメージにあわないなら拒否って、私服で撮影できるくらいの誰もが認めるスターv-354さんに、いつの日か王子もなれる日がくるといいんだけど・・・

てんちょ~せめてもの救いは次ページではあの衣装が字の後ろだったことかなv-393
この表紙の方もこの表情でいいのか???
やっぱり雑誌はもっ韓かホッチリ!でしょう

ニャン吉さま~

おかえりなさ~い!

この表紙のお方は、事業を起こされたばかりで
こういうビジネスマンチックなお顔でもいいのかと・・・v-391

すでにビッグなお方はいいんです、この際

今、イメージチェンジしたばかりで大事な時だから
どんなインタビューもおろそかにして欲しくなかったのよね~

まだ引きずってますv-390

本屋に無い…

ううっ、店長さんを再起不能にするくらいのミスマッチダサさってどんなんや~、ってワクワク?しながら本屋に来たのに、なひ…
多分、スタイリストさんの手元にはロン毛の頃の資料しか無かったんでしょうね~。
絵に描いたよーな王子服を用意していったら、ありゃ、スポーツ刈りのお兄さんって感じ…だったのかにゃ?
目当ての雑誌が見当たらず、腐ってたら隣のコーナーに「オトメン」の花のような岡田くんのお顔が…
思わずそっちにフラフラ~。
い、いかんいかん
ぷるぷるぷるツルカメツルカメ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/1763-3f97f270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。