FC2ブログ

2019-12

イ・ハンウィさん 演劇「兄さんが帰ってきた」に出演

プハハハ イ・ハンウィ'兄さんが帰ってきた'
2010年02月10日(水)17:13ニューシス
nsNISX20100210_0004362851_0.jpg
【ソウル=ニューシス】イ・ジェフン記者= “‘兄さんが帰ってきた’という教訓も希望もないという点が魅力的だ。”演劇‘兄さんが帰ってきた’に出演するタレント イ・ハンウィ(49)は10日“まとまって希望を抱く家族はたくさん見てきたがこういうきな粉家族は初めて見る”として“むしろこういう家族の姿を通じて,家族が解体される社会に警鐘を鳴らすことができるだろう”と明らかにした。

‘兄さんが帰ってきた’という‘演劇列伝(熱戦)3’の三回目作品だ。 作家キム・ヨンハ(42)氏の2004年離散文学賞受賞作‘兄さんが帰ってきた’を脚色した作品だ。 十四才少女が眺めた紛らわしい家庭の話を入れるブラックコメディだ。

十六才の時家出した兄さん‘イ・ギョンシク’はガールフレンドを連れて4年ぶりに帰ってきて,お父さん‘イ・ボンジョ’を制圧,最も行ない(振舞い)をする。 家を出て行って,建設現場ハムバー家を運営したお母さん‘シム・スボン’も兄さんが帰ってきたという消息を聞いて家に入ってくる。 また集まったこれらはもう家族らしく暮らしてみようとしながら野心に充ちるようにピクニックを離れる。

イ・ハンウィはタレント イ・ムンシク(43),‘いつもおよそ泥棒の話’の演劇俳優キム遠海とともに無為徒食と酒酒精を日常行うアルコール中毒者お父さん‘イ・ボンジョ’をかわるがわる演技する。

イ・ハンウィは“‘兄さんが帰ってきた’に登場する家族は今までみた家族の中に最も下品な家族”としながら“こういう下品さをよく維持して観客にとってあのような形で生きてはいけないという警戒心を感じることができるようにさせる作品”と紹介した。

同じキャラクターを演技するイ・ムンシクに対しては“初めにはうれしかったが練習をすればするほど恐ろしい”として“違ったことはしなくてこの作品だけするのか日一新偶日神(靴)が真に何か悟るようにさせてくれる”と冗談を言った。 “同じキャラクターを演技するまた他の俳優キム遠海も同じこと,他の俳優たちの演技を見て,私の演技力も確かめ合うことができる機会”と感じた。

イ・ムンシクは“イ・ハンウィ先輩に多くのことを学んでいるけれどただ一つ私に長所があるならばからだが先輩より少なくとも柔軟だという点”と笑った。

イ・ムンシクはSBS TV ‘日チメ(2008)’,映画‘フライ ダディー’(2006)等を通して,多様な父性を演技してきた。 既に演技したお父さんキャラクターと違う点は“‘イ・ボンジョ’は笑わせたキャラクターだが,悲しみも抱かせる”として“気難しいけれどこれまたお父さんの自画像中ある姿であるようで他のお父さんキャラクターと似ているように感じられる”と説明した。

キム遠海は“立派な二つの先輩のようなキャラクターを演技できて,光栄”としながら“ただ,二つの先輩よりましなのはからだが柔軟だった点”と笑った。

家の実質的な仮装の兄さん‘イ・ギョンシク’ではミュージカル俳優イ・シンソン(30)とミン・ソンウクがキャスティングされた。 イ・シンソンは“兄さん‘イ・ギョンシク’は色々な姿を見せることができるという点で魅力的なキャラクター”と紹介した。 ミン・ソンウクは“原作をとても読んで作品に参加したくて個人的に脚色をしてみたりもしていた”として“‘イ・ギョンシク’は俳優ならば,一回ぐらいはうらやましがるほどのキャラクター”と明らかにした。

お母さん‘シム・スボン’は演劇‘ギョンスクが,ギョンスクお父さん’,‘タンポポ風なって’でイ・ハンウィと呼吸を合わせた演劇俳優ファン・ヨンヒ(40)が引き受けた。 十四才中学生娘‘イギョンでは’はリュ・ヘリンが延期(演技)する。 兄さん恋人‘哀訴’はタレント キム・タヨン(23)が引き受けた。 劇中多様な配役のマルチマンは演劇俳優禅宗南二(ナミ)担当する。

脚色と演出は‘鋼鉄王’,‘ラクィメンショ’等奇抜な想像力と機転が利く大使が引き立って見えた作品をお目見えしたコ・ソンウン(42)が引き受けた。 故演出は“つぶれた家族が劇の最後にピクニックと旅行を通じて似合って,また固くなることができそうな暗示を与えるだろう”と明らかにした。

演劇‘兄さんが帰ってきた’というサキソフォン,トランペット,トロンボーンなど8種類の楽器演奏に合わせて,登場人物らが踊る場面などが原作の冷笑的情緒と違う雰囲気を漂う。

故演出は“作品を解いていく方式は小説を読んだ時の感じた感情をそのまま溶かして出すこと”としながら“ブラス風の金冠楽器と踊りを挿入,小説の明るさを演劇的には生気溌剌に表現するだろう”と伝えた。

有名な原作小説のために負担を感じる事もある。 “この作品を演出した理由は小説を一気に読むことができた点のため”としながら“世の中には愛に対する話が必要だがその中の一つが家族で‘兄さんが帰ってきた’がその家族を喚起させてくれる作品だと考えた”と伝えた。

“小説が持った美学の文法をどのように舞台の言語に変換するのか悩みが多かったがその過程に入ったのがブラス風の非常に楽しい音楽”としながら“それによってハムバー家同じ写実的な要素の構造的な装置を持ってこなくても小説の浄水(整数)を見せることができることで感じた”と判断した。

マルチマンの口実に対しては“家族構成員だけでは劇を展開する糸口がオプソッタ”として“マルチマンが周辺人で状況を作って家族をより一層丈夫にさせてくれるだろう”と知らせた。

‘兄さんが帰ってきた’という3月6日から5月30日までソウル,大学路(テハンノ)トンスン アートセンター小劇場で見られる。 3万5000ウォン. 02-766-6007 realpaper7@newsis.com

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=432720&year=2010&Query
--------------------------------------------------------------------
親しいポーズ取るイ・ハンウィとイ・ムンシク
2010年02月10日(水)17:01ニューシス
nsNISI20100210_0002290558_0.jpg
【ソウル=ニューシス】パク・セヨン記者= 10日午後ソウル,鍾路区(チョンノグ)トンスン アートセンター小劇場で開かれた演劇'兄さんが帰ってきた'記者懇談会でパパ イ・ボンジョ役の俳優イ・ハンウィ(左側)とイ・ムンシクがポズル取っている。

演劇列伝(熱戦)3の3番目作品の'兄さんが帰ってきた'というキム・ヨンハ作家の同名原作小説を土台にコ・ソンウン演出が脚色と演出を引き受けて,期待を集める作品だ。

14才少女を話者で酒ヨッパライに告発を日常行うパパとパパの暴力に家を出て行って同居の女とともに4年ぶりに帰ってきた兄さん,パパと別れてハムバー家で仕事をしているママが家族でとんでもなくて奇抜な家族キャラクターと瞬発力あるユーモアを通じて,現代家族の崩れた位階秩序で,経済力にともなう権力構造の変化を見せて家族の真の意味を考えるようにさせる作品で3月6日から5月23日までトンスン アートセンター小劇場で舞台に上がる。

psy5179@newsis.com

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=432509&year=2010&Query

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3597-28a29de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード