FC2ブログ

2019-08

「春のワルツ」放送中の記事 その1

「春のワルツ」放送時当時の記事を掘り起こしてみました
どうぞご覧ください。
--------------------------------------------------------------------
初放送前にして'春のワルツ',第2の‘冬のソナタ’なるだろうか?
2006-03-06 14:43
20070816153931.jpg
KBS新しい月火ドラマ'春のワルツ'が6日初放送を控えて不慣れではない秀麗な映像美と新鮮な顔で話題になって第2の‘冬のソナタ’のような爆発的な人気行進を成し遂げられるか期待を集めている。

まさに国内と海外で最高のヒットを追い立てた‘冬のソナタ‘ユン・ソクホPDの季節連作シリーズの最後の方であること. ‘春のワルツ’は演出者の独特の視覚的な映像美とともに美しいラブ ストーリーですでに他の季節シリーズと似た点が多くて,全編ら以上の成功が期待されている。

まず演出を引き受けたユン・ソクホPDの長い間の感覚的な演出力で情感街は映像美と撮影技法をプレゼントする予定. 劇中キャラクターに合うように特別に計算された色感が入った映像美であたかも美術効果が優れた映画を見るようにして,視聴者たちの注目をひきつけるという戦略だ。

またハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,イ・ソヨン,ダニエル・ヘニーなど2006年最高の有望株らを前に出して‘春’ぐらいさわやかでさわやかな感じを伝えるという覚悟.

合わせて国内だけでなく海外でも‘春のワルツ’に高い関心を見せていて海外でも‘冬のソナタ’以上の人気を得て放映される可能性が高い状態. 先週にあった試写会席に海外主要言論らが参加して,もう一つの韓流ドラマ誕生を予告することもした。

人間の最も本能的な感情の愛という(のは)主題で作った美しい話'春のワルツ'は暖かい春光日差しを含んで視聴者たちのテレビ劇場を溶かしてくれる予定で,もう一度‘冬のソナタ’の光栄を再現やり遂げるのか大きい期待をかけてみる。

写真出処:KBS
イ・ジョンア記者/master@reviewstar.net

記事元 http://web.reviewstar.net/web_200806/view.php?code=1010&id=10397
-------------------------------------------------------------------
“韓流ねらった作品だ”
□文キム・ミンジュ 2006-03-07 09:00:00

ユン・ソクホPDがいよいよ季節シリーズの最後の完結編を持ち出した。 秋の童話(2000),冬のソナタ(2002),夏の香り(2003)以後に約3年ぶりに‘春のワルツ’という新作をお目見えしたこと。 これでユンPDが7年余りの間を受け継いできた季節連作を完結することになった。 去る28日龍山(ヨンサン)CGVでは‘春のワルツ’試写会兼記者懇談会が開かれたし,ドラマの1回分が記者らに公開された。 序盤部をオーストリア ロケーションで撮影したドラマの映像は“やはりユン・ソクホPD”という賛辞を連発するようにする程美しかった。 すでに前作らを通じてユンPDが自然の美しさを映像に表わすことに有名なのは知っていたが,赤色と抄録,年頭,白色が自然に交わった同化(動画,童話)のように美しい映像は観客らの目(雪)をひきつけてあまりあることだった。

ユンPDは記者懇談会を通じて“多くの方々の期待が有難いけれども負担も大きい”としながら“今回の作品は季節シリーズの最後であるから色々な面で神経をさらに使って意欲を持って欲張った作品で本当に上手であるべきだとの考えだけだった”と所感を明らかにした。 引き続き彼は今回の作品を通じて,季節連作らが見せた“自然を背景にした純粋な愛物語トンを継続して,前作らと他の味を出そうと思った”と強調した。 すなわち,前作らでは幼い時期の美しい愛に集中したが,今回の作品では‘人間的な容赦と和解’を幅広く扱うということ。 春のワルツの特徴の中の一つは主演俳優らが皆新人という漸移だ。 今回のドラマはソ・ドヨン,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなど延期(煙,演技)経験が殆どない新人らをキャスティングして,周囲に心配もたくさん及ぼした。 だがドラマ1回の方が公開された以後憂慮はまもなく期待に変わった。 主演俳優たちの演技は期待以上の荒っぽさと新鮮さを与えたし,ここに‘ユン・ソクホ票(表)’美しい映像が結集して,ドラマの真価があらわれていたためだ。

ユンPDやはり新人らの演技に満足感を表わしていた。 過去ペ・ヨンジュン,チェ・ジウなどを韓流スターで作っておいたようにまた一人のスター誕生を期待してもかまわないようだ。 ユンPDは今回の作品を作って,率直に“韓流をさらに意識した”とびっくり告白をすることもした。 彼は“海外では‘大長今(テジャングム)’でも‘冬のソナタ’のようにやわらかいドラマが通じる”としながら春のワルツも明るくて元気でやわらかいイメージになることだと示唆した。 “今回の作品を通じて,季節連作の有終の美を飾る”というユンPDが来る6日KBS 2TVを通じて,視聴者たちに初めて初お目見えすることになる‘春のワルツ’を通じて,もう一度韓流熱風の先鋒に立てるか注目される。

http://www.ilyoseoul.co.kr/index2.php?idx=60753
------------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’,視聴者好評‘2%不足した視聴率!
2006-03-07 09:26
20070816154005.jpg
ユン・ソクホ監督の四季連作シリーズ中最後の作品の‘春のワルツ’が去る6日全国視聴率10.9%(TNSメディア調査)で初めてのスタートを切った。

春のワルツは美しい映像美とユン・ソクホ監督だけの派手な撮影技法で放送前から国内と多くの海外言論の関心を集中させてきたし,視聴者たちの期待もまた途方もなかった。

6日初放送された後視聴者掲示板にはこのように視聴者たちの熱い関心を証明でもするように,ばく大な量の市庁(視聴)所感が上がってきているも。

視聴者たちは“映像がとても美しかったです。 あたかも外国紀行をするような...”,“大当たりの兆しが見えます。 胸ドキドキして見たそうです。”として秀麗な映像と胸震える愛の表現に好評を見せている。

ソ・ドヨン-ハン・ヒョジュ-ダニエル・ヘニー-イ・ソヨン主演の‘春のワルツ’. 韓流熱風を追い立てたドラマ冬のソナタと秋の童話,そして夏香りに続きまた一方の美しい愛物語が視聴者たちの胸を見ることの香りで染まるようにするのか今後の成り行きが注目される。

写真出処:KBS
ソ・ミンギ記者/master@reviewstar.net

http://web.reviewstar.net/web_200806/view.php?code=1010&id=10418
---------------------------------------------------------------------
'春のワルツ'初放送視聴率期待以下
'薯童謠(ソドンヨ)'に押されて,10.9%記録…映像・演技は比較的過分な点数

ユン・ソクホPDの季節連作シリーズ完結版で放送前から大きい話題を集めているKBS 2TV '春のワルツ'(脚本キム・ジヨン・ファン・ダウン)が6日初回放送で視聴率10.9%(TNSメディアコリア)を記録した。

同時間帯競争ドラマSBS '薯童謠(ソドンヨ)'(25.2%)の人気に押されたために(風に)期待ぐらいの高い数値を記録できないわけ。 '春のワルツ'はまた他の視聴率調査会社のAGBニールセンメディアリサーチの集計では一桁数視聴率の8.7%に終わった。

だが美しい映像などに対しては概して好評が続いた。 ドラマ ホームページにソン・ジョンア氏は"叙情的だ。 素敵な映画一本を見たようだ"という文を残したし,ナ・ヘジン氏は"目と耳が楽しい。 季節シリーズの中で最も新鮮で洗練された"と所感を明らかにした。

前作とは違って新人ら中心に主要出演陣を構成したことに対しても比較的高い点数を受けた。 演技力論議がふくらむよりはハン・ヒョジュの溌刺とした演技とソ・ドヨンの目つき演技などが良い評価を受けた。

20部作'春のワルツ'は幼い時痛い傷を抱いて別れた男女が成人になって会って,愛を構成していく内容を含んでいる。

(ソウル=聯合ニュース)キム・ヨンヒョン記者
入力時間:2006-03-07 11:36

http://sports.hankooki.com/lpage/entv/200603/sp2006030711363458390.htm
--------------------------------------------------------------------
[チャンネル選択]パーティーでまた会ったジェハ・ウンギョン
春のワルツ(KBS2午後9時55分)
nopredict200603140820560.jpg
演奏会を終えたジェハ(ソ・ドヨン)は汽車で会ったウンギョン(ハン・ヒョジュ)を待つ。 だがウンギョンは汽車とは他のジェハの姿に失望したまま演奏会場を離れようとする。

フィリップ(ダニエル・ヘニー)はそのようなウンギョンを連れてパーティ会場に行く。 ジェハ,ウンギョン,フィリップ,でも(イ・ソヨン)四人はいよいよ一つの席に集まることになる。

入力時間:2006-03-14 08:23

http://sports.hankooki.com/lpage/entv/200603/sp2006031408240458390.htm
--------------------------------------------------------------------
主人公より一歩先に先んじる‘ダニエル・ヘニー’
[株ネット|株ネット2006-03-15 15:27:57]

メロードラマで三角関係は必須条件です。
1人の女性を間に置いて2人の男が競争を行う構図はドラマ成功要素であること.

しかしドラマには必ず男女主人公がいるものだ。
だからドラマ製作前から主人公でキャスティングされた男ヨン瓦と女演技者らの愛で終わりにする結果はすでに決まっています。

だが男主人公と最後まで競争を繰り広げることになるまた1人の'主演級男演技者'も主人公劣らない呼応を引き出して,主客が転倒される様相が時々発生したりもするのに,最近主人公らの子役時代をすぎて,成人らの話に入り込んだKBS 2TV '春のワルツ'も'主演級'演技者のダニエル・ヘニーが主人公より一歩先に先んじる様相を見せています。

14日放送された'春のワルツ'でダニエル・ヘニーは劇中ジェハ(ソ・ドヨンの方)の冷たい話に逃げるようにパーティ会場を抜け出して足を怪我したウンギョン(ハン・ヒョジュの方)を童話の中王子様のようにタガワ助けをあたえる姿で数多くの女性視聴者らの心を揺さぶりました。

実際撮影現場でもジェントルあるマナーと定評があったダニエル・ヘニーは普段と違わない演技で完全に消化,ユン・ソクホPDが作り出した絵のような背景らと交わったダニエル・ヘニーの姿は童話の中で飛び出した王子様の姿そのままであったこと.

放送直後視聴者たちは"素晴らしい"としてダニエル・ヘニーを称賛して出たが,あられで'オペラ座の怪人'仮面を作って,ウンギョンを慰める場面,ウンギョンと共にバスケットボールをしながら愉快なデートをする場面などこれから王子様同じ,またはのっぽおじさんのようなダニエル・ヘニーの姿が継続される予定だとジェントルあるマナーで重武装(?)あるダニエル・ヘニーの上昇の勢いはずっと続くと見られます。

まだ劇が序盤だと速断することは早いが,劇が終盤でチダッを収録愛を間に置いた'男主人公'のソ・ドヨンと'主演級演技者'のダニエル・ヘニーの競争は激しいと展望されます。

http://www.fnn.co.kr/content.asp?aid=fc92c4b43d6a04c6014344a811e3ae5c
---------------------------------------------------------------------
ユン・ソクホ季節シリーズの最後,<春のワルツ>
文:キム・ミヨン| 2006.03.16
M0020082_springwalts_still8[W235]
見るには良かったが内容はそうだな? ユン・ソクホPDの季節連作完結編の<春のワルツ> 1,2回分に対する視聴者たちの反応だ。 ‘春の感じが良いです’,‘映画を見るようにおもしろい’,‘<秋の童話>から内容に発展がない’,‘退屈だ’等概して映像美は良いが内容と人物関係が前作らと似るというのが大半の意見だ。 <春のワルツ>はアジア各国の高い関心の中にすでにフリーセール(予約注文)を通じて,日本,台湾をはじめとする8ヶ国と販売系薬を終えた。 2004年から企画して,台本構想,俳優オーディション,春のイメージを入れることができる場所物色に力を注いで,ドラマ全体分量の4分の1は事前製作した。 ドラマは幼い時期傷を持ったピアニスト ジェハ(ソ・ドヨン),彼のマネジャーフィリップ(ダニエル・ヘニー),ジェハの幼い時期の友人でレコード企画会社職員のや(イ・ソヨン),やはり幼い時ジェハの友人でオーストリアに旅行来たウンギョン(ハン・ヒョジュ)がかすかな幼年時期の記憶を大事に保管したまま再会して構成していくエピソードを扱う。 <秋の童話> <冬のソナタ> <夏の香り>に続き<春のワルツ>ト・チャヨンと交わった純粋で美しい愛を見せる予定だ。 ユンPDは今回の作品が前作と違う点で“愛にだけ留まらないで幼い時期に被った傷と孤独さを主人公らが互いに抱きしめて,治癒するヒューマニズムで発展させる”と説明した。 美しい映像のために映画用HDソニーF-900カメラとドイツ製HD特殊レンズを使って,海外ロケーションでエキゾチックな風景を入れたという点も以前と違う。 ユンPDは<春のワルツ>で8年の季節連作大長征を終わらせて,20年放送演出の有終の美を飾る予定だ。 前作と似たキャラクターと関係設定を持ってきたとしても彼が腹違い兄弟,心臓移植,死のような作為的な素材を使って前作らに帰る‘トドリピョドラマ’で有終の美を飾らないことを望むのは私だけでないだろう。

文:キム・ミヨン

http://www.cine21.com/Article/article_view.php?mm=003001001&article_id=37213
---------------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’ソ・ドヨン,撮影中ガラス窓破ってしまって!
2006-03-22 14:15
20060322.jpg
KBS 2TV ‘春のワルツ’で冷静で理性的なピアニスト ユン・ジェハで熱演中であるソ・ドヨンが通常でない姿を見せた。 撮影現場でげんこつで‘フェア(ペア)グラス’ガラス窓を破ってしまったこと。

幼い時期つらい記憶を大事に保管したまま養子縁組された後前途有望なピアニストに成長したユンジェ荷役に真っ最中没頭しているソ・ドヨンは普段撮影現場で物静かで真剣な姿を見せてきた。 そのような彼がガラス窓を破ってしまうことになった理由はこのようだ。

去る2月28日ソウルのあるホテル,一人でピアノを練習したジェハが幼い時期守護の記憶と現在ジェハの記憶の間で混乱を感じて感情が高ぶったあげくガラス窓をげんこつで打つことがこの日の撮影場面.

感情没入が必要な場面だとすべての撮影チームが静まったままソ・ドヨンを注目しているなかで真っ最中リハーサルを進行したソ・ドヨンが保身を図らない写実的な演技をして思わずホテルのガラス窓を破ってしまったこと。 突然起きた予想できない事故に撮影会場はしばらく騒々しくなったが幸い大きい事故に連結することはなかった。

あまりにもリアルだったこの場面をそこまでカメラに入れることが出来ないユン・ソクホPDがこの上なく惜しんだりもしたが続いたみた撮影でもソ・ドヨンは立派な演技をして,自身が犯した事故(?)を宥和させた。

放送3週差までストーリー展開のための硬い礎石手なずけを終えた‘春のワルツ’はこれから各人物らの間の驚くべき秘密と葛藤がある外皮にやっとむけて,視聴者たちをブラウン管これから呼んで集める予定だ。

写真出処:KBS
イ・ジョンア記者/master@reviewstar.net

http://web.reviewstar.net/web_200806/view.php?code=1010&id=10843
-----------------------------------------------------------------------
ダニエル・ヘニー,シャワー後姿にファンたち‘ほかほか!’
2006-03-28 19:03
20070816155654.jpg
ダニエル・ヘニーがドラマの中でお目見えしたシャワー場面がファンたちの胸をときめかせている。

季節シリーズの完結編KBS '春のワルツ‘エソ’フィリップ‘逆に出演中であるダニエル・ヘニーが劇中シャワーを終えた後特有のやわらかい微笑を浮かべるとみられてファンたちの関心をひきつけていること。

インターネット ポータルサイト次のテレビゾーンにシャワー場面をキャプチャーした写真が公開されるや多くのネチズンらは‘とてもセクシーだ’,‘顔もハンサムだったが筋肉質にすらっとしているスタイルまで..’等の評を残して熱い反応を見せている。 合わせて‘私ならダニエル・ヘニーを選択するだろう’,‘ウンギョンがフィリップとうまくいったら良いだろう’等劇中ハン・ヒョジュ(ウンギョン役)を置いてソ・ドヨン(ジェハ役)と三角関係を形成したダニエル・ヘニーに応援のメッセージを送ることも。

一方,ドラマ‘春のワルツ’はソ・ドヨンとハン・ヒョジュそしてダニエル・ヘニーの本格的な三角構図形成で視聴者たちを緊張させている。 ここにイ・ソヨンまで加勢して,これからいかなる展開が進行されるのかまたハン・ヒョジュが誰を選択するのかどうかに大きい関心が集まっている状況だ。

ユン・ソクホ監督特有の派手な映像美とともに本格的な展開で劇の面白みを増しているKBS '春のワルツ‘行って,今後も硬いストーリーで視聴者たちの視線をひきつけるのを期待してみる。
コ・ホンジュ記者/ master@reviewstar.net

http://web.reviewstar.net/web_200806/view.php?code=1010&id=11052
---------------------------------------------------------------------
[放送の再構成] <春のワルツ>隠してきた深い傷と向き合って
2006-03-29 11:15:56
200603291115562101_1.jpg
[OSEN=チョン・トクヒョン大衆文化評論家]ひとりの心の中にはいったい如何に多い傷とその亜門跡らがあるのか。 今笑っているあの顔の後には如何に多い痛みらが隠れているだろうか。 傷らによって作られた私の顔はまた如何に多いのか。

'春のワルツ'は今まで見せたトレンディーな登場人物らが事実はそのように単純な人物らが違えということを少しずつ表わしている。 かくほどますますコジョマンガは紙切れのようにこの治癒がまったく不可能に見える傷らはユン・ジェハ,パク・ウンギョン,フィリップ,房私はもちろんでその周辺人物ら,ユンジェ下衣お母さんとお父さん,パク・ウンギョンのお母さんとフィリップのお母さんにまで広がっている。

もう傷らは少しずつからだをくすぐって春を予告している。 だが登場人物らが春のワルツを踊る前に先にしなければならないことがある。 心の中深々とあまりにも深く隠して,あたかも当初からなかったと信じていた過去の傷,その傷と向き合うことだ。

▲ユン・ジェハ,私は誰か.
ユン・ジェハが持った傷はあたかも人間存在深々と内在した原罪意識に近い。 ユン・ジェハは本来イ・スホであった。 ところでそのイ・スホのお父さんは彼の人生はもちろんで彼が愛するパク・ウンギョンの人生まで根こそぎ選んでしまった。 イ・スホはその深い罪の共謀者という原罪意識と共に,それが自身が愛する女だったということで自らを容赦できなくなる。 彼はパク・ウンギョンを生かすために自身を殺すところを選択する。 彼はイ・スホを殺してユン・ジェハに生まれた。

ユン・ジェハはピアノに似てしまった。 もしかしたら彼がピアノをたたいて育ってきたその歳月はイ・スホの跡を消してユン・ジェハという新しい人物を自身の中に博雅入れる痛みの歳月だった。 そして20年が流れた。 ところで自身が自ら殺したと考えたイ・スホが目覚める。 彼の目の前にパク・ウンギョンのシルエットがしきりにちらつくことだ。 彼がまた対面することになった傷で彼はためらう。 パク・ウンギョンを愛するが彼女に消されることはできない傷つけたイ・スホに帰るか,でなければその傷を覆って自身をユン・ジェハと信じて愛するソングかを受け入れるか。

しきりに鏡の前やガラス窓の前で自身の顔を眺める時の弱々しさ,ピアノ鍵盤の上からでなく時折空をたたく彼の指の絶望感,あたかもどんな話も取り出すことができないというようにぎゅっと口をつぐんだ唇,首を横に振ったり部屋を飛び出す時の寂しい肩... それらは皆彼のの中でうごめいていているイ・スホの影を見られないための偽装術だ。 パク・ウンギョンが過去のパク・ウンギョンとあらわれるその地点がユン・ジェハの中のイ・スホが目覚める日だ。 それが春のワルツが始まる地点だ。

▲パク・ウンギョンとフィリップ,その対策ない微笑の後の痛い。
まったく耐えることはできない深い傷はむしろ顔に幸福の仮面をかぶせるのか。 こらえにくい衝撃的な事件を体験した人々. それにもかかわらず明るくてできなくてきれいさすら感じた対策なしで溌刺として明るい現在の顔をした彼らをどのように理解することができるだろうか。

'孤独でも悲しくても私は泣かない'キャンディと,りりしさの代名詞キム・サムスンのキャラクターが半分ぐらい混ざったパク・ウンギョンの顔はそのためか笑う瞬間,ため息を吐く瞬間にチョリタン美しさを見せてくれる。 自身が愛したイ・スホのお父さんによって死ぬことになった自身のお母さん,そして自身の病気のために自らの存在をあきらめなければならなかった彼女が愛したイ・スホ,それでもまた現れたイ・スホのお父さんの悪知恵に移って体験することになる(彼女はある旅館に捨てられたのだ。 あるいは売れたり。) 消すことはできない傷... ユン・ジェハが彼女の前にまた現れることによってその埋めておいた傷らがまた浮び上がる。 あの人里離れた島で幸せに生きていった少女はもう見慣れないソウルまであまりにも遠くくることになった。 彼女は自身の過去とどのように和解するだろうか。

彼女のそばに強力な幻想,幸福へのモルヒネが位置していると彼がまさにフィリップだ。 この愉快な友人はドラマ全体の重さを一瞬飛ばしてしまう程軽い。 だがあのミラン クンデラが話したように'こらえることはできない存在の軽さ'はそれ自体で重さを内包する。 彼の過去は徹底的に遮られているが彼がウンギョン謀議(模擬)墓場で自身のお母さんも亡くなったという話をする時,その闇がすぐにあらわれる。 あえて混血の痛み云々しなくてもその快活な笑いが幼い時期のどんな想像しにくい痛みを予告するようにする。

彼は過去よりは現在と未来を見ようとする。 そのような彼がウンギョンを愛する。 ユン・ジェハ(過去)とフィリップ(現在と未来)の間でウンギョンは葛藤する。 痛いが真の愛の過去に行くのか,幻想かも知れないが美しくて幸せな(の)ほど現在と未来に行くだろうか。 空に足が1センチ程度浮いているようなフィリップとウンギョンの出会い,愛のドラマはそれで愉快ながらもかすかな余韻を残すことだ。

▲房出てきてヒョン・ジスク,自分期だけが呼び起こす痛い。
ある日愛した人が離れた時,それを認めないといってその愛する人が帰ってくるだろうか。 房出てきてヒョン・ジスクが捉えている過去一こまの思い出はそれで残念だ。 その二つは同じように過去のユン・ジェハ(死んだ実際ユン・ジェハ)の魂をつかんで放さない。 しかし果たして彼らは知らずにいるのか。 房私はまたオーストリアでユン・ジェハに会った時からそれを知っていたかもしれない。 "君どこか違って見せて。 だがそれがより良くて"と話す房や中には自身が懐かしがった彼ではないが,彼を今目の前のユン・ジェハと縛っておこうとする強力な希望が位置している。

房出て行ってそうするならユンジェ下衣お母さんのヒョン・ジスクはさぞかし大変だろうか。 20年の歳月を生きながら彼女の幻想は果たして一度もこわれなかったのだろうか。 彼は本当に今のユン・ジェハを死亡者神の息子と考えているだろうか。

房出てきてヒョン・ジスクがつかんでいるユンジェ下衣魂はしかしパク・ウンギョンが現れることによって少しずつ危機を迎えている。 彼らは絶望的にユンジェ下衣魂にぶらさがるがそれは事実限りない自分欺瞞だけのことだ。 '私は誰か'というユンジェ下衣存在論的悩みの終わりは彼らに限りない絶望になりうる。 ユン・ジェハがユン・ジェハをあきらめてイ・スホになる瞬間,彼らがとらえて生きてきた20年余りの歳月は無化されてしまうことだ。 すべてユン・ジェハで満たしてきたその毎日らの中で彼が抜け出た後,残ることになる大きな空白を彼らは耐えることができないだろう。 それで彼らのぶらさがることはすさまじいほどだ。

▲痛みと治癒の変奏曲.
ピアノは自身をたたくことによって美しい声を出す。 私たち皆が生きていって体験する痛みはそれで美しさで近づくかもしれない。 ピアノ曲で流れる'クルレメンタイン'が痛いながらも,昇華と治癒で変奏されるように,'春のワルツ'は人物らがあたって作り出す美しい声らの変奏曲だ。 小さくて細い魂らが出す小さいけれど輝くその声らを聞いてみよう。 ひょっとして私たち人生の中で隠してきた私たちの傷らにそこで会うかも知れないから。

mansuri@osen.co.kr<写真> '春のワルツ'男女主人公のハン・ヒョジュとソ・ドヨン.

出処:ディッシュニュース
記事リンク:http://www.dcnews.in/news_list.php?code=entertainment&id=73810
--------------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’美しい背景ら! ‘話題満開’
2006-03-31 13:47
20070816155945.jpg
KBS月火ドラマ‘春のワルツ’が回を繰り返すほど増す美しい映像美で視聴者たちの大きい呼応を得ている。

最近ハート形の海で大きい話題を追い立てたことがある‘春のワルツ’はジェハ(ソ・ドヨン)とウンギョン(ハン・ヒョジュ)の幼い時期思い出が含んでいる所の郷土的ながらも美しい夕焼け,そして数多くの花で視聴者たちを視線をひきつけた。

合わせてエキゾチックなオーストリアを背景に俳優らの美しい姿がよく似合って,一方のミュージックビデオを見るような魅力をプレゼントする。

秋の童話,冬のソナタ,夏の香りに続くユン・ソクホ監督の季節シリーズ完結編で‘春のワルツ’は製作前から美しい映像美に対する期待で関心を集中させたし,放送以後,視聴者たちは美しい映像美に対する好評で視聴者掲示板を熱い雰囲気にしている状況.

このようにその間‘春のワルツ’で放送された数多くの背景らはインターネット ポータルサイト ダウム テレビゾーン掲示板にまた一度上がって話題をさらっていることも。

ソ・ドヨン-ハン・ヒョジュ-ダニエル・ヘニーなど俳優らの好演と派手な映像美で人気を増している‘春のワルツ’. ‘春のワルツ’中光る映像美は今後も視聴者たちに爆発的な反応と共にその美しさを増すと予想される。

ソ・ミンギ記者/master@reviewstar.net

http://web.reviewstar.net/web_200806/view.php?code=1010&id=11160
----------------------------------------------------------------------
月火ドラマは'感性意志年齢'装飾
nopredict200604010728070.jpg
水木ドラマの男主人公がごろつき一色ならば,月火ドラマは感性的な職業の男らが飾る。
KBS 2TV ‘春のワルツ’のソ・ドヨンはピアニスト,MBC ‘君はどの星からきたの’のキム・レウォンは映画監督,SBS ‘恋愛時代’のカム・ウソンは北マスターで登場する。 数・木曜日夜を飾るごろつきらと品位を別にする職業を持ったわけだ。

これらカムソンパ男らは格別な職業ぐらい通常でない性格を持っている。 火のように怒るが一瞬に冷たく沈んで(ソ・ドヨン),気難しい一方で感情の起伏が激しくて(キム・レウォン),自己愛でみな固く団結して,自尊心が強い(カム・ウソン)等行き過ぎた感水性の所有者らだ。 感性的な職業に感情が豊富な男主人公のおかげで作品のキャラクター感想面白味もまた豊かになる。

これらドラマ主人公の職業が感性的な理由は女主人公とメローラインをより一層引き立って見えるようにする要素であるためだ。 ドラマで二人の主人公らの出会いと愛,短い離別,再会などがより一層劇的に表現されることができる。

女性視聴者たちは素敵な男性らが競争的に吐き出す感性に魅了されて,毎週月・火曜日夜チャンネルをどこに固定させるのか楽しい苦悶に陥るほかはない現実だ。

イ・ヒョンア記者lalala@sportshankook.co.kr
入力時間:2006-04-01 07:31

http://sports.hankooki.com/lpage/entv/200604/sp2006040107313458390.htm

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

練りに練られているんですねぇ~

痛みと治癒の変奏曲  ってうまいわ~

ところでチェハとウニョンのあの家の壁は黄色ではなかったですか?
(ユン・ソクホさんはきっとゴッホ好き 、まぁ~誰でもか)と思ってた

この間読んだ記事に、
ゲーテ曰く、黄色は愛と希望をもたらす色彩 って書いてありました。

BS-TBS

昨日で「冬のソナタ」終了しましたが、「夏の香り」放送中。季節はもうすぐv-252v-252だし、そろそろ「春のワルツ」登場かと密かに期待しておりますけどv-391

  地上波では4月から、ゴールデンタイムに「アイリス」、「美しき日々」現在放送中、来週から「オールイン」とビoOさま信奉者、TOOにいらっしゃるのかしらv-361v-403

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3701-0e7d307a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード