FC2ブログ

2019-12

チングの輪キャンペーン企画 第1回「ソ・ドヨンの魅力について」

FunPhotoBox_031010sscoei.jpg

「チング~愛と友情の絆~」に出演中のソ・ドヨンさんの魅力について
私のブログはファンみんなと一緒に仲良くソ・ドヨンさんを応援するブログですので
私だけの応援文ではなく、みなさまの応援文を掲載することにしました!

ドヨン王子応援文の機構に参加してくれたみなさまは・・・
qooさま、Hirokonさま、青空さま、Pansyさま、おまっちゃさま、ニャン吉さま、春頭さま、ちょうちょ♪さま、プクプクさま、依依さま、Camoさま、kimsugさま、まちるさま、チングBさま、そして私Riebomの15名です。

それではどうぞご覧ください。
---------------------------------------------------------------------------
サンテク・ドヨンに1票!(投票か!)・・・qoo

任侠もの…
痛いよ~~!怖いよ~~!お前も悪よの~~!
の、三拍子!だから苦手!
売られた喧嘩は、お金払って買って逃げればいいじゃ~~ん!
目には目医者さん!歯には歯医者さんでいいじゃ~~ん!
現場に血が流れる?!会議室で話し合えばいいじゃ~~ん!

そんな私がなぜ「チング」を?
だって~~、ソ・ドヨン王子が出てるから!!!!
そんな下心みえみえの視聴から、ドラマの音楽やストーリーにググっと引き込まれ、
いつしかヒョンビン・ドンスに同情が!誰かドンスに愛をあげてくださ~い
彼氏にするなら哀愁ただようドンスかな~!
お兄ちゃんだったらうれしいのは、頼れるジュンソク?
でも~、結婚するなら、やさしく見守ってくれる紳士なサンテク!
やっぱソ・ドヨンだよね~~~!
きらきらの瞳、うるうるの瞳、
湖のようなソ・ドヨンの瞳に、深く、深~く、吸い込まれてくださいませ~~~!

 ょう~~豪華!
流スターが
 だくさん!
    フジお薦めの「チング」にうっとり!   ペケポンか!?



王子の魅力・・・Hirokon

何と言っても、王子の瞳の持つ眼力(めぢから)です。
ドラマの中で、笑っている時、相手に何かを訴えている時、悲しみの時、悩んでいる時、
どの眼差しにも、いつも心がときめいてしまいます。
クァク監督がおっしゃるように、その瞳には本当に癒しの力があります。
どれだけ、日々疲れた心を癒してもらったことか、、、私の何よりの栄養剤です。
「チング」でも、環境が変わっていっても友情を大切にするサンテク役で、その眼力をいかんなく発揮していると思います。
映画にも出演し、これから、どんどん役の幅が拡がっていくのが楽しみです。

そしてそして、素の王子が本当に素敵!!
ファンミでは、温かくて優しくて誠実で、ファンを大切にしている気持ちがひしひしと伝わり、
「これからもずっと応援していこう!」と、いつも感じさせてくれるドヨンくんです。
また、雑誌などのインタビューの時、真摯に答えるドヨンくんに、
皆ファンになってしまうそうですが、その気持ち、よく分かります。

   こんな王子が、私たちは大好きです!(^^)!



チング、サンテク役のソ・ドヨンさんの魅力・・・青空

サンテク役で、髪を短くしたソ・ドヨンさんを初めて見た時は
驚きましたが、今では、それは素晴らしい決断だったと感動を
覚えます。
体当たりで役になりきろうとするソ・ドヨンさんの俳優魂に拍
手を贈りたいと思います。

チングでは今までのラブストーリーとは違ったソ・ドヨンさん
の演技を楽しむことができます。
友達と遊ぶときの明るい笑顔や、学生時代のみずみずしい青少
年の顔や動き、騒動に巻き込まれたときの驚愕と恐怖と開き直
りの表情、軍隊での孤独と厳しさと無力感、などを体いっぱい
で表現して見せてくれます。
また、恋にゆれるサンテクの、はじめはおかしく、最後は切な
い演技も見ものです。
記者になってからは職責と友情の狭間で悩むサンテクの見事な
演技に引き込まれました。
それぞれの場面で新しいソ・ドヨンさんの演技を思いっきり楽
しむことができました。

あらためて、彼の俳優としての幅広い可能性を再認識するとと
もに、今後のソ・ドヨンさんの役への取り組みにも期待が膨ら
んでいるところです。

次にチングを離れたところのソ・ドヨンさんの魅力についてあ
げてみました。

   俳優.タレントとしてのソ・ドヨンさんの魅力

1 ハーフとしても通用する容姿
2 モデル時代に培った様々な顔の表情
3 歩き姿の美しさ
4 顔の彫りの深さからくる、喜怒哀楽の表現の幅広い可能
  性
5 キスシーンの美しさ
6 ナレーターとしても素晴らしい、深みのある声
7 長い指先の美しさ
8 撮影中の事故にも負けず、現場に復帰する意思の強さ
9 脚本を書けるほどの文才とアイディアをもちあわせてい
  る人材
10美術感覚に優れ、自身も絵が好きであること


   素のソドヨンさんの魅力

1  運動や、野外スポーツが好きであること。
2  恵まれた家庭で育ったことによる品の良さ
3  明るく快活
4  暖かい人柄
5  敵意を抱かせないフレンドリーな性格
6  礼儀正しい
7  気配りが抜群
8  謙虚
9  他国の文化に関心を持ってくださっている点
10 自分の道を切り開いていこうとする向上心
11 旧友を大切にしている人柄
12 素朴でユーモラスなところを持ち合わせている点
13 感謝の心を大事にしている点
14 ボランティア精神を大事にしている点
15 ハートがオープンである点

まだまだ魅力は語りつくせませんが、今後大きく成長してゆく
俳優であることを確信しています。



ソ・ドヨンの魅力・・・Pansy

2年ほど前の友人と私との会話です。

友人: どうしたの? ぜんぜんミーハーでもなく、韓国のドラマのストーリーは、
みんな同じようで理解できないし、まるで発展途上国向けのストーリーみたいとまで言っていたのに、すっかり韓国の俳優さんのファンになっちゃうなんて。。。 本当に驚いたわ。。。
私 : 半年ほど前のある晩にチャンネルを何気なく変えたら画面に映っていた俳優さんにすっかり目を奪われてしまい、それ以来ドラマのストーリーはどうでも良いから、ソ・ドヨンという俳優さんの姿を追い続けて、そのドラマを見続けてしまったの。 
友人: へえ。。。 それで、ソ・ドヨンという俳優さんのどこが良いわけ?
私 : そうねエ、まず、長身の素晴らしく美しい立ち姿かしら。とにかくプロポーションが完璧に近いわ。。。 細くて真っ直ぐな手と脚も素晴らしいし、引き締まった小さな顔に澄んだ美しい瞳。。。 
友人: それで、演技力の方はどうなの? 
私 : そうねエ、演技は、まだまだこれからというところかしら。 でも、それは、まだこれからの伸びしろがあるということよ。 それに、“夢の扉”とかの色々な情報を読んでみると芸能人らしくないというか、本当に普通の家庭で大事にされて成長したということがわかってなんだかとても安心感を感じるからかもしれないわ。 

この会話から2年が過ぎ、ソ・ドヨンさんもいくつかの作品に出演し経験を積み、名監督であるクアク・キョンテク監督の初めてのドラマ“友へ、チング”のサンテク役を演じるまでになりました。
ストーリーテラーであった映画版のサンテクとは全く違って、お手本となるモデルは無いし、サンテクという人物の思いをどんどん出す役ですね。 役柄の理解力が求められるところです。 
小さい時からの三人の親友のうちの二人を卒業を目前にして高校を中退させてしまったという原罪を背負い、世の中の不条理に気付いて学業半ばで入隊した軍隊では大学時代の仲間を裏切らねばならないという、もう一つの原罪を背負ってしまったサンテク。 
短髪に澄んだ瞳が印象的な学生服姿のサンテク。 悩みを抱えながらも一生懸命に軍務に励むサンテク。 先輩の指導に忠実に従うキリリと清潔で誠実な印象の新聞記者サンテク。
次第に離れ離れになってしまったチング達の関係を心配して奔走するサンテク。
どの姿も本当に素敵です。 これからのストーリーの展開がとても楽しみです。
がんばれサンテク!  がんばれ“チング”!!  がんばれソ・ドヨン!!!



出会えたことに感謝♡・・・おまっちゃ

美しいお顔と、十頭身に目を奪われ
温かく誠実で、ちょっぴり天然な人柄にハートを射抜かれ
深く澄んだ瞳に優しく癒され・・・
こんなにガッチリと心をとらえて離さないお方に、今まで出会ったことがありません
俳優という仕事を心から愛し、努力を惜しまず、ひたむきに邁進し続けるドヨン王子
そうした今までのひとつひとつの積み重ねが大きく実を結んだ
サンテクの演技は、本当に素晴らしかったです!
全身全霊を傾けた演技に心を揺さぶられました!
そんな、いつも真摯で、キラキラ輝いているこのお方のファンでいられることが
とても誇らしく、幸せに感じています
これからもずっとずっと王子を応援ゆきたいです!
遠く日本から、ドヨン王子の成功と幸せをお祈りしています



チングメンバーのそれぞれの魅力・・・ニャン吉

白熱したオリンピックがちょうど終わったところなので
もし、彼らがフィギュアスケーターだったなら・・・どんな演技をみせてくれるのか考えてみました
きっとヒョンビンさんは繊細かつ大胆な演技で女性のハートを射抜き
ミンジュンさんは長い手足で力強く舞い踊ることでしょう

ではソ・ドヨンは?
ここで演技するソ・ドヨンへの妄想解説を聞いてみましょう

ソ・ドヨン 日本ではかなりな人気の選手です!
緊張した表情ですね~彼の横顔にしびれたファンが多いと聞きます
さ~最初のジャンプは???
彼はいつも練習ではいいジャンプを飛ぶのですが、なかなか本番で決められずにいます
お~っと!今回はいきなり4回転に挑戦してきました・・・が、失敗です
でもこうやってまだ完成していない大技に大胆にも本番で挑戦していく勇気に拍手です
コーチに伺うと彼はかなりの頑固者だそうです
自分で納得できない事には耳を貸さないそうですが、一旦納得すれば努力をし続けるそうで、その姿にはコーチも頭が下がるそうです・・・
長い指先から一体となって流れていく腕
どこまでも広がる長い脚
目線の使い方もいいですね~
ちょっとハードなステップは苦手でも品のあるスケーティングは誰にも負けませんね
また今日の衣装は彼でないとちょっと着こなせない感じですね
新しいプログラムが完成する度に、髪型も変えてきます
批判を受けることもあるそうですが、だんだんと見慣れてきますね
最後はお客様からの拍手に満面の笑顔で応えます
このクシャクシャの笑顔がファンの方にはたまらないようです
高得点が期待されながらなかなか得点の出ない選手なのですが、今後に繋がるいい演技でした・・・これからに期待大です!

ソ・ドヨンの魅力伝わったでしょうか?

チングたちが奏でる演技の輪
素晴らしい監督が作った作品で、私達をこれからもっともっと感動の渦に巻き込んでいって欲しいです!



無垢な瞳に撃沈・・・春頭

ソ・ドヨン氏の魅力・・・それが何なのか、言葉にするのは難しいです。私にとっては何もかもが素敵なんです
あえて言うとすれば「無垢の印象」と言ったところでしょうか。

もちろん、シリアスな表情なら彫像のように、笑えば天使のように、大きな瞳のハンサムなお顔もソ・ドヨン氏の特徴。生きている人間のバランスとは思えない小顔、長身、手足の長さのカッコよさもソ・ドヨン氏の特徴。
でも、ハンサムだったりカッコよかったりする俳優さんは、たくさんいますよね。
私の中でソ・ドヨン氏を唯一無二の存在にしているのは、
「心の中に『穢れていない』領域を持っている」そう感じさせる目の力なんです。
なにも、「ソ・ドヨンさまは完璧で清らかな王子様なの」なんて偶像化しているわけではありませんよ。むしろ、そんなスター性よりは、真面目で常識的な等身大の青年としての姿を隠さないのが、芸能人としては危なっかしく感じるくらい普通です。人間なんだから本当に「無垢」なわけありません。
それでも、ソ・ドヨン氏が演じる時、その佇まいから時折感じられる「無垢」な雰囲気は、キャラクターにソ・ドヨン氏独特のカラーを与えて際立たせていると思います。この「無垢な印象」はそれを醸し出す資質を持っていなければ、演技で作りだすことは出来ないんじゃないでしょうか?

このソ・ドヨン氏の特徴がキャラクターとマッチした作品が、「春のワルツ」のユン・ジェハ。そして「チング」のサンテクだと思います。

チェハは心に傷を抱えて、幼いころの自分を心の奥底に押し込めたまま生きています。大人になりきれない部分を抱えたチェハの繊細さが「無垢な雰囲気」で、より深く表現されています。寓話的ともいえる展開のメロドラマのキャラクターでありながら、その心情がリアルに感じられて、チェハが癒されると共に癒しを追体験することが出来ます。

「チング」のサンテクは、学校一の優等生でありながら番長のジュンソクとチングですよね。ジュンソクがヤク中になっても、裏社会の人間になっても、色眼鏡で見たり遠ざけたりしません。大人になっても変わらぬ友情を保ち続ける真摯さ。ソ・ドヨン氏の瞳に宿る「無垢」な輝きが、サンテクのその性格に説得力を与えていると思います。時の流れの中でも変わらない芯の強さの源こそ、その輝きなんです。
また、逆にジュンソクもサンテクをチングとして、とても大事にしていますよね。ジュンソクがどうしてサンテクを、そんなに特別に思うのか。その気持ちもまた、サンテクの瞳に宿る「無垢」の輝きを見ると理解できます。自分を汚れた世界の人間だと思っているジュンソクには、サンテクのまっすぐさは、身を呈しても守りたくなる光だったんではないかなあと思います。

いろんな役で演技を重ねるごとに、私の期待を満たしてくれたり、いい意味で裏切ってくれたり、成長しつつけるソ・ドヨン氏から目が離せません。
ずっとずっと、応援しています。
サランヘヨ~~~~



ソ・ドヨンさんの魅力・・・ちょうちょ♪

春のワルツを見て以来ウニョンになりたーいと雄叫びを上げそれが無理ならせめてあのドラマのオープニングに登場するちょうちょ♪になっていつもドヨンさんのおそばを飛び回りずっと支えてあげたいと願い続けています
さてドヨンさんの魅力ですがなんといっても内に秘めた苦悩の演技言いたいこと訴えたいこと怒ってることなどを吐き出さずぜーんぶ抱えたままひとり背負い苦しむ姿が美しく、せつなく、愛おしく・・・女性視聴者を虜にしてしまうのです。
そしてその苦悩は決して物質的なものでは救えないとってもとっても精神的な枯渇なので外見からは気付かれにくく、誰とも共有しにくい個別的な苦悩・・・・
ドヨンさんがそんな苦悩を表現されると女性視聴者は彼を理解し分かってあげられるのは私だけといった感情を抱いてしまうのです。
はい私も、そのひとりでして絶対に私が一番彼を理解しているし愛しているとドラマを見るたびに思い込み彼を救いに行かなくてはとの使命感に燃える(萌える)のでした。



ソ・ドヨンさんの魅力について・・・ぷくぷく

ステージで歌うのは始めてというソ・ドヨンさん、とても緊張された様子で、その緊張感が観る側にまで伝わってきて、その姿に、昔 好きだった詩の一節を思い出しました。 それは、こうです。
「秋は喨喨と空に鳴り 空は水色、鳥が飛び 魂いななき 清浄の水こころに流れ」

あれから約4年、いろんな役柄に挑戦され、そのつど、その役に会った表現ができるように、丹誠を尽くす人柄に、また、端正な身のこなしに、好感度は、ヒートアップ、「チング」のサンテクでは、悲哀や苦悩を美しく演じる俳優として、その真価を充分に発揮され、「天下無敵イ・ピョンガン」のエドワードに至っては、王子条件の決め手慎み深い色気すら感じました。しかし、いずれもいつも、当初に感じたあのすがすがしさが、損なわれていないことに言い知れぬ魅力を感じます。
これからも、世情に流されることなく、いい作品に廻り合い、私達を楽しませてくださることを、祈るばかりです。



ドヨン王子の魅力・・・依依

私が韓流にはまったのは筋書きが安直過ぎるという怒りからです(春のワルツ)。でも実は良くできていました。
そしてこちらのブログの『語られていない15年』を見て以来、映像、写真、音楽の面白さにずっと居座り続けております。音楽も文字からでしたし、韓流も文字からとも言えます。

還暦が一歩前に迫る行儀の悪い婆さんがいつも感心することはソ・ドヨンさんの居ずまいのきれいさ(敢えて美しいとは言わない、自然なので)です。この『チング』にはそれがよく映っています。

4人で映っている学生服姿(左端の)も、贅肉のない高校生の姿にぴったりです。まだ7話ぐらいしか見ていませんが、ジュンソクの話に耳を傾ける姿・瞳に若い 魂の純粋さ すら感じます。監督様には大変失礼な話ですが、予期せぬ、サンテクが出現しているのではないでしょうか。

そしてこちらではその美しき佇まいを映像としてMVにして見せてくださいます、音楽付きで。ドラマをあまり見ませんので、深い仕掛けなど気がつくはずもありません。台詞にも感心することしきりです。

私は今でも1年に一度、学生時代の先生を囲んでのゼミに参加しているのですが、30数年になりますと、年代を越えての交わりになり、何かと考えさせられます。ですから友情というテーマも自然に入れました。



ソ・ドヨンの魅力・・・Camo

身内のような温かさ。
圧倒される美しさ。
20代から30代に代わる途中の今、まだどんな魅力が引き出され
るのか分からない、これから先をどんどん知りたくなる人。



ソ・ドヨンの魅力・・・kimsug

私が王子の魅力に取りつかれたのは、NHK地上波「春のワルツ」総集編が終わり、「これで来週から王子に会えなくなる、観ることができなくなる」と思ったその瞬間からでした。なぜ放送中ではなく、終了直後だったのか今でもわかりません。身近に素晴らしい人がいても、いなくなって初めてその存在に気づくのと、すこし似ているのかもしれません。すっかりドラマにはまり、ワクワクドキドキしながら、そして最終回ではハッピーエンドになり、ほんとうに嬉しく安堵したものです。すっかりチェハになりきり、自然に演じていたように思い、まさか主役初めての新人とは知りませんでした。

  それから「夢の扉」を何度も読み返し、真摯な生き方に感銘、「強く願えば叶う」の座右の銘がわたしの心の支えになりました。DVDも何回もリピート。私がインターネットを始めたのは「We Love Seo-Doyoung」のブログを拝見するためでした。皆さんの熱い思いに、私も胸が熱くなり、現在に至っております。

 日々の暮らしに王子がすっかり入り込み、朝起きると王子のカレンダーやポスターに「おはよう」日中は一人なので「いってきます」「ただいま」そして就寝時には「おやすみなさい」  
心が癒され、励まされ、ストレス解消になっております。澄み切った大きな瞳の普段は優しい表情が、いざ演技となると喜怒哀楽を見事に演じ分け、これだけ目だけで演じられる若手男優は少ないのではと感じております。そしてインタビューでは時々ハラハラさせられる天然(?)率直さ、でも王子だとそれも許される可愛らしさなどなど…。

これからもずっとずっと長く応援させてくださいね! 王子のますますのご活躍とご健康をいつもいつも願っております。



「ソ・ドヨンさんの魅力」・・・まちる

友達から借りた「春のワルツ」のビデオで瞳の美しい人に逢いました。
カッコイイ俳優さんは、たくさんみましたが、
ワタシの心が「この人好き!」と呟きました。もうすぐ4年になるでしょうか。

瞳の美しい人はソ・ドヨンさん。
上品で優雅な所作、誠実な話し方とお声にもうっとりします。
そして、心もとても美しく、目標(夢)に向かって努力を惜しまない
真摯な人です。

「春のワルツ」以降ドラマで様々な役柄を演じ分け「チング」に出会い、
その深い瞳を武器に、高校生から激動に時代の新聞記者を演じ、
その達成感からか自信に満ち溢れています。

今年29歳になるソ・ドヨンさん。
大人の余裕と輝きも増して、これからもっともっと魅力的で素敵な
俳優になると確信しています。

おうぢの幸せを心から祈っています。
これからも、みんなと一緒に応援させてくださいね。



チング~俺達の伝説~ソ・ドヨンの魅力~応援ブログ・・・チングB

チング公式サイトで募集されているチング出演俳優の魅力を語ろうという企画のブログです。
もちろん、私の応援する俳優さんはソ・ドヨン君です。
私の中にある「チング~俺達の伝説」への想いにお付き合い下さい。

第1章~出会い

私と「チング」との出会いは大好きなソ・ドヨン君がサンテク役に決まったところから始まります^^

ソ・ドヨン君がサンテク役に決まり、釜山の訛を勉強するために釜山出身の俳優の先輩と同居して勉強していますと聞いたからです。

釜山の方言??韓国語でも、方言ってあるのね~どんな感じだろう?と思いました。

クァク監督の代表作映画「チング」を入手して、何度も見ました。

迫力のある映像、青春時代、少年時代、友達=チングとはなにか、サンテク役はソ・ドヨン君にどうだろうか?

やくざになった親友と優等生のサンテク、情緒溢れる釜山の映像に自身の幼い頃を比べながら見てました。なんだか、懐かしい、そして、衝撃のラスト・・・

釜山に行ってみたい、撮影しているところが見たいという気持ちがどんどん大きくなりました。

2009年1月28日ドラマチングは撮影に入りました、最初の撮影場所は、東莱別荘でジュンソク役のキム・ミンジュンさんとドンス役のヒョンビンさんからスタートしたと聞きました。

訛については、ソウル語と釜山語?韓国語を全く話させない私には?でしたが・・・ドヨン君に会いた~い!!

映画を見れば、見るほど、このサンテク役をどう演じるのかが気になりました。

せめて、言葉の違いがどんな感じなんだろう、釜山のどの場所が撮影に使われているのか?

幸いにも、私には3つの幸運が作用していました。

1つ目は入会していたソ・ドヨンさんの応援ファンクラブの方々が今、撮影してる場所かこれから撮影する場所かはわからないけれど、釜山の撮影場所の情報を教えて下さったこと。

2つ目は2年間、韓国に赴任してたどたどしいながらも、韓国語を話せるようになった義姉が2月に釜山旅行を計画していたことでした。トヨン君に会いたいから2月、義姉につれて行って貰いました。

3つ目は公式に募集された4月のドラマチングロケツアーに参加して、釜山を訪れたのですが、ご一緒に行って下さった(お会いするのは初めてでしたが)ソ・ドヨンさんファンの春頭さんとまさに、珍道中^^ソ・ドヨン君を捜せツアーでチングになれたことでしょう。

第2章~釜山を訪ねて

釜山で一番初めに訪れたのは、海雲台からタクシーで15分ぐらい海東龍宮寺に行きましたトヨン君のドラマのロケ予定地で釜山撮影委員会がUPしていた所です

石畳の階段を下り、トンネルのような門を抜けると海に隣接したお寺です

チングB001

チングB002

この岩場なんだか、見覚えがありませんか?当時の私には判りませんでしたが^^;

チングB003

そう、ドンス(ヒョンビン)の心の原風景とも言える岩場です。

ここでは誰が何のシーンを撮影したのかは、判らないまま、訪ねました。

韓国のお寺、風光明媚というのは、こんな感じかなぁ^^可愛い金の豚さんや金の仏さまが@@~キラキラしていました。

次に訪ねたのは、海雲台グランドホテル(チャン・ドンゴンさんお勧め)フロントのコンシェルジュにお伺いしたところ1月末にロビー、サウナ、スポーツセンター(?)で撮影しましたとのこと、どうも、トヨン君じゃなくて、なんとココは4月のロケツアーの時に春頭さんと泊まることになったんです^^

チングB004

チングB005

可愛いケグリ君が載ったグランドピアノが下の写真で判りますか?入り口の横左側です。

このシーン実は、ドンスの策略でジュンソクの側の組長が警察に捕まる物々しいシーンだったのですが、私は初め、このシーンを見た時、てっきり、やくざの出入りだとばかり思っていました。後でジュンホ(シオン君)の弟をみつけて、あら~@@;

検事さんの指示だったのね~ジュンホの弟君は刑事に^^複雑な人間関係もチングの魅力ですが皆さんは、どうだったでしょうか?

サンテク役のトヨン君の魅力と言いながら、サンテクのロケ地は?

と飽きられると困るので、映画のロケ地でも有名な凡一洞を紹介します

地下鉄駅、凡一洞7番出口の現代デパート横を真っ直ぐ行くと鉄橋はすぐにわかります。

チング高校生編の学校から映画館への4人の競争、青春真っ盛りの楽しげな幸せな笑顔の競争は見ていて、ワクワクとしてしまいます。

高校生を4人の中で一番、違和感なく演じたソ・ドヨン君、初恋に落ちた瞬間のキラキラした瞳、そのままで、走る姿にベタ惚れしました。

チングB006

チングB007

チングB008

チングB009

チングB010

実は走り始めのスタートの学校は釜山影島区の廃校になった海洋高校で撮影されました。

春頭さんと訪ねたチングロケツアーのOPだったのです

チングB011

チングB012

チングB013

チングB014

学生編の大半はここで撮影されたようです。なんと、校門入ってすぐの藤棚に目が行った私ですが、ここでは、レインボーのメンバーがお昼寝をしたのでは?どうかなぁ?

チングB015

映像マジックで見つけてすごく、嬉しかった場所が学校ではもう一箇所、あります^O^

チングB016

チングB017

チングB018

この場所、実は、学校の屋上です。ジュンソクの家のシーンで使われています、サンテクがからかわれて、怒ったあと、

「ミアナダ」(ごめん)と言うと、ジュンソクが友達だから、謝らなくていいと、謝罪を受け入れるシーンと映画館の乱闘で退学になったジュンソク、ドンスのことを悩んだサンテクが家出資金を持って、ジュンソクを訪ねた時です^^どうも、ジュンソクはココがサンテクとの語り合いの場所のようですね^O^

映画館の話が出たところで、凡一洞に戻ります。

チングB019

4人が走ってきた運命の映画館、実は映画版を撮影した映画館はすでになく、この映画館はお隣にあったそうなのですが、2月に訪ねた時はそのことを知らず、映画館の方もまさか、ドラマチングの撮影場所を捜してるとは思わなかったのでしょう><;「チング?、フォトOK?」を繰り返す不思議な日本のおばさんに「ココ、チングじゃないよ、チングの映画館もうないよ」とゼスチャーで教えてくれました。

なにしろ、日頃はこの映画館サンテク達と戦った、他校の生徒も大満足?のピンク映画館だったんです><;

「フォトOKって?・・私//o//」外で写真を撮ったのは後からでして・・・ベンハーじゃなかったら、乱闘は起きなかったかもね//o//

チングB020

チングB021

凡一洞で語る場所に忘れてはいけない有名な場所それは、国際ホテル前です

地下鉄凡一洞駅からは鉄橋とは反対側、釜山銀行を曲がるとすぐの所に国際ホテルはあります

チングB022

チングB023

ドンス絶命の地として、映画版の説明版がありました、国際ホテルの方に聞いたドラマチングの撮影情報が3月にドンス絶命のシーンを撮影しますとのことでした。2月に訪ねて、唯一、先の予定を教えてくれた国際ホテルでした。

チングB024

チングB025

ドンス絶命は3月とはいえ、釜山の3月は寒い~><;なおかつ、びしょぬれの雨のシーン、

4月のロケツアーで初めて見たこのシーンは、迫力満点でした

私と春頭さんは、別に打ち合わせた訳じゃなく、この木、もし、ドンス役がソ・ドヨン君だったら、

おそらく、私はこの木にすがって泣くだろうと同じ感想を持っていたようで、ヒョンビンファンの方は冷静だなぁ~と思ったのでした。

チングの世界、高校生を演じた時も大学生を演じた時も大人になっても、その時々で、ドヨン君の顔やちょっとした仕草が変わっていってるのを感じました。

なりきり率はサンテクが一番と後にキム・ミンジュンさんとクァク監督が太鼓判を押してくれたドヨン君の演技力、たくさんのロケ地がまだまだありますが、既に、春頭さんからのご報告があると思いますので(チョンサポとか、屋台とか^O^珍道中、釜山でお酒飲んでみたのは良い経験でしたね^^)

ドヨン君は監督からお酒で酔うシーンを言われて、かなり酔い潰れるギリギリのところまで、飲んでみたそうですが、まったく、研究熱心だと関心させられました、楽しかったでしょうね~大いに飲める^^

チングB026

チングB027

凡一洞の説明はそこそこにして^^

春頭さんが、私のことを紅茶王子の場所が判ってると持ち上げて下さったのですが、この場をお借りして^^;すみません。

判ってるのは、紅茶王子の場所が地下鉄、西大新洞駅の近くだということです。

もう一度、そこに行けば、道案内くらいはできるかな~程度の記憶力^^;多分、行けると思います^^

チングB028

チングB029

チングB030

チングB031

このブログを書くに当たって、再度チングを点検して、オモオモ@@と思ったことがありました。

チングB032

チングB033

チングB034

チングB035

チングB036

軍隊で、サンテクは学生運動の首謀者や組織を探ってくる任務を強請されます。

サンテクと同じ、命令を受けた彼もまた、何故か紅茶王子に@@

(PDさん、ココは可愛いから、女の子との待ち合わせにぴったり^^じゃなかったのかしら?)

サンテクは女の先輩がサンテクが何を命令されて会いにきたのかわかったようですね。

もう一人の彼は私服に着替えてるから、気が付いて貰えないようです。

(任務的には、サンテクのやる気のなさが^^;)

いえいえ、仲間を裏切った、もう一人の方は、深刻な事態に・・・><;

サンテクはといえば、やっぱり、悩んで悔やんで、ついに、暴走!!

生真面目で日頃から優しいサンテク、でも、本当は切れやすいんですね^^;

チングB037

チングB038

「僕、切れたら、凄いんです!!」と言いたくなるようなサンテクの暴挙ですが。

ドラマチングのヒロイン、ジンスクとのキスシーンはサンテクだけです。

キスの神様//o//といわれるほど、毎回キスシーンには、定評のあるソ・ドヨン君ですが、それだけ、毎回、キスシーンには集中力が必要みたいですね。

ソ・ドヨン君自身、チングの思い出に残るシーンとして挙げているこのキスシーン2回延期になって

3度目にやっと、成就したのであれば、感慨もひとしおですね^O^

私としては、キスシーンというか、酔っ払って歩いてきて、キスして、突っぱねられて、正気に戻るまでの一連の動作の中では、直後のお顔の表情の変化が一番見事だと思うのですが・・^^千鳥足も素敵です長いから、大変だったのでは・・・?

まだ、まだ、書き足りないチング、ソ・ドヨン君の魅力ですが、まだ、字幕版を見ていないのでストーリーが判っていない部分も多数^^;

なのでここまでに・・と思ったらオモオモ、成人編がな~い><

サンテクのかっこよさ^^チングとしての苦悩は成人編なくしては語れないけれど、今回はご勘弁を^^;



おまけ版成人編

釜山に来るのは、飛行機ですか?船ですか?

2月に釜山を訪ねた時、トヨン君は空港ロケだったらしいと聞きましたが、2月は船で釜山入りしまして、やっぱり、偶然の出会いはありませんでした。

春頭さん、4月で、私達が通った場所がロケ地ですよ^^

同じ場所にドヨン君が立ってるだけで嬉しい、^O^

チングB039

釜山からの出国口ですが、ジュンホ、ソンエの新婚旅行シーンです。あ~見たかったなぁ^^

でも、2月がこの空港シーンだったかは、定かではありません。ジュンホとソンエのシーンは追加撮影だったかも@@ということは、ドヨン君、この髪はズラ~でしょうか?

凄く、凄く格好良いんですけど/;/o//

チングB040

チングB041



ドヨン王子の魅力・・・Riebom

ドヨン王子の魅力は、はやり何と言っても美しい憂いを含んだ大きな瞳です。その輝きには美しさだけでなく、真実の心に満ちています。とにかく誠実なんです。正直なんです。天才的に演技が上手な訳ではありませんが、決してごまかさないんです。

そして輝く笑顔。十分な愛情を受け大切に育てられた育ちの良さが感じられるあの笑顔です。

そしてそして・・・立ち上がると187センチの10頭身、まるでヨーロッパの貴族のような上品さ。この世のものではない程の美しさは、まわりの空気まで浄化してしまいます。

チングに出演すると決まったとき、「春のワルツ」チェハのイメージがこれで完全に壊れてしまう、壊したいために出演するんだと即座に理解ました。日本には「春のワルツ」を見てファンになったソ・ドヨンファンが大勢いるにもかかわらず、大きな賭けに出たドヨン王子。でもサンテクを演じるドヨン王子の瞳は、サンテクになりきり、ありったけの情熱を注いで演じ切っていました。

「チング~愛と友情の絆~」は、クァク・キョンテク監督のお陰でドヨン王子が大きく成長できた記念碑的作品になりました。これで完全に一皮向けたドヨン王子、今後のご活躍を心より期待しております。

以上

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

ありがとうございます

店長さま、待って下さってありがとうございますv-406
v-20は1分遅れても、申し訳なさそうにするそうですが、同じA型なのに、遅刻癖の抜けない私・・・v-409膨大な量のメールに店長さまのv-416を酷使させますねv-388すみませんv-406
さきほど、送りましたv-402

皆様方 言い尽くしていらっしゃいます

それでも・・・?

それよりオバマさんいつもお気の毒、背後を守る人がいない、
トヨタの社長は祖先に守られていた、
そう感じません?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このサイト(フォトファニア) 結構 政治的

大統領はメドベェージェフなのにプーチンが出ていたりして、あの佐藤優さんはメドベェージェフは可愛い顔だけど、必ずや実権を握る って書いてたけど・・・

遅くなってすみません

漏れているお方、いらっしゃいますか?
ごめんなさい。お知らせくださいね。

早速応募してきました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ドヨン君ミアネヨ~

v-405応援ブロクと聞いていたものだから、つい自身のブロク状態で、旅行記にしていまいましたがv-388ドヨン君の魅力をコメント形式で語ってもよかったのですねv-402ミアネヨ~ドヨン君v-402
ドヨン君には素敵v-353で格好よくv-345って美点v-347が一杯あるのに、私の好きには理由がないの~v-347心を持っていかれて、すっ~と吸い込まれる感覚としか、このお顔大好きとか萌え~とか感覚的なコメントにv-402
会えばわかる、ソ・ドヨン君の魅力v-353それは、性別に関係なく、理由は後から付いてくると思ってますv-415
(もちろん、誰もが恋に落ちる訳ではありませんv-389な~んてv-411

力作ぞろい

作文提出してません。ミヤネ~~!!
皆さんの熱いドヨンさんへの思い、うんうんと共感しながら拝見しました。
わたしが心で思っていてもなかなか文章に書けないことを、代弁して
いただいているようで、有難く読ませていただきました。
どれも素晴らしいです。
ファミレスの受賞、間違いなし!!

お寺の写真

九州の神社、神宮(多分宮崎)とか伊勢もこんな感じですよね、
古事記に描かれる地域がよく似ているというのが印象深いです

朱塗り^^

依依さま、感想ありがとうございます。お返事遅くなりまして、すみません。v-398
そうですね、朱塗りのはお寺というより、お宮に近い感じですね。韓国らしい派手派手な綺麗な建物でした。仏像も金ピカのものもあり、石造もあり、印象的だったのは、石造の前には韓国式の拝礼ができるようになってました。
ここには義姉達と行ったので、ソ・ドヨンさん知りませんか?チングの撮影知りませんか?は往復のタクシーの運転手さん達に聞いたのですが、市内のことをよく知っていそうな彼等も撮影初期のあの時期は、ソ・ドヨンさんをチョン・ドヨンさんに間違えたり、映画版のチングの撮影場所を捜してると勘違いされたり、あの旅行の時の釜山の方々は一部のホテルの方を除いて、チングがドラマ化されることすら、知らなかったv-399v-409・・・そうなんです。ドラマチングは極秘撮影だったので、スサの様子すら放送されなかったんです。メーキングで入れてDVD化でもしてくれないと、どんなお宝映像だったか?
マニアな私の密かな夢ですv-398
ちなみに、この時、義姉のソウル語は釜山のおじさんに通じてましたが、おじさんの釜山語には義姉に通じにくく、まったく、言葉が違うわ~v-390と、ドヨン君の苦労を身に染みて、体験したのでした。v-398

チングBさん ありがとうございます

絶対 写真にして持って行くべきです。
監督を見せて、ヒョンビンさん、ミンジュンさん・・・と見せて
一番は これ って・・・、後のほめ言葉は何語でも・・・、きっと通じる

こうして写真を見せて頂くと、南の方へも行ってみたくなります。
宇佐八幡、石上神宮や熊野大社もお社が結構小さかったので、きっと似ていると思います。

恐縮ですm(_)m

てんちょ!!!それからみなさま~~~v-80
実は、ちょうちょ♪v-441は、「チング本編」未体験の不届き者のくせに
コメントしちゃいましたv-435
PC音痴&貧乏という悪条件により、地上波登場を待つばかりの身の上v-409でして、
どうか「アイリス」のように、ゴールデンタイム枠に登場してくださいますようにv-421
との願いをこめて、応援していま~~~すv-290

第1回目優秀賞はほのかさんでした!

次回のお題は
もしソ・ドヨンに会えたら、何をして欲しいですか?

またみなさまお待ちしておりますよ~
頑張って妄想いたしましょう!

ここで書いても?

ほのかさんおめでとうございますv-411
店長さまここで、お祝いのメッセージv-353を書いてもいいですよねv-345
並み居る、ヒョンビンさん、ミンジュンさんのファンを押さえv-353ドヨン君の熱心なファンである、ほのかさんが優秀賞を取って下さって、嬉しいですv-411
きっと、v-20も喜んでくれてると思いますv-424v-425v-351
店長さま、ドヨン君にして欲しいことv-402実現したら超~嬉しいけど、これも団体戦でおねだりv-402v-400妄想爆発しちゃって、文章にするのが難しいわv-402

ほのかさまのお陰で

ドヨン王子の宣伝にもなりました!
さぁ、次は私たちも頑張りましょうね~ v-219v-411

ほのかさま、おめでとうございます~

今回v-20だったから、次回、次々回はビニさまファンや敏ひょんファンが頑張るでしょーね~っ  うー、私も次回か次々回は~~~っv-220v-356

ほのかさま、おめでとうございます~2

第一回でトヨン氏ファンのブログが選ばれたのって快挙ですv-424v-315v-411
本当におめでたいことでございますv-437
とっても、嬉しいです~~~~v-349

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3753-0b8888c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード