FC2ブログ

2019-08

「春のワルツ」放送前の記事 その6

‘春のワルツ’ソ・ドヨン“夕焼けのように赤く染まっていく愛が良い”
ニュースエン記事転送2006-02-20 20:16
200602201914541001_1.jpg
[ニュースエン文パク・ミエ記者/写真ソル・ヒソク記者] ‘春のワルツ’主人公ソ・ドヨンが愛観を用心深く打ち明けた。 ソ・ドヨンは20日午後5時ソウル弘益(ホンイク)大近所に位置したあるカフェで進行されたKBS 2TV新しい月火劇‘春のワルツ’(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン/演出ユン・ソクホ)製作発表会で“盛んである愛よりは夕焼けのように赤く染まっていく愛が良い”と話した。 ソ・ドヨンは“永らく胸に刻まれておいて純粋だった愛を考えて,徐々に染まって,行くことが愛であるようだ”と付け加えた。 ソ・ドヨンはハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンと共に主役を演じた‘春のワルツ’で幼い時期家族に傷を受けてまたやさしく対してくれた少女に損傷を与えて,成長した後にもピアノの他に情を与えないユン・ジェハ役割を受け持った。 ソ・ドヨンは相手駅のハン・ヒョジュとともに‘春のワルツ’を通じてみることのように暖かくて純粋な愛の物語を作る。 ユン・ソクホPDから目つきが気に入って,初めての作品で主役を演じることになったというソ・ドヨンは与えられた役割に最善を尽くして,熱心に延期(演技)したいと念を押した。 他の俳優らから演技集中力が優れると称賛を受けたソ・ドヨンは‘こんにちは,神様’後続で来る3月6日初回放送される‘春のワルツ’を通じて,テレビ劇場の門を叩く。 パク・ミエorialdo@newsen.co.kr/ソル・ヒソクapc114@newsen.co.kr

記事元 http://news.nate.com/view/20060220n13023
-------------------------------------------------------------------
ユン・ソクホ監督の三つ実験
OSEN記事転送2006-02-21 08:53
200602210847552101_1.jpg
‘ユンソク好意三つ実験に注目しなさい’.

季節連作の最後のシリーズ‘春のワルツ’(KBS 2TV,3月6日初放送)を準備するユン・ソクホ監督の覚悟は格別だ。 ‘秋の童話’(2000年) ‘冬のソナタ’(2002年) ‘夏の香り’(2003年)に続く季節シリーズ完結版でありユン監督の最後のドラマ作品になる可能性を排除できないためだ。

ユン監督は20日‘春のワルツ’を始める感慨を明らかにして“私の20年ドラマ人生の有終の美を飾りたい”とした。 この話でも内包されているようにユン監督は‘春のワルツ’を通じて,三つ重要な実験をすることになる。

▲映画進出のための布石‘春のワルツ’に臨むユン・ソクホ監督は一言で整理者の姿だ。 季節が4ヶしかなくて惜しいこともあるが5季節があったとしても最後はあるように。 季節連作の完結版という事実がドラマ監督人生で色々なものを考えるようにした形だ。

“有終の美を飾りたい”というお話が多いことを語ってくれる。 実際今回のドラマにはソニーF-900というカメラが使われた。 これは最近開発された映画用HDカメラだ。 ‘春のワルツ’製作会社のユンスカラーパク・インテク代表も“28日龍山(ヨンサン)CGVでメディア試写会がある。 この作品はユン・ソクホ監督の映画進出実験作の意味もある”と明確に明らかにした。

ユン監督も“色々なシナリオも読んだ。 直ちに飛び込みたい欲が出る作品もあったが条件を見て決める”とする。 単に用心深がるだけであって心の決定はすでに立ったと見ることが正しい。

▲新人俳優を通した実験2004年9月‘春のワルツ’が企画される時だけでも主演俳優らの下絵が今とは全く違った。 歌手兼演技者雨が議論されたし‘ラブストーリーイン ハーバード’のキム・テヒ,ピンクル前メンバーソン・ユリ等も嘱望された。

しかし進行過程でキャスティング方向自体が変わった。 検証された俳優よりは汚れがつかなかった新しい顔で完全に新しい版を組んだ。 男女主人公ソ・ドヨンとハン・ヒョジュ皆新人だ。 ユン・ソクホ監督の話のように“その間惰性に慣れた私に新しいエネルギーを列”人物らだ。

それにもかかわらず,不安な点はある。 ‘夏の香り’のソン・スンホン,ソン・イェジン,‘冬のソナタ’のペ・ヨンジュン,チェ・ジウ,‘秋の童話’のソン・スンホン,ソン・ヘギョ,ウォンビンぐらいの吸入力は誰も保障できないためだ。 ペ・ヨンジュンが‘冬のソナタ’を通じて,国際的スターに成長したとはいうが出演当時にもペ・ヨンジュンはすでに相当な隊列に上っていた。

結局ユン・ソクホ監督は完結版ドラマで新人俳優発掘という原初的な問いを付けて行かなければならない。 終結と開始が運命的に循環している。 終止符ない実験だ。

▲韓流を狙ったドラマ‘春のワルツ’は韓流を狙ったドラマだ。 以前の作品らは‘冬のソナタ’が韓流風を起こす前に放送が終わったものなどだが‘春のワルツ’は違う。 製作発表会現場に傾いた外信記者らの関心がこれを代弁する。

だが‘韓流を意識したドラマ’がまもなく鎖になることができる。 ‘韓流ドラマ’を標ぼうした作品らが本来国内では特別な反応を得られない場合が相当数ある。 代表的に2005年冬に再放送された‘冬のソナタ’がある。 海外で聞こえてくる韓流熱風の便りにも知ることなしで当時国内視聴者たちの反応は冷たかった。 本格韓流ドラマを標ぼうして,全編を日本で撮影して,放映しているSBS TV ‘天国の木’も期待ぐらいの視聴率は上げられずにいる。

問題はテンポだ。 ユン・ソクホ監督は“韓流を意識せざるをえない。 今まで傾向を見れば刺激的で強い作品よりは元気でやわらかいドラマらがさらに反応が良かった”と話した。 ‘春のワルツ’の色を占えるような項目だ。 “私たちのドラマは競争が熾烈になりながらテンポが速くなり流れが過激だった。 テンポが多少のろくても美しくて美しい愛を描くトンをずっと持って行くつもり”という。

ジレンマだ。 いくら韓流を狙うといっても国内興行を無視することはできない。 韓流の好みと国内視聴者たちの要求の間できわどい綱を渡ることをしなければならない。 ‘春のワルツ’が抱いている宿題だ。

ユン・ソクホ監督の実験を見守らなければならない‘春のワルツ’はあれこれ関心が行くほかはないドラマだ。

カン・ヒス記者100c@osen.co.kr<写真>‘春のワルツ’を通じて,三つ実験をするユン・ソクホ監督(中). ユン監督を中心にダニエル・ヘニー,ハン・ヒョジュ,イ・ソヨン,ソ・ドヨン(左側から)が立っている。 /チュ・ジヨン記者jj0jj0@osen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060221n15395
----------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’には隠された秘密がある
マイデイリー記事転送2006-02-21 09:02
200602210406451110_1.jpg
'春のワルツ'には隠された秘密がある

[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者]国内外大変な関心を集めているけれどベールに包まれた‘春のワルツ’が放送が近づいて,その姿を一つずつ表わしている。 3月6日からKBSを通じて放送される‘春のワルツ’はユン・ソクホPDの‘秋の童話’ ‘冬のソナタ’‘夏の香り’に続く季節連作シリーズの完結編だ。

韓流の起爆剤役割をしたこの季節連作シリーズらなので20日開かれた記者懇談会は国内外取材陣が集まって‘春のワルツ’に対する高い関心を表わした。

関心の中央にはユン・ソクホPDがある。 “とても多くの期待が有難いけれども負担も大きい”と暗示したユンPDは“前作らの成功は非常に有難い経験であったしその味よりより良い味を希望されるはずなのにどのように食欲を合わせて差し上げなければならないだろうか悩み”と話した。

前作らの基本イメージを大きく傷つけないながらも新しさを追求するというユン・ソクホPDは自然を背景にした純粋な愛という概念をそのまま維持して,新人作家と新人俳優らを通じて新鮮さを加味するといった。

この話をブラウン管で体現することは真に難しい。 前作の雰囲気を少しだけ維持しても陳腐なことで近付くことができて新しさに重心を移せば前作の慣習に習熟していた視聴者は当惑感を感じることができるためだ。

このような点をよく分かるので(に)ユンPDは季節連作の完結を上手にしたくて20年演出者生活の対米をよく飾りたいという強い意志を‘春のワルツ’記者懇談会で強く私の照らした。 それと共に主演らのキャスティングした理由をいちいち説明した。

この説明は‘春のワルツ’を読むのに大きい端緒となる。 ユンPDはフィリップ駅のダニエル・ヘニーに対して“企画団界では念頭に置かなかったが好奇心と関心が発動して会ってみたい俳優なのでオーディションを見た。 言葉が通じないでも目つきに伝えられる側面らが風変わりな魅力があって,韓国の俳優らとはまた違う面がある”としたし房や駅のイ・ソヨンに対しては“悪漢感じで溌刺とした感じまでとても多様な顔を持っている俳優で既存の悪役イメージでない純粋で明るいイメージを加えて洗練されて知性的なキャラクターになるだろう”と説明した。

男主人公ユン・ジェハ駅のソ・ドヨンに対しては“経歴は浅いが目つきが気に入って直観による感じがあって,キャスティングしたし,他の人々にない独特のイメージがあって発展速度が速くて,主人公の職業のクラシック アーティストの役割をよくやり遂げると信じる”と説明した後,女主人公ウンギョン役を担ったハン・ヒョジュに対して“女性的なキャラクターであった前シリーズの女主人公とは違って明るくて元気なイメージが多くて男主人公が内面的な部分に力点を置くのに比べて,女主人公ウンギョンは外向的な面に焦点を合わせる。 ハン・ヒョジュは春によく似合うだろうと考える”と話した。

このキャラクターの説明はドラマ‘春のワルツ’を読むのに重要な糸口役割をする。 そして‘春のワルツ’は以前の‘冬のソナタ’や‘秋の童話’のように映像の色で主人公の内面心理と性格を説明するユン・ソクホ式スタイルを維持する一方もう一つの秘蔵の武器を使う。 以前の季節連作シリーズで見られないことだ。

まさにはい主人公の配役にドラマの重要な要素を一つずつ付与して,差別化されるコンセプトで活用することだ。 記者懇談会が終わった後,ユン・ソクホPDを含んだ製作陣に主人公らの内面と性格を表わすことで色では限界があるようだしこのような色を通した心理描写はややもすると陳腐さを持ってくることができるという指摘を提起した。 これに対して製作陣は‘春のワルツ’の隠された会心の武器を説明した。

男主演ソ・ドヨンは音楽,女主演ハン・ヒョジュはデザイン,ダニエル・ヘニーはファッション,そしてイ・ソヨンにはラグジュアリーというコンセプトであり視聴覚的要素を付与した。 これを通じて,キャラクターの性格を暗示するしくみで活用すると同時にこの四人が一緒に集まれば一つのドラマを完成させる要素らが総集結する雰囲気を演出するようにさせるという腹案だ。

ピアノ演奏者に出てくるソ・ドヨンはソフトなクラシック ピアノ旋律を劇中主人公の性格と事件の展開を表わして溌刺として明るいトスニジョクウンギョン性格の変化はハン・ヒョジュにアクセサリーなど小物を活用したデザイン的要素の強化を通じて,表出する。 またファッションをダニエル・ヘニーが引き受けたフィリップの性格に対する伏線のしくみで活用して派手な小道具を活用して,イ・ソヨンの劇中人物のラグジュアリーさを倍増させる計画だ。

またドラマ シノプシスエソナ記者懇談会の時さえ明らかにしないことがまた一つある。 ドラマが展開して,視聴者の緊張感を最高潮に駆け上がるようにする男女主人公の幸福のための前哨基地の悲劇的状況が想定されていることだ。 男女主人公に近づく不幸の種が事故になるのかピョンイドェルチ明らかにしはしなくなっているが視聴者に十分な共感を与えながらも,ドラマ的緊張性を維持する悲劇的しくみを決定的な瞬間に表わす計画だ。

もう‘春のワルツ’が視聴者と会う時間が近づく。 “‘春のワルツ’で20年演出者生活の有終の美を飾りたい”と話すほどすごい覚悟を表わしたユン・ソクホPDの‘春のワルツ’成功の可否はキャラクターと新人演技者との調和とともに秘蔵の武器で秘密にしている映像的色彩とはい主人公に付与されたコンセプト戦略,そして葛藤のしくみの威力発散如何にかかっていているといっても過言ではない。

['春のワルツ'を踊ることになる君の主演ダニエル・ヘニー,ハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,イ・ソヨン(左側から). 写真=ユ・ジンヒョン記者zolong@mydaily.co.kr]

(ペ・クンナム大衆文化専門記者knbae@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060221n01872
-------------------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’ソ・ドヨン“演技練習で台本がよれよれ”
OSEN記事転送2006-02-21 09:26
200602210916202101_1.jpg
“私の台本一度見ますか?".

20日午後弘大(ホンデ)近所レストランで開かれたKBS 2TV月火ドラマ‘春のワルツ’(キム・ジヨン,ファン・ダウン脚本,ユン・ソクホ演出)インタビューでどのように準備するのかという質問に対するソ・ドヨン(25)の返事だ。

“台本を本当にたくさん読んだが読むならば新しいことを探すことになる。 重要なポイントは表わしておいて,数十度,数百度読んだ。 本当に台本隙間にぎっしりとメモをして台本がぼろぼろだった”として一場面一場面最善を尽くして死ぬ覚悟で熱心に撮影に臨んでいると明らかにした。

劇中ピアニスト ジェハ役を担ったソ・ドヨンは撮影に入る2ヶ月前オーディションを受けたが撮影2週間前まで確答を受けることができなくていらだっていたという。 しかもジェハは独語,フランス語はもちろんピアノもうまく打つ一言で完ぺきなキャラクターと2週という短い期間の間消化するのが容易でなかった。

このために格別な努力を傾けた。 "ピアノを全く打てないで,ショパンやラフマニノプ曲などをたくさん聞いて研究したが帰路その感じらを理解しようと努力した”と明らかにした。 ドイツ語発音にも精魂を込めた。 やさしくはないことだったが,反復される発音訓練で“今は現地留学する人より発音が良いという話も聞く"と話した。 ソ・ドヨンは"もしかしたらダニエル・ヘニーが韓国語をすることより私が独語をさらに上手かも知れない”と冗談を言うこともした。

ションペニナチェ・ミンシク,ソル・キョング,ファン・ジョンミンのような演技派俳優が好きだというソ・ドヨンは“主演になってうれしいというより作品を120%消化して,良いドラマを作りたい。 スターよりは真の俳優になりたい”と意欲を見せた。

ソ・ドヨンは2003年ファッションモデルでデビューしてSKスカイ携帯電話CFでキム・アジュンと呼吸を合わせたしKBS 2TV‘海神’,ドラマシティ‘オー! 紗羅’とgodの‘ツーラブ’ミュージックビデオに出演した。

'春のワルツ’でソ・ドヨンが引き受けたユン・ジェハは幼い時田舎で会ったハン・ヒョジュ(ウンギョン)を胸に刻んで生きていく人物だ。 オーストリアで養子縁組されたピアニストで韓国に帰ってきて,自身に美しい記憶を残るようにしたハン・ヒョジュと切ないラブストーリーを作り出す。

強硬紙記者bright@osen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060221n15438
--------------------------------------------------------------------
ダニエル・ヘニー&イ・ソヨン“ソ・ドヨンは集中力優れた演技サア!”
ニュースエン記事転送2006-02-21 10:03
200602202256111001_1.jpg
[ニュースエン文パク・ミエ記者/写真ソル・ヒソク記者]ダニエル・ヘニーとイ・ソヨンは20日午後ソウル弘大(ホンデ)付近のあるカフェで進行されたKBS 2TV新しい月火劇‘春のワルツ’(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン/演出ユン・ソクホ)製作発表会で“ソ・ドヨンは集中力が優れた演技者”と口をそろえてほめた。 イ・ソヨンが先にソ・ドヨンに対して“倒影兄さんは心安らかにして演技に対する集中力も高い”として“見て,私も自然に熱心にすることになる”と伝えた。 ダニエル・ヘニーも“演技に臨む集中力と真剣さにたくさん驚いた”として“毎度没頭する姿勢を習いたい”と話した。 彼らの話を聞いていたソ・ドヨンもイ・ソヨンとダニエル・ヘニーに対して“イ・ソヨンは本当に女性らしくてダニエル・ヘニーはジェントルする”と話して相手俳優らに対する称賛を吐き出した。 ソ・ドヨンは‘春のワルツ’を通じて,初めてブラウン管に顔を映すことになった新人演技者だ。 初めての作品のところに主演まで引き受けて,新人としては負担がたくさんなるのにソ・ドヨンは製作発表会ずっと震えないで淡々と質問に答えた。 ソ・ドヨンが今回の作品で引き受けることになったユン・ジェハという人物は幼い時期家族に傷を受けてまたやさしく対してくれた少女に損傷を与えて,人に簡単に情を与えることができない痛みを持っている。 ソ・ドヨンの初めての挑戦作‘春のワルツ’は3月6日初回放送される。 パク・ミエorialdo@newsen.co.kr/ソル・ヒソクapc114@newsen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060221n15441
------------------------------------------------------------------
ソ・ドヨン,“オーディション後連絡眼窩あせった”
マイデイリー記事転送2006-02-21 10:07
200602210957361110_1.jpg
[マイデイリー=南岸右記者] “舞台に立っている瞬間には演技者に残りたいです”

来月6日初放送するKBS 2TV新しい月火ミニシリーズ‘春のワルツ’(キム・ジヨン,ファン・ダウン脚本ユン・ソクホ演出)を通じて注目されている新鋭俳優ソ・ドヨンが出場意向を示した。

20日午後ソウル弘大(ホンデ)近隣のあるレストランで開かれた‘春のワルツ’記者懇談会に参加したソ・ドヨンは最近高まっている関心に対して“スターのイメージを持つよりは俳優を本当にしたかった。 舞台にある間は演技者に残りたい”として強い自信を表わした。

引き続きソ・ドヨンは“2ヶ月前‘春のワルツ’にオーディションを見たが撮影前まで確答を与えなくて,心があせっていた。 だがキャスティングされた後死ぬ覚悟をつくして準備したし撮影に臨んでいる”と伝えた。

韓流熱風の始めをヨン・ユンソク号PDの季節連作シリーズ最後便の‘春のワルツ’でソ・ドヨンは幼年時代田舎で会ったハン・ヒョジュ(ウンギョン)を胸に刻んで生きていくユン・ジェハ役を担った。 オーストリアで養子縁組されたピアニストで韓国に帰ってきて,自身に美しい記憶を残るようにしたハン・ヒョジュと切ないラブストーリーを描いていく人物だ。

ソ・ドヨンは“ワルツ,ピアノ,バイオリン,ドイツ語など準備することが多かったが2週の間準備しなければならなかったために不足した面が多かった”としながら“(ユン)ジェハのアイデンティティを探すことが一番負担になったようだ”と話した。

一方ソ・ドヨンは“ハン・ヒョジュ氏はすべての人々に謙虚で常に明るい姿で対する。 新人の私には習わなければならない漸移多くの人だ”として相手俳優に対する称賛も惜しまなかった。

真の愛の意味を悟るようにする‘春のワルツ’は来月6日視聴者たちを訪ねて行く。

[KBS 2TV新しい月火ミニシリーズ'春のワルツ'でピアニスト ユンジェ荷役を引き受けた新鋭ソ・ドヨン. ユ・ジンヒョン記者zolong@mydaily.co.kr]

http://news.nate.com/view/20060221n02423
-------------------------------------------------------------------
ユン・ソクホPD ‘春のワルツ’日本,台湾など8ヶ国事前販売
ニュースエン記事転送2006-02-21 10:26
200602210937241001_1.jpg
[ニュースエン パク・ミエ記者]ハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨン主演のKBS 2TV新しい月火劇‘春のワルツ’(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン/演出ユン・ソクホ)製作発表会が20日午後5時ソウル弘益(ホンイク)大付近に位置したあるカフェで製作発表会を進行した。 この日‘春のワルツ’製作発表会でユンスカラーパク・インテク代表は“‘春のワルツ’が8ヶ国に事前販売される成果を上げた”と明らかにした。 ‘春のワルツ’は現在日本台湾,タイ,香港,シンガポール,マレーシア,フィリピンなどに輸出契約が完了したしオーストリア,中国,ベトナム,カンボジア,ミャンマーなどは輸出提案を受けて交渉中だ。 またパク代表は“‘春のワルツ’は製作会社ユンスカラーが100%著作権を持って版権収益はKBSと分ける”と話した。 一方‘春のワルツ’は3月6日初放送される。 パク・ミエorialdo@newsen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060221n15463
----------------------------------------------------------------------
ソ・ドヨン,"新兵教育大助教出身美男"
チョニュース24記事転送2006-02-21 10:57

<チョニュース24> “信教対助教の精神で演技します。”

ユン・ソクホPDの新作KBS月火ミニシリーズ‘春のワルツ’に主人公でキャスティングされたソ・ドヨンが周辺の先入観と違い自身が新兵教育大助教出身であることを明らかにした。

きれいな容貌せいで軍隊に行かなかったことという(のは)漠然とした疑い(?)ウル受けているが実際には満期除隊した肉体元気なサナだったこと.

ソ・ドヨンは20日記者懇談会で自身が引き受けた配役がマナーありながらも冷たくて時には気難しさすら感じて軍生活時の経験が多いに役に立つと話した。

彼が演技する‘春のワルツ’の主人公ユン・ジェハは幼年時期の傷によってピアノだけが人生の全部でピアノと疎通するだけ愛には無感覚になってしまった冷静な性格の所有者.
192511_01.jpg
‘春のワルツ’はこういう彼がなくした感性を取り戻していくことになる,美しくてやわらかい愛の物語だ。

モデル出身で初めて主人公を引き受けたソ・ドヨンはこの作品でダニエル・ヘニー,ハン・ヒョジュ,イ・ソヨンなどと呼吸を合わせる。

ユン・ソクホPDはソ・ドヨンに対して"初めて会ってみて彼の深い目つきに引かれた"として"既存イメージがなくて,ピアニストの役割にさらによく似合う。 演技実力も日進月歩していて期待しても良いこと"という(のは)自信を表わした。

今後も多様な役割を受け持ちたいというソ・ドヨンが演技者として'春'を合うことになるのか成り行きが注目される。

ユン・ソクホPDの四季シリーズ完結編の'春のワルツ'は3月6日初回放送される。

/パク・ジェドク,アン・ジェマン記者avalo@joynews24.com写真ユン・チャンウォン記者skynamoo@joynews24.com

http://news.nate.com/view/20060221n02877
-------------------------------------------------------------------------
'助教'ソ・ドヨン,"アン・ジョンファンは模範訓練兵だった"
スポーツ朝鮮記事転送2006-02-21 11:43

'春のワルツ'ソ・ドヨン,軍隊時代助教縁びっくり告白

62v22006.jpg
◇ '冬のソナタ'ユン・ソクホPDの話題作'春のワルツ'で堂々と主演を横取りした新人タレント ソ・ドヨン. <キム・ジェヒョン記者basser@>

ドラマ'春のワルツ'(KBS)の男主人公ソ・ドヨンがサッカー国家代表チームの看板ストライカーアン・ジョンファンとの軍隊時代縁をびっくり告白した。

京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)白馬部隊で'赤い帽子'助教で服務したというソ・ドヨンは"2003年傷病の時アン・ジョンファン選手が訓練兵で入所した。 同じ重大ではなかったがすぐそばで彼の軍生活を見守ることができた"と話した。

'助教'ソ・ドヨンによれば'訓練兵'アン・ジョンファンは期待以上だった。

やはり団体生活をした運動選手らしく軍生活も隙間がなかった。 夜明けに戦闘化と軍装を設けて,出動する訓練でもアン・ジョンファンははやくて敏捷な動作で他の訓練兵らの模範になった。

アン・ジョンファンの真価が遺憾なく発揮された時はやはりサッカーをする時。 訓練の一環で助教と訓練兵らが組に分けて,練兵場で'軍隊サッカー'をするときはアン・ジョンファンの人気は最高潮に達した。

ソ・ドヨンは"いつもTVで見るばかりだが一緒に走ってみると本当に国家代表選手は違うとのことを実感した。 地面でもあっという間に守備選手4~5人を抜くのを見て皆感嘆の声をあげた"と明らかにした。

3番目作品で一躍主人公を横取りしたソ・ドヨンは"今回破格的に大きい役割を受け持って,負担になるのが事実だ。 だが大変だった軍隊時期をフェサンハミョンソヌル自信を培っている"と付け加えた。

ソ・ドヨンをはじめとして,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなど新人らの活躍が期待される'春のワルツ'は3月6日から放送される予定だ。 <キム・イング記者clark@>

http://news.nate.com/view/20060221n15604
----------------------------------------------------------------------
ハン・ヒョジュ-ソ・ドヨン'春のワルツ',8ヶ国事前販売されて人気
Y-STAR記事転送2006-02-21 12:37

'秋の童話','冬のソナタ'そして'夏の香り'に続くユン・ソクホPDの四季シリーズ完結編でしょう。

KBS月火ドラマ'春のワルツ'が8ヶ国に事前販売されて,すでに人気を予感させています。

'春のワルツ'は新鋭スターハン・ヒョジュ,ソ・ドヨンとダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなどが出演するドラマで来月6日から放送される予定ですが。

現在日本,台湾,タイ,香港,シンガポール,マレーシア,フィリピンなど8ヶ国に輸出契約が締結された状態と昨日(20日)開かれた記者懇談会を通じて'春のワルツ'製作会社側が明らかにしました。

'春のワルツ'はまた米国とオーストリア,中国などとも販売交渉が進行中のことが分かりました。

イメージを押せば動画を見られます。
http://news.nate.com/view/20060221n04007
-------------------------------------------------------------------------
"ペ・ヨンジュンも調べてみる人できたと自慢した時期ある"
スターニュース記事転送2006-02-21 13:42

"ペ・ヨンジュンも調べてみる人いると自慢する時あった"

[マネートゥデイ スターニュース キム・テウン記者]
2006022112590062584_1.jpg
"ペ・ヨンジュンも自分を調べてみる人ができたと自慢した時期があった。"'演技者発掘の鬼才'で挙げられるユン・ソクホPDがKBS2 '春のワルツ'主演で新人俳優らをキャスティングした理由を尋ねて,ペ・ヨンジュンの場合を聞いて自信を見せた。

20日'春のワルツ'記者懇談会に参加したユン・ソクホPDは"前作らよりスターパワーが落ちるというのに,ペ・ヨンジュンも'愛の要人'を初めてする時,台本練習をさせるやPDに自分を調べてみる人ができたと自慢した時があった"として"私が選択した俳優らが作品の中でよく消化されて,愛を受けるように努力することで,それ相応の材木らを発掘したと考える"と明らかにした。

ユン・ソクホPDは引き続き"仕事をするならば直観をたくさん持つようになるのにソ・ドヨン(男主人公ユン・ジェハ役)を抜てきする時もそうしたし,ミョン・セビンや新人でデビューした俳優らを何度呼んで行って,台本練習などをさせて直観が合うのか合わないのかテストしてみる"と説明した。

ユン・ソクホPDは'明日は愛'でペ・ヨンジュン,キム・ジホ,クォン・オジュンをお目見えしたし,パク・ソヒョンとイ・ビョンホンを主演で抜てきした。 '感じ'でも新人のソン・ジチャン,キム・ミンジョン,イ・ジョンジェ,リュ・シウォン,イ・ジウン,異本,ウ・ヒジンなどを出演させたし,これらを後で皆スターになった。

ウォンビンもユン・ソクホPDの'プロポーズ'を通じて,本格的な演技に入門,'秋の童話'でトップスター隊列にのぼった。 '純粋'に出演したミョン・セビンでも'光浮気心'に出演したイ・ドンゴン,チェ・ガンヒ等もユン・ソクホPDが発掘したスターだ。

一方ユン・ソクホPDの季節連作完結編で,ソ・ドヨン,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなどが出演する'春のワルツ'は来る3月6日初回放送される。

tekim@mtstarnews.com

http://news.nate.com/view/20060221n04336
-----------------------------------------------------------------------
'春のワルツ'海外でも注目
ヘラルド経済記事転送2006-02-21 16:32

ユン・ソクホPD四季シリーズ完結版記者懇談会2006年上半期最高の話題作に選ばれているユン・ソクホPDのドラマ'春のワルツ'がいよいよベールを脱いだ。

ユン・ソクホPDと製作会社ユンスカラーは20日ソウル,上水洞(サンスドン)のユンスカラー事務室で撮影場面を公開した後記者懇談会を持った。 '春のワルツ'は韓流の出発点だと評価される'秋の童話' '冬のソナタ' '夏の香り'に続く四季シリーズの対米になる作品で'ユン・ソクホ'というブランド パワーだけで日本,台湾,タイ,香港など8ヶ国にすでに輸出契約を結ぶ程国内外の関心を一身に受けている。

ユンPDは"(前作の成功で)他の人々がしてみることが出来ない有難い経験らをたくさんした"として"前作が追求したことを継続して,彼とは違った味を見せるだろう"と明らかにして新作に対する強い自信を表わした。

'春のワルツ'の主題は前作と同じことの'純粋な愛'. 同じ主題が反復されていることでないかという指摘に対してユンPDは"韓流を考慮しないわけにはいかなかった"としながら"国内には強いドラマが大多数だが,日本では'冬のソナタ'のような元気でやわらかいドラマが効果がある"と明らかにして'春のワルツ'が国外を狙って製作された作品であることを明確にした。

この日行事に参加したハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなど主人公4人衆が参加して,多くのスポットライトを受けた。 新人中心のキャスティングが弱いことではないかと質問にユンPDは"惰性に慣れたようだったし春が主題のドラマのマンクム新しいエネルギーが必要だった"として"(これらに対する)内直観が違っていないことを確認することができた"と明らかにした。

一方ユンPDは"春のワルツ作業後永らくしたかったことに飛び込むつもり"と明らかにして,今後変身を示唆することもした。 映像美学科総合芸術を追求するユンPDであるだけに映画やミュージカルなどの関連分野で領域拡張を試みることもできるというのが関係者たちの用心深い展望だ。 現在ミュージカル'冬のソナタ'は2000席規模の50回公演で日本で上演されている。

'春のワルツ'は来る28日午後2時龍山(ヨンサン)CGVで記者対象劇場試写会を開く。 ユンスカラーパク・インテク代表は"プロモーション次元の単純上映でない技術示唆になるだろう"と試写会の趣旨を明らかにした。 この日5時,7時2回に限り一般人示唆も準備中だ。

'春のワルツ'は来る3月6日KBS2を通じて,初放送される。

ホン・スンワン記者(swan@heraldm.com)

http://news.nate.com/view/20060221n06122
---------------------------------------------------------------------------
中堅キム・ヘスク,この時代母親像で人気最高!
チョニュース24記事転送2006-02-21 17:32
192605.jpg
<チョニュース24> '冬のソナタ'で韓流ブームを起こしたユン・ソクホPDの四季連作シリーズにある作品ももれなく皆勤した俳優がいて注目を集める。

まさに'バラ色人生'でメンスンがお母さんでさらに多く知らされた中堅俳優キム・ヘスクだ。 キム・ヘスクはユン・ソクホPDの'冬のソナタ'でチェ・ジウの母親に出てきたし,'秋の童話'ではソン・ヘギョの母親,'夏の香り'ではソン・スンホンの母親で登場した。 劇中チェ・ジウ,ソン・ヘギョ,ソン・スンホンなどわれこそはと思う韓流スターらを育てたわけだ。

来る3月6日初放送する'春のワルツ'(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン演出ユン・ソクホ)では女主人公ウンギョン(ハン・ヒョジュ)のお母さんヤンスン役割を受け持った。 '夏の香り'を除いては皆女主人公のお母さんの役割で登場したので,劇中キム・ヘスクの娘で登場する新人ハン・ヒョジュが先輩らのように韓流スター系統を引継ぐのか注目されている。

'春のワルツ'製作会社の'ユンスカラー'の関係者は"ユン・ソクホPDがキム・ヘスク氏でこそこの時代のお母さん上,韓国人の暖かい母親像をよく見せると考えて,着実にキャスティングした"と伝えた。

一方'春のワルツ'で男主人公ジェハ(ソ・ドヨン)のお父さん明訓逆に登場するチョン・ドンファンは'冬のソナタ'でペ・ヨンジュンの実父で,'秋の童話'ではソン・ヘギョのお父さんで出て来て四ヶの連作作品中3作品に皆出演する。

/ソク・ヒョンヘ記者action@joynews24.com

http://news.nate.com/view/20060221n06865
--------------------------------------------------------------------------------
3月ドラマ戦争,絡まって混ざった縁
OSEN記事転送2006-02-22 09:01
200602220819102101_1.jpg

200602220819102101_2.jpg
春は春であるが彼らには春が感じられることができない。 殺伐な戦場に投げ飛ばした気持ち,そのままだ。

新春激烈な‘ドラマ戦争’が起きる。 KBS 2TV ‘春のワルツ’(キム・ジヨン,ファン・ダウン脚本,ユン・ソクホ演出),MBC TV ‘王女様’(精油頃脚本,ピョ・ミンス演出),SBS TV ‘恋愛時代’(パク・ヨンでは脚本,ハン・ジスン演出)等が火花を散らすのを新しい月火ドラマらだ。 放送開始日は違っても月火ドラマ市場を置いて避けられない勝負を展開することになる。

来月6日‘春のワルツ’を始め居間を探す三ドラマは各自(それぞれ)最善の電力で出演-製作陣を構成したし各メンバー間縁も複雑に絡まっている。 気まずいところもあって愉快な設定もある。 緊張感あふれるドラマ間対決構図を探してみる。

▲ユン・ソクホ大ピョ・ミンス.

KBSが産んだ代表PD間の対決で目を引く。

ユン・ソクホPDは2002年‘冬のソナタ’で韓流劣品を起こした国際的なスターPDだ。 ここに対抗するピョ・ミンスPDは1998年‘嘘’で百想芸術大賞新人演出家賞を受けた人物だ。 ‘孤独’ ‘青い霧’に続き2004年非ソン・ヘギョ,ハン・ウンジョン主演の‘フルハウス’を演出した。 今は皆外注製作社に所属しているが二はKBSが排出した看板PDと指折り数えられる。

ユン・ソクホPDとしては意地悪な運命というほかはない。 季節連作の完結版‘春のワルツ’で“ドラマ人生の有終の美を飾る覚悟”に出てきたがよりによって一時同じ釜の飯を食べた後輩と競争することになった。 それぞれ追求するドラマ色が明確に違うから視聴者たちの選択も割れるほかはないはず。

二人の演出家の自尊心戦いは作品の完成度に連結されるために視聴者としては損をすることがないゲームだ。

▲‘恋愛時代’のソン・イェジン,‘夏の香り’のソン・イェジン.

SBS '薯童謠(ソドンヨ)'後続プログラム'恋愛時代'に出演するソン・イェジンはユン・ソクホPDとの縁のために感慨が新しい。 ソン・イェジンの最後のドラマ作品がまさにユン・ソクホPDの季節連作中夏に該当する‘夏の香り’(2003年)であるためだ。

‘夏の香り’を最後にドラマを離れたソン・イェジンは映画‘私の頭の中の消しゴム’(2004年)で映画俳優としての位置づけを固めたし2005年‘外出’で韓流スター隊列に,‘作業の定石’で興行俳優の隊列に合流した。

こういうソン・イェジンが久しぶりにブラウン管に帰ってくるのによりによって競争作が‘春のワルツ’だ。 ユン・ソクホPDと共にした‘夏の香り’はソン・イェジンのドラマ代表作ではないのか。 ソン・イェジンとしては‘恋愛時代’がうまくいくべきだがこれによってひょっとして‘春のワルツ’が傷を負うならばそのまた楽ではないことだ。

▲映画大ドラマ.

映画監督が作るドラマと専門ドラマ演出家らが作るドラマという対決構図もある。 SBS ‘恋愛時代’は厳密に‘居間にかかる映画’としても大きく無理がないほど構成員大部分が映画界人物だ。

脚本を書くパク・ヨンでは作家は映画‘同年齢課外下記’のシナリオを使ったし演出家のハン・ジスンは‘ゴーストマンマ’ ‘煮物’ ‘一日’等の映画を作った映画監督だ。 出演俳優も同じことだ。 ソン・イェジンと呼吸を合わせるカム・ウソンは史上最大興行作に向かって走っている映画‘王の男’の主演俳優だ。 2002年MBC TV ‘ヒョンジョン愛している’出演を最後に‘結婚は狂ったことだ’ ‘クモの森’ ‘大胆な家族’等最近では映画中心の活動だけした。

これに比べて,ユン・ソクホ,ピョ・ミンスPDはドラマ専門演出家だ。 しかもユン・ソクホPDは‘春のワルツ’でドラマ演出の対米をたたんで映画監督デビューを夢見ている。 ドラマ界と映画界が一勝負自尊心をかけるところだ。

▲ダニエル・ヘニーとチョン・リョウォンも分かれたよ。

MBC TV ‘私の名前はキム・サムスン’で直ちにスターダムに上がった2人の俳優も分かれた。 ダニエル・ヘニーとチョン・リョウォンだ。 劇中では最後にカップルで結ばれたが春ドラマでは競争者になった。

ユン・ソクホPDの‘春のワルツ’にキャスティングされたヘニーはオーストリアのお父さんと韓国人お母さんの間で生まれたフィリップ役を担って,音楽を愛して人生は楽しむことができる青年を演技する。 前作の‘私の名前はキム・サムスン’と大きく異ならなかったイメージだが,劇が進行されるほど深みある人物に変貌して行く。

チョン・リョウォンはMBC ‘王女様’の主演俳優だ。 キム・レウォンと呼吸を合わせるチョン・リョウォンはキム・レウォンが愛する初めての愛と身分がかくされた山奥少女という1人2役を耐えられる。 キム・レウォンの死んだ恋人をそっくり真似た山奥少女がチョン・リョウォンが引き受けた駅だ。

'キム・サムスン'の余興を抱いている視聴者たちは比較的愉快な心情でヘニーとチョン・リョウォンが俳優に成長していく姿を見守ることができるようになった。

カン・ヒス記者100c@osen.co.kr<写真>去る20日製作発表会を持った‘春のワルツ’(左側からダニエル・ヘニー,ハン・ヒョジュ,ユン・ソクホPD,イ・ソヨン,ソ・ドヨン)とSBS恋愛時代(下写真).

http://news.nate.com/view/20060222n21390

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3813-a865f038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード