FC2ブログ

2019-08

「春のワルツ」放送前の記事 その9

'春のワルツ'劇場で映画のような試写会開いて
Y-STAR記事転送2006-03-01 11:49
200603010832566188.jpg
昨日ソウル,龍山(ヨンサン)CGVで'春のワルツ'試写会および記者懇談会が開かれました。

この席には演出者のユン・ソクホPDをはじめとして,主要出演陣のソ・ドヨン,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンそして子役演技者らが参加しました。

ユン・ソクホPDの四季連作シリーズの最後の方の'春のワルツ'に対する関心もすごくて,国内言論はもちろん,日本,マレーシア,インドネシア,フィリピンなどの海外言論まで200人余りを越える報道陣が集まりました。

試写会では'春のワルツ' 1編を上映したし,キム・ギョンナン アナウンサーが司会を担当した記者懇談会では質疑応答が続きました。

20部作で作られる'春のワルツ'は来る6日初放送されます。

イメージを押せば動画を見られます。

http://news.nate.com/view/20060301n02055
----------------------------------------------------------------------
'春のワルツ',韓流の王座を狙う
Y-STAR記事転送2006-03-01 12:09
200603010935096789.jpg
[アンカーコメント]

すでに3月です。 今日雪が降った所もあるが誰がなんと言っても3月は春の開始ですね。 全てのものが新しく始める春に皆さんも新しい期待を抱かれそうですが,ドラマ ファンたちならば多分この作品を切なく待ったでしょう。 まさに'春のワルツ'です。 今日はキム・キジュン記者とともに話し合ってみます。

[質問]'春のワルツ',題名のように本当に春とよく似合うドラマだと思うがもう春になったからまもなく会えるでしょう?

[返事]来る6日から毎週月曜日,火曜日に視聴者たちを訪ねて行く予定です。 昨日ソウルのある劇場で試写会を持ったんですけれど,その現場共に布施でしょう。

こちらはドラマ'春のワルツ'試写会が開かれたソウルのある劇場ですが,事実映画でないドラマの試写会を劇場で開くということ自体が多くないことでしょう。 それだけこのドラマがどれくらい大きい関心を受けているのか言うと見ることができるんですが,昨日試写会でもそのような関心を反映して,本当に多くの方々が来られました。 国内取材陣だけでなく日本,マレーシア,フィリピンなど韓流が影響を及ぼしている各国から来た取材陣らをすぐ見つけられました。

昨日試写会では'春のワルツ'予告篇と共にオーストリアで撮影した1回を上映したんですけれど,'ドラマ'の主人公らの所感を聞いてみました。

[インタビュー:ソ・ドヨン,ユン・ジェハ役]"こんにちは。 ユン・ジェハ役を担ったソ・ドヨンです。 暖かくて美しい春を待つ多くの方々に春のワルツが新しくて新鮮な贈り物に近付くことができることを期待します。 ありがとうございます。"

[インタビュー:ハン・ヒョジュ,パク・ウンギョン役]"こんにちは。 パク・ウンギョン役を担ったハン・ヒョジュです。 初めてパク・ウンギョンの姿で皆さん前に立ったが緊張してたくさん震えますね。 今日見る姿よりより良い姿見せて差し上げるように努力するから'春のワルツ'期待たくさんして下さい。"

[インタビュー:イ・ソヨン,房や駅]"こんにちは。 '春のワルツ'見にきて下さって感謝申し上げて,私は房も役を担ったイ・ソヨンです。 熱心にしますね。 見守って下さい。"

[インタビュー:ダニエル・ヘニー,フィリップ役]"こんにちは。 フィリップ役を担ったダニエル・ヘニーです。 うれしいです。 感謝申し上げて,良い時間送られるように願います。"

[質問]主演俳優らの活気に満ちる姿を見るから本当に期待されます。

'春のワルツ'がこのように大きい注目をあびる理由はどうしても演出を引き受けたユン・ソクホPDの球が最も大きいのではないかと思う気がするんですが,以前作品であまりにも大きい成功を収めたので今回の作品も周辺の関心がすごいでしょう?

[返事]そうです。 ご存知なようにユン・ソクホPDは'冬のソナタ','秋の童話'などで韓流のブームを編み出した監督ですが,'春のワルツ'がその作品をつなぐ四季シリーズの完結編だから国内外言論らが特にこの作品に注目していることでしょう。 その間何回撮影現場を公開したりもしたが昨日試写会でどんな色を帯びている作品なのか確認できました。

ちょっと前に申し上げたように'春のワルツ'はオーストリアでドラマの相当部分を撮影しました。 既存の'秋の童話'や'冬のソナタ'で感じることができたあたかも風景画で感じられる叙情的な雰囲気は'春のワルツ'でも例外でありませんが,他の点があるならばエキゾチックなヨーロッパを背景にしているという点でしょう。 昨日公開された試写会映像でまさにその点を確認できました。 オーストリアの都市と田舎を最先端の映像装備を使って,ユン・ソクホPD特有の童話的な感じを受けることができるそのようなドラマでした。

[インタビュー:ユン・ソクホPD]Q)オーストリアで撮影したが?
A) "'春のワルツ'という題名と一致する面が最も大きいメリットであったようです。 普通外国でドラマを撮影すれば都市でたくさんとるのにヨーロッパで都市だけでなく自然風景を入れたかったです。"

'春のワルツ'はまさにこのように美しいヨーロッパを背景に会った二人の男女がお互いの傷を治癒していく過程を描いているんですが。 '秋の童話'や'冬のソナタ'とは違ったまた他の魅力を感じることができる作品ということができます。

[質問]もちろんユン・ソクホPDの演出力やヨーロッパの美しい風景も'春のワルツ'が注目される理由だが,この作品に出演する俳優らの面々も関心事であることのようです。

[返事]そうです。 事実ユン・ソクホPDの作品にはトップスターらが登場する場合が多かったでしょう? ペ・ヨンジュン氏やチェ・ジウ氏,ソン・イェジン氏,ソン・スンホン氏. 皆韓流のモデルになったトップスターらなのに'春のワルツ'はハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン氏など新人級俳優らを起用して,むしろより大きい注目をあびましたよ。 俳優らの話を聞いてみました。

[インタビュー:ハン・ヒョジュ]"電話通知を受けた時,本当に信じられなくて"本当です? 私が主人公だといって?"と問い直したし,オーストリアに行く空港でも"私が本当に行くのが合うんですか?"とずっと尋ねるほど。"

[インタビュー:ソ・ドヨン]"俳優に正解を知らせるよりそのような道を自ら探すようによく導いて下さい。 事実私が演技を初めてすることと違わないのに正解をくれたとこのように発展する姿を見せるのが難しかったことのようです。"

[インタビュー:ダニエル・ヘニー,フィリップ役]Q)ドラマを撮影して難しかった点は?
A) "最も難しいのは台本リーディングでした。 皆集まって,リーディングをするのに他の俳優らがあまりにもにはやく読むからどのあたり読んでいるのか確認するのが難しかったんですよ。"

[質問]最後までも主人公になったことを実感できなかったというハン・ヒョジュ氏,そしてまだ韓国での演技が難しいというダニエル・ヘニー氏の話を聞くから役割にぴったり合う俳優らを探して,一つの作品を作り出すユン・ソクホPDの能力が本当にすごいという気がします。

[返事]そうです。 まさにそうした点ためにこの作品がこの程度で大きい注目をあびていたりもしたことでしょう。 '春のワルツ'は放送前から海外で話題になっただけ以前作品らよりもはるかに多くの海外ファンたちに愛されそうですが,なにとぞ韓流を持続させて広めるのに大きい役割をしたらと思います。

私も'春のワルツ'の成功を祈ります。 今日お言葉ありがとうございます。

イメージを押せば動画を見られます。

http://news.nate.com/view/20060301n02230
------------------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’1回通じてみたハン・ヒョジュ スターの可能性は?
マイデイリー記事転送2006-03-01 14:39
200603011427111110_1.jpg
'春のワルツ'ハン・ヒョジュ スターの可能性は?

[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者] 3月6日初回放送されるKBS月火ドラマ‘春のワルツ’がいよいよ姿を表わした。 2月28日ソウル,龍山(ヨンサン)CGVで国内外記者400人余りが参加した中で開かれた‘春のワルツ’試写会では1回分をお目見えした。

成人男女主人公(ソ・ドヨンとハン・ヒョジュ)がお互いを知れないまま再会するオーストリアでの場面と不遇だった幼い時期二少女の出会いと切ないことが切なる全南(チョンナム)小さい島の姿が交差編集されて‘春のワルツ’キャラクターの性格と今後の事件展開を暗示する部分が1回であらわれた。

初回分での女主人公ウンギョン役を担ったハン・ヒョジュは彼女の初めてのドラマ主演,それもユン・ソクホPDの季節連作シリーズの完結版の‘春のワルツ’の主役を演じたことに対する負担感は見られなくて新人らしい荒っぽい演技力を見せた。

台本練習が始まって‘春のワルツ’の女主演がオーストリア海外撮影をわずか何日目前にした時点でソン・ユリでハン・ヒョジュで電撃交替させられて,あちこちで憂慮の声が出てきた。 検証されなかった演技力に‘ニュノンストプ’出演が全部であった硝子新人ハン・ヒョジュが以前のユン・ソクホPDの‘秋の童話’ ‘冬のソナタ’ ‘夏の香り’の光栄を再現して韓流のまた他の起爆剤役割になるかに対する疑問が高かったのだ。

また以前のソン・ヘギョやチェ・ジウ,ソン・イェジンのスター性に大きく遅れるハン・ヒョジュが果たして‘春のワルツ’の人気を牽引できるかに対する憂慮も提起された。 ここに‘春のワルツ’の前作の‘夏の香り’が二作品‘秋童話’ ‘冬のソナタ’より相対的に低調な視聴率を記録したのもハン・ヒョジュ キャスティングに対する心配を持つようにした要因として作用した。

だがスクリーンで繰り広げられる‘春のワルツ’が進行されて,このようなハン・ヒョジュの憂慮は期待で代替された。 もちろんドラマは22回すべての分量が終わってこそ出演演技者に対する完全な評価ができるが初回分で評価できるのは新人ハン・ヒョジュが期待以上の荒っぽくて新鮮な演技を披露したということだ。

明らかに容貌の部分では以前のソン・ヘギョ,チェ・ジウ,ソン・イェジンのように清楚なイメージと距離がある。 ハン・ヒョジュはもしかしたら印象的な目と目つき外には平凡な雰囲気の容貌だ。 ユン・ソクホPDはイ・ビョンホン,ペ・ヨンジュン,リュ・シウォン,コ・ソヨン,ミョン・セビンなど新人らを起用して,スターで作った非凡さを今回の‘春のワルツ’でも再演しようとするようにハン・ヒョジュの新しい容貌とイメージを初回でたくさん見せた。

以前の季節連作シリーズの女性らが男性に至純な愛を見せる一本調子の性格だったらハン・ヒョジュが引き受けたウンギョンというキャラクターは非常に多面的だ。 明るさと可愛気,がめつさ,そして女性らしさが複合的にあらわれる人物だ。 ハン・ヒョジュはこのような複合的感情を容貌と演技で無難に消化した。

清純で至純な容貌よりは自身の人生を闊達に開拓やり遂げるウンギョンというキャラクターがハン・ヒョジュに会って,生命力を見せたのだ。 初回分試写会で新人らしくない同僚演技者との視線調和や状況に自然に溶け込んでいく雰囲気を演出した。

もちろんセリフの正確性やキャラクターを完全に具現するセリフ演技には不足することを表わしたがこの部分はユン・ソクホPDの叙情的でスタイル的な映像が後押しをして不自然さを感じないようにしている。

時代感覚に合うキャラクター,そして新人としての新鮮さと荒っぽさ,以前の季節連作シリーズの女主演と違う雰囲気と容貌,ユン・ソクホPDのハン・ヒョジュを表わすあきれた映像などが交わって,ハン・ヒョジュはスター化の可能性を高めた。

果たしてハン・ヒョジュが会が繰り返すほど発展した姿を見せて‘春のワルツ’が終わって第2のチェ・ジウ旋風を起こしてスターいや韓流スターに新たに出るのかとても気がかりだ。

['春のワルツ'初回分試写会でスター化の可能性を見せた女主演ハン・ヒョジュ. 写真=ハン・ヒョクスン記者hanfoto@mydaily.co.kr]

(ペ・クンナム大衆文化専門記者knbae@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060301n02865
---------------------------------------------------------------------
帰ってきたドラマ上手ら“チャンネル固定!”
ハンギョレ記事転送2006-03-01 18:44

[ハンギョレ]
03068198_20060302.jpg
今春火花散るドラマ戦争が始まる。 地上波3社らが有名監督と作家,スター俳優を動員して作ったドラマを相次いでお目見えすること。 製作陣や出演陣は視聴率競争で血がにじむだろうが,視聴者としてはチャンネルをどこに固定するべきか幸せな苦悶に陥ることができる機会だ。

一番最初に火ぶたを切った作品は<嘘> <バカな愛> <花より美しくて>ロ‘ノ・ヒギョン廃人’まで作り出したノ・ヒギョン作家の<グッバイ ソロ>(演出機敏数ファン・インヒョク). 韓国放送2テレビ水木ドラマ<黄金のリンゴ>後続で1日から放送に入った。 その間実験的な要素らでドラマ警戒(境界)を広げてきたノー作家は今回は形式でも破格を宣言した。 チョン・ジョンミョン,ユン・ソイ,イ・ジェリョン,キム・ミニ,離韓,ナ・ムニ,ペ・ジョンオクなど主人公だけ7人もなる。 作家は映画<ラブ アクチュアルリ>私米国ドラマ<ロースト>のように多重ストーリーラインを選んで,痛みとミステリーを大事に保管した主人公らの人生を各自の時点で解いていくものの,‘関係’に深く掘り下げることによって新しい世の中を見るを試みる。

引き続き6日初めて電波に乗る韓国放送2テレビの<春のワルツ>(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン)は季節シリーズで有名なユン・ソクホ ディレクターの作品. 季節連作完結編でこのドラマを製作中であるユン ディレクターは“完結編という点のためにそのいつの時より作品完成度に気を遣っている”と去る28日開かれた<春のワルツ>試写会で明らかにした。

試写会ではオーストリア現地で撮影した場面を中心に展開する1回と予告篇が上映された。 ユン ディレクター特有の叙情性濃厚な映像美とソ・ドヨン,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなど新人演技者らの淡泊な演技が交わった。 このドラマはメロー物としては多量の金の50億ウォンの製作費が投入される予定だ。

その来週初めの13日には文化放送が<フルハウス> <バカな愛〉を作ったピョ・ミンス ディレクターの<君はどの星からきたの>(脚本精油頃)を月火ドラマで前に出す。 <君はどの星からきたの>増えた鷹作品ごとに独特の映像言語をお目見えしてきたピョ・ミンス ディレクターが韓国放送を離れて,初めて文化放送を通じて,視聴者たちを訪ねて行く作品. 映画監督チェ・スンヒ役を担ったキム・レウォンは1年余りでドラマに出演して,チョン・リョウォンが1人2役でキム・レウォンと共に呼吸を合わせる。 このドラマやはり初回から視聴者たちの目(雪)をひきつけるためにオーストラリア現地撮影を行ってきた。

引き続き文化放送は水木ドラマ<宮>後続で(脚本キム・キュワン,演出パク・ソンス)を22日から放映する。 このドラマは<ピアノ> <春の日>ウイ,キム・キュワン作家と<勝手にしやがれ> <震える胸>ウイ,パク・ソンス ディレクターが共に作って,話題になっている。 また2002年若い視聴者たちの熱狂を受けた<勝手にしやがれ>ウイ,ヤン・ドングンとパク ディレクターが3年6ヶ月ぶりにまた呼吸を合わせるという点も関心事だ。 暴力組織の中間ボス カン月高(ヤン・ドングン)がにせ物医師振舞いをしながら広がるエピソードを描いたこの作品は,昨年ハン・ガインが女主人公キム柔懦役を担って,カン月高とロマンスを広げる。

地上波3社の中で最も遅れた4月3日初放送を始めるエス・ビー・エス月火ドラマ<恋愛時代>(脚本パク・ヨンでは,演出ハン・ジスン)も関心を集める作品だ。 映画<一日> <ゴーストマンマ>を作ったハン・ジスン監督と<同年齢課外下記>ウイ,パク・ヨンでは作家が手を握って映画のようなドラマを作り出すという計画だ。 特にこのドラマは観客数1100万を突破して歴代興行記録2位に登板した<王の男>から自由な役者長生役を担って,好評受けたカム・ウソンと,俳優ソン・イェジンが主役を演じた。 <恋愛時代>増えた離婚した20代夫婦カム・ウソン,ソン・イェジンが別れた後にも相変らず愛のひもを放すことができない姿を描くロマンチック メロー. カム・ウソンが書店北マスター駅を,ソン・イェジンが水泳選手出身スポーツ講師役を担って,独特の愛の物語を広げる予定だ。

ユン・ヨンミ記者youngmi@hani.co.kr

http://news.nate.com/view/20060301n04309
---------------------------------------------------------------------
'春のワルツ'新人ら,なぜ彼らをキャスティングしたのだろうか?
Y-STAR記事転送2006-03-01 19:59
200603011634524796.jpg
[リポート]

今日だけでも花冷え寒さが奇襲を(鳴らす,轟く)振り切ったが,このドラマでは春がすでに訪ねてきたようですね。 ユン・ソクホPDの'春のワルツ'が記者懇談会をしました。 映画試写会劣らなかったというんですが,現場で行ってみましょう。

[インタビュー:ソ・ドヨン,ユン・ジェハ役]"ユン・ジェハ役を担ったソ・ドヨンです。"

[インタビュー:ハン・ヒョジュ,パク・ウンギョン役]"こんにちは。 パク・ウンギョン役を担ったハン・ヒョジュです。"

[インタビュー:イ・ソヨン,房や駅]"私は房も役を担ったイ・ソヨンです。"

[インタビュー:ダニエル・ヘニー,フィリップ役]"こんにちは。 フィリップ役を担ったダニエル・ヘニーです。 うれしいです。"

オ? 映画館キップ売場の前にドラマ ポスターがついている? 見慣れない風景ですが。

ドラマ'春のワルツ'を劇場で上映するといいます。 おもしろいですよ。 中を覗いて見ましょうか?

俳優らが入場します。 映画のような四季連作の最後の方'春のワルツ'試写会全(前),ユン・ソクホPD所感どうですか?

[インタビュー:ユン・ソクホPD]"大長征の開始です。 たくさん手伝って下さい。"

国内取材陣はもちろんだし,日本! フィリピン! マレーシア! インドネシアをはじめとする海外取材陣らまで。 取材陣だけでも200~300人にされたというと驚くべきですね。

'春のワルツ'新しい風を追い立てる韓流ドラマが確実だと思いますね。

'春のワルツ'! 題名もワルツではないですか。 ワルツの故郷はどこ? オーストリアでしょう。

美しいオーストリアを背景に風景画のような叙情的雰囲気.

やわらかい色感らが交わる映像美いっぱいである1回が上映されます。

ダニエル・ヘニー,ハン・ヒョジュの劇中初めて出会いもなされてよ。

ダニエル・ヘニー,フィリピン ファンが多いという言葉に笑って,スペシャル メッセージ,特別なメッセージを伝えたし,インドネシア取材陣には劇中ハン・ヒョジュと自身の初めての出会い撮影裏話. 演技所感を伝えました。 ハン・ヒョジュと演技呼吸もてきぱき合うようです。

この日,声が騒々しいほどカメラ フラッシュが最も多くさく烈して,国内,海外言論らの質問もあふれて,一部では第2のヨン様ではないのかという推測(?)道(ド)出てきています。

ユン・ソクホPDの作品に出演した俳優らは皆韓流スターになりましたよ。 それなら今回の'春のワルツ'で新しい韓流スターに挑戦するソ・ドヨン,ハン・ヒョジュ,ダニエル・ヘニー,そしてイ・ソヨンはどのように! なぜ! ユン・ソクホPDの眼に触れたでしょうか?

[インタビュー:ユン・ソクホPD]Q)ハン・ヒョジュをキャスティングある理由は?
A) "初めに私が見ようといいました。 見たが印象がたくさん残りました。 一応台本を読んだが,感じが良かったです。"

Q)ソ・ドヨンをキャスティングした理由は?
A) "目つきが深いです。 うれしい感じと悲しい感じる。 艶がない感じる。 幼い時期艶がない感じを与えるべきなのに..."

そうですね,艶がないように感じられられるんですか?

Q)イ・ソヨンをキャスティングした理由は?
A) "都会的な感じがあって,ウンギョンと対応になって,行き過ぎた悪役ではなくて,インテリジェンスと洗練されて..."

Q)ダニエル・ヘニーをキャスティングした理由は?
A) "私が見ることが出来ない表情のようなものがありましたよ。 度々目にありありと浮かんでそれで私が最初からキャラクターを一つ作りました。"

幸運を握ったこれら,出演確定消息を聞いてどうだったでしょうか?

[インタビュー:ハン・ヒョジュ]Q)主演でキャスティングされたと聞いた時?
A) "電話通知を受けた時,本当にミッキョジジしなくて"本当ですか? 私が主人公だといって?"と問い直したし,ずっと尋ねましたよ。

個人的にハン・ヒョジュ氏期待されるんですが,'冬のソナタ','秋の童話','夏の香り'の清純可憐型の主人公らとは違ったりりしいながらも,女性らしい姿はやく見たいです。

幼い時期傷を治癒して,許す過程を美しく描いていく'春のワルツ'来る6日放送されます。

イメージを押せば動画を見られます。

http://news.nate.com/view/20060301n04776
------------------------------------------------------------------
放送3社今春新しいドラマら,メローが強勢!
ニュースエン記事転送2006-03-02 09:55
200603011824491001_1.jpg

[ニュースエン パク・ミエ記者] KBS MBC SBSなど放送3社が春を迎えて,新しいドラマで視聴者の居間門を叩く。 今回新しくライノプトェンドラマらはメロー物が大部分だ。 これで多くの作品らが愛の物語で視聴者たちの感受性を刺激する計画だ。 その最初でカム・ウソン,ソン・イェジン主演のSBS月火劇‘恋愛時代’(脚本パク・ヨンでは/演出ハン・ジスン)がある。 ‘恋愛時代’は離婚した20代夫婦の話で別れても相変らず愛する二人がお互いの私生活におせっかい(口出し)するなど独特の縁を継続する。 ‘薯童謠(ソドンヨ)’後続に放送される‘恋愛時代’は総16部作で来る3月末に放送される予定だ。 SBS樹木劇‘不良家族’(脚本イ・ヒミョン/演出誘引式)はSBS水木ドラマ‘天国の木’の後続作で来る15日初回放送される。 ‘不良家族’は9才少女のためににせ物家族行ない(振舞い)をする人々の話を扱ったコミックヒューマンドラマだ。 何よりKBS ‘不滅のイ・スンシン’に出演したキム・ミョンミンが劇中で前職ごろつきであり失業者で180度変身を試みる展望なので関心が集められる。 またKBS 2TV新しい樹木劇‘グッバイ ソロ’(脚本ノ・ヒギョン/演出機敏数)が1日初回放送された。 ‘グッバイ ソロ’は私生子民戸(チョン・ジョンミョンの方),欠損家庭の随喜(ユン・ソイの方),遊び人あらかじめ(キム・ミニの方),ごろつきホチョル(イ・ジェリョンの方),嘘をつくヨンスク(ペ・ジョンオクの方),話せない米英(ナ・ムニの方)等の主人公らを通じて,人生の美しさと大切さを話す。 ノ・ヒギョン作家の作品であるだけにKBS ‘花より美しくて’劣らない感動を感じることができるようだ。 6日初回放送されるKBS 2TV月火劇‘春のワルツ’(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン/演出ユン・ソクホ/出演ハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,ダニエル・ヘニー,イ・ソヨン)に対する視聴者たちの期待も大きい。 ‘春のワルツ’は南の島の小さい島で会った少年と少女がお互いに力になって頼って過ごして別れることになり15年ぶりにまた会って繰り広げられる話を描いている。 ‘春のワルツ’はユンPDの最後の季節連作シリーズという事実だけでも話題になったが女主人公選定作業ですでに一度大変な苦労をしたことがある。 女主人公役を握った新人タレント ハン・ヒョジュの成長も期待される作品だ。 MBCでは月火劇‘君はどの星からきたの’(脚本精油頃/演出ピョ・ミンス)と週末劇‘本当に本当に好んで’が視聴者たちを探す。 13日初回放送される月火劇‘君はどの星からきたの’は外国留学中,恋人の死で苦しんだ一人の男が江原道(カンウォンド)辺境地山奥で死んだ自身の恋人と似ていた少女に会うことになって広がるストーリーを描いている。 男女主人公に各々キム・レウォンとチョン・リョウォンが確定したしキム・レウォンが延期(演技)するチェ・スンヒはシナリオ作家であり映画監督だ。 チョン・リョウォンは劇中でキム・レウォンの死んだ恋人と辺境地山奥少女で1人2役を演技することになる。 また4月1日初回放送されるMBC新しい週末劇‘本当に本当に好んで’(脚本はい乳米/演出キム・ジンだけ)は青瓦とおり間山奥娘ヨ・ポンスンの波瀾万丈奮闘期を描く。 その中で大統領警護員ナム・ポンギとの猟奇溌剌なラブストーリーも期待される作品だ。 しかし‘本当に本当に好んで’というこの前女主人公を引き受けたユジンの八浮上(負傷)で撮影日程が延期になる困惑している状況に直面している。 しかしそれよりさらに困惑している事実は放送3社に新しくライノプトェンドラマら中選んで,視聴することだ。 一度に二編以上の作品を鑑賞することはほとんど不可能だ。 もちろん録画や再部屋を通じてみる方法もあるが視聴率競争を意識して‘本邦死守’を叫ぶこの頃視聴者たちに録画や再部屋はそれほどおもしろい視聴法でない。 ドラマを楽しむ視聴者たちはどんなドラマを見るのか新しいドラマに対するあれこれを几帳面に整えておくセンスが必要なようだ。 (写真説明=左側の上時計方向で‘グッバイ ソロ’ ‘恋愛時代’ ‘君はどの星からきたの’ ‘春のワルツ’)パク・ミエorialdo@newsen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060302n23489
-------------------------------------------------------------------------
ハ・ジウォン・オム・ジョンファ・ソ・ユジン・ソ・ドヨン'ピアノ線率,感動濡らす'
経済トゥデイ原文記事転送2006-03-02 10:44

(ゴーニュース=ペク・ミンジェ記者)今春,ピアノ旋律がスクリーンとブラウン管を濡らす。

オム・ジョンファとハ・ジウォンはスクリーンで,ソ・ユジンとソ・ドヨンはブラウン管で各々ピアノ演奏をお目見えする。

昨年'私の生涯最も美しい一週間','オーロラ姫'などで猛活躍したオム・ジョンファは来る4月封切り予定の映画'ホロヴィッツのためで'(監督権衡陣,製作サイダスFNH)でピアノ講師役に登場する。

オム・ジョンファはこの映画でピアニストになろうと思ったピアノ学院講師で登場する。 彼女は今回の映画のためにピアノを直接学ぶこともした。

今年前半期封切り予定の映画'バカ'(監督キム・ジョングォン,製作ワイ口調ワイアー)にキャスティングされたハ・ジウォンもピアノ三昧に陥っている。 劇中ピアニスト役を担ったハ・ジウォンは普段懇意にしていたノ・ヨンシムから一日に3時間ずつピアノ教習を受けていると。

またソ・ユジンは現在放映中のKBS1週末劇'ソウル1945'(脚本離韓号チョン・ソンヒ,演出輪唱犯幽玄期)で親日政治が門庭観(キム・ヨンチョルの方)の男兄弟がない一人娘でありピアニスト文石頃役を担って,熱演を広げている。

その間ドラマとシチュエーションコメディ等を通して可愛くて率直なキャラクターをお目見えしてきたソ・ユジンは,'ソウル1945'で貴工女役を担って,多少重いキャラクターを延期(演技)している。 特に劇中ソ・ユジンのピアニスト演技は以前溌刺としてピョンピョンはねるソ・ユジンのイメージ変身に輝かしい功績を立てて,視聴者たちに好評を受けている。

KBS2新しい月火ミニシリーズ'春のワルツ'(演出ユン・ソクホ,脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン)で主演でキャスティングされたソ・ドヨンやはりピアニスト役を担った。 特にソ・ドヨンは当初の役割がチェリストだったと。 チェロの基本的な演奏ができるまでの時間がとてもかかって,ピアニストで設定が変わったということだ。

ほぼ同じ時期にスクリーンとテレビ劇場でピアノ実力をお目見えするこれらの姿に関心が集められている。

nescafe@gonews.co.kr

http://news.nate.com/view/20060302n03034
---------------------------------------------------------------------------
3月‘ドラマ大戦’
文化日報記事転送2006-03-02 15:59

(::KBS ‘春のワルツ’ MBC ‘君はどの星からきたの’::)

KBSとMBCのドラマ戦争が3月を基点に本格始まる。 二放送会社がスターと派手な映像美などを前に出して‘血さく烈する’戦いを行っている間SBSはしばらく‘休眠期’に突入,4月以後大作で勝負するという計画だ。

KBSとMBCは今月の初めから月~首黄金時間帯ベテランPDと新世代スターらを投じたドラマを集中編成して,先日を辞さない。 仮装ボールほど戦いは月火ミニシリーズ. KBS 2TVは‘冬のソナタ’で一気にスターPDで背伸びしたユン・ソクホPDがメガホンを取った‘春のワルツ’を6日放映する。

季節シリーズの完結編のこのドラマを通じて,ユンPDの派手な映像美が再現される予定. 映像ぐらい美しい視線を受けているダニエル・ヘニーとソ・ドヨン,ハン・ヒョジュなど新世代スターらが愛方程式を解いていく。

MBCはKBSより1週間遅れた13日‘君はどの星からきたの’(写真右側)を放映する。 人間の心理を鋭く捕らえて切ない愛をより一層切なくさせる手並みが優れたピョ・ミンスPDとキム・レウォン,チョン・リョウォンなど演技に草木が水分を吸い上げたスターらが合流した。 KBSの一歩先に立った放映は樹木ミニシリーズでも続く。 それだけ‘自信がある’ということで,先に放送で視聴率を奪われないという計算が敷かれていると見られる。

1日KBS 2TVで放映された‘グッバイ ソロ’は‘嘘’ ‘バカな愛’でマニア層を確保しているノ・ヒギョン作家の作品.ノ・ヒギョン特有の大使と作品性が精一杯期待される。 これより20日ほど遅れたMBC水木ドラマ‘Dr.キャンと’(22日予定)やはり‘勝手にしやがれ’を通じて,マニア層を量産したパク・ソンス監督が出たという点で注目される。 今回もヤン・ドングンをのこぎりで前に出して‘事実演技’ウイ真髄をお目見えする予定.二つの放送会社の今回の‘3月大田(テジョン)’は色々な面で心理戦様相を帯びることになる可能性が高い。 まずユン・ソクホPDとピョ・ミンスPDがKBS先後輩出身なのに加え,‘君はどの星で…’の精油頃作家が昨年まで‘春のワルツ’を作業してきたため。 本当に作家が‘春のワルツ’ウイ流れを読んでいる以上,ある程度自身のドラマに勝算をかける可能性が高い。

視聴者立場では‘映像美’のユンPDと‘ストーリー’の票(表)PDの対決局面を見守るのもまた他の面白味だ。 特に二つの放送会社の樹木ミニシリーズらがあまりにも中毒性強い作品性香餌強くて,もう一度‘マニア大乱’を起こす‘憂慮’(?)道(ド)感知される。

一方SBSは二つの放送会社の緻密な対決様相を見守った後,4月頃一回当たり2500万ウォンにキャスティングしたソン・イェジン主演の‘恋愛時代’と5月頃350余億ウォンの製作費が投入される史劇‘淵蓋蘇文’でドラマ王国の位置づけを完全に構築するという計画だ。

キム古今評記者danny@munhwa.com

http://news.nate.com/view/20060302n06214
--------------------------------------------------------------------------
ドラマ‘春のワルツ’初めての示唆
京郷新聞記事転送2006-03-02 17:59
6c0320b.jpg
‘春のワルツ’主役を演じたハン・ヒョジュ(左側)とソ・ドヨン.
劇場試写会を通じて,初回が公開されたユン・ソクホPDの新しいドラマ‘春のワルツ’は‘冬のソナタ’等前作らの香りをそのまま生き返らせた柔らかいロマンスだ。 既存の幻想的で最高の純真な愛物語を望む視聴者たちを満足させることはできるが,ややもすると前作を踏襲する水準で終わる素地も少なくなく見えた。

したがって今後劇的構成の新鮮度と密度が今回の季節連作の成功的仕上げを判断する尺度になる展望だ。 ユンPDは“以前まで‘愛’自体に集中したとすれば人物の傷を治癒する‘和解’と‘容赦’を具現して,領域を拡張させたい”と差別性を強調した。

先月28日ソウル,龍山(ヨンサン)CGV. HD映画用カメラを採用して,卓越した映像美を誇示した‘春のワルツ’試写会には日本,フィリピン,マレーシアなど外信を含んだ取材陣および関係者400人余りが集まって,盛況を成し遂げた。 ドラマが始まればオーストリアのエキゾチック風景が画面を満たして,続いて幼い時期離れた初恋(ソ・ドヨン)を描く二字余り(ハン・ヒョジュ,イ・ソヨン)から話は出発する。 男は同一人物でもあり他の人でもある。 秘密に囲まれた幼い時どんな事件が二字余りに他の傷を残したためだ。 お父さんが二人男の秘密は初回で比較的はやく視聴者にヒントをあげて,近い将来ベールを脱ぐことだと予告する。 あまりに難しくはなく大衆と会うという意図だ。 二重で重なった男主人公キャラクターは‘冬のソナタ’の神秘感をつなぐ延長線だ。

ドラマはこれら三人の男女にピアニストの主人公のマネジャー(ダニエル・ヘニー)を加えて,4人間に交錯する偶然と愛が緊張感あるように演出される。 特に注目が行く人物は新鋭ハン・ヒョジュ. りりしいながらも,きれいな感性の配役を無理なしで解きほぐして,今回の作品を通した急成長が見える。 ダニエル・ヘニーは以前のイメージに比べて,一層積極的で闊達な役割に挑戦して,また他の魅力をお目見えする予定だ。 KBS 2TVで6日初回放送.

<ソン・ヒョングク記者hanky@kyunghyang.com>

http://news.nate.com/view/20060302n07528
----------------------------------------------------------------------
[OSENイシュー]銃声ない戦争,3月ドラマ三国志
OSEN記事転送2006-03-04 10:06
200603040939302101_1.jpg
[OSEN=カン・ヒス記者] 3月ドラマ戦争が始まった。 月火と樹木劇で代表される空中波3社のドラマ野心作らが一つ二つ居間を探す。 来週初め放送されるユン・ソクホPDの‘春のワルツ’を始め春ドラマ大国は熱戦に駆け上がる。

月火劇ではKBS 2TV ‘春のワルツ’(キム・ジヨン,ファン・ダウン脚本,ユン・ソクホ演出),MBC TV ‘君どの星からきたの’(精油頃脚本,ピョ・ミンス演出),SBS TV ‘恋愛時代’(パク・ヨンでは脚本,ハン・ジスン演出)が正面対立する。

春ドラマ列伝(熱戦)で最も関心があるように見守らなければならない三チームだ。 巷間では‘どれ一つものがすこと惜しい’という話も出てきて‘とても強くついた’という話も出てくる。

‘春のワルツ’は‘秋の童話’ ‘冬のソナタ’ ‘夏の香り’等季節連作シリーズを作り出しているユン・ソクホPDの完結編だ。 新鋭ソ・ドヨン,ハン・ヒョジュが重責を引き受けたしダニエル・ヘニー,イ・ソヨンなどが出演する。

‘君はどの星からきたの’はユン・ソクホPDとともに‘KBS代表PD’で名前が知らされたピョ・ミンスPDがMBCに移して出す初めての作品だ。 キム・レウォン,チョン・リョウォン,カン・ジョンファなどが出演するのに恋人の死でさまよった若い映画監督が死んだ女性とそっくり似た山奥少女に会って,また愛と幸福の意味を訪ねて行くというあらすじだ。 一時同じ釜の飯を食べた同僚であり競争者のユン・ソクホ-ピョ・ミンスの対決が観るに値する。

映画監督ハン・ジスンが演出を引き受けて映画俳優で席を固めたカム・ウソン,ソン・イェジンが出演する‘恋愛時代’もメガトン級と期待されている。 ‘別れて始まったおかしな恋愛’というサブ タイトルをかけている'恋愛時代'は若い夫婦の離婚と愛を主題で話を解いていくメロー物だ。

‘春のワルツ’は6日,‘君はどの星からきたの’は13日,‘恋愛時代’は27日各々居間を探す。 その上に視聴者たちに幸いなのは三ドラマが若干ではあるが時差を置いて入ってくるということだ。 もし同時に始めたならば手にリモコンを握ってしばらく悩んだところだ。

樹木劇はすでに熱戦が始まった。 KBS 2TVが去る1日ノ・ヒギョン作家の新作‘グッバイ ソロ’(ノ・ヒギョン脚本,機敏数演出)を出した。 ‘嘘’ ‘花より美しくて’でマニア軍団を導いているノ・ヒギョン作家は‘多重時点のドラマ’を前に出して,新しい実験に入った。 ナ・ムニ,イ・ジェリョン,ペ・ジョンオクの演技派俳優らとチョン・ジョンミョン,ユン・ソイ,キム・ミニの青春スターらで遠ざけることはできない現実の中の愛を描く。

人気ドラマ‘宮’で‘グッバイ ソロ’を牽制しているMBCは22日からはヤン・ドングン-ハン・ガインを前に出した‘ドクターキャンと’(キム・キュワン脚本,パク・ソンス演出)で最初から芽を押してしまうという戦略だ。 2002年‘勝手にしやがれ’で呼吸を合わせた'パク・ソンスPD-ヤン・ドングン'コンビの再会も見どころで結婚後初めてドラマに帰ってくるハン・ガインも目を引く要素だ。

SBSは15日から‘天国の木’後続で‘不良家族’(イ・ヒミョン脚本,誘引式演出)を始める。 題名で思い浮かぶように‘不良主婦’を作った誘引式PDが演出を引き受けた。 組織暴力親分が記憶を失った少女のためににせ物家族振舞いをしながら広がるハプニングを扱ったヒューマン コメディーだ。 ‘イ・スンシン’キム・ミョンミンとナム・サンミ,県営が出演する。

それぞれ理由も多くて個性も強いこれらそうそうたるドラマらを見守っていますと3月の月火樹木は昼より夜がさらに熱いようだ。 新春ドラマ戦争が終わる頃には生きているドラマ,ワールドカップ政局が待っている。 芽生える春と共にドラマ戦争に陥ってみることはどうだろうか。

100c@osen.co.kr<写真> ‘春のワルツ’の二人の主人公ハン・ヒョジュ-ソ・ドヨン(上)と‘グッバイ ソロ’のイ・ジェリョン-キム・ミニ カップル.

http://news.nate.com/view/20060304n03411
-----------------------------------------------------------------
6月軍入隊イルマ,ドラマ‘春のワルツ’ソ・ドヨン テーマ作曲
ヘラルド生き生き記事転送2006-03-06 09:45
200603060022.jpg
6月軍入隊予定のジャズ ピアニスト イルマが6日初放送するドラマ‘春のワルツ’(脚本キム・ジヨン,ファン・ダウン・演出ユン・ソクホ)のオリジナル サウンド トラック(Original Sound Track・以下OST)製作に参加した。

イルマ所属会社のstompミュージックは6日“イルマ,パク・ジョンフン,キム・ジョンウォンなどピアニスト3人が‘春のワルツ’ OST製作に参加した”としながら“今回製作されたOSTはユン・ソクホPD特有の叙情的で美しい映像と交わって,劇の流れに重要な役割をするだろう”と明らかにした。

イルマが作曲して演奏した‘春のワルツ’ OSTは劇中ピアニストで出演するユン・ジェハ(ソ・ドヨン)のテーマで使われる。 側近によればイルマは最近この曲を完成して録音まで終わらせた状態だ。 最終レコードは‘春のワルツ-ドラマ クラシックOST’というタイトルで次月初旬発売される。

年内海兵隊支援計画を明らかにして‘春のワルツ’ OST作業にぶらさがってきたイルマは来る10日ソウル,汝矣島(ヨイド),霊山(ヨンサン)アートホールで開かれるフュージョンジャズバンド プディング コンサートにゲストで出演して,ファンたちに美しいピアノ旋律を聞かせる予定だ。 また,来る4月8日にはソウル世宗(セジョン)文化会館で単独コンサートを開催して,ファンたちとお別れの物足りなさを分ける計画だ。

ユ・ジヨン記者(trustno1@heraldm.com)

http://news.nate.com/view/20060306n02057
----------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’四週年中誰がスターなるか?
マイデイリー記事転送2006-03-06 16:55
200603061648391110_1.jpg
[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者] 6日いよいよ幕が上がるKBS月火ドラマ‘春のワルツ’の四人の主演が最近行った試写会で並んで立った。 まさに男主演ソ・ドヨンとダニエル・ヘニー,そして女主演ハン・ヒョジュとイ・ソヨンだ。 イ・ソヨンを除いては3人は新人ということができる。 イ・ソヨンもドラマ何本に出演をしたが視聴者に強靭な印象を残すことができなかった。 したがって四人の演技者は‘春のワルツ’が演技人生に大きい転換点になることが明らかだ。

この人々の中でどんな演技者が‘春のワルツ’が放送される途中または終ればスターに浮上しようかともこのドラマのお多福風邪中一つだ。 四人中ドラマ比重はひとまずソ・ドヨンとハン・ヒョジュの男女主人公役をする二人に多くくれる。 だが最近になって‘海神’のソン・イルグク,‘怪傑春香(チュニャン)’のオム・テウンのように主人公(Protagonist)よりは対立的構図を形成する人物(Antagonist)らが主演よりさらに多い人気を得て,スターに浮上する傾向が強いから四人中誰が視聴者の愛を受けて,スターに浮上するかは配役比重では占うのが難しい。

‘ニュノンストプ’シリーズに出てきて映画‘頭師父一体’出演が演技の前夫人ハン・ヒョジュがユン・ソクホPDの季節連作シリーズ最後の方の‘春のワルツ’の主役を演じた。 ハン・ヒョジュはこのドラマで新人としての負担感を払いのけて以前の季節連作の女主役を演じたソン・ヘギョ,チェ・ジウ,ソン・イェジンの清純なキャラクターと距離がある明るくてしっかりしていながらも,女性らしい雰囲気が漂うウンギョン役をどれくらいよく消化するかがスター化の浮上(負傷)可否を決めるものと見られる。 キャラクターの性格はこの頃若い女性らの同一視を導くことができる現実感が付与されるということがハン・ヒョジュに利点として作用するものと見られる。

視聴者によく知らされなかったソ・ドヨンは視聴者に顔島を‘春のワルツ’の自然な演技で克服しなければならない課題を抱えている。 幼い時賭博だけを日常行うお父さんによって大変な時期を体験した後他の家で養子縁組されて,ピアニストで成功する再荷役を引き受けたソ・ドヨンは内面的演技を消化しなければならない。 ソ・ドヨンは新人として荒っぽさと共にキャラクターの消化力を同時に示してこそ大衆の愛を受けることができる。

ハン・ヒョジュを置いてソ・ドヨンと三角関係を形成するダニエル・ヘニーはこのドラマで視聴者の好感をかうことができるキャラクターを引き受けた。 ピアニストでライバル関係にあったソ・ドヨンに実力で負けるということを認めて彼の成功のためにマネジャーで立ち向かう男の濃い友情を見せるだけでなくハン・ヒョジュを愛するがソ・ドヨンに送る紳士的なマナーもお目見えするフィリップ役を担ったためだ。

だがダニエル・ヘニーはもう演技者と認められようとするなら雰囲気とイメージ,容貌でない演技力を勝負しなければならない転換点に置かれている。 ‘春のワルツ’が試験台であるわけだ。

その間引き受けた配役により悪役的雰囲気が濃厚にはらんでいるイ・ソヨンは‘春のワルツ’でソ・ドヨンを置いてハン・ヒョジュと愛の三角関係を形成する。 以前と違い理知的な姿が強調された‘春のワルツ’で彼女がどれだけ演技の変身とイメージ変身をよくポヨジュヌンニャによって彼女のスター化が左右されるものと見られる。

もちろんこの四人のスター化はこのような個人的な課題の克服の有無よりはドラマ‘春のワルツ’がどれくらい視聴者の目を引いて,成功することができるかに根本的にかかっている。 スター誕生はドラマの成功と並行されるためだ。

[ユン・ソクホPDの季節連作最後の方の'春のワルツ'の四週年中誰がスターになろうかとも関心事だ。 主役を演じたダニエル・ヘニー,イ・ソヨン,ハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン(左側から). 写真=マイデイリー写真DB]

(ペ・クンナム大衆文化専門記者knbae@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060306n06093
----------------------------------------------------------------------
新春ドラマ,'スンバンニョ'らが押し寄せる
マイデイリー記事転送2006-03-06 18:25
200603061705501110_1.jpg
[マイデイリー=イ・ウンジュ記者]ハン・ヒョジュ,チョン・リョウォン,ユジン…. 新春テレビ劇場にはそのいつの時より純粋で素朴な女性キャラクターらを前に出したドラマらが大挙押し寄せる。

一番最初にお目見えすることになるドラマはユン・ソクホ監督の季節連作シリーズの完結編'春のワルツ'. 6日初めて顔見せする'春のワルツ'は誰にも打ち明けることができない痛い幼年時代の記憶を持った男主人公ソ・ドヨン(ジェハ)がお父さんの故郷の一石で生まれて初めで暖かい眼差しを送る少女ハン・ヒョジュ(ウンギョン)に会って,人生で一番幸せな春を送るという叙情的なあらすじのドラマ.

'春のワルツ'製作陣はウンギョン役を担ったハン・ヒョジュの新人らしい荒っぽさに暖かくて純粋なドラマ主人公キャラクターを加えて,劇を導いて行くという計画だ。 先月オーストリア撮影を終えたユン・ソクホPDは"ハン・ヒョジュはなくて'春のワルツ'のウンギョンそれ自体であった"と話す程ドラマの全体的な雰囲気によく適応していると分かった。 '秋の童話','冬のソナタ'等前作できれいで純粋な女主人公らを描き出したユン・ソクホ監督が今度はまたどんなキャラクターを作り出すのか関心事.

1週後の13日初回放送されるMBCの新しい月火ミニシリーズ'君はどの星からきたの'やはり素朴で明るい江原道(カンウォンド)山奥娘ポクシルを女主人公で前に出している。 このドラマは恋人の死で絶望に陥った映画監督キム・レウォン(縄戯)が偶然に過去の恋人と同じような外見なチョン・リョウォン(ポクシル)に会って広がる仕事を描いたドラマ.

最近トレーニング服を着たチョン・リョウォンの姿がインターネットに紹介されて話題を集めでしたこのドラマの製作陣は素朴で率直なポクシルの姿を通じて,人間に対する信じることを見せて世知辛い現代人の人生に希望とカタルシスを提供すると発表された。 一緒に江原道(カンウォンド)の美しい自然を背景に自然があたえる治癒力と共に春日差しのような愛物語を伝達する展望.

主演俳優ユジンの予想外浮上で一回はしかを体験したMBC新しい週末連続ドラマ'本当に本当に好んで!'やはり青瓦とおり間山奥娘ヨ・ポンスンの波瀾万丈奮闘期を扱っている。 江原道(カンウォンド)辺境地山奥でおばあさんと二人きりで育ったポンスンはまったくわかることはできないなまりを駆使するムチャクチャで三人の女主人公の中で素朴ながらも,最も明るいキャラクターだ。

来月8日放送されるこのドラマはおばあさんの死以後急に上がってきたソウルという見慣れない土地で料理人の夢を見始めたポンスンの大統領府生活を主軸に展開する展望だ。 大統領府の人々の話を扱ったこのドラマで女主人公ユジンを置いてヒューマニストの大統領息子リュ・ジン(チャン・ジュンウォン)と大統領府警護員イ・ミンギ(ナム・ポンギ)の愛の綱引き(チュルダリギ)も関心を集めている。

今年の初めテレビ劇場では'マイガール'を筆頭にコミカルで猟奇溌刺としたドラマ女主人公らが劇自らの雰囲気を主導して高い人気を得たことがある。 今春春風と共にブラウン管に唯一たくさんお目見えするこれら素朴で明るいキャラクターらが視聴者たちの情緒を純化してどんな感動を与えるのか注目される。

['春のワルツ'主役を演じたハン・ヒョジュ,'君はどの星からきたの'のチョン・リョウォン,'本物本物好んで'の女主人公ユジン. (左側から)写真=マイデイリー写真DB,MBC]

(イ・ウンジュ記者er@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060306n06821

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3848-754fcf5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード