FC2ブログ

2019-08

ドラマの残酷な結末が残した余韻(ミンジュンさん出ています)

バリ・茶母(タモ)・ミサ・屋根キック..死で終わった話題作は?
2010年03月21日(日)18:24スターニュース

[マネートゥデイ スターニュース キム・ヒョン録記者]
ms2010032116450053672_0.jpg
写真左側の上から時計方向で'バリで起きたこと','ごめん,愛してる','アイリス','茶母(タモ)'

MBC '屋根突き抜けてハイキック'この二主人公細茎(シン・セギョンの方)とジフン(チェ・ダニエルの方)の死を暗示する衝撃的な結末で大詰めの幕を下ろした。 その後日の暴風は想像を超越する。 二人が死んだか,中(案)チュゴンニャを置いて甲論乙駁が続いて,結末に対する好悪も明確に分かれる。 ただし明らかなのはその残酷な結末が十分にかむほど濃い余韻を残すということだ。 若い主人公が死んで終わったドラマが初めてではない。 凄然な余韻を残して終わった話題作はまた何があったのだろうか。

'バリで起きたこと'(2004)は放映終了6年が過ぎた現在までも広く知られる名品メロー物だ。 全てのものが始まった休養地バリで全てのものが終わった。 背信と喪失感に歯ぎしりしたジェミン(チョ・インソンの方)は共に横になっていた修正(ハ・ジウォンの方)とインウク(ソ・ジソプの方)を順に銃で撃って,殺害する。 しかし修正の最後の告白はジェミンに向かったことだった。 "愛します。"ジェミンは嗚咽して自ら命を絶った。 韓国ドラマではなかなか描かなかった衝撃的結末だった。

女主人公ハ・ジウォンは前作'茶母(タモ)'(2003)でも悲劇の主人公だった。 '茶母(タモ)'は主人公の死で幕を下ろした。 従事観ファンボ・ユン(イ・ソジンの方)が先に災い少ないというチャン・ソンベク(キム・ミンジュン)の刃物に合って息をひきとって,チェ・オク(ハ・ジウォン)は復讐のためにチャン・ソンベクを追って彼が実の兄であることを知ることになるが結局二丁も飛んでくる矢をむかえて死を迎える。

同じ年放送された'申し訳ない,愛する'(2004)の最後があたえる余韻も胸詰まって感じでよく聞こえなかった。 時限付き人生ムヒョク(ソ・ジソプの方)は自身を捨てたお母さんの養子に臓器提供を決心して結局死を選ぶ。 そして1年後ムヒョクの墓を探した銀まだ(イム・スジョンの方)やはりそのそばで目をとじた。 その結末はドラマ放映終了前から世間に知られていたが,視聴者たちは'刺身のつまカップル'の悲劇に胸痛く感じた。

メロー物'この人でなしの愛'(2005),同名漫画を原作にした'漬かったウイ戦争'(2007),やはり主人公の死を暗示する悲劇的結末を選んだ。 女トップスターとつまらない男の愛を描いた'がおかゆこと奴の愛'は復旧(チョン・ジフンの方)が雪原でウンソク(シン・ミナの方)を抱いて死を迎えて,ウンソクが涙を流す場面で悲劇を暗示した。 '漬かったウイ戦争'でお金のために何でもした主人公金の国(パク・シニャンの方)はいよいよ全てのものをすべて持ったようにした結婚式日旧馬賊(イ・ウォンジョンの方)が振り回した鈍器に当って倒れてしまう。

衝撃的な死で反転を試みた例は最近にもあった。 昨年話題作'アイリス'(2009)が代表的だ。 葛藤が終えられた最終回末NSS要員賢俊(イ・ビョンホンの方)が誰かが撃った銃弾に合って倒れるのを最後に劇が幕を下ろした。 視聴者たちの反応は交錯した。 秘密をこちんこちん隠したまま閉じられることも開かれることもしない曖昧な結末を結んだのがシーズン2を念頭に置いたことではないかとの推測も続いた。 結果的に合った。 現在'アイリス2' 'アテナ:戦争の女神'が真っ最中製作準備段階だ。

キム・ヒョン録記者(roky@mtstarnews.com)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=839956&year=2010&Query

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

茶母

ソンべクかっこよかったよねえ。ミンヒョン、デビュー作で大人気ってうらやましいですう。
「ごめ愛」最近始まったので見始めました。まだ1話しか見てないけど・・・。今まで見たことなかったんです。これって「雪の女王」の監督さんだよね?春ワルの10話を撮った人なんだよね?
「アイリス」も見ようと思って録画してるんだけど、「華麗なる遺産」を見るのが忙しくてたまっていきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/3882-5935377d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード