FC2ブログ

2019-08

「春のワルツ」放送中と放送後の記事(第19話・最終話) その21

スタイル守ろうとしたが退歩した'春のワルツ'
スターニュース記事転送2006-05-17 12:00

[マネートゥデイ スターニュース キム・テウン記者]

ユン・ソクホPDの季節連作完結編で話題を集めたKBS2 '春のワルツ'が16日いよいよ大長征の幕を下ろした。
'秋の童話'と'冬のソナタ'で韓流熱風を導いたユンPDの作品で見るには色々な物足りなさが大きかった。 鐘方椽で"初めて寄り添い次第ならないのが恥ずかしい"と吐露したユンPDの話のように,'夏の香り'から多少後れを取り始めた'ユン・ソクホ スタイル'がむしろ退歩したのが残念だった。

自身のスタイルは守るもののその中で前向きの姿を期待したのに長い間の準備期間に比べて,完成度が顕著に,不足した。 '春のワルツ'のいくつかの問題点を探ってみる。

投入された作家だけ5人…ストーリーの一貫性維持できなくて

'春のワルツ'は青写真を用意,硬い基礎工事をする時間が十分にあったのにこれを生かすことができなかった。 初めて投入された作家は精油頃作家. しかし精油頃作家はドラマ開始前下車してMBCで同時間帯放送されたピョ・ミンスPDの'君はどの星からきたの'に合流した。 引き続き台本を引き受けたのがキム・ジヨン,ファン・ダウン作家だ。

すでに2,3回子役の部分を通じて,主人公ウンギョン(ハン・ヒョジュの方)とジェハ(ソ・ドヨンの方)が青山島(チョンサンド)で幼い時期を共に送った'初恋'というものが明らかになったし,この二つは結ばれなければならないするという結末が明らかに考えられることにも20回に達する最終回までその中を何で満たすのかに対する構成が貧弱だった。

色々なドラマ的装置を序盤に追い立てて,配置する誤りを犯して,不明瞭なエピソードを継続するよりは4部作程度のドラマで作ることがむしろ見栄えが良かっただろうという気がするようにした。

このためにストーリー補強のために7,8回には旧地院作家が,9回~20回には下米では作家が投入されて見たらストーリーの一貫性も守りにくかった。 当初また他の愛の正当性を持った人物と設定されたや(イ・ソヨンの方)が悪役に急変したかとすれば,ジェハの実の弟カング(イ・インソンの方)の突然の登場で子役に過度に注目が傾くことになった点もあった。

さらに最終回ハッピーエンドのために悪役の役割を正確にしたやと再ハ・某(クム・ボラの方)が急に愛のメッセンジャーと包容の代弁者に急変するのも可能性が落ちた。 これらの愛の障害物になったジェハの実父(イ・ハンウィの方)が犬果川(クァチョン)先限後交通事故で亡くなって,現在のお父さん(チョン・ドンファンの方)も長官職を果敢にあきらめるなど最終回を飾ったエピソードらも過度に作為的だった。

初恋に対する運命でない過去に対する執着

ウンギョンとジェハの結合を単に'運命'という言葉で縛ることができるだろうか。 守護に変わったジェハを小学校を共に通ったジェハと信じて彼との結婚を夢見るこの私の愛は病的な執着に過ぎなかった。

幼い時の一時を一緒に送ったとのことだけで二人が結ばれなければならないという必然性はなかった。 '運命'という曖昧な概念でこれらの愛を縛るのは色々な面で物足りなさを感じさせた。

なお幼い時韓国人お母さんを失ったジェハの友人でドイツ系混血人フィリップ(ダニエル・ヘニーの方)がウンギョンに'運命'を感じたとして,偶然に会うようになったウンギョンにプロポーズする。 しかし結局ジェハとウンギョン二人は運命としウンギョンを送ってくれるのは構成の欠乏を埋めるための'運命'の乱発だと見るほかはない。 このようだからウンギョンをフィリップと結ばれるようにしてくれという視聴者たちの請願(清原)も激しかった。

守護であることが明らかになったのにジェハで生きることを強要して自身との結婚を無理に押し付けるこの私の焦燥感とタクタルも異物感を感じさせた。 愛と和解と疎通を描こうと思った製作意図とは違ってかんしゃくを引き起こす要素であった。

偶然な出会いの反復終わりにもお互いを知ってみることができなくて,ジェハが大切に大事に保管している,ウンギョンが幼い時作ってプレゼントした貝殻で作った工芸品をウンギョンが何度も発見するようしながらできないことなどは"もう鬼ごっこはやめてもかまわないではないか"という不平を産むようにした。

映像美を強調して見たら構成はより一層緩くなった。 ニュースターダニエル・ヘニーを前に出して,バスケットボールをして,ウェートトレーニングをして,ウンギョンの物を売るための客引き行為をする場面などを過度に長く編集して退屈だった。 ディテールが行き過ぎて,名分を失って,無意味さを産んだ。

反復されるエピソードがアイディアの枯渇を感じさせた。 ウンギョンがジェハの本当に心を知ることになるのはドラマ序盤でも,終盤やフィリップにかかってきた電話を間違って受けて,ジェハの独白を聞くことになることによる。 意図的'首尾上官'で見るには飽きた。

またウンギョンとジェハが近づく契機になるのも序盤には田舎で道に迷って,鳥小屋差を受けて,鶏を追い求めて見慣れない家で一緒に留まることになってその家子供たちを世話するなどの仕事をするということだった。 後半にまた青山島(チョンサンド)に会って和解するのも町内おじいさんの修繕で同じ部屋を使って,各々花模様下着にトレパンズボンをかけて洗濯をしてだ。 これら全て軽快さよりはいかにも強情そうだという感じを消しにくかった。 コミカルな設定を試みたと見られるが溌刺とすることを感じるにはとても猟奇らしい挿絵らだった。

3年余りの準備期間無色…Bチーム運営で埋めて

'春のワルツ'は3年余りの間の準備期間を持ったし,当初KBSに総20懐中14回を事前田作して,放映することにした。 しかし過猶不及というか,このような長い間の企画期間にもかかわらず,1回オーストリア ロケジャンミョンと1年前あらかじめ撮影しておいた2,3回子役の部分程度が撮影されて,スタートした。

映像美を放棄できないユンPDは美しい場面を探して,全国津々浦々を尋ね歩いたし,このためにいくら行くことができなくて当日とって,当日放送される事態が起きた。 この渦中に劇中アクションシーンをとった男主人公ソ・ドヨンが共に出演したダニエル・ヘニーに間違って合って,頬骨が陥没する負傷に遭って,入院,結局1週放送を休む初めて持つ事態が広がった。

ソ・ドヨンはこの日負傷にもかかわらず,撮影を強行,俳優が負傷が当てられたまま演技する場面がTVに登場した。 手術以後にも眼球に血豆が入った俳優の顔がろ過なしに放送された。

結局追われるスケジュールを柿(感)党できなくてBチームを運営することになった。 Bチーム演出では2004年末KBS2 '申し訳なくて愛する'で旋風的な反応を得た後ユン・ソクホPDが運営するユンスカラーへ席を移したイ・ヒョンミンPDが加勢した。

一日一時間ずつ寝て撮影を持続して見たら事前に計画しておいた場所で撮影できなくて近いところで撮影会場を代えることもした。 このために16日放送が終わった後にも18~20日作品のモチーフになったハート浜辺がある飛禽島(ピグムド)などで補充撮影を持つ。 このように撮影された場面らは'春のワルツ'輸出版に入る予定だ。 国内視聴者たちは演出者が意図した場面らをみな見ることができない結果を産んだ。

事情がこのようだと見ると場面転換がなめらかでない部分もあちこちに眼に触れた。 ジェハとウンギョンが結合して,本来守護であったジェハが自身のアイデンティティを探して,フィリップが自身の韓国人お母さんの故郷を訪れて,懐抱を解くなどのお話が後半に達して,むやみに交差して没入を邪魔した。

編集と感情移転の妙味を生かすことができないと見ると女主人公ウンギョンは守護とフィリップの間を行き来する定見ない女性であらわれる余地があった。 大使らも簡素で平易だった。

先立って話したように映像美に重点を置くとして,オーストリア風景と青山島(チョンサンド),飛禽島(ピグムド)などをはじめとして,全国の花風景を入れるという意図は良かったが,これがむしろミジャンセンの喪失を良くなった。 オーストリア場面らは絵葉書を見るようだったし,色とりどりな色彩の組合で余白の米を失った。

春の軽快さを表現しようとしたことは察することができるが,ある画面中に赤い色,だいだい色,緑色などが追い立てて入れられて"目が痛くて見ない"という一部視聴者たちの不満も提起された。

自身のスタイルを守る'作家主義'がユン・ソクホPDの意図は失敗に終わったと見られる。 主題意識の初恋に対する純粋な郷愁は執着で変移されたし,美しいイメージに対する探求は結局ドラマ構成の欠乏を産んだ。 ドラマを作家の芸術というのはそれだけ長期間ストーリーを継続する力というだろう。

tekim@mtstarnews.com

http://news.nate.com/view/20060517n03863
--------------------------------------------------------------------
'春のワルツ',物足りなさ残して放映終了
Y-STAR記事転送2006-05-17 12:15

[アンカーコメント]
200605170931063757.jpg
春の開始を知らせたドラマ'春のワルツ'が昨夜20回放送で放映終了しました。 '春のワルツ'はスター監督のユン・ソクホ ディレクターの季節シリーズ完結編で製作段階から話題を集めたんですけれど。 登場人物らの和合で締めくくった'春のワルツ'の自炊を見て回ります。

[リポート]

'春のワルツ'は紆余曲折の末結婚することになったジェハ(ソ・ドヨン)とウンギョン(ハン・ヒョジュ)の素朴で美しい日常を見せて静かに幕を下ろしました。

20部で'春のワルツ'はジェハ(ソ・ドヨン)とウンギョン(ハン・ヒョジュ)の結婚と共にジェハ ママ(クム・ボラ)とウンギョン ママ(キム・ヘスク)をはじめその間葛藤を起こした人物らの和解を見せて,題名のように暖かい愛のメッセージを残しましたが。

春の開始と共に訪ねてきた初めての愛を素材にした'春のワルツ'は去る3月大いなる関心中に放送を始めたが,最終回まで視聴者たちの視線を吸引できないままずっと視聴率面では振るわない成績を見せました。

'春のワルツ'とは'秋の童話'と'冬のソナタ'で韓流の主役になったユン・ソクホ監督がやはり韓流を意識して作った作品ですが。

'春のワルツ'で繰り返し強調される'初恋'ファンタジーと始終一貫叙情的であって穏やかな劇展開は緊張の緩急調節がはやいドラマ スタイルになじんだ視聴者たちの呼応を得るには力不足でした。

'春のワルツ'は視聴率面では放映終了まで苦戦をまぬがれなかったが,初めから最後まで韓国服装の水彩画を見せるように展開した優れた映像美は多くの人々の好評を引き出しました。

約3ヶ月の間放送された'春のワルツ'マニア視聴者たちは'春のワルツ'ホームページ ネチズン参加欄を通じて,放映終了に対する物足りなさを伝えました。

YTN STARパク・ソジンです。

イメージを押せば動画を見られます。

http://news.nate.com/view/20060517n04063
-----------------------------------------------------------------
ウン・ウォンジェ,SBS '淵蓋蘇文'子役キャスティング
マイデイリー記事転送2006-05-17 18:30
200605171812411110_1.jpg
[マイデイリー=チャンソユン記者] KBS2 '春のワルツ'でタレント ソ・ドヨン(25)の子役'守護'逆に熱演した子役俳優ウン・ウォンジェ(12)がSBS 100部作ドラマ'淵蓋蘇文'の幼い淵蓋蘇文逆に抜擢された。

17日'淵蓋蘇文'製作会社DSPエンターテイメントのチェ・ジューン製作PDは"自らのオーディションを経て,演技力を認められたウン・ウォンジェをキャスティングした。"と伝えた。

ウン・ウォンジェは2000年EBS 'キンコンかんと幼稚園'でデビューした後映画'2009ロストゥメモリズ','一族の光栄'を経て,昨年SBS 'ファッション70's'でチョン・ジョンミョンの子役を引き受けて,視聴者たちの好評を受けた。 最近作はドラマ'ポムィワルツ'とイ・ナヨン・カン・ドンウォン主演の映画'私たちの幸せな時間'

現在慶北(キョンブク),聞慶(ムンギョン)で'淵蓋蘇文'撮影中のウン・ウォンジェはこのドラマの3部から登場する予定だ。

一方,ドラマ'淵蓋蘇文'は高句麗長寿淵蓋蘇文の一代記を扱っており10部から登場する青年淵蓋蘇文駅にはタレント イ・テゴン(29)が,50部から主軸で出演する壮年の役割にはユ・ドングン(50)がキャスティングされたことがある。

[子役タレント ウン・ウォンジェがSBS 100部作ドラマ'淵蓋蘇文'の幼い淵蓋蘇文逆にキャスティングされた。 写真提供=ユンスカラー]

(蔵書ユン記者ciel@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060517n07456
----------------------------------------------------------------------
ユン・ソクホPD・季節連作,韓国放送会社にある一線を引いて
マイデイリー記事転送2006-05-18 07:30
200605161135121110_1.jpg

200605161135121110_2.jpg
[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者] "季節連作に対する自負心を感じるが'春のワルツ'が大衆の情緒とコードを読めないが物足りなさが残ります。 季節連作の負担から抜け出して気楽だけれどもこれからもう少し勉強して,新しいドラマでいつも努力を傾けます"

'春のワルツ'の最後の放送があった16日夜せっかく安らかな雰囲気でソジュッチャンを傾けて鐘放映を製作陣と一緒にしたユン・ソクホPDは意外に淡々とした。 そばに座ったチョン・ヨンジュKBS社長が"季節連作の最大受恵者は大韓民国"という賛辞にユンPDは気まずい笑いでうなずく返事をする。

ユン・ソクホPD,彼は名前だけで視聴者たちを呼んで集めるスターPDだ。 ドラマで演技者でない演出者の名前を視聴者に刻印させた幾つにもならない演出者中ひとりでもある。 スターPDユン・ソクホと不可分の関係にあることがまさに2000年‘秋の童話’を筆頭に始まった季節連作ドラマだ。 2002年‘冬のソナタ’,2003年‘夏の香り’そして16日最後の会を送りだした‘春のワルツ’で国内外大きい反響を呼び起こして放送会社的意味を残したユン・ソクホPDの季節連作は6年に達する大長征の幕を下ろした。

‘秋の童話’,‘冬のソナタ’,‘夏の香り’,‘春のワルツ’等ユンPDの相手方の季節連作ドラマは視聴率面では大きい偏差を見せたが利害の計算と一回用(使い捨て)愛が乱舞する時代に陳腐になって現実性が欠如したロマンチック メロードラマの典型という共通の批判を受けたが初恋ファンタジーをユンPDだけの独創的は映像スタイルに昇華させて,ユンソク虎豹トレンディードラマの領域を構築した。 これは明らかにユンPDの演出世界が指向する‘人生に対する期待,愛に対する期待,人に対する期待’が産んだ結果だ。

ユンPDの季節連作ドラマの最も大きい光栄と意味は日帰り式に進行される劣悪な韓国ドラマ製作環境の中でも私たちの情緒をずば抜けた映像とスタイルで完成度高いドラマを作って,国内外で高い評価を受けたという点だ。 何よりユンPDの季節連作ドラマは現在アジア各国で荒々しく起きている韓流の震源地であり第2の跳躍台役割をしたことに対してはその誰も異議を提起できないだろう。

‘秋の童話’等で台湾,中国をはじめとする中華圏で韓流を起こしたし単発的な一部スターらの一回だけ関心を引いた日本から‘冬のソナタ’に爆発的な韓流を起こすと同時に韓流の持続的な関心の土台を形成した。 アジア各国で韓国ドラマの地位を一段階格上げさせて韓国ドラマに対する肯定的な認識を持たせたのがまさにユンPDの季節連作ドラマだ。

これによって韓国スターをアジアのスターで浮上させて韓国スターのブランド価値を途方もなく高めることもした。 ‘冬のソナタ’がなかったとすれば数兆ウォンの経済付加価値を創り出している最高の韓流スターペ・ヨンジュンとチェ・ジウはなかったことで‘秋の童話’がなかったとすれば今日の韓流スターソン・スンホン,ソン・ヘギョ,ウォンビンはなかっただろう。

ユン・ソクホPDは季節連作を製作することで韓国ドラマ状況でなかなか見られなかったPDの作家主義の可能性と連作ドラマの製作の出口を開いたという点も評価されるほどの大きな課題だ。 ユンPDは視聴率至上主義だけが唯一の美徳になってしまった汝矣島(ヨイド)放送関係者でなかなか実験できない一つの主題(初恋)に深く掘り下げて一貫したイメージとスタイルで主題を伝達して,作家主義的PDとして位置づけを固めると同時に韓国ドラマのスペクトラムを広げる役割をやり遂げた。 またその誰も試みることが出来ない連作シリーズの概念を導入して,ドラマのフォーマットの一大転換点を用意することもした。

そして“大使はちょっと損をしても新人らの荒っぽい本来イメージが出てくる魅力があって,新人らをできるだけたくさん起用する”というユンPDの話で知ることが出来るように季節連作はスター万能主義が横行する韓国放送関係者で新人らを大幅起用して,スターで浮上させた点は高く評価受けるべき程である。 ‘秋の童話’で当時新人だったムン・グニョン,ソン・スンホン,ウォンビン,ソン・ヘギョを起用して,スターで排出したし‘冬のソナタ’でパク・ヨンハ,パク・ソルミを,‘春のワルツ’ではハン・ヒョジュとソ・ドヨンを起用して,大衆の視線の中央に立つようにした。

もちろん季節連作のあなた側の作品であらわれる限界と問題点もある。 ‘秋の童話’と‘冬のソナタ’の成功に続く‘夏の香り’と‘春のワルツ’は二つの前作のマンネリズムの陰が濃厚に敷かれて背景と葛藤しくみの上だらけ染み出てくるなど連作の限界を克服できなかった点,そして,現実性が去勢された初恋ファンタジーにだけ寄り添って,ドラマの可能性を落としてしまった点など少なくないドラマ的問題点も露出した。

だがユン・ソクホPDの季節連作はこのような問題点を相殺してあまりある意味と美徳を残した。 ユン・ソクホPDの季節連作シリーズは韓国ドラマ社で堂々と1ページを飾る作品に残ることに間違いない。

[ユン・ソクホPDの季節連作シリーズ,'秋の童話','冬のソナタ' '春のワルツ' '夏の香り' (上側左側から時計方向で). 季節連作を総指揮したユン・ソクホPD(下の方).写真提供=KBS,ユンスカラー]

(ペ・クンナム大衆文化専門記者knbae@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060518n01861
-------------------------------------------------------------------
[名場面]ハン・ヒョジュ-キム・アジュン-ムン・ジョンヒまぶしい'5月の新婦ら'
TVリポート記事転送2006-05-19 15:10

ドラマの中女主人公らの姿が眩しい。 今週‘5月の新婦’になった主人公らは真っ白なウェディングドレスを着て天使のような姿をお目見えして,注目をひきつけた。

# ‘春のワルツ’の幸せな結末,ウンギョン-スホカップルのウェディングマーチ
200605190030.jpg
ユン・ソクホPDの季節連作シリーズ完結編‘春のワルツ’が16日放送を最後に幕を下ろした。

この日放送はウンギョン(ハン・ヒョジュ)とスホ(ソ・ドヨン)が両家の祝福の中に結婚式を挙げてあれやこれや新婚生活を楽しむ姿で幸せに締めくくった。

その間ドラマは幼い時初恋のスホ(ソ・ドヨン)とウンギョン(ハン・ヒョジュ)がお互いを知ってみることができないままオーストリアで再会した後愛に陥るというストーリーを表わした。 ここに過去スホお父さんのためにウンギョンママが死んだ事実,ウンギョンの手術費のためにスホが外交官の息子に入ったという設定が劇の主要葛藤を成し遂げた。 結局最後にはすべての葛藤を愛で克服して視聴者たちの望みどおりハッピーエンドをむかえた。

放送後視聴者らは“ぐっしょりロマンに取れて幸せだった” “最後の場面らを忘れることができないようだ”等の所感で物足りなさとほほえましさを表わした。

# ‘恋愛時代’の初恋カップル,ユギョン-東進の結婚式

SBSドラマ‘恋愛時代’は14回放送分で東進(カム・ウソン)と初恋ユギョン(ムン・ジョンヒ)の結婚式場面を演出して目を引いた。

この日船上でなされた結婚式場面で最も眼に触れたことはやはり新婦ユギョンの姿だった。 ユギョン駅のムン・ジョンヒは特有の温和な微笑と優雅なことで美しい新婦の姿を見せた。

一方東進の前妻ウンホ(ソン・イェジン)は東進に祝賀挨拶だけして行こうとしたが船が出発したせいで足止めをくって,結婚式場面をそっくり見守ることになった。 美しい結婚式場面と一緒に悲しい目つきのソン・イェジンの表情が対照をなした。

ウンホと東進の幸せな結末を望んだ視聴者たちはこれらの結婚にさびしさを表わした。 放送後掲示板には“東進がどのようにウンホを捨てて他の女と結婚できるか”という意見が大勢. しかしやはり劇の内容とは別に“新婦の姿が本当に美しかった”という評も多かった。

もう東進が結婚した状況でウンホと残された人々が皆幸せになる結末は何だろうか。 視聴者たちの関心が集中している大きな課題だ。

# ‘変な女変な男’臨月新婦の幸せな微笑,ジョンナム-ソキョン カップルの結婚式

KBS ‘変な女変な男’が鐘方を控えてジョンナム(キム・アジュン)とソキョン(コ・ジュウォン)の幸せな結婚式場面をお目見えした。

18日放送で臨月になった新婦キム・アジュンはお母さんの手を握って式場に入場したし愛する新郎ソキョンと幸せなキスをした。

その間色々な試練と苦難を勝ち抜いて愛の結実を結んだこの日結婚式場面は視聴者たちに深い印象を残した。

特に最後にジョンナムが臨月の体で家族らの反対を膝使って新婚旅行に行こうとしていた刹那突然陣痛を訴えて,新しい生命の誕生まで予告された。

19日最後の会を控えていざこざの多くて仮面多かった‘変な女変な男’が有終の美をおさめられるか成り行きが注目される。

(写真=各ドラマ放送場面)
[TVリポート ユ・インギョン記者]carrot_10@hotmail.com

http://news.nate.com/view/20060519n05020
-----------------------------------------------------------------
ドラマのきついキャラクターが出てくる背景
ヘラルド生き生き記事転送2006-05-20 09:20

連続ドラマと週末ドラマ,ミニシリーズ,単幕劇は各自固有性格と機能がある。 家族どうし気楽に視聴する夕方時間帯連続ドラマと週末劇は多様な素材の開発と形式実験が不可能だ。

反面平日夜10時台に放映されるミニシリーズはドラマを楽しむ20~40代を主要視聴者とするからひとまずドラマを見る面白味が優先だ。 主人公を不治の病で殺しても視聴率を確保しなければならない。 単幕劇はミニシリーズ課比較する時,視聴率より作品性と実験性にさらに多い比重を置くことになる。

こういう位階秩序の中で連続ドラマは大部分和やかな家庭を明るく描く。 こういう連続ドラマ性格に決定的な変化をもたらしたのは2002~2003年視聴率1位を走ったMBC日日劇‘人魚姫’と見るのが定説だ。 糟糠の妻を捨てて新しい家庭を設けたお父さんに向かった復讐を人生の目標にして育ったアリ・ヨン(チャン・ソヒ)の血縁に向かった復讐劇を視聴者たちはとても熱心に楽しんだ。

以後日日劇では八道山川の雰囲気を基底とする愉快な家族劇が絶対行われないという点を代価に受け入れなければならなかった。 ‘人魚姫’がヒットしたことは国民皆を広場で結集させた2002年ワールドカップが終わった後空虚感と無力感が一度に差し迫った‘集団パニック’状態を埋める対象に痴情復讐劇が似合ったためだ。

19日終わったMBC日日劇‘強くなれクムスン’にはクムスン(ハン・ヘジン)の夫が交通事故で応急室にのせられてきた後,治療して死ぬ過程にクムスンと結合する医師ジェヒ(カン・ジファン)の決定的な医療失敗が含まれている。 この内容は結局放送に乗れなかったが視聴率低下を防ぐために強力な葛藤をあらかじめ準備しておかなければならなかった。

KBS日日劇‘変な女変な男’は視聴率が高いのに終盤部に出生の秘密と結婚反対,不治の病,突然できた財産など葛藤要因を無理に入れるのも製作陣のこういう強迫観念が作用したためだ。

日日劇で‘家族残酷劇’を扱うとミニシリーズではさらに強くて,きつい人物を開発しなければならない。 葛藤要因もさらに強くより合わさなければならない。 KBS月火劇‘春のワルツ’が遅々と進まない視聴率を抜け出すカードで選択したのもソ・ドヨン-ハン・ヒョジュカップルの恋敵のや(イ・ソヨン)キャラクターをきつくさせるネゴティブ戦略だ。 純粋と自我を探すのにまい進してきたユン・ソクホPDも視聴率の前では仕方なかったようだ。

SBS ‘空よ’という腹違いであった姉さんの恋人と愛に陥るという‘人魚姫’の設定より刺激の強度がはるかに強い。 キャラクターらは人物自らの特性と魅力(内面的な部分)はなしでひたすら出生および血縁関係秘密の暴露という劇的効果を表わすためにしばらく幸せだったりいらだっているように過ごす人物だけのことだ。

むしろ地味なキャラクターを前に出すドラマは受け入れられない。 ミニシリーズで扱う内容を日日劇でつくしてしまうとミニシリーズは出生の秘密と近親相姦を連想させる設定など感情の時限爆弾をあちこちに布陣させて,成人単幕劇‘夫婦クリニック-愛と戦争’水準を維持しなければならない。 特別な事件なしで感情描写でだけ進行された‘ウェディング’のようにおとなしいキャラクターのドラマは視聴率が高くない。

視聴者が人文学に対する関心がないから血縁,出生の秘密,不治の病のような原初的で新派的な感性に訴えることになるという製作陣の哀訴もある。 感情の底辺まで引っ張っていって,新派的感性に訴える‘バラ色人生’が大当たりドラマになったのも偶然でない。

きついキャラクタードラマは人物の内面を省察するドラマや人物の微細な感性の変化を見せるドラマを楽しむことができる視聴者たちの食欲を鈍くさせる。 大韓民国でドラマ製作するのが難しいところにはドラマのキャラクター性格がますます強くなって,視聴者のやわらかい感性がますます無感覚化されているためであるためもある。

ソ・ビョンギ大衆文化専門記者(wp@heraldm.com)

http://news.nate.com/view/20060520n01691
-----------------------------------------------------------------
‘冬のソナタ’ vs ‘春のワルツ’似た形エンディング,夕陽の島キス
ニュースエン記事転送2006-05-20 10:32
200605191656291001_1.jpg
季節シリーズ最高の興行作‘冬のソナタ’と季節シリーズ完結版‘春のワルツ’が似た結末構成を見せて目を引く。 去る2002年国内テレビ劇場を熱く強打したKBS 2TVドラマ‘冬のソナタ’は交通事故後遺症で視力を失ったジュンサン(ペ・ヨンジュンの方)とユジン(チェ・ジウの方)が思い出が入れられた場所で再会してキスをする場面で終わりにした。 去る16日放映終了されたKBS 2TVドラマ‘春のワルツ’やはり主人公ジェハ(ソ・ドヨンの方)とウンギョン(ハン・ヒョジュの方)が結婚式を挙げて二人の縁が初めて始まった青山島(チョンサンド)でキスを交わす場面で有終の美を飾った。 ‘冬のソナタ’と‘春のワルツ’二つの作品皆過去の愛と愛の結実を結ぶことになるというハッピーエンド結末と一緒に有終の美を飾ったキスシーンまで,ドラマ展開は全く違うが似た結末を見せている。 また映像の美学を追求するユン・ソクホPDの作品らしく二つの作品皆夕陽が映る美しい島でキスシーンが演出されて,最後まで色彩米を失わなかった点も目を引いている。 国内だけでなく海外にまで大きい反響を呼び起こして話題の中に放映された‘冬のソナタ’と‘春のワルツ’. 大切な過去の愛を今一度悟らせた‘季節シリーズ’の深い余韻と感動は今後も多くの人々の胸中に位置するものと見られる。

http://news.nate.com/view/20060520n05087
-----------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’終わらなかった! 海外分ジェハ,ウンギョン ペンション撮影中
ニュースエン記事転送2006-05-21 14:59
200605211435441001_1.jpg
'ポムィワルツ'終わらなかった! ジェハ・ウンギョン海外撮影

‘春のワルツ’製作チームがDVDバージョンと海外放送分製作のために青山島(チョンサンド)で補充撮影をしていると分かった。

ユンスカラーパク・インテク代表は去る20日午後11時頃KBS 2TV月火ドラマ'春のワルツ‘公式ホームページとインターネット ポータルサイト ダウム テレビゾーンを行き来して製作チームの近況に対して明らかにした。

パク・インテク代表によれば‘春のワルツ’製作チームは20日青山島(チョンサンド)ウンギョン(ハン・ヒョジュの方)とジェハ(ソ・ドヨンの方)集で補充分量の撮影を終えたし,飛禽島(ピグムド)ハート浜辺撮影を残している。

またパク代表は‘春のワルツ’撮影会場を探すファンたちと観光客らに感謝の言葉を残して青山島(チョンサンド)ジェハとウンギョンのペンションに対する撮影が終わり次第補完工事を始める計画であることを明らかにした。‘春のワルツ’映像と資料らを観覧できる空間を別に用意して,本格的な撮影会場観光施設で公開する予定だ。

一方去る16日放映終了された‘春のワルツ’はジェハとウンギョンが結婚式を挙げて二人の縁が初めて始まった青山島(チョンサンド)でキスを交わす場面で有終の美を飾った。

http://news.nate.com/view/20060521n06801
-----------------------------------------------------------------
‘春のワルツ’ウンギョン-ジェハ娘が‘秋の童話’隠棲? 隠された台本公開
ニュースエン記事転送2006-05-22 06:58
200605211435441001_1.jpg
'春のワルツ'ウンギョン-ジェハ娘が'秋の童話'隠棲?

去る16日放映終了されたKBS 2TV月火ドラマ‘春のワルツ’の隠された台本が公開されて注目を集めている。

‘春のワルツ’は主人公ジェハ(ソ・ドヨンの方)とウンギョン(ハン・ヒョジュの方)が結婚式を挙げて二人の縁が初めて始まった青山島(チョンサンド)でキスを交わす場面で有終の美を飾った。

こうした中隠された台本は次のようだ。 ウンギョンとスホ(ジェハ)が青山島(チョンサンド)軒の下で雨をよけて愛情混ざった対話をしている間二人の娘隠棲が登場,対話に割り込む。

雨がやむやウンギョンとスホは娘隠棲に行く所があるとし,ハート浜辺に連れて行って,スホは虹貝を取り出して,ウンギョン,隠棲とともに日差しを受けて,虹色で光る貝を眺める。

最後に三人がハート浜辺丘を歩いてきて実際空に浮いている虹を眺めるのと同時にハートで光る浜辺を見下ろす場面でドラマは終わる。

この台本は韓国放送用エンディングでない海外放送分エンディングを念頭に置いて作成されたことで,最後に二人の娘が登場するという点と娘の名前が‘秋の童話’の悲恋の女主人公でもある‘隠棲’という漸移異彩を放つ。

一方,‘春のワルツ’製作チームは現在DVDバージョンと海外放送分製作のために青山島(チョンサンド)と飛禽島(ピグムド)ハート浜辺で補充撮影をしていると分かって国内で見ることが出来ない未公開結末を海外で見られるのか関心が集められている。

http://news.nate.com/view/20060522n12825
-----------------------------------------------------------------
ユ・インヨン,"ソ・ドヨンと3年後また会うことにしました"
マイデイリー記事転送2006-05-22 13:41
200605221100521110_1.jpg

200605221100521110_2.jpg
[マイデイリー=カン・ウンジン記者] '映画界のブルーチップ'誘引霊異'浮び上がるスター'ソ・ドヨン,イ・ミンギとの縁を明らかにした。

去る10日ソウル,汝矣島(ヨイド)で会ったユ・インヨンは"演技者デビュー作がKBSドラマシティ'五社と'"として"ソ・ドヨン,イ・ミンギ等も'オ・サラ'がデビュー作なので初めての作品に対する愛情と一緒に集まることを作って,今まで皆親しく過ごす"と話した。

'五社と'で紗羅役を担ったユ・インヨンはその後ドラマ'ロブホルリク'にキャスティング,強打と呼吸を合わせたし現在映画'強敵'に続き'お父さんとマリと私'に出演,真っ最中活動中だ。 これは'五社と'に出演したソ・ドヨン,イ・ミンギも同じこと.

'五社と'で民需役を担ったソ・ドヨンはユン・ソクホPDの季節ワン作'春のワルツ'の男主人公で抜てき,一躍男シンデレラに浮び上がった。 理知的な容貌のソ・ドヨンは'春のワルツ'で負傷闘魂を広げて視聴者に好評受けた。

現在MBC TV週末ドラマ'本物本物好んで'でオーバー演技の真髄を見せて愛されているイ・ミンギもまた'五社と'で東江(トンガン)役を担った。 イ・ミンギは'五社と'で'本物本物好んで'で見せてくれるコミック演技の可能性を見せた。

ユ・インヨンは"皆'オ・サラ'がドラマ デビュー作なので愛情が多い。 '五社と'演出を引き受けたキム・キュテPDも今私たちが活動する姿を見て満足に思う"として"集いを作って,しばしば連絡もしてお互いの作品をモニターして助ける。 '五社と'終わって3年後またした作品で会うことにしたが,もう1年過ぎた。 3年後が期待される"と笑い作った。

[映画'強敵'に出演するユ・インヨン. 写真=ソン・イルソプ記者andlyu@mydaily.co.kr]
(カン・ウンジン記者ing@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060522n04461
-----------------------------------------------------------------
この頃ドラマら養子縁組反復・わい曲とても行き過ぎる
マイデイリー記事転送2006-05-29 17:02

[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者]私たちのドラマの陳腐なことは視聴者の注目を捉えるのに最も大きい障害物であり,ドラマ画一性を招く最も大きい原因だ。 財閥2世,シンデレラ,変種キャンディのサムスンと田舎版サムスンをはじめとするお決まりのキャラクター,出生の秘密,腹違い兄弟姉妹間の愛,分かってみれば法的兄弟姉妹など公式のように位置した葛藤のしくみなどはもう嫌気がさすほど二番煎じ,三番煎じいや今まで相変らず有効なドラマで登場するものなどだ。

この頃ドラマにもれなく出てくることが養子縁組だ。 養子縁組が入らなければドラマではないほど視聴者と最近会ったり会っているドラマには間違いなく養子や養子縁組の形式を取る劇中主人公が出てきている。 法的な手続きを取ろうがでなければ法的な手続きを踏まなかった非公式的な養子縁組の形態が出てくる差はあるがこの頃大部分のドラマで養子縁組は最も簡単に見られる大勢を成し遂げる主人公キャラクターの成長の背景だ。

31日新しく始めるMBC水木ドラマ‘あるモッチンナル’で女主人公ソ・ハヌル(ソン・ユリ)は死んだ娘を忘れれないでする家庭に養子縁組されたことで設定されている。 また最近始めたKBS水木ドラマ‘ミスターグッバイ’は劇中男主人公ユンヒョンで(アン・ジェウク)やはり養子で米国で養子縁組されて,養父母も死んで,再び孤児に転落して,困難を勝ち抜いて事業家で成功するキャラクターだ。 養子縁組はここでだけ登場しない。 この頃放送されている週末ドラマにも間違いなく登場する。 MBC週末劇‘本当に本当に好んで’も劇中女主人公ポンスン(ユジン)が幼いころお母さんの見捨てられて,江原道(カンウォンド)辺境地の被一滴混ざらない限りおばあさんの手で育った養子縁組の形態を取った。

またSBSの週末劇‘空よ’やはり劇中女主人公の自警(ユン・ジョンヒ)やはり幼くて,両親でない他の家に養子縁組されて育った。 ドラマ序盤部とまだ出生に対する事実が確かに表われていないでいるがKBS週末劇‘噂になった七姫’の女主人公ナ設置を(イ・テラン)は他の所で連れてきて育てた子供という事実があらわれて,現在生母で知っているお母さん(キム・ヘスク)が実母ではない。

養子縁組で育った主人公らを前に出したドラマらがこのように多い。 でないドラマ検索がさらに難しい状況だ。 最近終わった‘春のワルツ’の男主人公守護(ソ・ドヨン)と‘変な女変な男’で男女主人公のジョンナム(キム・アジュン)とソキョン(コ・ジュウォン),‘君はどの星からきたの’ポクシル(チョン・リョウォン)も法的,非公式的養子縁組と関連している主人公キャラクターらだ。

このように養子縁組がドラマの鉄則のように登場するのは作家をはじめとする製作陣の想像力と創造力の不足が最も大きい原因として作用する。 一つの公式が人気を得ればその公式を採用して,ドラマを作る風土が養子縁組を君も私も主人公の成長背景で設定する原因になっている。

また出生の秘密でも‘分かってみれば腹違い兄弟姉妹’,‘分かってみると法的な兄弟姉妹’,‘分かってみれば被一滴混ざらなかった南南(他人同士)’という結末を突出するための葛藤しくみで活用できることが養子縁組であるためだ。

このように数多くのドラマで男女主人公の成長背景と主要な葛藤の前提になる養子縁組に対するまた他の問題は養子縁組に対する偏見とわい曲された視線を拡大再生産することだ。 ‘空よ’で養子にした自警に加えるお母さんの極端な暴力と刺激的な形態は代表的な事例だ。 また‘どのモッチンナル’でも兄さんが養子縁組された妹に悪いことをしようと設定されたことやはりこのような脈絡だ。 また最近終わった'春のワルツ'では男主人公を誘拐したのと違わない形態で養子縁組をした場合まで登場する。

昨年の秋に終わった‘浜辺で行きます’という養子縁組の意味と大切さをドラマ的面白味のためにそれもお決まりの陳腐さのために一挙に押し倒したことがある。 終盤部に愛する恋人(弛緩とイ・チョンア)の間の葛藤を増幅させるために私たちのドラマがよく使う‘分かってみれば血縁’カードを持ち出して終わりの部分では血縁による非人間的行為的愛の非難を避けて愛の結実で結末を結ぶために持ち出したのがまさに養子縁組カードであった。 いとこ兄弟姉妹間の愛という衝撃的ながらも非人間的行為的愛を劇中さざえ(イ・チョンア)が養子縁組されたことで処理して,二人の愛を結んでくれることで大詰めの幕を下ろした。 まさに養子縁組というしくみを動員して,猟奇的,非人間的行為的愛に対する非難を避けようとする保護膜とする安モノ想像力を発揮したのだ。 ここで養子縁組はいつでも便宜によって破ることができるそういう一回主義的であり,便宜的なわい曲された認識を深化させる迷惑を犯した。

ドラマで君も私も先を争って,養子縁組に対する設定を導入する常套性も問題で養子縁組に対する誤った認識を深化させるのはさらに大きな問題だ。

(ペ・クンナム大衆文化専門記者knbae@mydaily.co.kr)

http://news.nate.com/view/20060529n06969
-----------------------------------------------------------------
‘ある素敵な日’,兄さんが帰ってきた
OSEN記事転送2006-06-09 08:43

[OSEN=チョン・トクヒョン大衆文化評論家]兄さんが帰ってきた。 彼が帰ってきたことは他でもない妹のためだ。 彼は妹を愛する。 ところで妹は幼い時期他の家に養子縁組された。 そして地獄のような歳月らを生きてきた。 その養子縁組された家のウイ筆兄さんが彼女を愛したためだ。 兄さんが帰ってきたのでもう視聴者たちは安心する。 妹はもう実の兄の保護の下正しくなされた堅実な男に会って結婚して,よく生きていくことだと。

ところでそうでない。 この兄さんは兄弟姉妹関係ではなく女として妹を愛するようだ。 それは妹も同じだ。 その地獄のような歳月らを持ちこたえるようにしたことは他でもない兄さんが自身を訪ねてきてくれるという信頼のためだった。 それは明らかに愛だった。 詳しく分かってみるとこの兄さんも妹とは血一粒混ざらなかった腹違い兄弟姉妹であった。 兄さんが帰ってきたことは幼い時期失った家族を探すためなのか,でなければ愛した妹を探すためなのか。

MBC水木ドラマ‘ある素敵な日’を見ていればその複雑な関係の中で‘兄さん’という単語に対する混同がくる。 あそこで兄さんと呼ぶのは兄弟姉妹関係での兄さんをいうことなのか,でなければ恋人関係で私たちがよく呼ぶその呼称をいうということなのか。

兄さんと兄さんの間きわどい綱渡り腹違い兄弟姉妹の愛はもうこの時代ドラマのあるトレンドになったようだ。 ‘秋の童話’であの隠棲(ソン・ヘギョの方)に帰ってきた兄さん,ジュンソ(ソン・スンホンの方)がそうしたし,‘ピアノ’でスア(キム・ハヌルの方)に帰ってきた兄さん,縁起(上手の方)がそうした。 法的兄弟姉妹の成り立つことはできない愛を扱った‘天国の木’では妹一つ(パクシニェ方)を愛する倫序(弛緩の方)が登場した。

実際に兄弟姉妹ではないが類似のニュアンスを漂うドラマらもある。 ‘天国の階段’に出てきた誦呪(クォン・サンウの方)と情緒(チェ・ジウの方)がそうで,最近放映終了した‘春のワルツ’のジェハ(ソ・ドヨンの方)とウンギョン(ハン・ヒョジュの方)がそうだ。

こういう延長線上で見れば‘ある素敵な日’の件(共有の方)と空(ソン・ユリの方)の愛が今更いことはない。 ところで知りたいことはなぜイ多智も私たちのドラマ女主人公らは兄さんと愛に陥るのか。

兄さん,私を守る強い男性ドラマを見れば私たちの‘兄さん’という呼称は本当に多様な意味で使われるのを知ることが出来る。 兄弟姉妹の間に使われる‘実の兄’,後輩が先輩を呼ぶ時は呼称での‘兄さん’,恋人関係で呼ぶ‘兄さん’がそれだ。 その中恋人関係で女性が男性を兄さんと呼ぶことになったことは90年代以後からだとする。 以前には主に‘自分’と呼んだ。

‘兄さん部隊’という末俗には兄さんという呼称に対する愛着が入れられている。 兄さんは恋人と違い無条件的に妹を保護する人という女性らのファンタジーと,自分を兄さんに呼んでくれる人を必ず守らなければならないという男性らのファンタジーがよく合致した結果だ。 また兄さんという呼称は男性らにおじさんで代弁される非好感の反対意味を持っていたりもする。

ドラマで兄さんに対するこのようなファンタジーがしばしば登場するのは他の見方をすれば当然の結果であろう。 ‘男性’より安らかながらも,献身的な‘兄さん’に女性視聴者たちは簡単に陥る。 男性視聴者たちは‘兄さん’という話を聞く瞬間何か胸の中でうごめいている‘妹保護欲求’に捕われるだろう。 このように兄さんという呼称を一つのファンタジーで見れば,事実上大部分のドラマの関係らは多くの類似兄さんと妹らで形成されているとのことを知ることが出来る。

ファンタジーと禁止が会う瞬間ところでこのファンタジーがぶつかるのか点がある。 それは近親間の愛という禁止だ。 過去ならばとうていドラマの素材で出てくるのは難しかったこの禁止は‘成り立つことはできない美しい愛’という仮面をかぶって見られる。 ‘成り立つことはできない’でしたので禁止を越えたことではないと考えられるが,‘美しい愛’としたのでもしかしたら禁止を越えたことかも分からない。

ドラマが現実でできないどんなファンタジーを充足させるという点でドラマの中禁止の実現は二重の安全網を持つようになる。 その最初にはドラマという代替物があたえる安全網で二番目はドラマが提供する自己合理化という安全網だ。 きわどいファンタジーと禁止が会う瞬間,視聴者たちはこれはドラマであるだけはする安全網を持って,その主人公らに自身を投射して,禁止を越えるくらっとした経験をすることになる。 そして悲劇的結末を見て(近親間の愛は悲劇的にならざるをえない)視聴者はまた現実に戻って,安心することになることだ。

‘分かってみると腹違い兄弟姉妹だった熱く’という設定は現実での無事無事到着のためにどれくらい悩んでいるのかを語ってくれる。 それは装置だけのことだ。 腹違い兄弟姉妹期のために愛してもかまわないという論理は風が起こるだけであって実際にそうだということは違うだろう。

ところでこの近親間の愛には血縁と家族で代弁される私たちの情緒もまた敷かれている。 血縁ドラマの代表格といえる‘空よ’が多くの物議にもかかわらず,人気を謳歌したことはまさにこの‘血は水より濃い’という血縁,家族コードのためだ。 離散した家族の帰還または再建はその方法がいずれにせよ大部分許されるということを私たちは‘空よ’を通じて知ることになった。 近親間の愛で必ず登場する養子縁組の問題は禁止に対する安全ピンでもあるが,離散した家族の再建のための装置でもある。

‘どの素敵な日’はどの道を行くか‘ある素敵な日’で空は完ぺきに見えるが全部がにせ物の類似家族らの金魚鉢の中に閉じ込められている。 ママとパパは空を死んだ娘でだけ対していて,兄さんは禁止の愛に執着している。 件は不良に見えるが本当に家族のようなク・ギョンテク(イ・ギヨルの方)とそいつらと共に新しい家族を設けようとしている。 この新しい家族の再建が恐らくこのドラマの主題になるだろう。

もう残ったのはあの類似家族の金魚鉢の中に閉じ込められている空を救ってくれば良いことだ。 そのように家族を設ければ良いことだ。 ところでなぜであろうか。 空が件に向かって“兄さんは日捨てなかったよ。 必ずまた日訪ねてくるのだ”と話す時,“兄さんありがとう。 忘れないでおいて訪ねてきてくれて”と話す時,胸がジーンとしたことは。 空が呼ぶ兄さんがその兄さんではないような感じにくらっとしたことはなぜであろうか。 それは禁止を越えたくらっとすることであろうか,でなければあの卑劣な類似家族から妹を守る強固な兄さんに対するファンタジーのためであろうか。 ‘兄さん’が帰ってきた。
mansuri@osen.co.kr

http://news.nate.com/view/20060609n02430
-----------------------------------------------------------------
チョン・ドンファン,食傷ぎみであるドラマの中食傷ぎみでない俳優
TVリポート記事転送2006-06-30 11:34
200606300021.jpg
去年ブラウン管を熱い雰囲気にしたSBS 'プラハの恋人'で視聴者たちは顔なじみであるある俳優のカリスマに心を奪われた。 血も涙もないような冷たい表情と背筋が寒くなった大使を吐き出したチ・ギョンファン会長逆チョン・ドンファン(57)がその主人公だった。

"血はいつでも埋められることができるが私の息子手はいつの時も捉えることができないじゃないの" "折れても曲がりはしない" "それでは死ねば良いだろう"

鳥肌が立つようにする大使一つ一つの'ポス'がそっくり視聴者たちについてきた。

ドラマの中悪役は魅力的に表わすのが容易でない。 チョン・ドンファンは悪役であり,最後まで自身の人生観を曲げないチ・ギョンファンという(のは)‘問題的’人間を印象的な演技で表出,ファンたちの心をとらえた。

主人公と敵対する悪役だったが,彼の存在感は劇の重さを固く捉えてくれていたしどんな俳優より光った。 劇中ヘジュが産んだ赤ん坊の親父だった彼は自身の目的のためにヘジュを利用するあくらつな面も見せたがファンたちの呼応はとどまるところを知らなかった。

'プラハの恋人'のようにチョン・ドンファンは隠れた家族史を持った'理由多い'お父さんの役割でしばしば出演した。 特に韓流ブームを導いたユン・ソクホ ディレクターの季節連作シリーズ'秋の童話' '冬のソナタ' '春のワルツ'にお父さんの役割で登場,注目を集めた。 '秋の童話'では実の息子ジュンソと実の娘で育てた隠棲の愛を耐えなければならなかった。

'冬のソナタ'でやはり過去ジュンサン(ペ・ヨンジュン)のママを愛した記憶を持ったサンヒョク(パク・ヨンハ)お父さんで登場,主人公ジュンサンとユジン(チェ・ジウ)の間愛のキーを握った人物で緊張感を増幅させた。 '春のワルツ'でやはり理由多くのお父さん設定は変わらなかった。

息子ジェハを失って代わりに息子をちょうど似ていた守護(ソ・ドヨン)を自身の息子として育てる外交官ユン・ミョンフン役割を受け持った。 息子のために自殺まで試みた妻のためにお金を代価で守護の人生を抵当捉えたし秘密を隠すために守護と起こるかを結婚させようとした。

ユン・ソクホPDの季節連作でだけでない。 SBS '天国の木'では男主人公の倫序のお父さんで出演した。 彼は劇中女主人公一人の日本人お母さんと再婚する人物だ。 このドラマやはり両親たちの再婚で兄弟姉妹になった一つと倫序の切ない愛物語を描いた。

最近作でも彼は複雑な家族史を持ったお父さんの役割で視聴者を訪ねてきている。 MBC 'ある素敵な日'でチョン・ドンファンは女主人公空(ソン・ユリ)の継父で件(共有)の家族と関連した秘密を大事に保管している人物に描かれている。 多くの視聴者たちが彼に女主人公空の実父ではないのかという疑惑の眼差しを送っている。

唯一,血管関係の秘密があるドラマでそのキーを握っているお父さんの役割を主に受け持ってきたわけだ。 そのご飯にそのナムル式で反復される血管素材ドラマのパターンは食傷ぎみだがそうした中で彼が表わすお父さんの役割は注意深く見るに値する。

'プラハの恋人'ではお父さんとしてわい曲された不正をカリスマあふれる姿で表出したし,'ある素敵な日'と'ポムィワルツ'とは'プラハの恋人'に比べて,その強度は比較的弱いが主人公らの運命に波乱を呼び起こす要因を提供した人物の個性を加味,冷静なキャラクターで表出している。 そのような反面,'天国の木' '秋の童話'のような場合は一般的な善良なお父さんの姿で,'冬のソナタ'ではお父さんに留まらないで男として愛の傷を隠匿した繊細な人物の性格を見せた。

似ているがその理由らが少しずつ違っただけ彼の演技も個性を表わさなければならない時と表わしてはいけない時の強弱を調節して絶妙に表わした計算だ。 彼自身は飛ばないのに彼の存在だけで劇が安定感を持つようになる理由だ。

最近隠された家族史と血管秘密がドラマの主な葛藤素材にしばしば描かれていて視聴者たちの眉をひそめるようにさせていることが事実だ。 素材発掘が切実な状況.

そうした中で劇の食傷ぎみと単調なパターンを精巧な演技力にカバーすることができるチョン・ドンファンのような内面空白深い俳優らが活発な活動を見せているという事実はそれさえもドラマファンたちに慰めになる漸移だ。

(写真= SBS'プラハの恋人'でチ・ギョンファン会長で出演したチョン・ドンファンとKBS'冬のソナタ'で熱演したチョン・ドンファン. SBS,KBS提供)[TVリポート下手や記者]mongz11@naver.com

http://news.nate.com/view/20060630n02585

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

これで終わりませんでした

次回はNHKで「春のワルツ」放送決定のニュースなどを
まとめてご紹介いたします

シナリオ・・・

作家の途中交代は痛いですねえ。後半の構成が弱いのもそのせいでしょうか。構成ってやっぱり脚本家がするんですよね?一人の作家が書くんなら構成もその人がするんだろうけど、複数で書く時は?チーフ脚本家みたいな人が?それとも、ユン監督が構成をしたのかなあ・・・。
シナリオは重要ですよね・・・v-403

それよりも、本来は14話ぐらいまで事前制作の予定だったんですって?
それが4話ぐらい撮って放送にって・・・v-388どんだけスケジュール押してんのよって感じですね。最初はBチームを組む予定はなかったって事なんですよね。全部ユン監督が撮るつもりで始めたってことでしょ?
私、Bチームの監督さんって、てっきり助監督クラスの人なんだと思ってましたが、すでにイ・ヒョンミン監督は「ごめ愛」でヒットを飛ばした後の参入だったんですね。ユン監督のBチームだと格が違う?
で、思うんですけど。「オンエア」とか「彼らの住む世界」とか業界もののドラマを見ると、AチームBチームの2班体制でドラマを取ってるんですよ。「春ワル」にもBチームが投入されたと言う事は、Bチームが撮った話数が何本かある筈ですよね?
10話をイ・ヒョンミン監督が撮ったのは有名ですけど、それ以外のBチームの撮影話数はどれなんでしょうね?
店長、あるいはどなたかご存知ですか?どうしたら分かるのかしら?
って言うか当ててみたいかも。
今、「ごめ愛」を放送してて結構おもしろいです。「雪の女王」もよかったし。イ・ヒョンミン監督が結構お気に入り。
どの話数がBチームかv-361
んんん・・・大いに興味ありv-363知りたいv-363

あわてて

「永遠の春のワルツ」を引っ張り出してきました

Bチームの撮影監督、チェ・ヨンギュンさんの話がありました
2,3話は合同で撮影したが、4話以降はAチームが主人公、Bチームはそれ以外を撮影していたけれども、回が進むうちにそう簡単に分けられなくなったとか

私? 私はどのシーンがAチームかBチームかという話はわかりません
お役に立てずすみませんv-421

なるほど

単純に話数で分担してたわけじゃないんですね、最初は。
主人公とサイドストーリーを別班でですか。それまた難しいやり方を・・・。
少なくとも10話では主人公部分もBチームが撮ってるって事ですもんね?
調べるのは難しそうですね。共同で撮ってるなら、テロップにはユン監督の名前が出るんだろうし。韓国版のスタッフロールを見られれば分かるのかなあとか思っていたんですが。

はい・・・分けられないシーンもあるとか

同時に別の場所で主演俳優のシーンを撮ったり、逆に同じ場所で数台のカメラを回して撮ることもありますね。(チェ・ヨンギュン撮影監督談)

画像と同じように動画にも撮影カメラや時間帯が表示されると
撮影当時のいろんな状況がわかっておもしろいのでしょうけれどもねぇ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4025-419f604b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード