FC2ブログ

2019-08

映画『チョルラの詩』ソ・ドヨン単独インタビュー

映画『チョルラの詩』ソ・ドヨン単独インタビュー
日付 2010.05.20
201005201430311108.jpg
6月12日シネマート六本木で公開予定の映画『チョルラの詩』に出演している、ソ・ドヨンさんに単独インタビューを行いました。
全身白の衣装に身を包んだ彼に、今回の映画出演で感じたことを聞いてみました。

映画『チョルラの詩』に出演したきっかけは?
監督の前作品を見て、色彩と音楽が素晴らしかったので決めました。

出演のために準備したものは?
周囲にいる在日の方から子供の頃の体験を取材して、準備しました。日本語はアドリブで演じたのですが、監督が喜んでくれました。みんなの反応も良かったので楽しい撮影となりました。

心に残っているシーンは?
自分が書いた詩を捧げて、心に抱えていた葛藤が消えていく場面が印象に残ってます。また、カンスが残したノートを読んで、全てを理解する場面では、涙を流す場面ではなかったんですが、自然と涙が流れてしまいました。

映画では詩を書いてますが、実際に詩を書いたことはありますか?
いいえ。監督にもそのことを話しました。小説は読んでいますが、詩に接した事がありません。詩をどう読めばいいのか。どう感じればいいのかが分かりませんと監督に話したら、あなたが感じるもの、それで十分だ。作家の意図などは考えず、感じるまま表現すればいいと言ってくれたので、すごく助かりました。

映画で感じたことは?
映画を撮影する間、穏やかな気持ちでした。普段は、目まいがするほど忙しく生活していますが、まだ汚れていないの風景を見ていると、自然に心が和んでいました。

監督との会話は?
簡単な英語で会話をしました。コチャンのトイレは、まだ昔のトイレのままのところがあります。そんな時にはスメル(smell)と言えば通じます。難しく考えずに話せば、通じます。

NGの場合はどうしてますか?
私は真剣に、「すみません。もう一度お願いします。」と言います。

映画の中で一番NGを多く出したのは何ですか?
ハエです。カンスの家でご飯を食べるシーンで、冬だったんですが、ハエが多かったです。ハエのせいで撮影が遅れたり、長セリフを言い終えたかと思ったらハエが写ってNGになり、撮影しなおしました。

もともとはモデルでしたが、演技は?
もともと演技をしたかったのです。モデルの時も、俳優になるための準備をしていました。

ソ・ドヨンさんにとって演技とは、どんな存在ですか?
私の渇きを解消してくれる存在です。心に感じるもどかしさを解消してくれる存在ともいえます。

一番気に入ってる作品は?
「春のワルツ」です。

「春のワルツ」が記憶に残る理由は?
本当に辛かったです。負担も感じていましたし、演技をするのもも初めてだと言ってもいいでしょう。このような感情を私が表現する事が出来るか、自分自身でも検証する事が出来なかったので、心配でいっぱいでした。キャラクターが暗いイメージで、その感情を表現するのが難しかったです。一つ一つを壁に感じてました。各話、各シーンで涙を流しました。今、やってよと言われても、あの時のように、純粋に涙を流すことはできないと思います。それほど、ピュアな感情で演じてたので、記憶に残ってます。

ファンに一言お願いします。
皆さんにお返しできるのは、作品だと思いますので、いい作品でお返ししたいと思います。

【映画情報】

チョルラの詩(The Poem of Tealla)
脚本:谷口広樹 チョン・ミラ 川口浩史
監督:川口浩史(日台合作「トロッコ」)
出演:キム・ミンジュン、ソ・ドヨン
上映時間:102分/ビスタサイズ
製作:「チョルラの詩」製作委員会(竹書房 衛星劇場 アールグレイフィルム レオーネ アクロス)
(C)2010「チョルラの詩」製作委員会
日本公開:6月12日シネマート六本木を始め、全国順次公開

公式サイトはこちらhttp://www.choruranouta.com/

記事元 http://www.eul.jp/together/kpsang_go/detail.php?seq=364
-----------------------------------------------------------
写真、他にも多数掲載されています

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

一番気に入っている作品は?

「春のワルツ」
今、やってよと言われても、あの時のように、純粋に涙を流すことはできないと思います。それほど、ピュアな感情で演じてたので、記憶に残ってます。


やっと真正面から「春のワルツ」に向き合えたんですねぇ
そしてとても正直な答えです

早く「チョルラの詩」が観たくなりました!
カンスのノートを読んだときの表情、いい表情しているのでしょうね

うるうる・・・

>やっと真正面から「春のワルツ」に向き合えたんですねぇ
店長さん、本当にそうですね!
>一番気に入ってる作品は?
>「春のワルツ」です。
この答えを聞いて、本当に安心しましたv-406嬉しいですv-398


うるうる・・・ 2

びっくりしました。
いままでは「春のワルツ」のイメージから脱したいということばかり
言っていましたもの。これはね~~~色々な作品に出演した結果だと
思います。やっと自信が持てたのでしょうか?
叙情的な「チョルラの詩」の影響もあるかもしれません。
どんな理由にせよ、この言葉を聞いて本当に嬉しいです!!
今日は乾杯だわ~~~~。

うるうる・・・3

そうですv-363ゆば~ばさま、店長、はぴさん、みなさんv-363
祝杯を挙げねばなv-306だすv-437v-406
ずっとずっと、トヨン氏に聞いてみたかったんですよお
「春のワルツ」と向き合えるようになりましたかって。

ところで・・・「今やってよと言われても出来ない」v-361いやいや、あの時入れた『自分スイッチ』の場所、思い出してもらおうじゃないですかv-391v-400ヒロインにホントに恋しちゃうのは別だけどね
自由自在に『自分スイッチ』のon offが出来て、「春ワル」の時のベストパフォーマンスを再現できる。私は、それを待ってますv-349

マジで祝杯挙げたいけど・・・v-400ダイエット中だから妄想だけでv-306乾杯~~~~v-411

感無量……

v-406

ああ、、

わたしも、きっと皆さんと同じ気持ちだわ~v-252v-20v-252
しかも、今日は、12話、水辺のベンチでした!!

今まで、私が真正面からみて、感激していたのに、なんとなくかわされてスースーする気持ちがこれで、解決します。
王子が、真正面から受け入れて下さったので!v-290

「春のワルツ」です

この一言をサラッと言えるようになるまで、これだけの年月がかかったんですね・・・
チェハと春のワルツに出会って、こよなく愛してきたファンとしては
王子はいつもチェハのイメージを脱ぎ捨てようとばかりしていたのが淋しかったですv-390
この素晴らしい作品が、王子にとっては辛い経験でしかなかったのではないかと・・・

王子、ほんとうに良かったですね~v-410私も感無量ですv-406

青空さま

12話のコメント欄に初登場されたのが2007年の6月24日だったのですね
あれから3年、お世話になります

ドラマを見て、ネットで感想を書き合うという作業は
とっても新鮮で、楽しくて
多分1人だったら、ファンでいることも
これほど長続きしなかったんだと思います

今後とも、よろしくお願いいたしますv-410

店長!

お礼は、こちらのほうから、申し上げなければなりませんでした!
3年前の6月24日12話のあと、「いてもたってもいられなくて」状態で、浮上したんでしたv-398
その前に、qooちゃんの、「もぐっている人出ておいで~」、の声が聞こえてv-418、ぴょんとv-535v-356

はずかしいやら、なつかしいやら!
でも、皆様に温かく迎えていただいて、すご~く、嬉しかったv-311
思いっきり語れる場所を毎日毎日用意してくださる店長、本当にありがとうございますv-435
たどたどしく書いては、どきどきしながら、送信ボタンを押し、その後も気になって、何度も何度もファミレスのドアを開ける日々。初めて店長からコメントをいただいた嬉しさ、興奮は忘れられません!v-437v-363
これからも、どうぞよろしくお願いいたしますv-435

青空さま

3年前の感想では、私がお1人お1人にお返事をしていましたね
私からのあのようなお返事にそんなに喜んでくださったとは
申し訳ないぐらいです

私は途中からコメントの書き方にコンプレックスを感じ
私が登場すると、みなさまのおしゃべりがストップしてしまうのではないかと
また、私の読みが浅すぎて、みなさまのレベルに達しないのではないかと
悩む(ちょっとですよ)うちに、お返事をサボるようになってしまいました

今はみなさまが自由にドヨン王子についておしゃべりできる場を
提供していればいいのかな?って思うようになりました

ですから気楽に遊びにいらしてください
おしゃべりなさりたくなったら、自由に思ったことを書いてくださいね

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますv-435

意外なお言葉・・・・・

店長さま、青空さま宛のコメントを拝見して、ちょっと驚きました。

私は途中からコメントの書き方にコンプレックスを感じ
私が登場すると、みなさまのおしゃべりがストップしてしまうのではないかと
また、私の読みが浅すぎて、みなさまのレベルに達しないのではないかと
悩む(ちょっとですよ)うちに、お返事をサボるようになってしまいました


え~~~~~~~~っ、そんなぁ~~~~~~~~?!
harumamaさまのブログ以来、店長のコメントを楽しみにしている私。
お忙しくて、あんまりお書きになれないのだとばかり思っていました。
店長のコメントがあってこそ、ファミレスが活気づくというものです。
コンプレックスを感じるなんて~~~、そんなことを言われたら、
私など、何も書けませんわ。
こうしてファミレスを毎日運営していただいて、ありがたい限りですが、
お時間が許すならば、楽しいコメントも是非お書きくださいませv-436

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4284-39ddd9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード