FC2ブログ

2019-12

クァク・キョンテク監督 インタビュー記事です

クァク・キョンテク"延坪(ヨンピョン)海戦で犠牲になった若さ3Dで表わすこと"
2010年05月21日(金)18:33韓国経済
keX20100521_132609_0.jpg
'美しい私たち'製作準備するクァク・キョンテク監督

天安(チョナン)ハム事態で関心高まって…製作過程記録ノウハウ伝授

南北が西海(ソヘ)で交戦した第2次延坪(ヨンピョン)海戦の実状を入れた3D映画'美しい私たち'が製作される。 総180億ウォンを投じて来月末に撮影を始めて来年正月頃に封切りする予定だ。

'美しい私たち'は21世紀に起きた戦争談の上に事実上初めての3D映画という点で目を引く。 アイエムピクチョスと尽人事フィルムが共同で製作して'友人'のクァク・キョンテク監督(写真)が演出する。 放送界と映画界を行き来して縦横無尽活動するクァク監督に会った。

"ある・日ワールドカップが真っ最中だった2002年6月29日第2次延坪(ヨンピョン)海戦が起きました。 1次戦に敗北した北朝鮮軍が報復攻撃をしてきたことでしょう。 私たちは先制攻撃をできない交戦遵守規則のために先に漢方合って始めるほかはありませんでした。 1次戦で勝利した指揮官らは太陽政策のために閑職で左遷されました。 遺族たちの傷心がどれくらい大きかったでしょうか。 補償の問題でなく報勲の問題ですね。 ある遺族は最初から米国に移民に行きました。 "

クァク監督は人々にこの事実を広く知らしめたいといった。 国民の一人としてで安保は何とも変えることができないという認識からだ。 特に天安(チョナン)ハム事態で延坪(ヨンピョン)海戦に対する関心は高まったし安保意識も大きくなった。

"それさえもイ・ミョンバク政府が2次延坪(ヨンピョン)海戦で亡くなった戦死者6人の名前を取って'ユン・ヨンハハム''黄桃椽檻'など4隻の軍艦を進水させました。 それでも去る政権に対して批判しようと作るのではありません。 左右がみな見ることができるようにヒューマニズムに関する話を聞かせるでしょう。 生きているならば今年で三十才の彼らが持った夢とそれをこれ以上実現できない遺憾ですね。"

3D製作は突然企画されたのではない。 'アバター'が興行したおかげで投資を受けることになったのだ。

"ハリウッド映画'トランスフォーマー'を見ながらコンピュータグラフィック(CG)の限界を感じました。 3Dで見せたならばさらに興味深かったでしょう。 それで'友人'と'雑種の犬'等で共同作業したファン・キソク撮影監督と何年か前から次期作を無条件3Dでとろうと話しました。 'アバター'が開封される前の昨年10月だけでも懐疑論が大勢なので進行できなかったんですよ。 "

彼は3D映画を製作するのが決して容易ではないこととした。 費用が30億ウォンもっとかかって一般2D映画と文法も違うためだ。 カメラと関連したセットアップが既存の二倍や大きい。 左側目(雪)と右側の目を代弁する二つのレンズを持ったリーグカメラを使わなければならない。 撮影会場でカメラをのせるトラックもさらに重くなった3D装備を耐えるように再設計しなければならない。

イム・グォンテク監督が1960年代演出した3D映画とは製作方式が根本的に変わったのだ。 当時には一個のカメラでメイン場面を撮って鏡に映った反射画面を別にとって一致させた。 しかし二つの画面を一致させるのが難しくて目の疲労と頭痛などを伴った。

"3D時代が近づいただけ誰かは始めなければなりません。 時間がかかってオリョプトラドヨ. 何チームが挑戦する計画とか遠からず国内にも3D専門家たちが誕生するでしょう。 ファン・キソク撮影監督は上海エキスポを3D映像でとった経験を土台に製作スタッフとテスト撮影をたくさんしました。 多分国内映画界では経験が最も多いでしょう。 今回の映画は'3Dウィーン分'という(のは)会社を設立して撮影して製作過程を白書で作ってノウハウを他の映画関係者らに伝授する計画です。 "

彼はまもなく3D映像が一般化されると強調した。 3~4年後にはメガネなしで見ることができる3D映像も出現することだと見通した。 3D以後にはスクリーンが必要ないホログラムに行くという予測まで付け加えた。

"重量感ある監督らが率先して引っ張っていってこそ韓国映画産業が沈滞のドロ沼から抜け出すことができます。 カンヌ映画祭で作家と認められるのも重要だが私は米国市場で私たちの映画をさく烈させるのに関心がより大きいです。 "彼はハリウッド資本を投資受けてハリウッド スターを起用、韓国で撮影する大型プロジェクトを推進している。 その間朝鮮の最後の王子イウ氏の話を扱った放送ドラマも先に演出する計画だ。

ユ・ジェヒョク記者yoojh@hankyung.com

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=1579088&year=2010&Query
---------------------------------------------------------------
[Hot Interview]①クァク・キョンテク監督、‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’映画化…‘最初3D’亜最強スタッフ武装
2010年05月22日(土)15:44韓国経済
keX20100520_181845_0.jpg
2002年西海(ソヘ)‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’映画製作突入

総製作費180億…国内最初3Dブロックバスター

2001年映画‘友人’で観客820万を動員して韓国映画のブームを先導したクァク・キョンテク監督が国内最初3D映画を製作、米国ブロックバスターに堂々と挑戦状を出して出た。

特に過去にはジャンルと作品性により興行勝-敗が左右されたこととは違って、最近映画界にはいわゆるパク・チャンウク、イ・ジュンイク、ホン・サンスなど‘インギ監督’らの名前を前面に出した作品らに対する観客らの認知度と関心が高いのが事実だ。

このような流れに合わせて‘友人’、‘雑種の犬’、‘台風’、‘愛’、‘目には目歯には歯’等リリースする作品ごとに興行追求を継続している‘クァク・キョンテク’監督の次期作に対する関心もまた大きい。

友情、愛、父性愛、コミックなど多様なコードで興行監督に位置したクァク監督は今回は‘戦争’、それも2002年実際西海(ソヘ)近海で起きた‘延坪(ヨンピョン)海戦’を映画化する予定なので耳目が集められている。

特に米国ブロックバスター3D映画‘アバター’に最高興行1位を渡した状況で韓国最初180億の3D映画‘美しい私たち’が雪辱することができるか期待と関心はそのどの時より熱い。

#政治映画NO!。韓最初3Dヒューマンブロックバスター!

“映画の基本素材は2002年ワールドカップが真っ最中だった時に発生した‘延坪(ヨンピョン)海戦’を含んでいます。 だが、多分政治的な色が濃厚な作品は違います。 若い海軍ら、そして残念な戦死者らに向かったヒューマニズムに焦点を合わせる予定です。”

‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’は2002年6月29日午前10時20分. 西海(ソヘ)北方境界線(NLL)南側延坪島(ヨンピョンド)海上で北朝鮮が先制奇襲砲撃で発生した交戦で、韓国海軍6人が戦死したし19名が負傷した。

この戦争を土台にした映画‘美しい私たち’のクランクインを控えて忙しい中で会ったクァク監督は新しい映画に対する期待と自信に満ちていた。

“前政権に対する批判でもそのような政治的映画は絶対違います。 ‘延坪(ヨンピョン)海戦’に対する関心を持って取材をしている間実際起きた事件にもかかわらず若い層があまりにも知らずにいるという気がしました。 遺族たちの悲しみを通じて多いことも感じましたし。 それでヒューマンが入れられた感動映画をしてみるとすぐにしましたよ。”

実際海戦を素材にした点でも注目をあびているけれど、国内最初、いやアジア最初3Dブロックバスターという点で全世界的に関心を集めている。

特にジェームズ、キャメロン監督の3D映画‘アバター’が1300万観客をふわりと跳び越えて私たちの映画界の興行記録をひっくり返したのと関連して、国内純粋製作3Dブロックバスター映画がいかなる反応を引き出すかが注目されている状況だ。

“映画‘友人’から共同作業してきているファン・キソク撮影監督があるが、ドラマ‘友人’を準備する当時、映画‘トランスフォーマー’を通じて3Gの限界を感じました。 それで次期作は無条件3Dに行くとすぐにそうしましたよ。 その作品が今回‘美しい私たち’になったことだよ。 多分アジアをあわせて3Dにおいては最高の技術を保有していると自信を持ちます。”

事実映画‘アバター’の興行前までも韓国映画界で3D映画に対する視線は懐疑的だった。 クァク監督また、映画を準備した序盤に反対の意見にあたることもした。

だが、空は自ら努力する者を助けるといったのか。 彼の製作時期とかみ合わさって米国の大作‘アバター’が全世界的に3D突風を起こしたし、彼の余勢に力づけられて韓国の監督と製作スタッフ、資本が投入されたいわゆる‘韓国型3Dブロックバスター’の誕生を予告している。
keX20100520_181845_1.jpg
“私は映画を作る人…団一人の観客のためにならば”

“次期作を準備しているのに、誰かからEメールが来ました。 映画‘台風’を見た後海軍士官学校に支援することになったと。 今は海軍として熱心に服務しているという内容でした。 その手紙を見ながら‘ア私も誰かの人生に役に立つことができるんだね’とする考えにかっとしましたよ。”

クァク監督が今回180億という巨大資本とヒョン・ビン、チュ・ジンモなど派手なキャスティング、そして3Dという最初試みまで、冒険を件大作をリリースするところはまさにそのような理由がある。

低迷した映画を誰かは生かさなければならないという義務、映画監督として誰かの人生に影響を及ぼしかねないならば歴史に縫うだろう人を事件を若い友人らに必ず知らせたいという意志がすぐにそれだ。

“ドラマ以後どのような話をするか悩んでいる間映画産業界が沈滞の時点で大きい輪が帰ってこそ映画関係者らが皆みな暮らすことができるという気がしました。 興行監督でなく経験が少なくともある監督らが導いていって派生的に引っ張ってきて、それと共に韓国映画が今一度復活しないだろうか期待したことでしょう。”

今年はとりわけ6.25戦争60周年を記念した戦争ドラマや‘戦争’を素材にした映画が洪水になっている。

クォン・サンウ、チャ・スンウォン、キム・スンウ、塔を前に出した‘飽和の中に’やチャン・ドンゴンのハリウッド進出作であり2次世界大戦を背景にした戦争映画‘マイウェイ’、ソ・ジソプ、ユン・ゲサン、キム・ハヌルのドラマ‘ロード ナンバーワン’そしてクァク監督の‘美しい私たち’.

“戦争映画が出てくる時になったことのようです。 映画というものがそのように、社会的にすべての人々が安らかで幸せに暮らすことができるという考えを越えて安保に対するそれなりの自覚らが生じるのを反映することだと見ます。 そこに加えて私はヒューマニズムを入れたかったんですってば。 今回は本当に胸ジーンとした感動を与えたいです。 3Dの素敵な映像と共に。 すでに期待されられるでしょう?(ハハ).”

ハンギョンドットコム キム・ミョンシン記者sin@hankyung.com /写真ヤン・ジウン記者

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=1583108&year=2010&Query
----------------------------------------------------------------
[Hot Interview]②クァク・キョンテク監督“映画‘トランスフォーマー’見て3Gの限界認識”
2010年05月22日(土)15:47韓国経済
keX20100522_154600_0.jpg
韓国の興行監督クァク・キョンテク監督が韓国最初に3Dブロックバスターに挑戦する。

クァク監督は2002年発生した‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’を映画化した‘美しい私たち’を製作する予定で、特に3Dでリリースする計画なので耳目が集中している。

最近ハンギョンとのインタビューを持ったクァク監督は“映画‘トランスフォーマー’を見ながら3Gの限界がきたことを感じた”としながら“人の目は常に新しいものを探すものだが、白黒でカラーで、3Gでよりより良いのと出てくる時になったという気がした”と3D映画を準備することになった背景を説明した。

クァク監督は“映画‘友人’から一緒にしたファン・キソク撮影監督とドラマ‘友人、私たちの伝説’を準備しながら話を交わしたところにこのような考えをするようになった”としながら“次の作品は無条件3Dでとろうと意見一致を見たし、次期作の今回の映画に電撃投じることになった”と付け加えた。

しかし国内事情とアジア市場の狭小で製作準備序盤に反対の意見にあたったりもしたと。

クァク監督“‘アバター’の興行で政府の支援をはじめとして3D製作に良い環境が用意されたのが事実だ”としながら“既存映画文法やポジション、アングル、新しいショット構成など2Dとは違った、侮れない作業だが最後まで撮影に成功する映画は私たちの作品の外をないという確信がある”と自信に充ちた姿を表わした。

特に3D映画で最も重要な、撮影を担当する人を称する'ステレオ クラポ'が不足した現状況で今回クァク監督と意気投合したファン監督は‘上海エキスポ3D映像’等撮影経験が豊富なアジア最高の3D技術保有者という点でも今回の映画に対する自信を一層高めてくれているわけだ。

クァク監督は“定着するために誰かは開始をしなければなければならないと考えた”としながら“今回の機会を通じて韓国の3D映画製作実力を知らせたくて、国内的には‘韓国のステレオ クラポ’がさらに生じることもあるように白石(ペクソク)を作りたい”と期待を頼んだ。

一方、'美しい私たち'は俳優チュ・ジンモ、ヒョン・ビンなど主要キャスティングを終えたし。 6月初めクランクインする予定だ。

ハンギョンドットコム キム・ミョンシン記者sin@hankyung.com /写真ヤン・ジウン記者

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=1583132&year=2010&Query
----------------------------------------------------------------
[Hot Interview]③クァク・キョンテク監督“雨-キム・ユンジン ハリウッド進出、ほめたい”
2010年05月22日(土)15:51韓国経済
keX20100522_155100_0.jpg
クァク・キョンテク監督が最近韓国のスターらが米国舞台に進出するのと関連して、“誇らしいこと”としながら絶賛を惜しまなかった。

最近ハンギョンとのインタビューでクァク監督は“私たちの年齢時は米国ドラマ、日本アニメーション、香港映画に染まって育った”としながら“もう韓国映画が世界市場でのびていく現象は本当本当幸いなことだ”と喜んだ。

クァク監督は“特に米国という映画市場で英語圏でない他国の映画や俳優らが進出するという事実はやさしいだけではなかったのが事実だ”としながら“そのような面で歌手ピやキム・ユンジンと同じスターらが進出して韓国映画の可能性を知らせるという点で鼓舞的で幸せだ”と韓国の映画関係者のひとりとしての自負心を表わした。

最近韓国の映画がカンヌ国際映画祭など世界の映画祭にひきつづき進出、話題を集めているのと関連してクァク監督は“国際映画祭受賞には大きい欲がない”としながら“韓国映画関係者としてハリウッドのスターと資本を持ってきて韓国でとって、米国の劇場に知らせたい挑戦と夢だけだ”と整った抱負を明らかにすることもした。

一方、クァク・キョンテク監督は2002年西海(ソヘ)、延坪島(ヨンピョンド)で実際広がった‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’を映画化した‘美しい私たち’詰めの準備が真っ最中であり、6月初めクランクインする予定だ。
keX20100522_155100_1.jpg
ハンギョンドットコム キム・ミョンシン記者sin@hankyung.com /写真ヤン・ジウン記者

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=1583155&year=2010&Query
-----------------------------------------------------------
[Hot Interview]④クァク・キョンテク監督が'ハンサムな'チャン・ドンゴン-ヒョン・ビン-チュ・ジンモをキャスティングする理由!
2010年05月22日(土)15:57韓国経済
keX20100522_155600_0.jpg
クァク・キョンテク監督が3Dブロックバスター‘美しい私たち’でスクリーンに復帰する。

‘美しい私たち’は2002年西海(ソヘ)、延坪島(ヨンピョンド)で発生した‘第2延坪(ヨンピョン)海戦’を土台にした戦争映画で、俳優ヒョン・ビンとチュ・ジンモが主演に出る。

ヒョン・ビンとチュ・ジンモは過去クァク監督のドラマ‘友人’と映画‘愛’の主人公で出演したことがあって、今回もう一度意気投合してまた他の演技変身を予告している。

特にクァク監督は過去映画‘友人’のチャン・ドンゴンとも次期作‘台風’を通じて今一度作業したことがあって、‘友人’のまた他の主人公ユ・オソンとも‘チャンピオン’で再呼吸したことがある。

これと関連してクァク監督は最近ハンギョンとのインタビューで“お互いが会って縁を結んで作業をしながら彼だけの才能を知ることになったが、ある作品だけで見せるということがとても惜しくてまたキャスティングをしてそのようにする”と説明した。

特にチャン・ドンゴン、チュ・ジンモ、ヒョン・ビン、キム・ミンジュンなど線太くていわゆる‘ハンサムな’俳優らを好むという世間の視線と関連しては“観客らが好む俳優を探して見たらそのような決定になったことであって容貌を重視しはしない”としながら“彼の能力を見てその才能が惜しくて‘また使わなくちゃ’と欲を出すことだけ. そして人間的な親しみや信頼が土台になったのだ”とキャスティング背景を付け加えた。

一方、180億という巨大製作費と韓国最初'3D'で武装する大作'美しい私たち'は来る6月初めクランクインして来年正月封切りを目標にしている。

ハンギョンドットコム キム・ミョンシン記者sin@hankyung.com /写真ヤン・ジウン記者

記事元 http://media.paran.com/snews/newsview.php?dirnews=1583178&year=2010&Query

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4290-281d1603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード