FC2ブログ

2019-11

キム・ミンジュンさん ロックフェスティバルに出演へ

音楽と若さが会う、Rock Festival
[毎日経済] 2010年06月28日(月)午後02:59

毎年夏ならば開かれるロック フェスティバル. 今は例年行事で席を占めて指折り数えるこれらまでできたほどだ。 インターネットにだけ見た海外のロック フェスティバルを今は国内でもいくらでも楽しむことができる。 今年は昨年から始まったチサンバレー、1960年代ヒッピーらの天国を成し遂げたウドゥスタク関係者たちが臨津閣(イムジンガク)に用意した大型フェスティバル、そして正統ロックとは色を別にするヒップホップ フェスティバルまで多様だ。

ロックは若さの音楽だ。 そして夏は若さの季節だ。 ロック フェスティバルが夏に開く当然の理由だ。 海辺や山の中で開かれるから都市生活と人生にやつれたこれらには一年に一度だけである逸脱になったりもする。

ロック フェスティバルは一言で若さの溶鉱炉だ。 数多くの観衆が殺到した競技場ぐらいその中にいっぱいであるエネルギーが途方もない。 ここにアドレナリンをほとばしるようにする強烈なエレクトリックその他と電子ドラム、そしてボーカルの咆哮はフェスティバルに集まった人々を日常から解放させる。 一度も行ってみなかった人には司書苦労であることもあるが、一度行ってきたこれらには毎年夏ならば行かなければならない楽しい巡礼になることだ。

ロック フェスティバルの最も大きい魅力はやはり音楽. 好む歌手やバンドの歌をライブで聞きながら似た好みを持った人らと一つになる楽しみはどこにも比べるところ違う。 気が合う人と一緒にしたロック フェスティバルは重ね重ね思い出の種となる。

ロック フェスティバルは参加歌手らによって興行はもちろんでフェスティバルの水準が決定される。 その次に遠くから訪ねてくる観客が気楽に楽しんで行くことができる施設可否が二番目要素だ。 大小のロック フェスティバルが現れて消えるの中で本来の席を捉えようとするなら二種類要素を等しく整えなければならない。

ラインナップで勝負するチサン バレー(7月30~8月1日)
2010062814594378098_162950_0.jpg
そうした点で昨年始まったチサン バレーロック フェスティバル(www.valleyrock festival.com)は新年から成功的に無事に到着したケース. 国内ロック フェスティバルの場所主隊感のペンタポトゥで分かれて出たという事実のために一部では‘背信者’取り扱いにあったりもしたがビッグなラインナップと利川(イチョン)のチサン ポレストゥスキーリゾートという快適な環境で少なくない観客を呼んで集めるのに成功した。 舞台構成や演出も新年としては期待以上であったという評価を受けた。

今年は昨年の経験を土台により快適で安らかなフェスティバルを作る一方出演陣交渉にもさらに多い精魂を込めた。 特に海外バンドらはその間国内で見られなかった有名バンドを含んで最も派手な出演陣を自慢する。 15チームの海外アーティストと26チームの国内アーティスト、そしてDJ12チームなど総53チームが3日間ピクタプステージ、描いたステージ、エレクトリック ステージに分かれて各々の技量を誇る。

最も期待を集めるバンドは去る1月オリンピック体操競技場公演をまい進させたミューズとトゥリパプ創始者のマッシプ アタックそして1980年代英国エレクトロニカが排出した最高のデュオ ペット ショップ ボイス. そして10年が過ぎるまで愛される‘Semi-Charmed Life’の主人公サード子供ブラインドやはり待つこれらが多い。 この他にビルボード アルバム チャート1位に上がった新鋭ヴァンパイア ウィケンドゥ、英国のニューソウルに対する米国の返事で呼ばれる女性シンガーソングライターダイアンド ポチも韓国ファンたちと初めて会う。

国内ではモダンロック バンド姉さん君の理髪館とヘビーメタル バンド クラッシュが各自のジャンルで国内最高の実力を見せる。 また、昨年すい星のように登場したチャン・キハと顔ら、大韓民国フォーク音楽界で最も引き立って見えるという才能少年、国内インディゲで最も熱いというギャラクシーエクスプレス、昨年に続き2年連続出演するヒトリガスターソーセージクラブ、硬い演奏力と魅力的な女性ボイスを前面に出した弘大(ホンデ)なのにシーンの隠れていた宝石アイルランドシティなど主流歌謡界では聞けない多様なバンドらが舞台に上がる。 演技者でDJに変身して話題になっているVesper MJ (キム・ミンジュン)の舞台も関心事だ。

伝統の名家ペンタポトゥ(7月23~25日)

だが、国内ロック フェスティバルの代表はまだペンタポトゥ(www.pentaportrock.com)だ。 1999年大韓民国公演界に新しい歴史を作った‘トライポート ラック フェスティバル’で出発して国内最初の大規模アウトドア フェスティバルで位置づけた。 2006年からは‘仁川(インチョン)ペンタポトゥラック フェスティバル’で名前を変えて仁川(インチョン)、松島(ソンド)市民の森で行事を行った。

国内ロック フェスティバルがこれくらい成長するのにペンタポトゥの役割は決定的だった。 ロックの不毛地と呼ばれた歌謡界に単独公演でも見るのが難しい有名バンドらを呼び入れたし一部マニアらだけ楽しんだ国内インディバンドを大挙紹介して活発な活動をすることができる基盤を提供した。 今でも新しく始める大規模フェスティバルはペンタポトゥをモデルで始めて着手を離す。

ペンタポトゥは5回をむかえて今年から仁川(インチョン)ドリームパークで場所を変える。 ドリームパークは汝矣島(ヨイド)の約7倍に達する首都圏埋立地内環境テーマ公園. 行事場所全般(前半)に芝を作ってキャンプゾーン、駐車場など観客便宜面で昨年よりアップグレードされた。 ペンタポトゥ側は変わった場所に似合うように多様なコンテンツと最上の舞台で超大型フェスティバルに新たに出るという覚悟を見せている。

フェスティバルは大きく三つテーマで構成される。 国内外大型アーティストらと現在音楽市場の鳥類を導いていく新しいミュージシャンらに会うことができるメインステージと個性がある音楽をプレゼントする国内外の主流、非主流ミュージシャンらが多様な音楽的実験を見せるドリーム ステージ、そして夜12時から5時までは深夜プログラムで多様なエレクトロニック ジャンルを包括する大規模野外パーティーが開かれる。 国内外人気DJらが出演、夜12時で明け方5時まで夜通しパーティーが続く。

今年ペンタポトゥのラインナップは総70余チーム. 規模では最も大きい。 90年代から活動してきた大型アーティストらが目立つ。 国内最大のロック フェスティバルらしく10代から40代まで幅が広い年齢層をひきつけるためだ。

活発な活動を行う国内バンドらも加勢する。

最もうれしい顔は後バースタンクとステレオポニクス. カリフォルニア出身5人組で1997年デビューした後バースタンクはポストそうしてからとポップを混ぜ合わせて国内でも大人気を集めた。 2004年と2007年二度にかけた来韓公演を通じてライブ能力もまた、十分に検証受けた。 反面ステレオフォニック付く典型的な英国サウンドを聞かせる。 ‘Dakota’をはじめとして国内ロック ファンたちから多くの愛を受けたし特に直線的なサウンドで強力なライブを作り出すことでも有名だ。 この他にニューヨークを基盤で活動してきたジェームズ マーフィーのソロ プロジェクトのLCDサウンドシステムもエレクトロニカとパンクを結合した独特の音楽で期待を集めてストルロジズのボーカリストであったイアン・ブラウンも名不虚伝のライブをプレゼントする予定. 日本ではティル アン グレー、エゴ ラッピングなどが来韓する。

これらと公演する国内バンドらも侮れない。 韓国パンクロックの最初のキム・チャンワン バンド、1990年代韓国ロックの大黒柱役割をしたカン・サネ、野菊の元年ギターリストであったチョ・トクァンが7080を代表して深刻な問題、イ・ハンチョルとロルロルロノウェイズ、相互、10cm、ハックルベリー・フィン、オ・チウンなどが新世代らをロックの海に追い込む予定だ。

Peace at DMZ 1960年代ウドゥスタクの再現(8月6~8日)今年ロック フェスティバルで最も気がかりなことをかもし出す行事はやはり臨津閣(イムジンガク)平和ヌリ公園で開かれる別名‘ウドゥスタク フェスティバル’だ。 正式名称が‘The Peace at DMZ with Artie Kornfeld,the Father of Woodstock 69’(www.woodstock.or.kr)のこのフェスティバルは1960年代ヒッピーらの解放区を作って全世界を反転と平和のメッセージを伝えたウドゥスタク フェスティバルの創始者アティコンペルドゥが非武装地帯でウドゥスタクを再現する行事だ。

アティコンペルドゥは“ウドゥスタクは反転と平和のために作られたフェスティバルだった。 韓国の非武装地帯(DMZ)でもこのような平和の精神を強調したい”という話でフェスティバルの性格を暗示した。

アティコンペルドゥは去る1日清潭洞(チョンダムドン)のあるクラブで記者懇談会を開いて1次ラインナップを直接発表した。

1次ラインナップに含まれたチームはLAメタルの代表バンドのスキッドロー、1960年代伝説のバンド トアースのメンバーであったレイ マンジャレクとロビー大きいだろう欠かす筆頭にアンクル、ヨンブルロズ、ノーボディーリブズ フォーエバーなど11個チーム. 近い将来国外5ヶチーム、国内30チームが含まれた2次ラインナップ発表も予定されている。 まだ追加ラインナップが残っているが現在としてはスーパースター級バンドは多くないようだ。

アティコンペルドゥやはり“真のプロモーターは無名だが音楽性あるバンドらを紹介すること”としながら韓国で開かれるフェスティバルでは世界をびっくりさせる2010年版地味ヘンドゥリクス、ジャニス、チョ・フリンをプロモーションすることがさらに重要だ”と明らかにした。 ラインナップに興行が左右される国内ロクフェスティバル市場でアティコンペルドゥの実験がどれくらい通じるかも関心事だ。

ヒップホップ フェスティバルもあってSK ‘サマーウィーク アン ティー’…カーニー例ウェストなど出演録フェスティバルは必ずロックだけの祭りではない。 1960年代大衆音楽の主流であったロックから始まった名前であるだけ実際には大衆音楽のすべてのジャンルを楽しむことができる。 だが、どうしても正統ロックと近いジャンルらである好まれるものだ。 1990年代以後大衆音楽の主流に浮び上がった黒人音楽とは多少距離がある。

ロックよりヒップホップが好きなこれらにはうれしいフェスティバルが開かれる。 SKテレコムが毎月企画するウィークアンチが8月には‘ソモ ウィークアンチ(www.summerweeknt.com)’という名前でヒップホップ フェスティバルを用意する。 まだ具体的な時間はもちろんで場所も浜辺というものだけ知らされただけ公式発表されなかったけれど千軒ヒップホップ ミュージシャン カーニー例ウェストがヘドゥライノで参加するという事実があらかじめ知らされてヒップホップ ファンたちを浮き立たせている。 SKテレコム関係者は“音楽とファッションを行き来して才能を発揮するカーニー例ウェストは21世紀最高のヒップホップ アイコンだけに洗練されて革新的な音楽がソモ ウィークアンチの開くをより一層熱い雰囲気にすると期待される”と説明した。

カーニー例ウェストはヒップホップ シーンを代表するスターアーティスト兼プロデュショ. ペショニスタロも有名だ。 国内では4集アルバム‘808s & Heartbreak’に収録された‘Love Lockdown’が携帯電話広告に挿入されながら大人気を呼んだ。 特に今回のウィークアンチ公演がカーニー例ウェストの初めての来韓舞台という点でより一層期待を集める。

ソモ ウィークアンチにはカーニー例ウェスト他にもカルビン・ハリス、オトクレツ、トズ イッ オペンドゥ ユーはい、レ プティ ピルル、ティアイエムなどが出演して2次ラインナップ発表も予定されている。

[キム・ジヨン記者][本記事は毎日経済Citylife第234号(10.07.06日付)記事です]

記事元 http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2010062814594378098&linkid=4&newssetid=1352

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4505-30ced743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード