FC2ブログ

2019-08

軍勤務終了でイメージアップしたスター

'軍勤務修了'で人気・イメージ'UP'なったスターは?
2010年07月06日(火)07:16マイデイリー
my201007060511171112_0.jpg
my201007060511171112_1.jpg
[マイデイリー=バック松米記者]毎年抜けなくて登場する事件、事故の中の一つの'兵役不正'が再び芸能界の水面上に浮び上がった。 一部芸能人は軍隊に行かないために手段と方法を区別しないなどファンたちを失望させている。 これらは2年の歳月が自分たちの人気を奪い取ると考えるだろうがこれ以上'軍隊'とは'墓'でない。

ある者は軍隊を通じて'100万アンチ'を追い落としたしまた、ある者はあえて行く必要はなかったが自ら国防の義務を負って好感芸能人に位置した。 その例でアイドルグループH.O.T出身のムン・ヒジュン、タレント チャ・インピョ、ピアニスト イルマが代表的だ。

ムン・ヒジュンは去る2005年11月現役で入隊して2年間の軍服務を終えて2007年りりしい姿でファンたちの前にまた立った。 2001年ソロで活動しながらロックにまい進したムン・ヒジュンはアンチファンたちの痛い視線を受けた。 そのような彼が誠実な軍服務で表彰を受けるなどイメージが肯定的に作用しながらアンチファンたちは彼に向かった曲げられた視線らを本来の席で変えておいた。

一瞬にして好感芸能人で大変身した。 ムン・ヒジュンは転役する当時"軍隊は私に大きい意味を与えた空間であり時間だった。 芸能人として大衆の愛を受けるという意味も軍生活をしながら骨に凍みるほど感じた。 軍隊が私をたくさん成熟させた"として軍生活を通じて人間的に一段階進むことができたと話した。

このようにムン・ヒジュンの人生にあって2年はきわめて一部分かもしれないがムン・ヒジュンが第2の人生を生きていくところにあって他のどんなものより大切な時間だった。 この時間を無駄に過ごさなかったムン・ヒジュンは現在の各種ケーブル放送で活躍して視聴者たちと一層近づいた姿で軍隊で積んだ力を発散している。

チャ・インピョとイルマは特別な場合だ。 二人は米国市民権を取得して軍隊に行かなくてずっと活動をすることができたのに韓国国籍を取得して軍生活を終えた。 特に二人は特別な共通点がある。 軍服務中にチャ・インピョはシン・エラと、イルマはソン・ヘイムと結婚式を挙げたし2才が生まれた。

去る1994年'愛をあなた胸の中に'(MBC)を通じてスターダムに上がったチャ・インピョは当時極秘婚約した俳優シン・エラと熱い人気を後にしたまま三十の年齢に入隊した。 軍隊を選択した理由に対してチャ・インピョは"韓国人で韓国で生きたいから兵役は当然だと考えた。 決して後悔しない"と話した。

去る2006年7月海軍に入隊したイルマやはり"韓国でしたいことがとても多くて大韓民国男で軍に入隊するのも必ずしなければならないことだ"として放送を通じて軍入隊に対する理由を明らかにしたことがある。

このように兵役の義務に対して確固たる考えを持っているこれらは格好良く軍生活を終えて格好良く第2の人生を生きていきつつある。 ムン・ヒジュン、チャ・インピョ、イルマなど軍隊を通じて新しく生まれたこれらの姿に自主的に入隊する後輩芸能人らが増えている。 歌手キム・テウは捜索病で支援して軍服務を終えたし歌手イ・ジョンウン先輩歌手キム・フングクについて海兵隊に入隊した。 この他にも歌手トニー案、俳優知性、歌手クラウン ジェイも兵役を履行した。

現在の誠実に国防の義務を負っている芸能人らは今でも社会とずっと疎通して自身のまた他のイメージを生産している。 このように軍隊で作られたイメージらは自身にマイナスでない確かにプラスされる部分だ。 また強調するが芸能人にいて軍隊はこれ以上'墓'でない。 軍隊は芸能人らが多いことらを悟るようにする新しい場に新たに出ている。

[写真=兵役の義務を着実に履行してイメージと人気二匹ウサギを捕まえたムン・ヒジュン-イルマ-チャ・インピョ(上)、トニー案-キム・テウ-イ・ジョン]

(バック松米記者bsm@mydaily.co.kr)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2096997&year=2010&Query
----------------------------------------------------------------
芸能人にいて軍隊の意味は何?
2010年07月06日(火)07:18マイデイリー

[マイデイリー=キム・ギョンミン記者]軍入隊を控えた男性ならば誰でも悩む部分がある。 すぐに‘社会との断絶’がそれに日ごとに変わって行く21世紀社会で2年余りの間の‘断絶’は人生自体を変えることができる大きい変化でもある。

さらに人気街道を走っている芸能人の場合軍入隊による金銭的な損失それだけでなく人気の変化は明確に大きい負担として作用する。

実際に90年代初期‘愛であるだけが’と‘入営列車の中で’で大きい人気を得た歌手キム・ミンウは軍入隊で最も大きい被害をこうむった人物中1人. 人気トップの歌手で席を固めたキム・ミンウは除隊後、何枚のレコードを発売したが席を占められなかったし、結局自動車セールス王で第2の人生を生きている。

これのように芸能人に軍入隊による断絶は大きい負担として作用する。 状況がこのようだと過去から今までトップスターらの兵役忌避論議は絶えることなく続く実情で、最近キョンチャリMCモンの‘故意歯抜歯疑惑’を来社(内密調査)中という事件までさく烈しながら芸能人を囲んだ兵役気を晴らす社会的イシューに浮び上がっている。

芸能人の兵役不正が社会的イシューになったことは二番目でない。 過去トップスターソン・スンホン、ハン・ジェソク、チャン・ヒョクなどトップスターらが不法に兵役免除受けた事実が摘発されて入隊措置にあうかと思えば、有名歌手サイが産業技能要員で代替服務をしている間誠実に勤めなかったという理由で再入隊して軍服務を終えることもした。

一部このような兵役不正、あるいは勤務不履行などの事故が起こりながら芸能人を囲んだ大衆の不信は極に達していた。 このような反射作用でムン・ヒジュン、キム・テウ、イルマ、里程、強打など誠実に軍服務を履行した芸能人らには‘アンチ’が‘ファン’に変わる現象まで発生している。

特に数多い‘アンチ’を連れて歩くことに有名だったHOT出身歌手ムン・ヒジュンは軍服務を通じて確かにイメージ変身に成功した事例で、演芸兵士で服務時期ラジオDJをしながら誠実で才覚がある進行を見せながら‘非好感’を‘好感’に確かに変えた。

ムン・ヒジュンは全域当時“軍服務で‘アンティペン’が非常に減った”と伝えるほど彼に直接届く変化もまた大きいほどであった。

このような芸能人軍服務のケニョム変化には国防部の力もまた大きかった。 一切社会との接触を断絶させた過去とは違って、芸能人が軍入隊をする場合、適性に合う職務を探して配置をしている。 実際に陸軍現役兵で入隊したソン・シギョンは社会での経歴を土台に1軍司令部軍楽隊で自大配置を受けて服務した。

それだけでなく国防部は兵役を忌避する現世代の考えを変えるために芸能人を利用した兵役広報もまた、推進している。 国防部ウェブマガジンを通じて27師団と8師団捜索隊対で服務したキム・テウと強打の兵営生活を集中取材して大衆の熱い呼応を得ることもした。

過去芸能人の軍入隊は大衆との断絶によって人気下落という公式が成立したが今は状況が逆転した。 大衆は誠実に軍服務を終えたスターに拍手を送って彼が堂々と転役するその日には‘苦労したという’意味をこめた激励の拍手を送る。

芸能人の兵役忌避現象はややもすると大きい社会的な反響を呼ぶことができる。 実際堅実で快活なイメージで縦横無尽活躍してきたMCモンは捜査結果が出る前から‘軍忌避者’という烙印が押されながら彼が出演中であるプログラムに‘下車’論議まで出てきている事態だ。

人気絶頂を走った歌手ユ・スンジュンの没落で見るように、‘兵役義務履行’が‘引退’でない‘兵役忌避’が‘引退’公式が成立する時代だ。

(キム・ギョンミン記者fender@mydaily.co.kr)

記事元 http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=2097000&year=2010&Query

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4549-7f7c1a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード