FC2ブログ

2019-12

「愛の記憶」感想文、ありがとうございました!

愛の記憶ジヌとハヨン03

「愛の記憶」の感想文をお送りくださったみなさま
どうもありがとうございました。

まだ感想文をお書きになっていらっしゃらないお方は、
コメント欄に感想文をお願いいたします


「愛の記憶」の感想文 くみ

先程、愛の記憶を見ました。

優等生でもお坊ちゃまでもない役の王子に、とても親近感が沸きます。
コンビニ店員、屋上の住まい、私にも手がとどきそうで。

ありえない、これは無理でしょ、という設定にも、2人のさわやかさと明るさがほほえましく感じました。
初めて見たときには、予想しなかった展開だったので、衝撃をうけましたが、
何度かみているうちに、せつなさと心で愛する気持ちがよく伝わってきました。

「頭が君を忘れても、心はずっと君を忘れない」
やはりこの台詞が感動します。

そして、あのキスシーン。
何度も何度も何度も何度も繰り返し見ました。
この作品は、このキスシーンにつきます!!


「愛の記憶」を見て ぷくぷく

まるで、イソップ童話のような、ソ・ドヨンさんの恋ばなし、ストーリーは、とても深刻で、怖い状況なのに、トヨンさんの、真っ直ぐな爽快感のある演技で、ちょっとコミカルで、と言ってもやはり、お酒を飲みながら名前やセキュリティナンバーを繰り返すシーンでは、じんーとくるものを感じました。また、コケティッシュな魅力も感じられ、おおいに楽しめました。


夏休みの宿題 「愛の記憶」感想文 チングB

「愛の記憶」大好きなんです^O^
何回、見ても、ドキドキして、ワクワクして、ポッ~となって、泣いてしまう。
でも、この作品季節は冬ですよね~^^;
夏の課題の感想文として、書く羽目になろうとは・・・ということで、夏らしく、夏の口調で小噺風に読んで下さると有難いです^^
本来夏の小噺といえば怪談だったりするのですが・・・こりゃまた、ファンタジーな題材で~^m^
店長さま、お題をありがとうございます。^^

物語の始まりは電車の中・・変なおじさんに殴られそうになった、ハヨンをチヌが助けるところからですが、・・・
ハヨンちゃん、かなり、変わったタイプの女の子ですよね~臭いおじさんに周りの人は逃げ出したのに、
自ら、絡んで行っちゃって・・・馬鹿にされたおじさんが頭をツンツン・・その指に噛み付く訳ですが・・・あのう^^;
おじさんのその指、強烈な匂いのする靴下を脱いだり、履いたりした指なんですけどぉ~><;って、
気になったのも帳消しにするくらい@@実にさわやかに格好良く登場しました~(きゃ~王子~)いえ、チヌ君^^
握った腕の力が強かったから、変なおじさんも退散しちゃったのか?
それとも、ただの若造と言った、チヌ君のカッコよさに敵わないと思ったのか^^;退散しちゃいましたね^^
助けてくれたチヌ君に一目惚れ@@付いていきま~すのハヨンちゃん、行き着く先はチヌ君の勤務先のコンビニ^^
これまた、変わった女の子ぶりを遺憾なく発揮したハヨンちゃん。
ポストイットに自分の名前をあんなに書いて貼る・・どう見ても、営業妨害なストーカー、なのに、何故か、ハヨンちゃんがコンビニのレジにいるチヌ君を見て、
ドキドキ、カッコイイ~あ~チヌ君に触られるパンになりたい・・・気持ち判らなくもないかも^^;(オモオモ^^;)
ところで、韓国のコンビニって、日本のコンビニと違って、店内で買ったものを食べたりするスペースがありますね^^
レジでお湯を注いで貰って、ラーメンとかすすってるのも違和感なしなスペースに椅子まで完備^^
ハヨンちゃんじゃなくても、ずっと、こっそり@@見ていたいチヌ君。
いいなぁ~コンビニに住み込んでしまうかも・・・PCを繋ぐ、コンセントさえあれば・・・見ながら、ファミレス経由で皆さまにご報告できますよね~^m^なんちゃって・・・
突っ込みところ満載なハヨンちゃんですが、羽根突きお薦め?のあと…商品抱えて、お金も払わずにでていっちゃった~><
NG~です、万引きは犯罪です><;~あ~恋する乙女はそれすらも平気ですね^^:
決意をして告白というのでしょうか?
一緒に花を育てるの?チヌ君の大きな瞳がさらに大きくびっくり@@・・あ~なんて、可愛いチヌ君でしょう^^
この多彩なチヌ君の素敵な表情^^演技力ドンドンUP進化してます王子~!
連れて行かれたチヌ君のお部屋
(きゃ~黄色の菜の花畑~@@ってそれは、貼るのワルツ^m^)両思いだったのね~ハヨンちゃん、初めて知ったチヌ君の健忘症、でもそれすらもいいじゃない、こんなカッコイイ彼^^そうそう、いません^m^って、
全然OKだよね~^^
あ~なのに、あれから(これから)1年、カッコイイ彼は、カッコイイままに、しとけばよかった?
(あれから、20年・・奥さん、あなたは、ほん~とに若かった・・・って・・・このフレーズキミ麻呂?
・・脱線しちゃった^^;)
健忘症のチヌ君に小言と心配の毎日?辛いですか?
ハタと気付いたけど@@、それって、別に、健忘症の彼じゃなくても、小言と心配ってあるんじゃない^^;
いいじゃないの~幸せならば・・・^O^
紹介したいとこを二股と間違えて、殴っちゃった@@;アララ~愛されてるのよね~それって嫉妬?
羨ましいよ~~~~~~!
王子とカラオケ//o//同じ曲でもあれだけ、見つめてくれるなら^O^
どうぞ、何回でもお聞きしますって、ドンドン上手くなるでしょ^^歌が~!
王子~練習練習ファイト~ぜひぜひ、ファンミで歌って~
すっぽかされた、別れましょう!あ~本気じゃなかったのに><;
で大泣きしたのに、その事実を忘れてくれるなんて、なんて、素敵な健忘症^^
雪山デートにバンジー付きのキスシーン超が付くほどロマンチック~
(このシーン、王子、友達にキスシーン上手いな~と褒められたそうですねぇ//o//)
ファミレス発~キスの神様^O^ご降臨!
いやあ~もう、ほんと、ドキドキの演技力満載でせつなく、愛しいチヌ君がこれでもか~!って見れられるし~
ストーリーには仕掛けがあるし~@@・・・^m^チヌ君・・王子ソ・ドヨンの魅力を余す所なく発揮して、
素晴らし~~~い!作品で、見る度に毎回、泣かされてます!
心が伝わる演技力、愛しい愛しい愛しいを感じずにはいられない・・・
これを感じないのは、健忘症ならぬ、不感症でしょうと思うほど、名シーンの目白押し~!
心と心が伝わるから、寝る前に見ると、王子の夢が見られるかも^m^そんな素敵な魔法がかかった作品です。

えっ~夢に出てこない^^;それは、あなたが今も醒めない夢ソ・ドヨン王子を見ているからでしょう^m^
夢の中の夢までは・・・責任がとれません^m^・・・お後がよろしいようで^O^


「愛の記憶」感想文 青空

春のワルツ以後、次のドラマはどのような役で、相手役はいっ
たい誰なのか、気になる月日が延々と続き、悶々とする日々が
続き、やっと見ることができた記念すべきドラマが「愛の記憶
」でした!
「愛の記憶」PR写真で相手役としてソドヨンさんの隣に立つ
女優さんが、「ヒョジュちゃん」じゃない!しかも、ハートマ
ークを一緒につくっている!
こんな当然ともいえることに、「春のワルツ」にどっぷりつか
ったわたしは違和感を感じること、感じること、、。

しかし、「愛の記憶」を見終わった直後から、チヌが愛おしく
てたまらない状態に陥りました。
重度の健忘症のチヌの今後が不憫で、深いため息、、、。
毎日あそこで、ハヨンをこれからも待ち続けるのだろうか、
あきらめるのはいつのことなのだろうと。
あきらめるのは、ハヨンを忘れたときでしょう、と、自問自答
、その日はいつ?
その日がくるとしたら、新しい愛が近寄ってくれた時かしら。
今までに、チヌはこのような経験をしたことがあるのかしら?
チヌへの愛が再びふつふつと湧いてきてしまいました。
チヌを演じたソドヨンさんにも、前にも増して、魅力を感じま
したし、予想以上にソドヨンさんが「春のワルツ」を脱皮して
いたので、びっくりすると共に嬉しく、応援のし甲斐がある俳
優だと確信させられたドラマです。

このドラマは回想シーンが多く含まれていて、最初は少しわか
らなかったのですが、だんだん物語がすすむにつれて、そうい
うことだったのかとわかっていく、謎解きのような面白さがあ
りました。
たとえば、お店で、一人でお酒を飲んでは、何かつぶやき、悲
しげな顔になってしまうシーンなどがそうでした。
見終わると、また見たくなるドラマでした。

コンビニの店員をしながら、絵を描くのが好きなさわやか青年。
お部屋は、物忘れのために、黄色のメモがぎっしりとはられて
いて、初めて訪れたハヨンは驚くのですが、その黄色のメモ用
紙の数の多さが尋常ではありません。
恥ずかしそうに自分の病気を打ち明けるチヌ。

次第にチヌを見捨てられなくなり、愛情を深めていくハヨンの
変化も見所でした。
ハヨンの気持ちを引こうと一生懸命アピールするチヌが可愛く
てたまりません。
ついに一緒にスキー場へお泊り。
その夜のキスシーンは、「キスの神様」ソドヨンの名前を不動
のものにした名シーンです!

チヌはハヨンの似顔絵を描き、絵本を作っていました。
忘れないようにするために。
そのページをめくって、ハヨンの似顔絵や、ハヨンと結び付け
られる絵を見るチヌは、普通の表情です。

待ちぼうけの果てに、ベンチの下で眠ってしまい、朝日の中で
目覚めるチヌも、「またハヨンにやられてしまった」といった
微笑みを浮かべます。

ハヨンさんもさぞ心配でしょう。
チヌのこと、わたしもハヨンさんと一緒に見守ります。
チヌのこと、わたしもハヨンさんと一緒に愛し続けます。
これからもずっと、チヌのこと、(ドヨン王子のこと)応援し
ていきます!


「愛の記憶」の感想文 おまっちゃ

久し振りの「愛の記憶」を見ました。
そして見終わると、いつも悩んでしまいます・・・
もうこの世にいないということを忘れて、来ることのないハヨンを
待ち続けるのは、果たしてチヌにとって幸せなのかどうか・・・

幼くして母親に捨てられてしまったチヌにとって、
ハヨンは、自分を無条件で愛してくれ、自分も心から愛せる、
この世でただ一人の大切な人だったのですよね。
チヌの辛い運命に心を痛めることが多い中で
この2人が仲良くじゃれ合うシーンは、本当に微笑ましくて
この幸せがずっと続けばいいのにと願わずにはおられません。
実は私の中で、チヌ&ハヨンは、チェハ&ウニョンの次に、
ベストカップルなんです。

そんな明るくて、気まぐれで、愛情深い、チヌにとって太陽のような存在のハヨンを、
記憶から消し去ろうとしただけでなく、存在をそのものまで消してしまうなんて
運命って残酷すぎる~!
でも、もう大切な人の記憶を失う苦しみからは、解放されるのかも?
そして、ハヨンを愛しているという心の記憶だけが残り、
公園の片隅で、来る日も来る日も、ハヨンのことを待ち続ける・・・?
それとも、心の愛の記憶までもが、ゆっくりと失われてゆき、
いつかは、ハヨンという存在も、チヌの心から消えてしまうのでしょうか?

チヌには、どうしても感情移入をし過ぎて、いつもこんな風に堂々巡りをしながら、
チヌの不確かなこれからに、心を痛めてしまいます。
昨日、久し振りに見ても、やっぱりです。
ここまで心をとらえて離さないのは、王子の演じたチヌが、
あまりに健気で可愛くて、はまり役だったからですよね。
俳優としては、まだまだたくさん伸びしろのある時ですが、
それを補って余りある、王子本来のピュアな魅力が炸裂した
チヌというキャラクターと、繊細なストーリーには、引き込まれずにはおられません。

「愛の記憶」は、いつも見終わると、悩み、胸が痛くなるドラマですが、
それでも、またチヌに会いたくなってしまう、大好きで、大切な作品です。
店長さんの企画のお陰で、久し振りに見ることができ、
見終わった後、いろんなことをじっくりと考えることができました。
ありがとうございました。


宿題です 春頭
 
何だってこの時期のソ・ドヨンがこの作品しかないんでしょうね?見る度に、それを残念に思います。
作品事態はせつない内容ではあっても、シナリオの練りこみに???な部分があって「んんん・・・」と思ってしまうところがあるんですが(記憶障害の原因とかね…冒頭のウィルスに関するナレーションって何?)、それを補って余りある輝くばかりの若いソ・ドヨン。
デートをするチヌは、等身大の若者らしい軽快な感じで何度見てもかっこいいし!電車でハヨンを助けるシーンとか、小走りに走る後姿とか、別れ話を忘れた振りして(忘れた時と忘れた振りの時も演じわけてるよね^^)デートに誘いに来るところとか、見る度にときめいちゃうんですよね。私もハヨンみたいに頬っぺたウニ~~~~ってしたい!
そんでもって、このドラマには涙のシーンもあるんだけど、私が一番好きなのは女医さんのところに顔が思い出せないって駆け込むところね。途方にくれた姿が好きなんですよお。護ってあげたい~~~~。ところで、この女医さんはチヌにハヨンと別れるように言うけど、それって密かにヤキモチなのでは??チヌってかっこよすぎるから^^
忘れちゃならないのが「キスの神様」ソ・ドヨンのキスシーン。素敵すぎます!そして、しつこく言いますが…音がしますよね?キスの!
最後まで見て凄いなあと思うのは、ラストシーンのチヌの表情かなあ。なんだかはっきりしない不安感と幸福感の入り混じった表情で、私が常々トヨン氏に求めている「雄弁な曖昧さ」を含んでいると思うんです。
この作品って、単発のドラマなのにソ・ドヨンの見本市みたいな作品で、この雰囲気の連ドラとか映画とか、この時期にもっと撮っていればよかったのにって本当に思います。漫画原作らしく、ちょっとわざとらしい部分もあるけど、若いからこそ出せるその時の味ってあると思うんですよね。この印象の作品をもう少し撮ってから次のステージに進んでくれたらよかったのにと思います。


夏休みの課題その1 まちる

「愛の記憶」のチヌは、今まで演じたなかでは年相応で、
ファッション・髪型とてもよかったし、
素のおうぢはこんな感じかな~と思いながらみました

笑顔はモチロン、仕草や動作がとにかくキュート
愛するはど記憶を失う恐怖、切なく怯えた表情上手い。

好きなシーンはソリ遊びのあとたき火のシーンで、
チヌはセリフがないけどハヨンの話を聞くはにかんだ笑顔、仕草がいい。
ハヨンが「ママがたくさん愛してあげる」って、言った時の
愛しく見つめる瞳と、「頑張るから」の声が好き。
もちろん、このあとのキスシーンも大好物ですけど

ハヨンがチヌの好きなところ、いっしょじゃ~んって思ったけど・・・
「私が映る潤んだ瞳」だけムリだわ~
もし、こんな近くで見られたら、卒倒するか目をそらしちゃうなワタシ

やっぱりね~主役がいい!主役のラブストーリーが早くみたい!


泣いちゃった・・・ はぴ

「愛の記憶」を見て泣いたのは初めてです
チヌがお酒を飲みながら 自分の名前と住所を言うシーンから泣きっぱなしでした
私は今まで、何を見ていたんでしょう? 
チヌの可愛さばかりに目が行って、王子の演技をちゃんと見ていなかった気がします・・・
単なる記憶喪失ではなく、幼い頃の心の傷が原因で記憶障害が残ってしまう難しい役
どこか社会に適応できない7歳の部分を残したままのチヌを
子供のように純粋な表情で演じている王子、スゴイネ~と思いました

前半のチヌはクルクル動く瞳と、パキパキ?動く動作がとにかく可愛くて~
おでこ、瞼、へのキスのフルコースも
最初オズオズと・・・な感じにチヌらしさがでてて、自分がハヨンになったように錯覚して
何度見てもドキドキドキドキ・・・トキメキます

後半の悩み苦しむチヌは チェハが苦しむ様子とはまた違った演技で、
すべてを忘れてもハヨンのことだけは忘れたくない、と一生懸命で一途な想いに胸が締め付けられました
ハヨン役のイム・ソンオンさんもお上手ですね!
結末を知って見ているので、初めての時のような驚きはないけれど
チヌの想いも、ハヨンの想いも切なくて・・・涙涙

「頭が君を忘れても、心はずっと君を忘れない」
悲しい結末を、チヌは本当に忘れたのか・・・それとも忘れたふりをしていたいのか・・・
エンドロールを見ながら、ふと、そんなことを考えていました

短編だけれど、王子の魅力がぎゅっと満載で、映像も音楽も美しいドラマです
また、こんな風に 王子主演のドラマがぜひ見たい!と強く強く思いました


「愛の記憶」を見て Riebom

「頭で愛するのではなく心で愛する」
この台詞に共感して、ドヨン王子は出演を決めたそうです。
前半は2人ともコミカルで可愛い恋人同士でしたが、心で演じるドヨン王子に対し、相手役のイム・ソンオンさんも心からチヌを愛しながらの演技が感じられ、だからラストが感動的なんだって思いました。

愛するほどに記憶を失うチヌ。難しい役でしたよね。本当に忘れてしまっているシーンと、忘れている振りをするシーン。本当に忘れてしまったシーンはとても残酷で涙を誘い、忘れている振りをするシーンは思いやりに満ちた暖かいシーンです。ドヨン王子、その2つを上手に演じ分けていました。

ハヨンのいとこを殴ってしまうシーンはどう見ても猫パンチ。ちょっとだけシャドウボクシングも見せてくれますが、なんか変! 大きな熊さんをおんぶするハヨンをおんぶして歩くシーンも、長い足でよろけているのは演技なのか、マジなのか? そこがファンとしては、ハヨンじゃないけど可愛くて放っておけないところです。キスシーンの音、焚き火の音なのかキスの音なのか? ちょうど3年前のDVD発売後、何度も何度もみんなで確かめたことがいい思い出です。

ラストでハヨンは「病気なんだから守ってあげなきゃ、私が必要なんだから別れられない」って思っていたことが間違いだったと気づきます。チヌが「私のわがままを許し、気まぐれにつきあい、いつも見守ってくれてた」と気づきました。その矢先の彼女の死。チヌは今後どう生きていけばいいのでしょう?

ハヨンは絵本作家を目指していました。絵本作家になったら、絵を描くのが上手なチヌに挿絵を描いてと一人で頑張って書いてきましたが、自力では夢がかなえられませんでした。ハヨンの死後、ハヨンのストーリーにチヌが挿絵を描いて絵本が出版されました。チヌはハヨンの願いどおり、挿絵作家としての未来が感じられます。この点が、ドヨン王子の自宅の書斎にあったDVD「ベティブルー」と同じなんですよねぇ。私の大好きな映画「ベティブルー」と。

絵本の最後に小象のマンボは「もうママを探さない、親指ちゃんがいるから」というのはチヌのことですよね。ハヨンを失ってもハヨンを愛する心はハヨンを忘れないから、母を失ったときのような孤独は感じないってことでしょうか? 「ベティブルー」でも、恋人のゾルグはベティの死後、ベティの声を聞きながら生きていきます。チヌとゾルグ、2人のこの先の人生を考えると胸が苦しくなります。

この「愛の記憶」のように、ドヨン王子の魅力がいっぱい詰まったラブストーリーに、もう一度主演してもらいたいなって思います。今ならもっと大人のラブストーリーも演じられますし、今だからこそチヌのような可愛い役も上手に演じられるはずです。愛する男を演じさせたら、ドヨン王子の右に出る人はいませんから。

お願いです、ドヨン王子。
またメロメロなラブストーリーに出演してくださいね。

以上

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

チヌの老後・・・

それを考えるとドラマが成り立たないんですけど、女医さんがチヌに別れるように言う所を見る度に、恋人との関係に関するストレスが病状に影響するなら、ハヨンもカウンセリングに呼んで治療に当たるべきではないか?とか、忘れる心配をするぐらいなら一緒に暮らせばいいのに・・・とか、病状が進めばいずれ介護が必要なんだし結婚しちゃえばいいのにとか思ってしまうのでした。
ハヨンが事故に遭ったせいで会えなくなり、会った時に感じる「別れるかもしれない」ストレスから解放されて、しだいにハヨンを思い出していくところが悲しい皮肉ですよね・・・v-409

見たい

店長さんのおっしゃる
愛する男を演じさせたら、ドヨン王子の右に出る人はいませんから。
その通りですよね。
愛する姿をたっぷり見せて欲しいです。

そうなんですよねぇ

ハヨンと会えなくなったら、ハヨンの記憶が戻ってくる
ストレスを感じないから、病状も悪化しない
こんな皮肉な設定ってありますか?

別れるって大騒ぎした次の日に
あんな風にとぼけて登場してくれるチヌって
かわいいですよねぇ

反対にバスの中からハヨンを見ても
全く思い出せないチヌは・・・辛すぎます
あんなに熱烈なキスをした仲なのに
知らん顔されちゃうハヨンが、可哀想って
このハヨンちゃんには感情移入できたし、同情しちゃいましたv-408

絵本のこと、

店長の感想文をよませていただいて、私の勘違いに気がつきました!
どうもすみませんv-12
このDVD,妹のところから、帰ってこれなくなったみたいで、見ないで書いたことがばればれですねv-404

イチゲンさんのMVで思い出しながら書いたもので、、。と、いいわけe-281v-356v-355

黄色いメモで一杯の、

「貼るのワルツ」、チングBさん、笑っちゃいましたv-411
あそこのシーン、印象的ですよねv-350v-363

春頭さんの「雄弁な曖昧さ」、いつかも感じたんですけど、素晴らしい表現ですね!
王子の演技を見る楽しみの売りの一つとして、この路線、これからも追及していただきたいですv-354

ありがとう

青空さま、貼るの~に反応して下さり、ありがとう(v^-゜)ございます
実は、今、夏の休暇中で外出先から読んでいます
皆さまの愛情溢れる、感想文を読ませて頂き、王子への愛に感激しています
私は相変わらず、また~やってしまいまして~な感想文ですが~休暇前のハイな状態で書いたものゆえお許し下さい
店長さま、九州でのチョルラの詩、上映、映画館が決まりました!昨日、チング春頭さまと訪ねましたので戻りましたら、ご報告いたしますね

そうなんですよねぇ~

春頭さまも夏休み中、ご一緒に下見に行ってくださったんですね!
ありがとうございますv-435
楽しみにお待ちしておりますv-410

里帰り中

現在、九州方面に里帰り中です。
「チョルラの詩」上映館をチェックし、相変わらず素晴らしき案内人のチングBさんの記憶を頼りに博多国際埠頭を見学して参りました。
この海の向こうに韓国が~みたいな…
釜山便の時刻表を貰って心だけでも韓国に…

調べてみたら・・・

「チョルラの詩」10月公開予定なんですねぇ。
公式HPにはまだ発表されていませんが。
東京での再公開も期待しているんですけどぉ

いいなぁ、春頭さま
チングBさまと楽しくドヨン話に花が咲きましたか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4717-52e1e443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード