FC2ブログ

2019-12

ELLE KOREA キム・ミンジュンさんのコペンハーゲン自転車旅行

二つの輪で縫ったコペンハーゲン旅行の瞬間ら
BIKE ROAD WITH MIN JUN

古い自転車に上がって4時間ぶりにペダルの均衡を捜し出した七才の満たされた喜び. 以後キム・ミンジュンはいつも自転車と一緒であった。 人の力が純粋な動力になる二つの輪で縫ったコペンハーゲン旅行の瞬間ら.::ルイ悲痛、ポテがベネット乗って、ホルリクス、レイベン、ニル パレッ、カルビン クライン、プラダ、システム オムム、グッチ、H&M、リ、リーバイス、キム・ミンジュン、エール、エッチン、elle.co.kr::

mcms_as_return_resource.jpg
1スリムなシャツとパンツ、ライディング ブーツは全部価格未定、ルイ悲痛. 百パックは価格未定、ポテがベネット乗って、クラシックあるスカーフはスタイリスト所蔵品. 時計はキム・ミンジュン所蔵品. 角のメガネは40万ウォン台、ホルリクス.

Uncommon Journeys白夜を見たかった。 去る6月、南アフリカ共和国ワールドカップ遠征応援で帰ってきた三十時間の大変な旅行日程の間‘当分飛行はない’でした確約をこれ見よがしにひっくり返してこの旅行に参加することになった理由だ。 しかも日常小道具と違わない私の自転車と北ヨーロッパの平地を走ることができる機会が与えられるとは断る理由がなかった。 コペンハーゲン自転車旅行、北ヨーロッパは初めてだ。 そして白夜は思ったより異彩を放った。 自然にその間の生活リズムを破る昼間の長さだなんて。 珍しかった。 長い長い冬を無事に抜け出した現地人らは退屈するということに対する補償心理のおかげなのか白夜を自慢するコペンハーゲンの明るい夜まで途方もないスタミナを発揮していた。 エネルギーでぎっしり埋まったこの都市の最も大きい特徴はほとんど‘すべての人々’といっても過言ではないほど自転車輸送人口が多いという点。 4名の家族がレジャー用、生活用に分けられた七代の自転車を運用する家もあるという。 平地が大部分だと見ると自転車乗るので(に)ちょうど良い環境だ。 日曜日午前、悠悠自適に過ごした空間をこっそりと食い込んでペダルを踏み始めた。 ぴったり‘絵のような風景’という表現に加えることも抜くこともない都市が目の前に現れた。 しばらく走って国立劇場の前海辺をすぎた瞬間、何か変だった。 ジャーンにおいがしない海だなんて、ファンタジー世界に入ってきたことでないかという錯覚まで聞いた。 首をかしげてまたペダルを踏んでいるのに塀越えてジャズ セッションらの感性的な音楽音が鳴って広がる。 気持ち良い偶然が嘘のように続く時間らを飛ばないでなじむように楽しむキム・ミンジュン式旅行の秘法. なぜかこちらコペンハーゲンでも通じそうだった。

mcms_as_return_resource2.jpg
2クラシックあるダブル プレスティドゥ ジャケットとシャツ、パンツ、ライディング ブーツは全部価格未定、ルイ悲痛.

mcms_as_return_resource3.jpg
3スカーフはスタイリスト所蔵品. 時計はキム・ミンジュン所蔵品. サングラスは30万ウォン台、レイベン.

mcms_as_return_resource4.jpg
4自然にしわが寄ったジャケットとホワイト ティーシャツは全部価格未定、ニル パレッ. デニム パンツは20万ウォン台、カルビン クライン.

mcms_as_return_resource5.jpg
5ティーシャツとわらアップ カーディガン、百パックは価格未定、パンツは1百17万5千ウォン、ワーク ブーツは1百30万ウォン、全部ポテがベネット乗って。 レオポドゥ プリント スカーフはスタイリスト所蔵品.

mcms_as_return_resource6.jpg
6空色シャツとチョンするのにあるセーター、スリムなフィートのジャケットは全部価格未定、キャメル カラーパンツは60万ウォン台、シューズは95万ウォン、全部プラダ.

mcms_as_return_resource7.jpg
7カジュアルなティーシャツは49万ウォン、ニット カーディガンは78万3千ウォン、パンツは69万ウォン、全部ニル パレッ. ワーク ブーツは価格未定、ポテがベネット乗って。

Incredible Freedom七才のある秋. いとこ兄に受け継いだ赤色自転車が前庭に到着した。 すなわち練習を始めたし、4時間後両輪に走るのに成功した。 生まれて初めて、それも一人で体で実らせた最初のスキル. そのぴりっとした経験をまだ生き生きと記憶している。 もしかしたら他の人々よりさらに早く頭髪自転車に乗ることができたという喜びもあったことだ。 そのような意味でコペンハーゲン旅行に共にしたピック時自転車は‘他の人々より先に’に適当に執着する私の指向を充足させる自慢の種だ。 何年か前日本最高の自転車妻の父と呼ばれるマツダ氏に注文製作したピック時自転車は這って行って固定された最も基本的な自転車だ。ブレーキもギア チェンジアップ ボックスもなしで骨組みに輪だけかかっていると整備も手軽だ。 本来は‘ベロドローム’という木競技場で危険を感知した選手が自転車を止める場合続く追突事故をなくすために誕生した構造. 筋肉から大腿部まで伝えられるすべての力が自転車にそっくり伝えられるから機械と完全に疎通できるという長所も持った。 ア、エジソンもフィクス マニアだったがインターネットを検索してみれば彼がピック時を乗って妙技を働かせる映像もある。 どういうわけか‘ピック時の王初’と呼ばれた以前私の姿が浮び上がってこの自転車の礼賛論者になったが実際には偏食なしですべての種類の自転車を楽しむ。 自転車を立てておいてコペンハーゲンの描いたサイクル ルートを見回したプレデリクスボグ公園の余裕がある時間. グリーンのコントラストが妙に安定感を与えた広い芝生で昼寝を楽しみたいという考えもした。 もしそうしたとすればエジソンのように自転車妙技を働かせる夢を見ることができたのだろうか?

mcms_as_return_resource8.jpg
8革バイ大きくてジャケットは1百5万ウォン、トップ(のこぎり)は20万ウォン台、全部システム オムム. デニム パンツは20万ウォン、カルビン クライン.

mcms_as_return_resource9.jpg
9ネイビープルオーバー、革シャツ、パンツ、ロパーは価格未定、全部グッチ.バイ大きくて革ジャケットは1百5万ウォン、システム オムム. チェック スカーフは2万ウォン台、H&M.

mcms_as_return_resource10.jpg
10チェック プリント クロプトゥ パンツは40万ウォン台、リ. スニーカーは70万ウォン台、ニル パレッ. 革ジャケットと帽子はキム・ミンジュン所蔵品.

mcms_as_return_resource11.jpg
11デニム パンツは20万ウォン台、リーバイス. レイヤードあるティーシャツと手袋、帽子は全部キム・ミンジュン所蔵品.

Magical Music力強くペダルを転がして汗を冷ます時間. きちんと積み重ねておいたMP3プレーヤーのミュージック ライブラリーを取り出して聞く気持ちはとうてい話にも、文にも表現するのが難しい。 幼い時期から集めてきたCDで取り出した1万2000曲のヒストリープレーヤー一人とティジェインをために購入した新曲プレーヤー一つ. スタイルをあきらめても旅行する時この二つのMP3プレーヤーは必ず取りまとめる。 膨大な音源だが聞きたい歌を捜し出すのは冷めたおかゆ食べること。 この手垢埋めたプレーヤーを動かそうとするなら親指一つならば充分だ。 親指が自動反射的に歌を探す。 とても幼い時から音楽に対する関心と欲が格別だった。 小学校5学年だった1987年、アンダーワールド(Underworld)がデビューした以後プロペルロヘズ(Propellerheads),プローディであって(Prodigy)等の見たことも聞いたこともない破格的な音楽に接しながらエレクトロニック ジャンルに対する妙な快感を感じた。 装備とオーディオに対する関心が格別だったせいで購入したティジェイン セットで‘ベッドルーム ティジェイン’を楽しんだのはかなりかなり以前. そして趣味とキャリアを行き来する‘ペスペルMJ(Vesper MJ)’の活動はエレクトロニック ミュージックの祈願のテクノ音楽を捜し出して楽しむ1人として自負心を持つようにさせる。 演技もそうでしなければならないこと、行く道が遠いと見るとティジェインで頂点をつけるべきだとの考えよりはこの時期にすることができる楽しみに陥ってみるのが目的だ。 日本の有名俳優アサノ・忠信もティジェインを楽しむ。 昨年クリスマスの時同じ時間、互いに違う空間でティジェインを楽しんだ彼に会いたいとした話が急速に発展して近い将来特別な遊びを経験することになるようだ。

mcms_as_return_resource12.jpg
12ライダージャケットと母子(帽子)、百パック、スニーカーは全部キム・ミンジュン所蔵品. キャメル カラークロプトゥ パンツは30万ウォン台でリーバイス オリジナル.

Real Documentaryコペンハーゲンの郊外周辺、草地海岸を走って見たらふと2年前東京旅行が浮び上がる。 ポスターほどの窓に東京タワーが写真のように浮いていたレジデンスは2階に自転車駐車場が用意されていた。 そして僅かな金200円に自転車貸与サービスまで。 自転車と共にする旅行は必ず現地人になったようでほほえましい。 今回の旅行も同じだ。 適当な自転車都市でも見られなかった、ただバイクのための信号灯と自転車専用道路、‘こちらに足を上げて下さい’というコメントが使われた踏み台と取っ手、そして自転車が過ぎる時ごとに数値が上がる計数器まで。 この都市の細心な配慮は3万5000人余りという自転車出退勤人口を作った底力だった。 どこの夏雲(Nyhavn)運河通り(距離)とプレデリクスボグ性(Frederiksborg Slot)公園、ティボリ ガーデン(Tivoli Garden)とハムレットの背景になったというクロンボル性(Kronborg Castle),海辺国立劇場はもちろんクラシックあるデザインでいっぱいだったアングルレテレ(D’Angleterre)ホテルまで。 風景自体にも彼らの文化を覗いて見ることができて十分に幸せだったが最も印象的であることは自転車でこの地方を行き来することができたという点だった。 だが、心一角が苦々しくなるのはソウルとの比較ポイントのためだ。 四回りが走った自動車が二輪車を、二輪車が動力がない自転車を保護しなければならないのは常識なのに私が生きる都市は正反対だ。 自転車に乗って道路を走ってみるならば“どこ自転車が道路で話だ!”という話を聞くのが常で、インドでは歩行者らに被害を与えるはずだ。 純粋に人の力で最も速いスピードを出すことができるイ・ドンス団、自転車. 安全に走ることができるこの通りの自転車旅行がソウルでも続けば良い。

*詳しい内容はエール本紙9月号を参照して下さい!

キム・ミンジュン、white,2010 F/W、クラシック韓、海外、散歩、ルイ悲痛
SEARCH THE STYLE WWW.ELLE.CO.KRエディターチェ・ウンミ、ウォン・セヨン フォトRama

記事元 http://elle.atzine.com/elle/elleweb_template_fashion.iht?contId=B11_20100827_05830

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

この記事の場所 わかる

またファッション雑誌を買い始めて(近くに本屋ができたので)エル・ジャポン9月号は ギャスパー・ウリエル、 ロバート・パティンソン、 ブラッドリー・クーパー、 トム・ハーディ、 チャンミン (8頁も) でした。
7人のセクシーな男たち って書いてるけど5人しかいない  と思う。

最近の ってアクセサリーがあまり載っていない

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4852-b999f3d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード