FC2ブログ

2019-08

夏休みの旅行記「杭州、無錫、蘇州にも行ってきました」その3 無錫~蘇州

中国旅行記、まだまだございました!
中国で3番目に大きい湖、太湖と世界遺産の留園です!

太湖(無錫)
太湖は、中華人民共和国の江蘇省南部と浙江省北部の境界にある大きな湖である。その景観の美しさで知られ、中国政府の国家重点風景名勝区に指定されている。
太湖は中国で3番目に大きい湖で、琵琶湖の約3.6倍ある。

詳細はこちらをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E6%B9%96

左側の船で遊覧しました。
太湖遊覧

VIPのための迎賓館だそうです。
無錫旅情を歌った尾形大作さんと
作詞作曲した中山大三郎さんが招待されたそうです。
太湖遊覧3

太湖遊覧4

いいお天気でした~
太湖遊覧5

太湖の特産物は、真珠と白魚と太湖石だそうです。
日本ではひとつの貝に真珠はひとつしか入っていませんが
太湖の貝には真珠が20~40個入っているそうです。
この貝には35個入っていて、うちの息子がめでたく正解いたしました~
太湖の真珠


留園(蘇州)
中国の四大名園のひとつで、世界遺産に指定された。

見事な太湖石がありました。穴が開いているほど貴重な石だそうです。
留園3

この太湖石は、かわいい動物みたいな形でした。
留園4

建物の中
留園5

左が男性の部屋で、右が女性の部屋です。
微妙に男性の部屋がそれぞれあちこち豪華です。
留園7男女不平等部屋

女性は男性に顔を見られることなく、
外の景色をこのシルクのスクリーンを通して見ていたそうです。
留園6

ハスの花がきれいに咲いていました。
留園1

留園2

留園のハス1留園のハス2

美しい庭園ですが・・・
留園8

飾り窓から見る庭園は、さらに美しく見えます。
留園9

留園10

留園11


蘇州刺繍
細い絹糸を何本も重ねて刺繍して、玉止めがないのが特徴です。
片面刺繍と両面刺繍があり、両面刺繍ができる人は数名しかいないそうです。
熟練者でも1日に2センチ角ほどの大きさしか刺繍できないそうです。

美しい片面刺繍
片面刺繍

この両面刺繍は、向こうが透けて見えるほどの薄い生地に
表はライオン、裏はトラの刺繍がしてあります。
両面刺繍1

両面刺繍2

そして上海に入りました。

これで今回の中国旅行で訪れた名所のご紹介は終わります。
ご覧いただき、ありがとうございました

スポンサーサイト

コメント

ただただ すごいね

飾り窓なんですね、ルイ・ヴィトン ここから拝借 って感じね
龍 かわいいね!!!!

今日あるメルマガに上海万博チケット160元から50元にダンピング中 って出てました。
ウーシー、無錫(むしゃく)旅情って読むんですね

35個入ってたら有難味が薄れるね、人が多いから丁度いいのかも。

Riebomさんの好きな米のミシシッピーで取れるフェザーパール ってとても ステキですよ、私雑誌で見て一目惚れしました。

店長~

v-341き~み~の知らない~異国の街で~
チャイナの旅路v-504本当に楽しかったで~すv-411
ありがとうございました!

ご当地ソング1曲ヒットしたらVIP扱いなんだねv-403

蘇州刺繍・・・
そういえば実家の応接間にどこから見ても視線が合う両面刺繍ネコがいたなぁ~
子ニャン吉が小さい頃ちょっと近づいただけで父がヒヤヒヤしてた・・・なるほど貴重な物だったのねv-219

ニャン吉さん それって

ダ・ヴィンチのモナリザ(絵)と同じ じゃない? どこから見ても 目が合う っての。
肖像画が全てそうなのかは知らないけれど

余計にすごい技術の様な気がしてきました

すごい!

中国は、正直、旅行に行きたいと思ったことがないのですが、やはり悠久の大国。いろいろ、見所があるんですね。蘇州、ちょっと、そそられました。

この刺繍、すごく写実的&立体的! 片面刺繍の花びらが、こちらに向かってしなだれて、芳香を放っているみたいです。実際に、見てみたい~
店長、お忙しいところ、たくさんのお写真を見せてくださってありがとうございました。

フェザーパール

調べて参りました~
本当に羽の形をしているんですね!
天然パールだから、希少価値が高いのでしょうね。
値段も素晴らしい~ですねぇ。

パールのネックレス、もっぱら冠婚葬祭にしか登場しません。
こんなに素敵なフェザーパールのブローチが似合うように
しっとりとした大人~な女性にならなければいけませんねぇ。

刺繍博物館

猫の両面刺繍は・・・相当高額商品だったんでしょうねぇ
でもって、ニャン吉さまのご実家に猫の刺繍・・・よくできたお話を
ありがとうございました~

尾形大作さんと中山大三郎さんのお陰で
無錫へ行く観光客が増えたんだそうで
本当にベリーインポータントパーソンズなのだそうです。

ご旅行好きのたらこさま!

私、パッケージツアーに参加したのは生まれて初めてだったので
こんなに忙しいものとは知りませんでした。

多分、いや絶対に個人旅行で行くことは難しいので
バスで連れて行ってもらわないと、きっと大変なんだと思います。
でも、もう少し涼しくて、もう少し優雅に庭園を楽しむ時間があったらなぁと
今、思いますよぉ。

もしたらこさまが中国にいらっしゃることがありましたら、
行きたい場所だけピックアップして、ゆっくりと時間をかけて
いらしてみてくださいね。

満喫しました~

5日間とは思えないほど、見所たっぷりのツアーですね!
とてもとてもハードだったのですね。
ホテルでは、ばったり寝るだけ?
でも、わたしもツアーって参加したことないのですが、これだけ盛りだくさんだと、いいかも!と思いました。

写真が、どの回でもすばらしく素敵でした。
店長とご家族の名カメラマンぶりがうかがえました^^
家族でいくと、家族の背景だけにしてしまいがちなすてきな風景や建物をほんとうにきれいにみせていたきました。
とても中国へ行きたいという気持ちになりますe-266
返還前の香港には行ったことがあるのですが、やっぱり上海あたりのほうが本物の中国を感じられるのではないかと店長の旅行記♪をみていて思いました。

地名が・・・じぇんじぇんよめましぇんv-356
回られた範囲は結構ひろいのですか?
バスでまわるくらいってことは、関東一円ってとこかしら?

万博で未来と世界を感じ、観光で悠久の歴史を感じた今回のツアーの報告、本当にありがとうございました。
とても楽しませていただきました。

ありがとうございました!

留園、さすが迎賓館というだけあって、建物のお庭も、とっても凝っていますね。
翡翠色の屋根やシルクのスクリーン、美しい調度品など
古き良き時代の優雅な雰囲気が伝わってきます。
男女の差が微妙にあるお部屋・・・う~ん、やっぱりそういうものなんですね~。

熟練された職人さんの、気の遠くなりそうな作業の末に出来上がる蘇州刺繍。
写真からでも、その美しさは充分伝わってきますが
実際に見たら、きっと圧倒されるでしょうね~。

店長さん、貴重お写真をたくさん見せて下さってありがとうございました!v-410
中国は行ってみたい国のひとつなので、とても楽しく見させていただきました。
似ているようで似ていない東洋文化・・・いつか私も自分の目で見てみたいなぁv-398

くみさま!

地名は、杭州(こうしゅう)、無錫(むしゃく)、蘇州(そしゅう)です。

上海から杭州はバスで3時間から3時間半
無錫から上海がバスで4時間ぐらいってガイドさんが言ってました。

私も返還前の香港しか知りませんが、
違いますよ~、とっても

お子様がもう少し大きくなられたら、是非行ってみてくださいね!

おまっちゃさま

窓ガラスのない時代、お金持ちのおうちの窓には
シルクが張られていたそうです。
優雅だったでしょうねぇ。

刺繍は、うなってしまうほど細かくて素晴らしいんです。
ダイアナ妃の美しい金髪を、何種類もの金糸で刺繍したものなどは
まるで写真のようで、1本1本の糸が識別できない程の細かさでした。
でもねぇ、後継者がいないんだそうですよぉ。

刺繍の写真がピンボケですみません。

真珠^^

店長さま、中国紀行v-353楽しく拝見させていただきましたv-411ツアー旅行は、もう色々考えずに連れ回されるしかないですが、行きたい所の目的がないなら、盛りだくさんでお得ですね・・もう少し、ゆっくり、じっくりは、アジア人のツアー旅行って無理なようで、韓国のツアー旅行(韓国人が行く)はもっと、詰め込みますよv-398ガイドさんはいつも、大変だと言いますものv-389
中国も行きたいんですけどね~真珠は数が正解したら、何かプレゼントがあったのですか?
こちらも真珠の養殖地ですから真珠の原理は知ってますが・・なんだか、貝に歯が生えたみたいで・・凄いですねv-404
にゃん吉さんv-405奇遇ですね、私の実家にも目が合う両面刺繍の猫がいますよv-411やはり、中国旅行で両親が買ってきたものですが、そんなに高価なものだったの~v-388可愛いね~v-398くらいなものですが・・
刺繍、王子の似顔絵もして欲しいですね

今朝の新漢詩紀行は西湖

遊覧船も映っていました、あの塔は中の島にあるんですね

いらっしゃた処が あの江南の春の地 なんですね、やっぱりもう行かなくてもいい
私、家の襖を選ぶ時、シルクで貼って って言ったのに軽~く却下されたのを思い出しました。

それで質問ですが、中国でも挨拶で ご飯食べたか って言うようなのですが、韓国ドラマの中でも使われていますが、やはり挨拶語ですか?

チングBさま

韓国のツアー旅行はもっと忙しいんですねぇ
まぁ体力的には大丈夫なんですが、面倒くさがりな私ゆえ
連れて行ってもらわなければ、一人で動けないですよ。
でも、NYだけはめちゃくちゃ詰め込みますよ!
1週間の滞在で、滞在ホテルも2箇所
朝食は全て違う場所で取り
昼食、夕食は有名レストランを予約するし
ミュージカルも片っ端から見ます。
夜景も見に行きますし、優雅なティタイムも、
ショッピングも、美術館めぐりも、エステも・・・

狭い街なので、車を運転できない、自転車にも乗れない私でも
地下鉄とバスとタクシーを駆使して走り回れます。

っていいますか、私、魂をNYに置いてきていますので、
東京にいる私は本来の私の姿ではなく・・・

私の大好きなドヨン王子と大好きなNYが結びつくお仕事
いつか実現して欲しいな~って思ってます。

依依さま!

私も「新漢詩紀行」を見て、最近うろおぼえ状態の記憶を定着化させた方がよさそうですね。
はい、中ノ島にある塔だったと思います。
この太湖の遊覧船では、ビールかコーヒーがふるまわれ
子供達は助手のガイドさんに遊んでもらって
私たちはの~んびり船にゆられてました。

真珠の数当てで正解した息子は、パールのピアスをもらってましたけど
私はピアスの穴を開けていないので、さぁどうしましょう?

中国でのご挨拶・・・謝謝(シェシェ)と再見(サイチェン)しか覚えていません。
ガイドさんが教えてくれたのは、値段を値切る中国語でしたが
これは使いません(いいえ、覚えられません)でした。 

店長~わたしも~

私もNY行ったとき同じように詰め込みしました!
20年ちかく前なのですが、ミュージカル、オペラ、バレエと詰め込んでみました^^
昼はソーホーめぐりや、美術館めぐりして。
2回目行ったときは、チケット買うところのまん前のホテルを予約したくらいです。
クリスマスから新年にかけてだったので、イベント盛りだくさんでほんとに寝る間をおしんであそんでいました。タイムズスクエアのカウントダウンv-378にも参加したり。
メトのオペラなんかは、立ち見だったにもかかわらず、ほとんど居眠りでした。オフブロードウエイなども最初から最後までねてました。何しにいったのかv-356
冬場でNYは雪も降って本当にさむかったので、フロリダまでいったりして。
若かったからできたのだと思うのですが、欲張って欲張ってキンキンに張り詰めていたような気がします。
NYは、ホントに刺激的で私も大好きです。
タイのバンコクも刺激的でよくいきました。オリエンタルホテル、わたしもお試しに一泊してみましたよe-266

でも、やっぱり今一番刺激的なのは、上海なんじゃないかしら?
行ったからには、たくさんのことを吸収したいですよね。
あ、でも私、体力もうだめでしたv-356
子供つれて・・・というかつれていってもらう感じ^^;

ありがとうございました!

てんちょう、お忙しいなか、たくさんの写真を見せて下さり有難うございましたv-435
この太湖は琵琶湖の3,6倍ですか!海のようなものですね。
真珠が中にそんなにたくさん入っている貝があるなんて、初めて聞きましたよ。
いろんなものが大きく、いろんなものが多い中国、といえるのかな~。

留園も、すてきですね。
飾り窓や、シルクスクリーンから見るお庭、よりいっそう魅力的でしょうね。

写真がとってもきれいなので、テレビと違ってじっくり拝見、鑑賞でき、印象が強まりましたv-416

暑い時期の、盛りだくさんのツアー、帰りの飛行機の中はぐっすりでしたか?
おかげさまで、こちらは毎日とっても面白く、楽しい旅をさせていただきました。

この中国で、王子が活躍する日はいつ頃かな~?
楽しみ、楽しみv-354

店長の魂を置いてきたNYで、王子がお仕事、早く実現してほしいですね。
NYの風景の中に王子をぜひぜひ立たせていただきたいv-296
きっと似合うと思うんですけど。




くみさま!

くみさまもNYにいらしたことがおありなんですね。
何度も通うほどではありませんでしたか?
私のまわりでは、NY好き派とヨーロッパ好き派がいて
私はヨーロッパには大変興味があるにもかかわらず
行く機会に全く恵まれていないんです。
まぁ、休みができればNYにばかり行っていたというのも事実なんですが。

私の場合、時差ぼけはあまりないです。
昔からいつも睡眠不足で、移動の前日は徹夜になりますので
飛行機で寝てしまうと、現地では結構大丈夫なんですよぉ。

ドヨン王子は、やはりヨーロッパの景色に溶け込む優雅さがあります。
ですが、ファッションによっては、NYにも合うんですよねぇ。
ミンジュンさんのエル・コリアの自転車旅行のような企画
ドヨン王子にもさせてあげたいなぁって、本当に願っています。

青空さま

長い長い中国旅行のレポートを丁寧にご覧くださり
ありがとうございましたv-435

実際に見学している最中は、
暑くてガイドさんの説明にもあまり集中できなかったのですが、
娘がガイドさんの説明を全てメモしてくれてたんです。
聞いたまま、ひらがなで書き取っているだけですので
ところどころwikiで調べないとわからないことも多かったのですが
息子の写真と娘のメモをつなぎ合わせて、今頃なるほどね~と思っている母です。

私の普段の行いを真似しているのでしょうか?
そのうち、”追っかけ”も真似されるのでしょうかねぇ?

さすが~

今頃、のこのことスミマセンv-436 とても楽しませていただきました。

さすが~、店長さまのお子様たちですねv-424v-424 見事なアシスタントぶりv-405  日ごろから、お母様の毎日の様子をしっかりご覧になっていて、少しでも協力したいという健気なv-205v-206! (うるうる)

この先、どんなv-505スター(?)にv-343か、お楽しみですね~v-410

今朝の新漢詩紀行はトンポーロー

西湖ゆかりの蘇東坡(そとうば)がこの料理を発明したらしいです

あたいは糞土に等し  らしかったです豚肉。
金持ちは食べず、貧しきは料理の仕方を知らなくて、料理は教養だったそうです。

kimsugさん書かれないからちょっと心配でした

お嬢様が、

ガイドさんの説明を全部メモっていらしたv-405
すごい!すごすぎます!
息子さんの写真撮影との連携プレーv-212v-205v-206
素晴らしい成長ですね!
お子様たちにとっても本当に良い経験!
これをレポートにまとめるのは、数が多いだけに、大変だったのではないでしょうかv-290

前回の六和塔をご主人が上まで登られたお話、あれは考えるとかなり過酷ですねv-356
先週、ある灯台に登ってきたのですが、やはり暑い日で、管理人の方が、「階段横の資料室で、クーラーにあたってから登ると良いですよ、」と忠告してくださったんです。
幸い、人が少なく、閉館真近だったので、風も通って、思ったより涼しかったし、ちゃんと手すりもあったので安全だったですけど。
六和塔は手すりがないところもあったようで、それって、登りより、下りが怖いと思うわv-404
人が多いと、それだけで暑いし、上から降りてこられると、その人が階段踏み外したらどうしよう、とか、汗だくご主人DX様、ほんっと、お疲れ様って思いましたv-392

ピアス^^

店長さまピアスの件ですが、手作りのアクセサリーを扱うお店ならピアスをイヤリングの金具に加工してくれるところがありますよv-411
先日もピアスの方が可愛いけど、穴開けてないのよv-388と言ったら、イヤリングに加工してくれましたv-398まるで、ウニョンv-353のような手さばきで他のアクセサリーを選んでる間にやってくれたので、簡単なんだ~v-405と驚いたものですv-411

ピアス2

何年か前、チュニジアのスークで買ったピアスを、ユ○ワヤに持っていったら、イヤリングにするための金具とやり方を教えてくれました。イヤリングの金具の種類が豊富なので、ピアスとテイストの合う金具が選べます。不器用な私でも、すぐできたましたよー海外ではピアスしか扱っていないお店も多いので、イヤリング派は、困りますよね。

新漢詩紀行

一度見てみますね。
早朝の番組だから録画予約しなければv-388

トンポーローは美味しいお料理でしたが
豚肉をやわらかく、豚肉の臭みを取ったり、
そして味をしみこませるのに
手をかけたレシピですものねぇ。

漢詩の朗読を加藤剛さんがなさっているんですね。
学校でご父兄が集まる場で一度お見かけしたことがあります。
ずいぶん昔のことですが、
素顔も大俳優のオーラのある素敵な雰囲気のお父様でした。

ピアス→イヤリング

やっぱり私が持っていた方が喜びますかしらねぇ?
ピアスをしているお友達のママにあげようねって言ってたところです。

チングBさま、たらこさま、ご親切にピアスをイヤリングに替える方法を
教えてくださり、ありがとうございましたv-435

kimsugさま

うちの娘も息子も、夏休みの自由研究用に頑張っていたんですよ!
私のブログのためではございません。
ですが、2人の自由研究をまとめる手伝いをしながら
娘のメモと息子の写真を学校に提出する前にブログに無断転載したのは
この私でございますv-391

青空さま

夏休みの自由研究、娘は写真を印刷してあげたら
自分の書いたメモをどんどん文章にまとめて自力で全て書き上げました。
しか~し息子は・・・
写真は確かに自分で撮影したものばかりなのですが
それを写真集に編集したのはこの私
写真撮っただけで、それがどの湖か、どの庭園か?
すっかり記憶がごっちゃごちゃで・・・
私が手伝わなかったら間違いなく仕上げられなかったはずです。

どうして男の子って、手をかけちゃうんでしょう?

ご指摘のとおりです。
確かにDXな体の主人に、あの暑さの中で
約60mの塔を階段で上り下りさせたことは
健康面で危なかったでしょうねぇ。
実はご紹介した写真の中に、主人のお腹が写っている写真があります。
かなり大変な状態です。
v-12
美しいドヨン王子の方ばかり見てないで
主人の体もたまには見てあげないといけませんねぇ。
反省します。

DXさまのお腹

エッエッ どの写真?
このページのお写真でしょうか、それとも今回の旅行全体から探すの?
なんだかすっかりクイズづいちゃって、画面を拡大して探しちゃいましたよ!!

ゆば~ばさまぁ~

食いつき早~いv-405

拡大しなくても大丈夫です。
オレンジ色のお腹が大きくせり出して
画面の右側に写っていますから~
v-396
あ~、DXに怒られる~v-404

留園2?

そんなにDXには見えませぬ。
遠いから・・・・。

留園v-430
メ、メールをお送りします。

蘇州と聞くと・・・

すぐにこの歌を思い出すんです!

http://www.youtube.com/watch?v=U_Fpxb7QGnE

若かりし頃、良く聞いてたもので・・・v-390

トップのお写真の柳が(無錫だけど・・)この歌の一番の歌詞になんとなく合ってるような・・。

蘇州は春もいいみたですね!歌の歌詞にも桃の花が出てきますが・・・
相方の息子が三国志マニアで よく中国に行くんですが、春に行った時、お庭の木に いっぱい花が咲いてる写真を 見せてもらった記憶があります。(どこの庭かはわかりません)

お土産は、確か、ジャスミン茶と鉄観音茶でした。

店長様、中国旅行の写真とコメント、とてもお勉強になりました!
ありがとうございました。v-435
そして、どうもお疲れさまでした~~v-424

依依さま~~、「漢詩紀行」加藤剛になったんですか?v-399
私は、江守徹の声がよかったな・・・v-390

どちらの方も重厚で

高い声はダメなのでしょうかね、ラジオの漢詩のアナウンサーさんも低い、低すぎてちょっと嫌

夏場は早く起きられるし、しかも5分間、石川先生のお話が面白い
私、無駄話がないと学べないタイプみたいです

イチゲンさん 解答篇まで楽しいです、好きなおかず、後に食べるタイプですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4864-f8480b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード