FC2ブログ

2019-08

「チングプレミアムイベント2010」の内容3 キム・ミンジュンさん&ソ・ドヨンさん登場!

MC:さぁ、ここからの時間はスペシャル映像をみなさんにご覧いただきたいと思います。会場のみなさまのためだけに。あの方が登場いたしますので、どうぞたっぷりとお楽しみください。

ヒョンビンさんのスピーチ映像

MC:スペシャル映像、楽しんでいただけましたか?
ヒョンビンさんが、自分の記憶に残るシーンやエピソードをお話ししてくださいました。ドンスが死にいたるあのシーンに4日間もかかっているという、本当にすごい大変な撮影だったんだなぁということがわかりましたし、釜山なまりが大変だったんですね。その話も今日のゲストに伺ってみようかと思います。

それでは再びお2人をお呼びしたいと思います。大きな拍手でお迎えください。
キム・ミンジュンさんとソ・ドヨンさんです。

再びお二方に登場していただきましたが、私は今日ずっと思っていたのですが、背が高くていらっしゃいますよね? 2人ともカッコよすぎます。

ソ・ドヨン:カムサムミダ

MC:本当のところお互いがどっちがカッコいいと思っているのか、聞いてみたいなと思っています。お2人に今までとは違ったテイストでお話を伺っていきますよ。

それでは椅子の準備ができましたので、お座りください。
お二方は一緒に会うのはいつ以来なんですか?

ソ・ドヨン:確か2ヶ月前だったと思います。

MC:今日は久しぶりに顔を合わせて、まずどんな挨拶を交わしたのでしょう?

キム・ミンジュン:このままこう・・・こんな風にしました。

MC:先ほどからお2人からお話を伺ったり、出演者のみなさんからドラマ「チング」のお話を伺ってきたのですが、ドラマでみんなすごく仲良くなったという印象を私たちは受けているのですが、プライベートではお二方はよく会ったりするんですか?

キム・ミンジュン:個人的にも、2ヶ月前に会ったのが最後だと言ったのですが、その時もジムで会ったんです。

自分にとってソ・ドヨンさんは、仕事をする上で、例えばキャスティングに関する情報やいろんな部分でアドバイスなどを求められる、非常に大切な仲間の1人です。

MC:ソ・ドヨンさんはいかがですか?

ソ・ドヨン:自分はミンジュン先輩から多くのことを学んでます。ミンジュンさんというのは、いろんな情報を持っていますし、経験も豊富なので、頼りになりますので、いろんなことを勉強させてくれる先輩、お兄さんの1人です。

MC:ところで先ほど、ミンジュンさんはクラブDJをしていて、ジンスク役のワン・ジヘさんを2回呼んだけど2回とも来てくれなかったと話していましたが、ソ・ドヨンさんを招待しましたか?

キム・ミンジュン:もちろん招待したのですが、来てくれなかったです。今度ジムに行ったら、復讐をします。

そうは言っても、ジヘさんもドヨンさんも本当に忙しいスケジュールをこなしている訳ですから、申し訳ありません、いけませんというような、丁重な連絡がありました。

MC:そうなんですか、ドヨンさん?

ソ・ドヨン:実はミンジュン兄貴からDJやってるから来てくださいと招待してもらったのですが、その日がなんと12月31日だったんです。1年で一番忙しいときに招待をしてもらったのですが、行きたい気持ちは山々でしたが、約束が3つもあったんですね。3つこなしているうちに、時間がなくなってしまいました。ミンジュンさんの方は3つの約束は3人とも女性だったのかと言われました。

実はたくさんの女性がいました。グループでたくさんの人と会っていたので、女性だけでなく男性もたくさんいました。

MC:今度誘われたら必ず行ってくださいね。

ソ・ドヨン:もちろんです。行かないといけませんね。

キム・ミンジュン:その人たちをみんな連れてきてもいいですよ。

ソ・ドヨン:監督ぐらいの年代の方たちなんですが、いいですか?

キム・ミンジュン:大丈夫です。

MC:仲間を連れて遊びに行っていただければと思います。

ところで、キム・ミンジュンさんとソ・ドヨンさん、それぞれのことをどう思われているのでしょうか? まずは、弟分になるのかな? ソ・ドヨンさんの方から。キム・ミンジュンさんはどんな方ですか?

ソ・ドヨン:自分から見たミンジュン先輩というのは、本当に周りの人の面倒見がよくて、周りの人たちを大切にして、尊重する方です。まめにプレゼントもくださったり、いろんなお話をしてくださったりするので、そういう姿を見ると、本当に人を大切にする人なんだなと感じますし、だから息の長い俳優として活動しているんだなと思います。そういう人間的な魅力を感じます。

MC:素晴らしいコメントがたくさん出てきましたが、せっかくですから、ここにいらっしゃるみなさんだけに教える、ソ・ドヨンさんが思う、「実はキム・ミンジュンさんはこんなところがあるんですよ」という秘密の部分をひとつ教えていただけませんか?

ソ・ドヨン:怒ったら本当に怖い人です。

キム・ミンジュン:それは誤解です。

ソ・ドヨン:実はミンジュンさんから聞いた話なんですが、横断歩道を渡っているときに、スリに会ったそうなんです。普通は怖いので、こっそりと警察に通報したりとか、追いかけるにしても何人かで一緒に追いかけて捕まえたりすると思うのですが、なんとキム・ミンジュンさんは1人でこの問題を解決したそうなんですね。すごいなと思いました。

キム・ミンジュン:今の話を短くまとめると、すられたのはマネージャーの財布だったんです。そのお財布の中には、仕事をする経費が入っている訳ですから、そのお金を守らなければ、明日の朝、食べるものがないと思って、勇気を出しました。

MC:必死だったんですね。

ソ・ドヨン:活動するための経費だったことは、ここで初めて聞きました。

MC:ともあれ頼もしいキム・ミンジュンさんですね。

続いては、キム・ミンジュンさんからソ・ドヨンさんはどんな方なのか?を教えてください。

キム・ミンジュン:人間的にソ・ドヨンさんがどれほどいい人かということは、今までいろんなインタビューの中で話してきました。

ですので、みなさんの前でお話ししたいのは、プロフェッショナルな俳優としてのソ・ドヨンさんです。

演技をするときには、仲間として、同じ俳優として、人間性を抜きにしてもハーモニー・調和を保てなければ、一緒に仕事をすることは難しいです。

キャラクターについて一緒にいろいろと話しているときに、あ~自分はこういうところを見落としていたなと気づかせてくれるんです。そんな風にソ・ドヨンさんは、分析力や洞察力がある人です。

そして本当にしっかりとした責任感を持って、自分の役目を現場で100%以上果たす、そういう人でもあります。

これからもいつでも共演したいと思える俳優の中で、自分の中で順位をつけるとしたら1番に挙げられる俳優さんです。

ソ・ドヨン:(照れくさそうに)カムサムミダ

MC:では、キム・ミンジュンさんから見たソ・ドヨンさんは、実はこんなところがあると暴露してください。

キム・ミンジュン:ついに自分にもチャンスが来ました。

とってもプロフェッショナルな反面、心の中で何を考えているのか、つかみどころがないことがあります。

立派な素晴らしい集中力も持っているのですが、謎めいた、何を考えているのかわからないところも持っています。

個人的には、同じ時間に撮影が終わると、彼の次のスケジュールが何だろうと気になります。

そして、誰からかかってきたかわからない携帯電話がたくさんあるんです。プライバシーの面では、携帯に誰かから電話がくると、たった一人で電話で話しているという、そんな面もあります。

だからいつも言ってたんです。独身である自分も寂しいんだよと。
以上です。


MC:続いてのコーナーはこちらです。
「キム・ミンジュン、ソ・ドヨンがお答えします。質問コーナー」

みなさまからいただいた質問に、2人に直接答えてもらおうかと思います。
ボックスが出てまいりました。こちらには、先程みなさんから書いてもらった質問の紙がたくさん入っています。

それではソ・ドヨンさんから1枚引いていただけますか?

まず、ソ・ドヨンさんが選ばれましたこちら・・・お名前・・・下の名前でいいますかね・・・きょうこさんです。D列に座っていらっしゃるきょうこさん。いいですよ、やった、私!みたいな感じで。では、質問を私が読ませていただきます。

まずは、キム・ミンジュンさんへ、これは聞きたい。
アクションシーンがかなりありましたが、怪我はしませんでしたか? 何か武術など習われたのでしょうか?

キム・ミンジュン:武術は柔道3段です。現場では十分なリハーサルを行いましたし、安全第一でしたので、怪我などの負傷はありませんでした。

アクションシーンは少なかったにもかかわらず、怪我をしてしまったのがソ・ドヨンさんです。

MC:なるほど、そうだったんですか?

ソ・ドヨン:(最初わからなかったみたいでしたが、途中で「あ~」と納得し)はい、怪我をしました。

そのシーンというのは、カメラを振り回すようなシーンだったんです。カメラの紐が落ちてしまって、カメラの本体が近くにいたヘルメットに当たってしまったという状況だったんですが、幸い大怪我にはいたらず、その場で処置をしましたので、その後に同じシーンを無事に撮ることができました。

MC:良かったですね。
続いて、これは聞きたい、ソ・ドヨンさんへ
成人を過ぎてからの学生服に抵抗はありませんでしたか?
これね、やっぱり聞いてみたいですよね。

ソ・ドヨン:制服は着てみたいと思っていたんです。なぜかというと、自分は昔、制服を着ていたころに、自分は制服が似合ってたなって思っていましたので、是非着たいと思っていました。

自分の時代の制服とは違った、違う雰囲気の制服でしたので、是非とも着たかったです。

MC:なるほど、学生時代からイケてる自分という気持ちがあった訳ですね。「制服似合うぞ、オレ」って。

ソ・ドヨン:自分で自分を見たときに、満足できたというだけで、他の人から素敵に見えたかどうかは、わからないです。

MC:素敵でしたよねぇ。キム・ミンジュンさんも素敵でしたよ。カッコよかった、男らしさに溢れてて。

キム・ミンジュン:いいえ、実はですね、今回チングを撮るときに、年齢が一番上だったんですね。ですから制服を着るということにプレッシャーがありましたし、視聴者の方が見ていて感情移入できないと不満をもらしたらどうしようかと心配していました。

ソ・ドヨンさんが制服を着た姿というのは現場でも異様を放ってました。

そして僕達4人は制服を着てポスターを撮ったのです。ジュンソク役、ドンス役、ジュンホ役、サンテク役、4人で並んで撮ったのですが、制服を着てみるとソ・ドヨンさんが一番けんかが強そうな感じに見えました。それぐらい異様を放ってました。

ポスターの撮影をしたときには、肩の力を抜いてくださいという風に、よく言われてました。

MC:裏話がいろいろ聞けましたね。

続いてはキム・ミンジュンさん、1枚選んでください。

さゆりさんです。H列にいるさゆりさん。
まずはキム・ミンジュンさんへの質問からいきましょう。
髪の毛はどのぐらいまで伸ばすつもりですか? 素朴な質問ですね。

キム・ミンジュン:映画の撮影が終わりまして、今現在はスケジュールが空いている状況ですので、次回作でどんな作品とめぐり合うかわからないので、とりあえず伸ばしているところなんです。

そしてもうひとつの理由というのは、時々DJの活動も頑張っていますので、ちょっとアーティストの雰囲気も出せるかな?と思って伸ばしています。

MC:続いてソ・ドヨンさんへの質問です。
筋トレは週何回ぐらい通ってますか? さゆりさんはとても正直な方ですね。

ソ・ドヨン:最近は毎日やってます。朝は乗馬をして、昼は武術をして、夕方はウエイトトレーニングをしています。ソウルにテルンの選手村というところがあるのですが、まるでそこに住んでいるような気分です。
(注:「テルン選手村」というドラマがありました。スポーツ選手があつまる場所のようです。
http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0217.php

食べるのも、ご飯をできるだけ控えるようにしていまして、食べるものというと鶏肉とか卵とか野菜とかさつまいも、そういうものを食べて生きています。

MC:本当にスポーツ選手みたい。

ソ・ドヨン:今はお酒の飲めないので、楽しみがないんです。

MC:久しぶりにあってどうですか、ミンジュンさん。変わったな、体つきって思いますか?

キム・ミンジュン:本当にびっくりしましたね。ハイタッチをするときも、ちょっと気をつけながらハイタッチをしないとと思ってました。男性から見てもとても素敵だなと思いますし、今とても立派な体が完成しつつあると思います。

先ほど控え室で、ちょっとここの血管が浮いているんですが(ソ・ドヨンさんの腕の血管です)ここを触りながら話をしたんです。とても素敵だなぁと思いました。

MC:ミンジュンさん、何してるんですか? 

ソ・ドヨン:自分はこんな風に食事の制限をしながら体を鍛えるというのは初めてのことなんです。そういう経験をしてみて、ドラマ「チング」のときに、ミンジュンさんとヒョンビンさんがどれほど苦労したのかということを切実に感じることができます。

MC:なるほど、頑張ってくださいね、次回作のために体作りを・・・
それでは時間も迫ってきましたので、もう1枚だけ、どちらが選びます?
(2人じゃんけんをする)はい、勝ちました。ミンジュンさんです。

最後の質問はやすこさんかな? I列にいらっしゃる方です。
キム・ミンジュンさんへ、これは聞きたい。ソ・ドヨンさんの酒癖は?
気になりますねぇ。何かあります、ソ・ドヨンさん。

ソ・ドヨン:ないです。

キム・ミンジュン:酒癖はないですね。よく人は酒を飲むと性格が出るといいますけれども、今回チングを撮ったスタッフとか俳優のみなさんは、お酒を飲んでいるときも乱れない人たちばかりです。もしドヨンさんに癖があるとしたら・・・

飲み会などがあって、お酒を飲んだ後に家に帰って、シャワーを浴びて目を閉じて寝ようかなと思うときに、必ず決まって携帯にメッセージが来るんです。「頑張ろうね」みたいなことを書いたり、そういうメッセージを送ってくれます。

ですから、そういうメッセージをもらって、何か暖かい気持ちになりましたし、明日も頑張ろうねという内容を書いてくれているので、気合を入れて頑張ろうという気持ちで眠りにつきました。

MC:素敵な習慣ですね。

ソ・ドヨン:おそらく女優さんたちにも送っているので・・・実は女優さんに送ったつもりが、間違えて送ったみたいです。

MC:そういうことでしたか。さぁ、続いていきます。
ソ・ドヨンさんへ、これは聞きたい。
最近旅行へは行きましたか? 自転車旅行は続けてますか?

ソ・ドヨン:あの、自転車を盗まれてしまいました。

釜山まで僕と一緒に行った自転車がそんな風になってしまったので、今はどこかで他の人のために使われていると信じたいと思います。自転車は、また新しいものを買おうと思ってます。

今、自分にとって必要なのは旅行だと思うのですけれども、撮影がありますので、撮影が終わったらどこかに旅行に行って、その時の印象を後で伝えられればいいなと思います。

MC:残念ですね。ミンジュンさんだったらどこまでも追いかけて、絶対に自分のものにする・・・

キム・ミンジュン:僕は昔日本で乗ってた自転車を盗まれてしまったことがあるんですけれども、それをもう一度取り戻したことがあります。

その自転車は。別れた彼女が乗ってます。

MC:それはそれでちょっと切ない結果となってしまいましたけれども。

キム・ミンジュン:そうです。

MC:ということで、みなさんからいただいた質問に、お二方に答えていただきました。

(その4に続く)

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

補足3

店長さま、遅くなってすみません・・さらに記憶が曖昧なので、補足になるかどうかですが、
ビニー君のところのメモメモを・・・

ボッ~と見てしまい・・・ヒョンビン君の映像、かなり記憶が曖昧です^^;
若くして、この世を去る不幸な人生だったドンスを演じました・・どのシーンも難しい印象でしたが記憶に残っているのはドンスの死のシーン、寒い時期に雨の中ずぶぬれで死んでいくシーンを4日間、撮り続けました。
感情移入の部分でとても、辛かったです。
(クランク・インが1月末でしたので、3月初めの撮影だったはず・・・寒い韓国の2月3月でしたね^^;)
ドンスと母親が大人になって再会するシーンは初めはあんな風にするつもりじゃなくて、撮影している時に自然にその場で、演じている中でああいう感情が生まれてそれを演じることができたので、なおさら、気に入ってます。
ボクシングのシーンはリアリティをお見せしたかったので、撮影と並行して、身体を鍛えていました。
このあと、ドンスの名シーンが流れ、切なさを感じる数々の名シーンにジワーっとさせて頂きました、これを見る為だけに来られたヒョンビン君のファンの方も居たのではないかと思いますすみません、大雑把で・・・^^;

ミンジュン兄貴とv-20の再会の挨拶はハイタッチでしたねv-10
それにしても、王子は兄貴に腕を撫ぜ撫ぜされても、血管をつままれてもv-402平気なのだなぁ~と妙に感心してしまった私・・・良い身体付きになったなぁ~は韓国では褒め言葉なのでしょうね~日本で言うと、セクハラになりますが・・v-389
ボディタッチは日常茶飯事v-405・・・羨まし~いv-402v-400

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4958-bb9fce13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード