FC2ブログ

2019-08

永遠なる韓国人の国民的おやつトッポッキ

記事入力 : 2010/09/17 17:22:10
永遠なる韓国人の国民的おやつトッポッキ(上)
323662822758303684.jpg
 誰にも思い出の食べ物がある。学校の帰り道に買い食いするほうが、職員室の出入りよりも多かった学生時代。お小遣いでおなかいっぱいになる店で、プラスチックのフォークを差して食べる甘辛のトッポッキ(もちのトウガラシみそ煮込み)は、月日がたっても忘れられない「買い食いの王様」だ。世代を超えた国民的おやつ、トッポッキ。その思い出の味を求めて…。

668061368143493691.jpg
「ここ、トッポッキ一人前とスンデ(豚の腸詰め)一人前…あ、それから天ぷらも全種類ね」

 ちょっとトッポッキでもつまもう…と思っていたのに、注文する時はなぜかスンデや天ぷらまで頼んでしまう。グツグツ言っているトッポッキの隣で、きちんと並んでいる天ぷらや、蒸し釜で湯気を立てているスンデは、例えおなかがいっぱいでもやっぱり頼んでしまうトッポッキの「永遠なる友」。実は、どの店でもトッポッキを注文する時、「一人前」という単位はあまり意味がない。皿からこぼれそうなくらいたっぷりと入れるのが一人前だからだ。テーブルいっぱいに料理が並ぶと、甘辛のトッポッキを一口、トッポッキのソースをたっぷり絡めたスンデや天ぷらをまた一口。そこに、アツアツおでんのスープを紙コップに入れて、トッポッキの辛味を癒せば、これぞまさに「トッポッキ体験」だ。

トッポッキの歴史
259623997394020706.jpg
 紙コップに入れてくれる屋台のトッポッキから、レストランで楽しむ無国籍料理風トッポッキまで…。バラエティー豊かに発展を遂げてきたトッポッキだが、その発祥は宮中だ。野菜や肉をたくさん入れ、うるち米で作ったもちと合わせ、しょうゆで味付けした「宮廷トッポッキ」は、かつてコメが貴重だった時代、庶民にとっては目にすることすらできない高級な料理だった。トッポッキが今日のように国民的なおやつになったのは1953年、「新堂洞トッポッキ」(ソウル市中区)で有名な「マ・ボクリムばあちゃん」が小さな露店で、小麦粉で作ったもちにコチュジャン(トウガラシみそ)で味を付けたトッポッキを売り始めてから。その後70年代には、新堂洞一帯が「トッポッキ通り」になった。70年代半ばには店でDJが音楽をかけるようになり、トッポッキを食べながら音楽を聞く「トッポッキ屋ミュージックボックス」が流行。庶民のおなかを満たしくれるトッポッキは、当時の時代背景と共に広がった。

トッポッキの味

 日本には、「韓国人は辛い物好き」という認識がある。見るからにつばがわいてきそうな真っ赤なトッポッキの味の中心はトウガラシ粉やコチュジャン。だから、舌先をピリピリと刺激する辛味がクセになり、またつい食べたくなってしまう。時には、狭い部屋の中で汗だくで食べるのも、また別の楽しみ方。それぞれの店で味に違いがあるのは、トウガラシみその味や水あめの量、そのほかの味付けの違いで、中にはカレーやエゴマの葉などを入れ独特の香りを出す店もある。

■トッポッキは「もちいため」ではない!?孝子洞・昔のトッポッキ
221686088079563600.jpg
 トッポッキとは、「トッ(もち)」+「ポッキ(いため物)」という韓国語を合わせた言葉だが、実は油でいためてはいない。そのレシピは、フライパンや鉄板に、もちをはじめとする材料とトウガラシみそをベースにしたソース(たれ)を入れ、水を少量足し、水気がなくなるまで煮込むというもの。

 ソウル市鍾路区通仁洞の通仁市場には「トッポッキ」という名前の由来になった開店50年以上という「孝子洞・昔のトッポッキ」がある。この店のトッポッキは経済的に苦しかった時代、いためたもちにしょうゆをサッとかけて食べたもので、今もこのスタイルを守り続けている。種類はしょうゆ味の「カンジャン(しょうゆ)トッポッキ」とトウガラシ油で味付けした「辛トッポッキ」の2種類(各3000ウォン)。もちを大きな鉄釜でいためるが、野菜や練り物は一切入っていない「純粋な」トッポッキだ。味もしょうゆとトウガラシ油が持つ本来の味を生かした素朴な味。油でいため、しょうゆの香りがたまらないトッポッキは、辛い料理が苦手な方もOK。トッポッキのほか、緑豆ピンデトッ(緑豆粉のチヂミ、3000ウォン)、チヂミ(7000ウォン)などがあり、昔ながらの市場のムードで懐かしい味が楽しめる。

*アクセス: 景福宮駅下車。2番出口からまっすぐ50メートルの通仁市場内。市場通り角の右。
*住所: ソウル特別市鍾路区通仁洞22
*Tel: 82-2-735-7289

atti/朝鮮日報日本語版

記事元 http://www.chosunonline.com/entame/20100917000068
----------------------------------------------------------------
記事入力 : 2010/09/17 17:30:38
永遠なる韓国人の国民的おやつトッポッキ(下)
174406092170250713.jpg

■できたてトッポッキの元祖新堂洞「マ・ボクリムばあちゃん」の店
744792234281124580.jpg
 「味付けは嫁も知らない、誰も知らない」と、コチュジャンのCMで「おばあちゃん」が言う一言が、韓国にセンセーショナルを巻き起こした。トッポッキの元祖と呼ばれるマ・ボクリムさんの小さな露店から1978年に始まった、練炭の火で作るトッポッキが、それまでのしょうゆ味とは違う、新しい甘辛トッポッキのスタイルを生み、いつの間にかソウル市中区新堂洞に「トッポッキ通り」ができるほど流行した。新堂洞のトッポッキは、もちにインスタントラーメンのめん・ギョーザ・おでん・ゆで卵などを入れて煮込んだトッポッキ。ラーメンのおかわりは500-2000ウォンだ。さまざまな具を入れ煮込むという作り方は、まるで日本の鍋物のよう。マ・ボクリムさんの秘伝製法によるトッポッキのソースは辛すぎないので、「辛いのは苦手」という日本の方にもオススメ。もちろん、あらかじめ注文があれば、さらに辛味を調整できる。開業時からの味を守り続けている新堂洞トッポッキは、なじみ客には思い出を、初めての人にはトッポッキ通りでの貴重な体験を提供してくれるスポットだ。

*料金: できたてトッポッキ二人前10000ウォン
*アクセス: 新堂(신당)駅下車。7番出口からまっすぐ歩いて5分。
*時間: 9時-翌1時 所 ソウル市中区新堂1洞292-112
*Tel: 82-2-2232-8930

■学校前のトッポッキ屋さんがランクアップ街路樹通りスクールフード
514597012364430237.jpg
 「放課後のお楽しみ」を極める「スクールフード」のモットーは、誰もが楽しめる買い食いの高級化。高級化の一つとして、あらかじめ作っておいた物を温め直すのではなく、全メニューを注文を受けてから作り始める。スクールフードならではの特製ソースで、ソウル市内の各店が厳選された材料を使い、豊富なメニューを作ってくれる。甘辛い味がたまらないトッポッキ「道印トッポッキ」(5000ウォン)、クリームソースで作った「カルボナーラ・トッポッキ」(8000ウォン)、イカ1杯分を使った新製品「丸ごとイカ・トッポッキ」(12000ウォン)…。より多くのお客様の好みに合わせようというスクールフードの試みは、9種の味が楽しめるのり巻き「全部巻き」(シラス・ツナ・いためたキムチ・ガーリックベーコン・トビッコなど)からも分かる。新沙洞街路樹通りのほかに、明洞・清潭洞・狎鴎亭洞にも支店があり、どの店でも日本語メニューが用意してあるので、ご注文前に一言どうぞ。

*アクセス: 新沙(신사)駅下車。8番出口からまっすぐ30メートル行き、Jタワーで左へ曲がって街路樹通りへ。20メートル先の右側。
*時間: 11時-24時
*住所: ソウル市江南区新沙洞541-15レビュー
*Tel: 82-2-511-7127

■学生時代思い出の味をそのまま弘益大・暴力団トッポッキ
045111141547772735.jpg
 え? 暴力団員がトッポッキを売っているって? 「暴力団トッポッキ」の社長は、暴力団とは無関係。大きな体の男たちが露店でトッポッキを売っているため、時に酔っぱらいとのけんかが起きることも。それで警察署に出入りしていたところから、「暴力団」というニックネーム(?)が付いたそうだ。それには、社長の無愛想な第一印象も一役買っているとか。これからは、露店ではなく店舗を構え、より多くのお客さんを集めたいそうだ。この店では、やや辛めながら甘みもあるソースを手作り。甘さの後に辛味がやって来るので、辛い物が苦手な人は飲み物と一緒にどうぞ。

 コメと小麦粉を混ぜた、モチモチ&滑らか感のあるもちと、甘辛味のソースは暴力団トッポッキの特徴だが、それと同時に昔、放課後に買い食いした思い出の味。仏頂面のおじさん7人が作る「暴力団トッポッキ」は、にぎやかな弘益大駐車場の夜に欠かせない存在だ。
424920652096514054.jpg
*料金: トッポッキ2500ウォン、スンデ2500ウォン、天ぷら2500ウォン、おでん2000ウォン
*アクセス: 弘益大・想像広場から横断歩道を渡りまっすぐ歩いて20メートル。
*時間: 12時-18時
*住所: ソウル市麻浦区西橋洞弘益大公営駐車場の路地
*Tel: 82-2-337-9933

文_ チョン・ウンギョン 写真_ チョン・イクファン
atti/朝鮮日報日本語版

記事元 http://www.chosunonline.com/entame/20100917000069

スポンサーサイト

コメント

食べた~~~い

トッポッキ美味しそ~~~~うv-411食べた~~~イv-363トッポッキ入りラーミョンも美味しそう・・・。
スンデも食べたいです。
こないだユキヒサマグをゲットした日に、スンデクッを食べたんですけど、本当はお目当ての店があったんです。新大久保でも唯一お店で手作りしているスンデを出す店があって、「コリアスンデ家」って言うんだけど、私が開店時間を把握していないのか、なぜか開いていない事が多くって…。一度だけ、テイクアウトでスンデを買って食べたんですけど、あっさり目の味付けで美味しかったんです。今度は店で食べたいと思ったんだけど…しまってました。グッスンv-409
今度行ったら食べるぞ~~~v-363

春頭さま~

私、スンデクッをまだ食べたことがありません。
そのウワサのお店に今度私も案内してくださいませv-435

新大久保で買ってくるトッポッキソースは、子供達には少し辛めなので
具を2倍の量にして、ケチャップやお醤油、みりんで辛味を押さえてます。
野菜もいっぱい食べてくれる、我が家の有難いメニューなんです

トッポッキ^^

トッポッキv-353大好きです、わが家の子どもにも市販のソースは辛いので
餅を多めにしてみたり、ソース控えめで砂糖を多めで、もっぱら、おやつです。
茹で上がったトッポッキ餅にまず、砂糖を絡めてから、ソースを加えますv-411
こちらは、関東に比べて、醤油も甘めv-344が好まれてますし、もしかして、他の地方の方より、砂糖の消費量が多いのか?と思うけど、私だけかしら・・野菜を入れるは砂糖はアンデヨ~ですよねv-398野菜入り、今度、挑戦してみますねv-411
↑の記事で紹介されたようなインスタントラーメンの入った鍋は釜山で食べましたが、ボリュウムタップリで安くで美味しかったですv-411

新大久保食い倒れ

なんか、美味しいもの食べたいですねえ。ダイエットの食事制限をやめたので、すっかり食欲の秋です。私は一人で新大久保へ行くことが多いので、食事時がちょっと寂しいんです。ご一緒したいわあ。
ドヨングッズを探しに行くと空振りになってしまう可能性が、ますます大きくなっているので・・・v-390目的を食い倒れに・・・v-361v-408

質問です

ソースの赤い色は何でしょうか?
トッポッキをおもちのように焼いて、砂糖醤油でからめて食べられます?

チングBさん 島根県のお醤油も甘くて美味しいです。
出雲大社へ行った時にそう、強く思いました。
私も甘さがかくれているのが好きです。

コチュ

依依さん、韓国料理で赤いといえば、やはりコチュジャン色です。
かなり辛いです。
トッポッキを水分なしで焼いた経験がないので分かりません。加熱だけで柔らかくなるものなんですかね?でも、韓国のトッポッキソースでなくとも美味しそう・・・。なんか、味的にはお団子みたいな感じになるんでしょうか。日本のお団子の味のバリエーションは、全部合いそうな気がしますね。
こんど黄粉かなにかを試してみようかな?

依依さま

トッポッキのお餅はトックと言いますが、基本的に日本の餅のような粘り気がないので、一度、茹でてから焼いてみてはいかがでしょう、砂糖醤油の味、みたらし団子系でしょうかv-398
粘り気がないのは、もち米じゃなくて、うるち米で作られているからですが、伝統菓子の中には、もち米で作る餅もありますから、たんに、好みの問題かもv-411
トッポッキ、ポピュラーなのはコチュジャンですが、宮廷トッポッキはコチュは使わずです。
トック、形も色々、用途も色々ですv-411
島根のお醤油も甘いのですかv-405知りませんでした。
韓国にも醤油がありましたが、お刺身にもコチュを付ける方が人気なのでは・・王子は
黄な粉にコチュでしたよねv-411
春頭さま、次回お会いする時は、美味しいところにご一緒しましょうv-411

ありがとうございます

春頭さま チングBさま  食べ物も保守的で知らない物は食べませんで、こちらで色々拝見していますと、デパートで見掛けてもそれだとわかるようになりました。
今度見掛けたら買ってみます、どうしようやみつきになったら・・・、揚げてお塩もいいみたいです

最近は製造している和菓子屋も少なくなって、正月頃には砂糖入り餅なんかも作ってくださったのに、近頃は黒砂糖入りしかみかけません。これを薄く切っておきます、するとすぐに焼けてたべられます。

お醤油の味で、日本の古代史を思い浮かべていました、わたし以前は邪馬台国 九州説派だったんです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/4963-6c28e4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード