FC2ブログ

2019-08

「アクターズ・スタイル韓国 11」ソ・ドヨンインタビュー記事掲載

アクターズ・スタイル韓国 11
07175207.jpg
定価:1470円(税込)
出版社: 竹書房
発売日: 2006/11

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%9F%93%E5%9B%BD-KOREA-Vol-11-11/dp/4812429218/ref=sr_1_9?s=books&ie=UTF8&qid=1286896212&sr=1-9
---------------------------------------------------
P99~100 注目ドラマPICK UP 「春のワルツ」 2ページ掲載

P101~103 ソ・ドヨンインタビュー記事 3ページ掲載
アクターズ・スタイル韓国11-1

アクターズ・スタイル韓国11-2
春風のように優しく軽やかに
Seo Do Young ソ・ドヨン


 「春のワルツ」で主人公のチェハを演じ、その清潔感あるルックスと抜群のプロポーションで注目を集めたソ・ドヨン。初の主演ドラマでのプレッシャーに加え、現場では思わぬアクシデントにも見舞われ、役者として大きな経験を積んだと語る彼に、ドラマでのエピソードを語ってもらった

初の主演で味わう苦しみと挫折
 「春のワルツ」の主人公に抜擢され、彗星のごとく現れたソ・ドヨン。モデル出身で、助演俳優としてドラマに数本出演した新人俳優が、主人公に抜擢されるのは異例のこと。「秋の童話」でソン・ヘギョ、ウォンビン、ソン・スンホンをスターに育て上げたユン・ソクホ監督だけに、ソ・ドヨンのキャスティングの意味は大きい。

 「オーディションから「春のワルツ」の出演が決まるまで2ヶ月ほどかかりました。最初のオーディションでユン・ソクホ監督と面接して帰され、次に呼ばれた時は「冬のソナタ」などのシナリオを渡されリーディング練習をしたり監督と一緒に食事をしたりしました。ですが、オーディションの結果を教えてくれず、時間だけが過ぎてゆき、だんだん不安になってきました。最終的には主演のチェハ役に決まったと聞かされ、やっと決まったという安堵と同時に主演であることのプレッシャーをひしひしと感じました」

 演技経験がほとんどないソ・ドヨンにとって、主人公は相当なプレッシャーだった。普段は温和なユン・ソクホだが、撮影現場では容赦なく罵声を浴びせた。ソ・ドヨンは精神的に疲弊したという。

 「オーストリアロケでのことでした。ウニョンが雪の塔を作り、それを見たチェハが過去を回想して驚くシーンがドラマの序盤にあるのですが、どのように表現すればよいかわからず、自分なりに考えて演じたのですが、監督から「その程度しかできないのか」と怒鳴られました。私は自分の力の100%を出し切っているのですが、他人は半分も評価してくれない。演技を頭の中で理解しているだけではダメだなと大きな壁にぶつかり悩みました」

 俳優として脱皮しきれないでいるソ・ドヨンを突然の不幸が襲う。撮影中の事故で頬骨を陥没する大怪我を負ってしまったのだ。これまでの人生で最大の挫折を味わった彼だが、主役抜きでの放映継続は考えられず、KBSも放送中断に踏み切った。

 「これからやっと俳優として一人前になろうと頑張っているのに、病院で骨が陥没して手術しなければならないと医者から告げられた時、目の前が真っ暗になりました。ドラマを続けることもそうですが、骨がうまくつかなかったら、これからの自分の人生がどうなるか絶望した気分でした。幸い手術は成功しましたが、すぐに撮影に戻ることに医者は反対しました。ですが、ドラマを楽しみにしている視聴者の皆さんのことを思うと、ずっと休んでいるわけにはいきませんでした。撮影が終わったときは、ドラマを最後までやり遂げた達成感を感じました」

怪我を経て感じた演じることへの喜び
 挫折感を味わったソ・ドヨンは、撮影現場に復帰した喜びをかみ締めていた。そして何かが自身の中で弾けるのを感じた。頭だけで考えていた演技が、自分の感じたままに表現できるようになっていた。

 「父親と再会して「僕だよ、スホ。イ・スホだよ」と、父親に話しかける台詞があったのですが、どのように表現しようかと悩みました。自分を捨てた父親に履き捨てるような言葉をかけるのではないかと考えていたのですが、いざ撮影に入ると感情がこみ上げてきて、声が震えて惜しむように話しかける自分がいました。そこが僕にとっては一番思い出深いシーンだといえますね」

 チェハとスホというふたりの人格を新人俳優が演じるのは難しいと思われがちだが、それについての苦労はなかったと語る。

 「スホもチェハも同一人物です。私は演じるにあたり、そのことについてはスホがチェハという服を着ているのだと考えました。他人の前では、本当に自分を隠して生きる。チェハが冷徹な人間だとしたら、スホは優しい気持ちで、美しい愛を表現しようとしました。心に傷を負った主人公たちが会いによって癒されていく過程をみなさんにはぜひ見てほしいですね。」
(略)


P104~105 「春のワルツ」ロケ地を訪ねて 2ページ掲載

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

監督

他のインタビューでは、撮影現場ではカリスマを持って・・・とありますが
このインタビューでは、罵声を浴びせられた、怒鳴られた経緯が
結構詳しく書かれていて、
2006年11月に出版された雑誌ですが
インタビューを受けたのは、かなり初期の頃かと想像しています。

ドラマで印象に残るシーンも
「ウニョンとの再会」と答えているインタビューが大半を占めますが
このインタビューではチョンテに「僕だよ、イ・スホだよ」と詰め寄るシーンを
挙げています。

しかしどのインタビューを読んでも、「撮影は死ぬ気で頑張った」ということが
よ~くわかります。
その張り詰めた心情が、映像によく表れていて
チェハを見るたびに、心が締め付けられるのかもしれません。

かわいそうにねぇ~

聞くだけでこっちの心が折れそうになる・・・

こうして人前に出られる人は、前世から用意が出来ているのですよ
一般人には聞くのもこわい

間違い探し

クックック!!
2枚目の写真、王子の英語表記が「Soe Do Young」になっているぅ。
いつも不思議に思っているんですが、ソ・ジソブさまはSoなのよね。
王子のソは徐 ジソブさまのソは蘇、韓国語の発音はビミョウに違うのかしら?

違いますヨ

トヨン氏の「徐」は「서」英語の発音記号でCのさかさまみたいなのがあるじゃないですか。あれです。(「あ」と「お」の中間みたいな音?)、ジソブ氏の「蘇」は「소」日本語の「そ」に近い音です。

やっぱり古い記事ほど本音に近いのかしら?ねえ

そうそう

以前にも春頭さんが説明して下さいましたが、王子の「서」って
日本語には無いややこしい発音なんですよね。
人様の名前なんだから、ちゃんと発音しないと失礼かと思いながらも
よく解らないので特に覚えようともせず、いまだに「・ドヨン」と、思いっきりカタカナモードですv-388
王子、ごめんなさ~いv-435

ゆば~ばさま

いきなりお名前を間違えるなんてって、私も新人なら仕方のないことなのかと
思っていました。

しかし、記事内容の日本語にも、数箇所???なところがありまして
勝手に訂正して転載しています。

私のタイピングミスも結構ありますので、
見つけたらどんどん教えてくださいませ。

そ なんですか

春頭さま、有難うございました。
王子の、なんどか練習してみたけどできませぬ。
口がひきつりそう・・・・
今度、王子が「こんにちは ソ・ドヨンです」というのを
よく聞いてみます。

王子のソ

私もおもいっきりカタカナ発音ですv-390
ジソ様のソは日本語に近い発音でSoと表記するんですね~
じゃ、王子のソはSeoと発音してみるといいのかなぁ…ムズカシイデス…

店長さん、毎日過去インタビューをタイピングしてくださり、ありがとうございますv-436
王子のお人柄に、また魅了されていますv-398

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5098-3da68b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード