FC2ブログ

2019-12

「NHKウィークリーステラ 2007年5/5~5/11」 ソ・ドヨンインタビュー記事掲載

NHKウィークリーステラ 2007年5/5~5/11
ステラ20070505表紙

P78~80 ソ・ドヨンインタビュー記事 3ページ掲載

あたたかな風、まぶしい光の中で
俳優ソ・ドヨンの魅力 春のワルツ

ステラ20070505-1

ステラ20070505-2

ステラ20070505-3

ステラ20070505-5

ステラ20070505-6

<春のワルツ>の主人公ユン・ジェハを演じるソ・ドヨン。
手足の長い抜群のスタイル、小さな顔に大きな目。
落ち着いた低音の声、神秘的なオーラ……。
演技経験のほとんどない新人俳優だった彼が
持ち前の魅力と<春のワルツ>で培われた魅力で、
今、さらに飛躍を遂げようとしている。
俳優として多くのことを学んだという本作への思いを聞いた。

主役という重圧
 チェハ役に決まったときは本当にうれしかったのですが、それよりも、監督によかったと思っていただけるよう、また、見てくださる方の期待にも応えなければという気持ちが強かったです。撮影までの2週間で、英語、ドイツ語、ワルツ、ピアノ、バイオリンを学ばなければならなかったのも大変でした。でもこれは、演技の準備というより、責任感の準備期間。重いプレッシャーを一つ一つ脱ぎ捨てていく時間でした。
 オーストリア・ロケからスタートしましたが、ここで撮影したピアノを弾くシーンは、僕自身がいちばんうまくできたと思っている場面です。それまで、ピアニストをどう演じるべきか悩んでいましたので、ばーん!と弾き終わって、スタッフの方に拍手をいただいたときは、大きな不安が一気に取れた気分でした。自分なりに練習を何度も繰り返したことが実になったんだとほっとしました。

スホ、チェハ、クリス
スホは、幼いころの心の傷をずっと胸にしまっていて、スホのもう一つの存在のチェハは、表面的な部分しか見せず、クリスの名でピアニストとして活動し、世界的に認められ、将来を嘱望されています。僕はこの3人を演じるというよりも、他人の人生を歩む人というのは、いったいどういう思いなのか、常に彼の気持ちを考えるよう心がけました。また、チェハはとても複雑なアイデンティティーを持っていて感情の移り変わりがあります。幸い、この作品は時間の流れに合わせて撮っていきましたので、演じていくうちに感情をつかむことができました。

成長への階段
 本格的な演技自体が初めてで、どう表現するのか正解なのか、どんな感情を表現すればいいのかがわからず、あらゆることが挑戦、自分との戦いでした。
 大好きな場所となった青山島は、花、空、海の島です。でも当時の僕は、それを見る余裕さえなく、スタッフの方に「景色を見た?」と聞かれて、見ていない自分に気づいたんです。撮影後に島に行く機会があったのですが、そこにはすばらしい景色が広がっていました(笑)。スホが石積み場でお祈りをしたように、僕も撮影の合間に同じ場所で石を積み上げてお願いをしたことを思い出します。
 ご存じだと思いますが、ドラマ中盤での殴られるシーンで、僕は顔の骨を折って、手術、入院を余儀なくされました。撮影はもう無理だと病院で言われて、目の前が真っ暗になりました。でも自分の夢をかなえたかったし、最後まで皆さんの期待を裏切るわけにはいかないと思ったんです。俳優は、顔の映りを計算したりしますが、それ以降の僕は、見た目などよりも、演じるということだけに集中しました。このドラマを見る方には、チェハの成長過程と同時に、俳優ソ・ドヨンが痛み、苦しみを克服していく過程も見ていただけると思います。

日本のファンの皆さんへ
 NHKで放送されることによって日本の方にも関心を持っていただけることが、とてもうれしいんです。最近は、日本に来るたびにファンの方が待っていてくださり、みなさんの愛情を強く感じています。そして、僕も、日本で人気のある韓国スターの先輩方のように、がんばらなくてはいけないと励みになります。
 監督は、カリスマ性があってあたたかい方です。それが作品自体にも表れていて、純粋な真実の愛のストーリーを作りだされています。<春のワルツ>は、四季シリーズ最終章ですが、決して終わりではなく、また別の愛の形を扱ったドラマだと僕は思っています。チェハが、ウニョンへの愛によって心の痛みや傷が癒されていく過程をぜひ見ていただきたいです。今後、イベントなどで日本に行きます。ドラマでは見られない本来のソ・ドヨンを、ぜひ、見に来てください。たくさんの応援お願いします。

プレゼント
ソ・ドヨンさんのサイン色紙を3人にプレゼント。
ステラ20070505-4

(略)


スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

あっ!!!

なつかし~~~v-32
記事もなつかし~けど、このステラを
v-345ドキドキv-345しながら買ったこともなつかし~~~v-382

インタビューでのコメントは、今読んでも、その誠実さがいいな~~~って思いますねv-392v-350

あらあらちょうちょ♪ちゃま~

その誠実さがいいな~~~って
うれしいお言葉、ありがとうございましゅ~

で、4しゃまとどちらが誠実に思えましゅか~?v-391

4しゃまと・・・(^ー^)

え~~っと、え~~~~っと、。。。。。
ダッシュ!!!!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5184-1860c99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード