FC2ブログ

2019-12

「韓流旋風13」 ソ・ドヨン記者会見とインタビュー記事掲載

韓流旋風13
41Xp3lhr7WL__SL500_AA300_.jpg
定価:1380円
出版社: コスミック出版
発売日: 2007/05

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%93%E6%B5%81%E6%97%8B%E9%A2%A8-Vol-13-COSMIC-MOOK-%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB/dp/4774750506/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1288275917&sr=1-1
----------------------------------------------------------
P99~103 5ページ掲載

Star Pick Up 09 ソ・ドヨン
四季シリーズ最終章「春のワルツ(NHK総合テレビで現在放送中)」に主演! 著書「夢の扉」サイン会も開催
韓流旋風13-1

次代を担う韓流スターとして、日本でもここ最近人気急上昇のソ・ドヨン。来日中の彼の言葉から、甘く優しい顔立ちに秘めた芯の強さが見えてくる。

「春のワルツ」記者会見

「ドイツ語やワルツを学んで、自分がチェハに近づく努力をしました」(ソ・ドヨン)
「ありのままの自分を演じてみました」(ハン・ヒョジュ)
韓流旋風13-3

韓流旋風13-2

4月7日からNHK総合テレビで放送が始まり、「冬のソナタ」ブーム再来かと呼び声の高い人気ドラマ「春のワルツ」。その主演ソ・ドヨンとハン・ヒョジュ、そしてユン・ソクホ監督が2月末に来日し、東京・渋谷のNHK放送センターで記者会見を行った。

四季シリーズ最終章を飾る「春のワルツ」
ユン・ソクホ(監督) 以前、「冬のソナタ」のときもチェ・ジウさんとここに来ましたが、3年後にまたこういう機会を設けていただいて、非常にありがたく思っています。視聴者の皆様に感謝いたします。四季シリーズ最後の作品であり、「春」という季節に合わせて新人を起用し、一生懸命作ったドラマです。これまでの3作品それぞれで伝えたかったものを、すべてこの作品に込めたつもりです。「冬のソナタ」のときに、自分の感性が日本人に非常に合うことを発見しましたが、「春のワルツ」もそうなることを期待しています。応援よろしくお願いいたします。

――初主演ということで役づくりに苦労したと思いますが、どんな努力をしましたか。
ソ・ドヨン 他人の人生を生きるということは一体どういうことなのかと悩みました。そしてプロのピアニストとはどういうものかを理解するのも大変でした。ピアノの公演に行ったりDVDの映像を見たりして、音楽の勉強もしました。それ以外にもドイツ語やワルツの勉強をするなど、できるだけチェハの表現できるよう努力しました。
ハン・ヒョジュ 私はこの作品でありのままの自分を演じてみようと努めました。私の姿をウニョンに重ねようと努力したわけです。それでもウニョンの感情が理解できなくなって、パク・ウニョンになったつもりで日記を書いたりしました。今はなんとか役者としてウニョンのキャラクターに近づけたのではないかと思います。

主演俳優の長所と短所

――主演二人の長所と短所を教えて下さい。
ユン・ソクホ 韓国の俳優は、やさしい部分とタフな部分をあわせ持った人が多いんです。「春のワルツ」では、それに加えてヨーロッパ的なゴージャスさと神秘性も必要でした。その点ソ・ドヨンさんは私のイメージにとても合っていて、モデル出身なのにモデルらしくないという面もあり、そういった面がオーストリアの撮影にもうまく合っていました。演技は新人ですので、ドラマ前半はかなり苦労したと、本人からも訊きました。しかし中盤から演技に開眼したとでも言いましょうか。私はこの人選がとてもうまくいったと思っています。短所は、あえて言えばもう少しユーモアがあればというところでしょうか。
 ハン・ヒョジュさんについては、高校時代にミス・スマイル賞をもらったというだけあって、とても明るく健康的なイメージが長所だと思います。短所はときどき私も指摘したのですが、あまりにもたくましすぎるとこでしょうか。これから恋をして傷ついていけば、段々そういった面も備わってくるんじゃないかと思います(聞いているハン・ヒョジュが照れて思わず手で顔を覆う場面も)。

――この大役を終えて、自身で成長したと思う点は?
ソ・ドヨン 演技する時は、それが真に迫るものでないと表現とは言えない、ということを学んだ気がします。
ハン・ヒョジュ 「春のワルツ」に費やした時間すべてが、わたくしにとっては大きな成果です。撮影がスタートした時には、本当に子どものように何も知らず、無鉄砲に直進していたように思います。でもそれが終わる頃には、壁にぶつかり、壊れもし、痛みも感じることができ、成熟したのではないかと思いました。
(略)

「夢の扉」サイン会
韓流旋風13-4

3月2日には、著書「夢の扉」の発売を記念して、ソ・ドヨンは池袋の東武百貨店特設会場でサイン会を開催した。「夢の扉」は、幼いころから現在までの成長模様を綴ったフォトエッセイだ。東京とソウルで撮影した撮りおろしショットだけでなく、幼少時や兵役中の貴重な写真も満載で、ファン必読の内容になっている。当日は早朝からファンが並び、120人のファンがプレミアチケットを手にした。忙しい合間を縫って、インタビューにも応じてくれた。

サイン会

 会場にソ・ドヨンが現れると、待ちかねたファンからいっせいに歓声が上がる。そのスタイルのよさは参加者全員が見とれるほどだ。ソ・ドヨンは穏やかな表情で、「僕を応援してくれるみなさんと接する機会を持てて、とても幸せです」と心境を語った。さほど広くない会場だったこともあり、ソ・ドヨンはファンの目の前。一人ひとりと目線を合わせ、言葉を交わしながらサインをしていく。

インタビュー

――撮影中にお気に入りの場所はできましたか?
「奥原宿の街並みが印象的でしたね。それとデパートが建ち並ぶ新宿もソウルにはない雰囲気で印象に残っています」

――本の中ではどの写真が好きですか?
「どの写真も好きです。でも、あえてどれか一つ選ぶなら、青いシャツにネクタイで撮った写真かな。普段は動きやすい服装が多いですね」

――東京での撮影中にショッピングは?
「洋服やサングラスを買いました。それから原宿で冷たいクレープも食べました。味はイチゴ味(笑)。とてもおいしかったですよ」

――長身に小顔、しかも手足が長いモデル体型ですが、いつごろからそんなスタイルになったのでしょう?
「小さいころから同い年の友達と比べると背は高かったし、手足も長かったですね。脚の長さを実際に測ったこともあります(笑)。確か胴と同じ長さでした。弟がいるのですが、見た目は僕とあまり似てないんです。弟は174センチぐらいで顔はRain(ピ)さんに似ていますね。知らない人には兄弟に見えないかもしれません(笑)。

――ご両親はどんな方ですか?
「父は厳しい人、母はやさしさも厳しさも持っている人です。学生の本分は勉強だといわれて育ちました。僕がやりたいことを何でもさせてくれるという家庭ではなかったと思います。でも除隊後に好きなことを職業にしたくて、モデルの勉強を始めたときにはもう両親は何も言いませんでしたね。今では応援してくれています」

――今回の来日中オフの日があったそうですが、どのように過ごしましたか?
「山手線に乗りました。実は昨年6月に来日した時も山手線で移動したんですが、あの頃は僕のことを知っている人はあまりいませんでした。今回は用心して帽子を目深にかぶって乗りましたが、<ソ・ドヨンさんですよね?>と声をかけられました(笑)。一緒に写真を撮ってサインもしました。ドラマを見てくれてるのかなと思うとうれしかったですね」

――モデルから俳優に転校したとき、不安はありませんでしたか?
「モデル時代も演技の勉強はしていました。人の前に立つという意味ではモデルの経験が活かされているし、自信もあります。最初のころは、俳優は監督の指示通り演技をすればいいと思っていました。でも実際はそうではなくて、俳優自身が主体的に演じ、人物を作っていくことが大事なんですよね。いま在籍している大学は休学中なんですが、3月から別の大学に編入して、演劇科で勉強をする予定です」

――日本のファンへメッセージをお願いします。
「誰かを好きになるときに、国境や年齢は関係ありません。応援してくださることを光栄に思っていますし、いい俳優になれるよう頑張ります。「夢の扉」では、俳優としての僕ではなく、ひとりの若者としての僕をお見せしたいと思っています。ぜひ読んでみてください」
(略)


P108 読者プレゼントコーナー
ソ・ドヨン 「夢の扉」3名様

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

ユーモア・・・

ユン監督が王子のことを「もう少しユーモアがあれば・・・」とおっしゃっていますが
チェハを演じることに、毎日、無我夢中というか必死だった王子には
そんな余裕はなかったんですよ~、監督ぅ~v-403
それにv-400きっと監督のこと怖かったんじゃないかなぁ、王子v-389

ユーモア2

おまっちゃさま、監督から見て、ユーモア・・確かに、一緒に撮影している、ヘニー兄さんに比べれば、なかったかもしれませんがv-409、韓国で年下の初主演男優がユーモアを発揮して場を盛り上げるって結構大変v-356だと思うのですがv-406・・・
礼節を重んじる国v-353なので、盛り上げようと、ユーモアを発揮するよりも、真面目で真剣な態度の方が周囲も安心だったと思います。v-398
ココで、v-20が負けず嫌いを発揮して、ヘニー兄さんとユーモア合戦を繰り広げたら、監督~どんな、事態に陥ることか~v-399
v-20は非常にピュアーな心の持ち主ですから、滑ったりしたらv-402v-400結構、傷つくと想いますよv-390
親しい友人の間でだけ、ひょうきんでユーモアのある姿を発揮すれば良いと、当時のv-20は考えていたと思いますv-411
最近、現場でいささか年齢も上がり、演技力にもキャリアにも自信が付いてきたので、ちょっと、ユーモアのある所をお見せしようかなぁ~と考えているようですが・・v-398
大阪の「チョルラの詩」の試写会で、オリンピックの時の物価を冗談にしようとしたら、v-388日本のファンに通じなくてv-394??v-393
v-20自ら「冗談です・・・v-393」という一幕もv-408
v-20とよく似た性格なので、判りますが、v-389
本人はユーモアのつもりでも、唐突すぎて、周りが?v-394なんです・・決して
暗くない明るい性格から来ているサービス精神が裏目に出るタイプなので、後で、1人反省してたりするんですけど(マジで~v-356v-355v-408
基本、v-20は地のままの天然な状態が一番、乙女v-344v-345させているわけなので、無理に色々しなくても、v-411の笑顔だけで、かなり、おつりがくるほど、場を和ませているはずなんですけどね~v-398
真面目すぎる・・・よく言われますv-402v-400

古傷が・・・(・_・、)

てんちょ!!!
サイン会の記事を見ると、今でも胸が苦しくなるよぉ~。
このサイン会の直後に王子に恋したわけで、『春のワルツ』をあと2週間早く見ていたら・・・・と、食事も喉を通らないほどのショックを受けたのでした。

・・・・って、やだ!
暗いコメントしちゃったm(._.)m

監督のお言葉

>自分の感性が日本人に非常に合う
本当にその通りだと思います
そして王子も、非常に日本人の感性に会う俳優ですv-352
だから、ユンス時代に、王子主演でドラマを作ってくださる筈と思っていたのですが・・・
いっそのこと、ユン監督、王子主演のドラマを日本のTV局で作ってくださらないかしら・・・

v-20のお言葉
>誰かを好きになるときに、国境や年齢は関係ありません
は、とっても嬉しいですv-398 私みたいなオバちゃんでも好きでいていいんですねv-344

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5187-88eda1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード