FC2ブログ

2019-10

「Sukッkara 2007年2月号」 ソ・ドヨンインタビュー記事掲載

Sukッkara 2007年2月号
41vtIg1T55L__SS500_.jpg
定価:690円
出版社: アートン
発売日: 2006/12/21

詳細はこちらをご覧ください
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%88%E5%88%8A-Su%E3%83%83Kara-%E3%82%B9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%A9-2007%E5%B9%B4-02%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B000LV6BSS/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1288541600&sr=8-3
--------------------------------------------------------
P53~58 ソ・ドヨンインタビュー記事 6ページ掲載
Sukツkara 2007年2月号1

Sukツkara 2007年2月号2

Sukツkara 2007年2月号3

Sukツkara 2007年2月号4

Sukツkara 2007年2月号5

Korean Movement interview
ソ・ドヨン
シンデレラボーイの素顔は芯の通った韓国男性


「ソ・ドヨンって誰だ?」
「秋の童話」「冬のソナタ」と続いた名匠ユン・ソクホ監督の四季シリーズ、その完結編「春のワルツ」のキャスティングが発表された時、韓国のメディアは一斉に驚きの声をあげた。
ウォンビン、ソン・スンホン、そしてペ・ヨンジュン。これまで並み居るトップスターが務めてきたシリーズの主役に新人を抜擢するとは……。
「ペ・ヨンジュンだって、私が最初に会ったときは新人でした」(ユン・ソクホ)。たしかにそうだ。ユン・ソクホは原石を見つけ、それを磨くエキスパート。そんなユン・ソクホに見出された男、ソ・ドヨンとはいったい誰なのか?

全身からみなぎるオーラ
「もしも、いきなり「主役をやれ」って言われたら、心臓が爆発するほど驚いたと思います。ところがユン監督のやり方は違っていました。二ヶ月間、監督と話したり、指示された台詞を言ってみるだけ。そのうちにだんだん分かってきたんです。監督は僕にすごく大きな役をやらせようとしているんだって」

 ソ・ドヨンがインタビューの場に現れた瞬間、スタッフからため息がこぼれた。「画面で見たときよりも、実物の方が素敵だ」誰かがつぶやく。187センチの長身に端正なマスク、全身からみなぎるオーラは、さすがユン・ソクホの見出したスターである。
 ソ・ドヨンのプロフィールには、モデル出身とある。2003年末のソウルコレクションでデビュー。しかし意外にも、彼がモデルになろうと決意したのは、軍隊時代のことだという。

軍隊で思い悩んだ将来の道
「韓国の男性なら誰もがくぐる試練だから……」。ソ・ドヨンが入隊を決めたのは、大学一年を終えたときだ。期間は二年二ヶ月。正規の入隊である。配属先のソウル北方「白馬部隊」は、韓国軍の中でも精鋭部隊として知られている。
「出歩くことも、友だちと遊ぶこともできません。一切の自由がない場所にいると、おのずと自分と向き合う時間が長くなります。訓練が終わって、夜眠りにつく前とか、一人で歩哨に立ったとき、僕は将来どうやって生きようかって真剣に考えるんです」

 韓国男性の中には、軍隊時代に将来を決めたという人が多い。それにしてもモデルとは、泥臭い兵営とあまりにもかけ離れている。
「とりあえず、やってみようという気持ちだったんです」
 背が高かったので、少年の頃から近所のおばさんたちに「モデルになったら?」と言われてきた。でも、本気で考えたことは一度もなかった。それが軍隊に言ったおかげで変わった。「なんでもチャレンジしてみよう」という気持ちになったという。

 「韓国では、男性は軍隊に行ってやっと一人前といわれます。僕の場合は、まさにその通りだったと実感しています」

勉強一筋の少年時代
 少年時代は、勉強、勉強だったという。特来何になりたいとか、そんな夢を持つこともない。
 最近でこそ、子どもを小さい頃から芸能界に入れる親もいるが、ソ・ドヨンが育った80年代はまだまだそんな時代ではない。勉強一色、特に彼が育ったソウルの江南は、韓国で最も進学熱が高いところだった。

「だから、モデルになるなんて、なかなか両親に言い出せませんでした。デビューしてから何ヶ月も後です。父がお前最近おかしいぞ、何をしているんだって。最初はものすごく怒られましたけど、一生懸命説得したら認めてくれました。自分の選んだ道なのだから、全力でやれと。両親には感謝しています」

「とりあえず、やってみよう」と始めたモデルだったが、ファッションショーの舞台は衝撃的だった。
「ものすごい緊張。そして、自分のエネルギーがすべて放出されていくようなカタルシス。ああ、このまま昇華していく、あんな気持ちは初めてでした」

 そして次はドラマの主役だ。まさにシンデレラボーイ? ところが、思わぬハプニングが彼を襲った。

試練、意欲
「春のワルツ」の撮影中、ソ・ドヨンは頬骨が陥没するという大怪我をした。応急の手術をしてわずか一週間で現場復帰。医者の「一ヶ月は絶対安静」という命令を振り切ってのことだった。

「ドラマは見ていてくださる方との無言の約束だと思うのです。僕は約束を守りたかった」

 顔も洗えない、ご飯も食べられない。でも、演技する。「彼の精神力には、こちらの方が驚きました」というマネージャー。やはり、彼は選ばれた人なのだ。
 さらに言えば、俳優としては新人でも、男として、人間としては“プロ”なのである。だてに軍隊に行って来たわけじゃない。

 日本の印象について訊いてみた。
「小さい頃から日本のアニメーションが大好きでした。最近は小説も読んでいます。奥田英明の「空中ブランコ」とか。映画は岩井俊二監督の「花とアリス」。好きな日本料理はお寿司と、次から次に好きなものが出てくる。
「では、日本の女性はどうですか?」と、男性編集者が口を挟んできた。
「親切な方が多くて、感動しました。それに性格がさっぱりしている。とっても気持ちのいい人が多い。そんな印象です」
 どうもありがとう。思わずお礼を言いながら、今後の抱負を訊いてみた。
「みんなが時代を振り返るときに、そこにいるような俳優になりたいです。ジャンルはなんでもやってみたい。たとえば二重人格者とか、そんな難しい役にも興味があります」

 小さい頃からとにかく好奇心が旺盛だったという。そんな面影が残るキラキラした表情。「きれいだ……」。また、誰かのつぶやきが聞こえた。
(略)


スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

写真

上の2枚は見たことがあるような気がしますが、
下の3枚は初めて見る写真です。
お庭に漬物の容器があるから、どこか普通のお宅で撮ったのでしょうね。
2006年12月発売というと、王子が登場した最初の雑誌かなぁ?
まだ素人っぽくて、だけど品があって・・・・いいですねぇ。

ドヨン王子が初めて登場したのは

2005年の記事があります。
携帯端末のCMをご覧になった日本人ライターさんが
注目のタレントということで、インタビューしてくださった記事です。
http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/blog-entry-3695.html

スッカラという雑誌は、ドヨン王子のお陰で初めてその存在を知りました。
雑誌自体も、韓国の文化を伝えてくれるいい雑誌です。

笑顔の王子

てんちょ!! 有難うございました。
2月の記事がすっかり頭から消えてしまっておりまするv-394
改めて読むと、もう既に「王子」とよばれているのにビックリ。
SKYのCMを発見したカメラマンの方、先見の明がありましたね・・・・。
あのCMのセーター、大!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5197-ff606d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード