FC2ブログ

2019-08

「KOREAN WAVE 22 韓国TV & スターズ」 ソ・ドヨンインタビュー記事掲載

KOREAN WAVE 22 韓国TV & スターズ
512BzB1tMMnL__SS500_.jpg
価格:1365円
出版社: 近代映画社
発売日: 2007/05

詳細はこちらをご覧ください
http://www.amazon.co.jp/KOREAN-WAVE-22%E2%80%95%E9%9F%93%E5%9B%BDTV-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%89%B9%E7%B7%A8%E7%89%88/dp/4764881845/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1289185634&sr=8-1
-------------------------------------------------------
トップスター8 特製フォト・ギャラリー
P36~40 ソ・ドヨンインタビュー記事 5ページ掲載
P41 来日イベント記事 1ページ掲載

ソ・ドヨン
独占!撮り下ろしフォト&ロング・インタビュー in 韓国
「昨日までの僕、今日からの僕」

KOREAN WAVE 22-1

KOREAN WAVE 22-2

KOREAN WAVE 22-3

KOREAN WAVE 22-4

「春のワルツ」が地上波でも始まり、人気急上昇中のソ・ドヨン。新人ながらいきなり人気シリーズの主役を掴んだ幸運な青年と思われがちですが、実はそこに至るまでの道のりは苦労に満ちたものでした。そんなソ・ドヨンが、軍隊からモデル時代、「春のワルツ」秘話、将来の夢などを明かしたロング・インタビューをお届けします。

モデル時代はお金がなくて携帯電話代も払えなかったんです

軍隊の中にモデル経験者がいて僕もやってみたいと思ったんです
「春のワルツ」が地上波でも放送開始し、その人気にますます拍車がかかるソ・ドヨン。端正な顔立ちから貴公子の雰囲気を漂わせているが、実は下積みを経て「春のワルツ」のチェハ役を掴み取った努力の人でもある。
 平凡な大学生だったソ・ドヨンは、徴兵のために軍隊へ入隊することになる。自由を経験していた大学生活とは違い、規律が重んじられる軍隊生活は息苦しいものだった。
「軍の内部では、個人の自由がないことが辛かったですね。好きな歌を聴きたいと思ってもままなりませんし、疲れたからといって昼寝をすることもできません。ともかく、ストレスを発散することができなかったんですよ。たまの休暇で外に出たときは、フライドチキンやサムギョプサル(豚バラ)の焼肉など、普段食べられない物をしっかり食べ、そしてお酒を飲んでいました。軍隊の中にいると飲酒はできませんからね」
 訓練期間を経て、ソ・ドヨンが配属されたのは新平教育部隊での訓練助手。帽子を目深に被って無表情で新兵を威嚇し、一人前の兵士に鍛え上げる仕事だ。そんなある日、一人の新兵を担当することになったのだが、それが後のソ・ドヨンの運命を変えることになる。
「寝起きを共にし、四六時中一緒に行動する訓練助手は新兵から恐れられていますが、僕は新兵には優しかったほうです(笑)。そんな新兵の中に、モデルをやっていたという者がいました。それほど目立つ感じでもなかったのですが、どうやってモデルになったのだろう? と興味を抱くようになりました。そうして彼からモデルの仕事の話を聞くうちに、自分にもできるのではないかと自信を抱くようになり、自分もモデルになろうと心に決めたんです」
 軍の服務期間が終わって除隊したが、大学へは戻らなかった。自分がモデルとして通用するかどうかという不安はあったが、自信がそれに勝っていた。まずはモデル学院に通いながらモデルとしての素養を学んだ。だが、自信とは裏腹にステージに立つのは容易ではなかった。
「ファッションデザイナーの事務所に行き、「自分を使ってください」と売り込んで、とにかくチャンスを掴もうとしました。そうやって仕事をもらうようになったのですが、実際にステージに立ってみると、ウォーキングひとつをとっても見た目ほど簡単ではありません。ステージに立つ先輩を見習って練習し、モデルとして一人前になろうと努力しました」
 憧れのプロのモデルにはなったが、華やかな世界とは対照的に生活は苦しかった。遊ぶ金もなく友人たちの世話になることも多かったが、それでも成功を信じ、そして夢見ていた。金はなかったが楽しい時期だった。
「モデル時代の生活は苦しかったですね。お金がなくて携帯電話代も払えなかったくらいです。友達と一緒に酒を飲みに行っても、割り勘で払う1万ウォンがなくて、友人におごってもらっていました。他のモデル仲間も同じような感じで、みんなお金には苦労していました。やりたいことがあっても先立つものがないという苦しい時期でしたが、夢を追いかけていた楽しい時期でもありました」

一日も早く撮影現場に戻りたい、入院中そればかり考えていました
モデルとして売れ始めた頃、ソ・ドヨンは、自身が出演したファッションショーを見た芸能事務所関係者の目にとまる。モデルだけでなく俳優としての活動を勧められ、積極的にドラマのオーディションを受けるようになる。
「演技の経験はまったくありませんでしたから、先輩の俳優や監督の話を聞きながら学びました。役作りの方法、練習の仕方など、とにかくいろんな人に訊ねましたね。そして彼らが演じているのを側で見るんです。共演した俳優の中で印象に残っているのは「海神」のスエさん。普段は明るくて優しい女性なのですが、監督のキューサインが出ると、涙を流すほど演技に集中しているんです。普段のスエさんとはまったく違った顔を見て、俳優とは頭で演じるのではなく、身体全体で役に没頭して演じるのだと感じさせられました」
「海神」の撮影が終わり、「春のワルツ」のオーディションを受ける。俳優としてのキャリアも浅く、どんな役でもいいからユン・ソクホ監督の作品に出演したいと思って受けたオーディションだったが、かつてユン・ソクホ監督が演出したドラマの台本を渡され、2ヶ月以上も台本読みの練習をさせられた。

「その程度しかできないのか!」と監督に怒鳴られたこともありました

「オーディション期間中は、正直辛かったですね。2ヶ月過ぎても役が決まらないのですから、ユン・ソクホ監督は自分を使う気があるのかと思いましたが、やがて決まったのが主人公のチェハ。決まったときはすごく嬉しかったのですが、自分に演じきれるのかというプレッシャーもありました。クランクインまでの間に、役作りのためピアノやドイツ語のレッスンを受けて撮影に臨んだのですが、自分では100%出し切ったつもりでも、監督にとっては50%にも満たなかったのです。ウニョンが作った塔を見て、どうしてここに同じものがあるのかと驚くシーンがあったのですが、チェハの感情にうまく共感することができなかったのです。ユン・ソクホ監督からは、「その程度しか演じられないのか!」と怒られました」
 自分の思い通りに感情表現ができず、精神的ストレスを感じずにはいられなかった。それでも撮影が進むうちに、チェハという人物を理解して演じることができるようになる。撮影スケジュールの遅延から食事や睡眠がままならなくなり、肉体的疲労はピークに達するが、精神的ストレスは次第に軽くなっていった。ところがそんなある日、ダニエル・ヘニーに殴られるシーンの撮影中、拳をうまくよけることができず、ソ・ドヨンの頬骨が陥没する事故が起こる。
「事故が起こったときは、一瞬何が起こったのかわかりませんでした。病院で診てもらい、骨がうまくつかないと顔が変わるかも知れないと聞かされたとき、目の前が暗くなりました。本格的に俳優活動を始めたばかりなのに、撮影を続けられるかはもちろんですが、これからの自分の人生を考えると、いったいどうなるのかと、悪いことばかり考えてしまって、幸い手術は成功しましたが、僕が出演できないため、ドラマの放映が一時中断されると知らされました。入院中は治療に専念していましたが、放映の再開を望む視聴者の声を聞いていると、早く撮影現場に戻りたいと、そればかり考えていました。退院してほどなく撮影が再開することになったのですが、担当医からは安静にしているのが望ましいと反対されました。ですが、「春のワルツ」を待ち望む視聴者の皆さんのためにも、一刻も早く撮影現場に戻りたかったのです」
 撮影現場に戻ってきたソ・ドヨンを、スタッフや共演者たちは温かく迎えてくれた。だが、スケジュールの遅れを取り戻すべく、撮影は時間との戦い。ソ・ドヨンも以前にもまして必死に撮影に臨み、チェハと自分を同化させていった。
「今までチェハとして生きてきたスホが、父親の前で自分はスホだと名乗り出るシーンの撮影でした。ドラマのクライマックスでもあり、どのように演じたらよいか、撮影直前まで悩みました。最初は感情的になって語りかけるのではないかと考えていたのですが、いざ撮影に臨むと、感情がこみ上がってくるんです。チェハがスホに戻る瞬間、自然と声を搾りだすように出していました。チェハとスホというふたりの人物を理解でき、撮影が終わったときは演じきった達成感に浸っていました」

大学で自分より年下の人たちと一緒に学ぶのは楽しいですね
「春のワルツ」の放映が終了した後も、ドラマのプロモーションのための多忙な日々が続く。NHK BSの放映も決まり、プロモーションのために日本へ来る機会も増えた。来日のたびに自分を温かく迎えてくれるファンの気持ちがありがたい、というソ・ドヨン。いずれは日本のドラマや映画に出演も、という気はあるのだろうか?
「日本に行くたびに、「春のワルツ」への関心が高まっているのを感じますね。ファンのみなさんの暖かい応援にはいつも感謝しています。チャンスがあれば、日本だけでなく外国の作品にも出てみたいと思っています。共演したダニエル・ヘニーさんは英語圏の方ですが、言葉は違ってもうまく共演することができましたしね。それに、日本のドラマや映画はよく観ています。木村拓哉さんが出演したドラマはほとんど観てますし、「花とアリス」に出演していた蒼井優さんもよかったです。外国の俳優との共演には興味があります」
 俳優として演技の基礎を学ぶ必要を感じ、今年の3月からは大学で演技の勉強を始めた。撮影現場では身体で感じて演じてきたが、大学では学問として学ぶという違いがある。ソ・ドヨンにとっては6年ぶりのキャンパスライフとなるが、俳優だけでなく大学生としての自分も気に入っている。
「大学生活は楽しいですよ。だって、自分が小学校に入ったときに生まれた子供たちと一緒に入学し、周りから先輩とかお兄さんと呼ばれるのですから気分いいじゃないですか(笑)。今は大学で講義を受けていますが、自分の性に合っていると思います。今まで知らなかった戯曲や演劇史、それに映画の批評など、撮影現場では学べないことを習うのが新鮮です。大学にいる間、短編映画も作ってみたいですね。演出の立場からだと、俳優の演技、ストーリーの構成など見方が違いますしね」
 現在は大学生活に重きを置き、俳優としての活動は秋以降になるとのこと。ソ・ドヨンの俳優としてのキャリアはまだ始まったばかり。「春のワルツ」をステップに、俳優としてさらに自分を磨き高めていくために努力するソ・ドヨンに、可能性のリミットはない。


スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

お願い!

この雑誌の読者プレゼントのページを
うっかり廃棄してしまったのですが、
サインに日付がありましたら、どなたか教えていただけますか?
インタビュー実施日を知りたいのです
宜しくお願いいたしますv-435

モデル時代

やっぱりどの世界でも、売れるまでは大変なんですよね~v-390
王子は実家住まいだったから、食べることには事欠かなかったかもしれないけど
それでも外に出ればあれこれお金がかかるし、モデルだからそれなりに
おしゃれしないといけないし・・・。
モデルとして売れてきた頃には、v-61少しは余裕が出てきたんでしょうかね~?
そういう時代を経ていても、それを少しも感じさせない気品あるたたずまいv-352v-20v-352
やっぱり持って生まれたものなんですね~v-398

夢の扉にも書いてありましたものね~

モデル時代の貧乏話
とはいっても、欲のない余裕と申しましょうか
あの純粋な笑顔、穢れを知らないまっすぐな瞳を見れば
お育ちの良さは隠せませんよねぇ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5229-66c15e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード