FC2ブログ

2019-08

OCNブログ 「夜叉」のチョン・ヒョンス作家 これまでの作品紹介

<夜叉>探索の動き. '廃人'新造語を作った張本人チョン・ヒョンス作家の名場面&名セリフ パレード!
ドラマ紹介/夜叉2010/11/23 11:56

12/10(金)夜12時に新しく始まる<夜叉>がチョン・ヒョンス作家と駆動会作家の共同執筆で製作されるという事実ご存知でしょう?

それでチョン・ヒョンス作家の以前作品を一度調べるかもしれないと思います。

チョン・ヒョンス作家とすれば<茶母(タモ)>きて<朱蒙(ジュモン)>が最も代表的な作品ということができるんですが。
<茶母(タモ)>のような場合には2003年作にもかかわらず多くの愛を受けています。
何と'多毛廃人'という(のは)新造語まで登場するほどでしたよ。
今でも<茶母(タモ)>関連ブロガーらだけ検索しても500余件以上が検索されるなど

放映当時それだけでなくその後にも多くの愛を受けたことが分かります。

<茶母(タモ)>が大きな愛を受けたのはどうしても名場面と名セリフが多いためではないかと思いますが。
どんな場面らがあったのかもう少し詳しく調べてみましょうか??

恐らくBest of Bestはまさに"痛いのか? 私も痛い。"がでないかと思いますね。

劇中チェ・オク(ハ・ジウォン)の傷を治療しながらファンボ・ユン(イ・ソジン)がハン大使ですが。
本当にこの大使で多くの女性たちはときめいたし多くのパロディも出てきたでしょう?
今考え直しても心がトグン~! //^▽^//するようですね~

クシ中前投身も相当な名場面だと考えないですか?

単純なクシ中前投身だったらそのままそうすると思ったがここでも珠玉のような大使が出てきます。

ファンボ・ユン曰"私は君に何なのか?"チェ・オク曰"私が迎える従事観旦那様でいらっしゃいます。"ファンボ・ユン曰"それのみか? クゴップニドニャ! 私が以前から君に従事観繋いだの?"

チェ・オクを心配するファンボ・ユヌィきつい教えをのぞくことができた場面でした~!

チェ・オクイ、ファンボ・ユンを守るためにはチャン・ソンベク(イ・ソンジュン)を切らなければならないがそう出来なくて

ひどくケガしてチェ・オクは生死を行き来する状況にまで行くことになるんですが。
その時のチェ・オクの大使や彼女を看護する間のファンボ・ユヌィ大使は本当に胸を痛くさせましたよ。

チェ・オク曰"旦那様は私の親父であり母であり来なさい空きました。
私が旦那様とともにした歳月がまもなく私が記憶する歳月の全部です。
そのような旦那様を失うならば私がどうして生きていくことができますか?
しかし旦那様の命がかかったことなのにとてもその者を切ることが出来ない私の心が何かわかりません。
それが死ぬ事より苦しいことです。 二年このように死にます。"

ファンボ・ユン曰"チェ・オク.. ならない。 死ぬな..! 命令だ..!
このように送ることはできない。 私はまだ胸に抱いた話を一言も取り出すことができなかった。
チェ・オク、私がいて一瞬ではあるが息をするというのを感じるといわなかったか?
その話を聞いて私の胸がどれくらい手にあまるように走ったのか分かるか? 私もそうした。
私もお前がいて一瞬ではあるが息をしているとのことを感じることができた。
この話をできないまま15年が流れたんだな。 チェ・オク。 行くな.."

非情なチャン・ソンベクがチェ・オクに対する心が少なくともあらわれる瞬間やはり名場面でなかったようなのですが。
無関心なように吐き出す台詞に女性の方らは胸をときめかれたこと同じだ~!

チェ・オク曰"なぜ日助けたか?"チャン・ソンベク曰"君のようならばどうしたか? センガッカトゥンゴンなかった。 私のからだが先にそうしただけであるから。""お前をすでに切ってしまったとすればこのようなことが起こらなかったんだろう。 しかし何のために常に迷ったのか私はまだ知らないことだ。"

本当に何といっても最も名場面は最後の場面でないかと思いますが。
ファンボ・ユンとチャン・ソンベクの対決にファンボ・ユンが命を失って以後にチェ・オクによってチャン・ソンベクが命を失って

チェ・オク訳詩チャン・ソンベクと共に命を失いながら終わる最後の場面は目を離すことができなくさせましたよ!!

ファンボ・ユン曰"泣くな。 君は私の命だった。 君とともに息をして生きたかったが..
君を心に抱いた後で私は一度も深い眠りを成し遂げられなかった。 今や深い眠りを成し遂げることができるよ。"

最後の場面はあきれた大使が出てくるが大使がなくても十分に最高の場面でした。
本当にあるカットあるカットがみな名品でした~!!

<茶母(タモ)>以後にチョン・ヒョンス作家はまた、一度大きいもめ事を起こすんですが。
すぐに<朱蒙(ジュモン)>です。
彼の<朱蒙(ジュモン)>やはり多くの視聴者たちの愛を大きく受けました。
それなら<朱蒙(ジュモン)>にはどんな名セリフがあったか調べてみましょうか??

<朱蒙(ジュモン)>には各キャラクター別に名セリフを持っていましたが。
本当に名セリフ パレードだったとの気がしますね。

ヘモス

"この世で最も強い武器は鋼鉄黒く違って死ぬことを覚悟して戦う意志だ。""逃げる所はない。 避けられないならば合うべきではないか""上手は全身で黒い感じて使う。 黒い捕まえる瞬間黒い冷たい武器でなく血とギガ流れる手足にならなければならない。"

宥和

"人の運命という(のは)真に分からないことらしいです。
死ぬその日まで陛下のそばを守ることができなくて離れる神(靴)妾を許して下さい。
私の身体は陛下のそばにあっても私の魂はヘモス様と朱蒙(ジュモン)がそばに留まるでしょう。"

クムァワン

"荷物が考える富国強兵は
折れない鋼鉄槍剣で武装するのではなく
折れない自負心で敵と相対して戦うことだ。"

ソソノー

"王子様に私運命を賭すると誓ったが信頼が不足して待つことができませんでした。 許して下さい。
王子様との記憶を忘れることがやさしくはないだろうが全部忘れるために努めるでしょう。
これ以上未練置かずに私の行く道訪ねて行って下さい。 ぜひ降霊して下さい。"

朱蒙(ジュモン)

"前空の下最も強大で潤沢な国を建てて民が主人になる国を建てようと思いました。
戦争をしないでかろうじてゾル本意統合をなして出したがこのまま崩れなければならないという話ですか? それが空の意ですか?""国民らの声は耳で聞くのではありませんよ。 胸で聞くのです。
私の胸には! 国民らの泣き叫ぶということが胸にくっきり聞こえています。"

<朱蒙(ジュモン)>では胸をほじくる大使も多かったがチョン・ヒョンス作家はユーモアも漏らさなかったですが。
すぐにヨンポ王子キャラクターです。
一時ヨンポ王子に対するパロディがたくさん出た程に大人気を呼びましたよ~

駆動会作家の代表作では<力道山>があります。

今のところは活発な作品活動を見ることにはならなかったが彼の前作<力道山>を見れば
彼のストーリーラインがだいぶ硬いということが分かります。

力道山は次のような話をしたというんですが。
"私は日本人も朝鮮人でもない。 私は力道山で世界の人だ。"

彼のこのような思考を映画<力道山>はよく表現やり遂げています。
そのために前に駆動会作家の活動が期待されます。

<夜叉>は大衆を熱狂させて廃人を産むようにさせる知恵があるチョン・ヒョンス作家の初めての19金プロジェクトながら
実存人物の人生を硬く描き出す知恵がある駆動会作家の共同執筆で成り立つスペクタクル アクション史劇ですが。


二人の作家が互いにシナジーを出しながら誕生した作品だと考える~!!
また派手なCG効果と何と30億製作費で製作された作品であるだけに国内アクションドラマの大きい一線を引くようです。

<夜叉>は12/10(金)夜12時にOCNで初回放送されるからです。
たくさん期待して下さい~!!

記事元 http://blog.naver.com/ocnblog/120118933364

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

自動翻訳機で「駆動会」と訳される作家のお名前は

ク・ドンフェと読むのでしょうか?

ハングル表記は구동회

「力道山」のサイトをチェックしたら
監督・脚本:ソン・ヘソン
脚色:オ・スンウク/ク・ドンフェ/ソン・ヘソン

と書いてありますが・・・

どなたか教えてくださいませ

そうです

구동회はクドンフェと読みます。

早速ありがとうございました

春頭さま、助かりました!

思い出した!

ファンボさまとチェオク、チェオクの涙は切なかったです。
行動出来る女性なので、待つのではない、共に生きる、生きられる、それが良かったです・・・
ファンボさまの白装束姿、とても、とても良かったです

ソンベクさまは

昔のばかりですみません、見ていないので

何かとても大きな事が心を支配していて、個人的感情の入る隙がないようでした
きっとそう演じられたのでしょうね・・・・

また勝手な思い込み

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5302-93fed83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード