FC2ブログ

2019-08

「夜叉」 男たちの心苦しい対決を描いて話題

<夜叉>ランチング特集-男たちの対決を扱った韓国映画ビッグ6
ドラマ紹介/夜叉2010/11/29 14:35

58A13.jpg
OCNで本格スペクタクル アクション史劇<夜叉>をランチングするといいます。空中波ドラマの限界を跳び越える素材と風変わりな試み、多くの期待されるんですが、特に<夜叉>は男たちの心苦しい対決を描いていて話題を産んでいます。

事実こうした話、とても男性中心的な話だが[?]興行成績や素材の話題も体面を保った時男たちの対決を描いた作品らが色々な面で大きい成功を収めましたよ。 ひとまずこれらの対決は素晴らしくて、互いにすべてを賭けて対決するという点、それで対決が行く時までが見どころやストーリー吸入力も相当するから男性バーディー映画や男性対決映画らが大きく注目をあびる理由のようです。


<夜叉>やはり兄弟が当時時代的状況と野望のためにやむを得ずお互いに刃物をねらわなければならない遺憾とここで止まることはできないほど駆け上がる複数と破局などがあたかもハリウッド映画<クルラディエイト>ミドゥ<スタルタクス>を連想させます。

▲とても予告篇から血のにおいが.....それでシルリャゴヨ?

ポカポカします。描いて![慇懃こんなもの好む邪悪R君--]

だが、また、復讐すれば韓国映画[?]も取り除くことはできないんですが、これに男たちの対決を描いた<夜叉>ランチング記念韓国映画の中男たちの対決ビッグ6を紹介してみます![ところでいつ韓国映画にこのようにたくさん戦ったって?]

対決1.男たちの剣術対決!-<クルムル ポソナル月のように>
男たちの対決1
他の見方をすれば<夜叉>ラン最も似た性格の映画でないかと思いますね。 朝鮮時代を背景に、一時は同僚だったが以上と目的が違って今はお互いに刃物をねらう元帥(敵)になった設定がですね。

<クルムル ポソナン月のように>は1592年壬辰倭乱直前の朝鮮. 荒政学(ファン・ジョンミンの方),とうつらな状態学(チャ・スンウォンの方)の宿命の対決を扱っています。 二つとも壬辰倭乱の時民衆を救うための"同行"を作ったがうつらな状態学は卓上空論に私益取りまとめることにだけ忙しい調整に大きい失望を感じて国自体をひっくり返すことにしました。 だが、荒政学はうつらな状態学の意に参加しないで、また、うつらな状態学は自身の野望のためにとても多くの誤りを犯して彼を懲らしめるために刀を持つことになります。 一時はのような目的のために刀を持ったが今はお互いに刃物をねらうことになった二人....

<クルムル ポソナン月のように>でファン・ジョンミンとチャ・スンウォンのカリスマはすごかったです。映画上で事実二は何度会わないのにその少しの間の出会いの間スクリーンを支配するほど存在感を確かに見せます。 本当に殺気が感じられるといいましょうか。 だが、二つともそれなりの事情と当時時代状況に理解しなければならない目的だと誰が悪役で鮮烈かを区分するのが非常に大変だったんですよ、そのような残念な状況のために二つの後半部対決は冗長だというよりは悲しかったんですよ。 オオ最高の友人になったがお互いの命を奪い取らなければならない。 男たちの対決という(のは)終れば等で泣きますT.T

対決2.男たちのげんこつ対決!-<1724キバン暖冬(無法な振舞い)事件>
男たちの対決2
そして見れば男たちの対決には常に"女"があります。 とにかくどうにもなりません。ふふ[ナドムォ--(とても)]朝鮮最高のごろつき有望株[?]であり失業者雷は傾国の色[?]なま煮えだろう(キム・オクビン)を見て一目ぼれします。だが、その二つの愛は許諾されませんよ、すぐに朝鮮最高の組織暴力団ボス[?]であり朝鮮最高の名前コンプレックス[?]マンドク(キム・ソックン)の女だったためです。 しかし物心つかなくて世の中ムソウヌル分からない雷はそれに(彼に)屈しないでどうかしてマンドクとひと勝負つくことができる名物でむくが成長、なま煮えであることでを囲んだ最後のげんこつバトルを申請します! 果たして雷は朝鮮最高のげんこつ最高(?)煮込んで同時に片思いなま煮えであることでの心を持つことができましょうか?

ヨ・キュン同監督の独特のユーモアコードとかなりきらびやかで物理法則を簡単に[?]ひっくり返す決闘状面で話題になった作品です。 ただし見せようとする欲とそれを受け入れようと思う観客の乖離が大きくて大きい反応を得られなくて惜しいが簡単にOCNでする時ごとに取りまとめてみます。 ところでまたそのように見ればこれこれかなりおもしろいという話でしょう?ふふふ

対決3.男たちの道術(?)対決-戦友分
男たちの対決3
男たちの対決はみなげんこつ、武器しかないかと? もうファンタジーまで行く! ここに戦友分導師様は"オむなしい天旱ものなど(?)、子をはらんで戦えば使うか、私は武術でない道術で戦う、なぜかと? 出た導師戦友分だから!"

そうです! 2009年末最高話題作、<乗って塩辛くて>の、チェ・ドンフン監督の次期作であり、カン・ドンウォン、イム・スジョン、キム・ユンソク、ユ・ヘジンなど強大ラインナップで全国600万の観客を動員した韓国型ブロックバスター<戦友分>を省けません。 師匠の複数を返すために悪童戦友分が真の導師に新たに出る過程を描いたこの作品は最後自尊心をかけたカン・ドンウォンとキム・ユンソクの道術対決がハイライトでしたよ。 チェ・ドンフン監督の前作よりスピードが遅い[?]という物足りなさがあるがかえって遅さの美学で[?]繰り広げられる二人の導師の道術対決はある便宜ミュージカルを見る気持ちでした。

そういえば朝鮮時代に[?]なぜそんなに男たちは[?]お互いにワオンなったんですか。 冷たい朝鮮時代の男、しかし対決には熱い。

対決4.男たちの仲間割れ[?]対決-パートナー割って
男たちの対決4
それならばもう朝鮮時代男たちのテギョルルル移って[?]現代に走ってみます。 韓国映画の中男たちとの対決すればぴったり思い出すところでこの作品! 最近<不当取り引き>で観客とまともに政党取り引き[?]成立しながら作品性と興行全部高速疾走してつなぐリュ・スンワン監督の演出作であり、現在までに増えた彼の最後[?]主演作<パートナー割って>です。

別名忠清道(チュンチョンド)時<友人>バージョンというんですが。 のろのろである地域なまりとそよそよと見えてもひとまず一勝負入れば超高速からだパンアクションを見せた作品でした。 幼い時竹馬の友であった王材の死に駆け付けた太守(チョン・ドゥホン)は友人の死に何かが関連したとのことを分かりました。 これに彼に従う友人弟(妹)(ソクファン)と色々な調査をしていた途中現在の穏城(オンソン)で一番行く組織暴力団であり友人のピロ(イ・ボムス)が介入しているということを知って静かな穏城(オンソン)をひっくり返すひと勝負対決を広げるんですが。

チョン・ドゥホンとリュ・スンワンが保身を図らない100%リオレクションがこの映画の核心でしょう。 <不当取り引き>がよく作った作品にもかかわらずリュ・スンワン監督映画くじくこの出ないということは<パートナー割って>行くと見せてくれたファンタスティックなからだパンアクションの強い余韻のためだろう。 特に最後の妖精[?]をたたき壊す20分シークエンスはとてもそのまま私が映画案で一台合ったようにしびれました。 また、特別出演だが主演に劣らないカリスマを見せたイ・ボムスの大丈夫有識悪役延期(煙、演技)は彼のフィルモグラフィーに新しい転換点になったりもしましたよ。

対決5.男たちの行く時までは行った対決(?)-<悪魔を見た>
男たちの対決5
前の君の作品の対決と<悪魔を見た>は対決がちょっと劇が違います。 複数という側面で<パートナー割って>ラン似ていたりしたがその方法は途方もない差を持ちます。 だが大きく見た時二人の男の対決という側面. 悪を悪として懲らしめるイ・ビョンホンとその報復の前で狂ったように笑っている絶対悪魔チェ・ミンシクの対決はどんな韓国映画の中対決にも遅れをとらないので紹介してみます。

愛するフィアンセを連続殺人犯に失ったスヒョン(イ・ビョンホン)はその犯人がチェ・ミンシクなのを知ることになって捜し出します。 国家情報院警護員らしく犯人チェ・ミンシクを制圧するのはそんなに難しいことではなかったんですよ。 ただしここで彼の息の根を止めるには自身が当てられた苦痛に比べてあまりにも小さく見えて新しい復讐することになります。 それはチャン・ギョンチョルに位置追跡期を付けて彼が悪行をする時ごとに先に訪ねて行って死なない程だけ生かすんです。 だが、そんなことらが反復されながら当てられるばかりだったチャン・ギョンチョルはそれを逆利用スヒョンに洗うことはできない復讐することになるんですが....

殺人と複数を男たちの対決で限定するには多少危険だがどうしようが二人はお互いを憎しみと前の作品らよりはるかに悪意で一杯である対決をするという点で果敢に選択してみました。 今年みた映画中最もぬかるんでいた対決. しかし他の作品らに比べて対決が終わっても勝者が絶対愉快になれない地獄それ自体. <悪魔を見た>でした。

対決6.男たちの超能力対決-<超能力者>
男たちの対決6
前の君の作品の対決と<悪魔を見た>は対決がちょっと劇が違います。 複数という側面で<パートナー割って>ラン似ていたりしたがその方法は途方もない差を持ちます。 だが大きく見た時二人の男の対決という側面. 悪を悪として懲らしめるイ・ビョンホンとその報復の前で狂ったように笑っている絶対悪魔チェ・ミンシクの対決はどんな韓国映画の中対決にも遅れをとらないので紹介してみます。

愛するフィアンセを連続殺人犯に失ったスヒョン(イ・ビョンホン)はその犯人がチェ・ミンシクなのを知ることになって捜し出します。 国家情報院警護員らしく犯人チェ・ミンシクを制圧するのはそんなに難しいことではなかったんですよ。 ただしここで彼の息の根を止めるには自身が当てられた苦痛に比べてあまりにも小さく見えて新しい復讐することになります。 それはチャン・ギョンチョルに位置追跡期を付けて彼が悪行をする時ごとに先に訪ねて行って死なない程だけ生かすんです。 だが、そんなことらが反復されながら当てられるばかりだったチャン・ギョンチョルはそれを逆利用スヒョンに洗うことはできない復讐することになるんですが....

殺人と複数を男たちの対決で限定するには多少危険だがどうしようが二人はお互いを憎しみと前の作品らよりはるかに悪意で一杯である対決をするという点で果敢に選択してみました。 今年みた映画中最もぬかるんでいた対決. しかし他の作品らに比べて対決が終わっても勝者が絶対愉快になれない地獄それ自体. <悪魔を見た>でした。

対決6.男たちの超能力対決-<超能力者>
男たちの対決6
男たちの行く時まで行った対決まで見たがまた残ったんですか? そういえば近ごろ封切りした<超能力者>を取り除くことはできないですね。 導師戦友分カン・ドンウォン、今は道術でない超能力を使う! それこそ男たちの超能力対決!

人を操縦できる名前分からない招引カン・ドンウォン、こういう能力を持っていることにも大きい野望なしに[?]自身が必要な時お金抜いたし[招引の能力に比べる時この程度ならば社会としてはテンキュ--;]解いた仕事いくつかの精到でわずかに生きていっています。 今日もいつもそうだったように自身の現金口座に[?]お金探しに行ったが運命の男[?]を会います。 すぐに地球上自身の能力が通じない60億分の1、イム・キュナム(上手)をですね。 慌てた招引は失敗を犯してこの失敗によって招引とイムギュ南二(ナミ)あらゆることを件対決が始まります。

カン・ドンウォンと上手、女心をひきつける能力者らの[?]対決を描いた<超能力者>は超能力というものが果たして神の祝福かという疑問から始まります。 招引がそのように良い能力を持っていることにも社会のアウトサイダーになったことから開始、イム・キュナムは都心の無関心の間何のために招引とずっと戦わなければならないのか多くの問いを投げます。

他の対決に比べて<超能力者>が持つ意味は独特です。 あたかも<ダークナイト>のジョーカーの大使のようにお互いの存在を完成させていきます。 映画序盤にはイムギュ南二(ナミ)なぜそのように招引をつかめなくて煮詰めないかと思うが叙事が進行されるほど二つの出会いが偶然でなく必然というものを悟ることになります。 どんな事件の下二人共存する訳には行かないが、お互いがお互いを知らなかったとするならその二つもまた、世の中に使い道ない存在で消えたかも分りません。 結局この映画は招引はどのように超能力を持ったのかでない、イム・キュナムはなぜ招引の超能力が通じるがアナスルカで見れば風変わりな面白みを感じることができるでしょう。

何、二つの対決結果がどうなろうが多くの女性の方らは映画ずっとツルゴウォゲッチマンT.T

そして男たちのまた他の対決<夜叉>....
2009-11-17_133B353B52.jpg
12月韓国ケーブル ドラマの新しい映像革命を夢見て登場する朝鮮時代版'スパータクルーズ','クルラディエイト'<夜叉>です。

派閥勢力政治のうず巻きの中王はカカシになっているが情勢を見回して静かに力を育てていた王は自身を守ってくれる秘密護衛無事対'黒雲剣'を作りました。 その'黒雲剣'の首長は王の友人であり優れた剣術を持ったペクロク. ただ王と彼が愛する女性整然そして一つだけの弟ペッキョルのためにだけ黒い抜いて聞いた白鹿は派閥勢力政治の核心人物のカン・チスンの陰謀に巻きこまれてすべてのものを失って対馬に閉じ込められるコムトゥ奴隷になります。 ひたすらカン・チスンに対する復讐で刀を磨いで結局また朝鮮に到着するが彼を待つのはカン・チスンの護衛武士になった弟ペッキョル. 彼らの残酷な運命と対決は....

いくら敵としても自身の家族ならばたやすくどのようにすることができないことが私たちの情緒. だが、そんなに近いのでなぜ私を裏切ったかと尋ねれば答案出てくるのもこちら関係でしょう。 <夜叉>は朝鮮の波風の前にどうすることがなしにお互いに向かって刀を持つほかはない兄弟の話を入れました。 そこに予告篇から冗談じゃないスルレシュィの快感を見せて男たちの血なまぐさいにおいがする濃い対決を見せそうなのですが。 果たしてどんな姿に出てくるのか12月<夜叉>の初めての放映が期待されます。

[出処] [本文スクラップ] <夜叉>ランチング特集-男たちの対決を扱った韓国映画ビッグ6|作成者OCN

記事元 http://blog.naver.com/ocnblog/120119267261

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5335-92901920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード