FC2ブログ

2019-08

OCN「夜叉」について

OCN <夜叉>|スパルタクスとチュー櫓歌戦えば10
アジア原文記事転送2010-12-06 18:26
ta_1291627561_2046715470_0.jpg
一人の男がただ殺意にいっぱいである目つきで数多くの武士を切り始める。 彼ら皆の息を引き取って行った社内は最後に息をひきとる人に話す。 “王名だ。” 6日龍山(ヨンサン)CGVで製作発表会とともに公開されたOCN自体製作ドラマ<夜叉>はこのように王の秘密散水組織黒雲剣の行首ペクロク(チョ・ドンヒョク)の活劇で始まる。 この短いが印象的な活劇はドラマの性格とプロットを含蓄的に見せる。 ドラマの中朝鮮は権力が左議政カン・チスン(ソン・ビョンホ)に集中して王権が微弱な状態だ。 して、王には自分の代わりに手に血を染めるこれらが必要で、その役割をすることが黒雲剣だ。 自分たちの殺戮を王名という大義で正当化する黒雲剣と行首ペクロクはそれで暴悪なおばけであり不法の守護神の夜叉に似た。 血なまぐさいにおいがする戦いの後に虚しい表情を浮かべて血埋めた手を洗うペクロクが自身の道に確信を持つことができない王の守護者ならば、彼の弟でありアシカ順の婿のペッキョル(ソ・ドヨン)は自分の野心に対する確信を持った神権の守護者だ。 兄の正体を分からないバック結果自身が従う王のためにカン・チスンを打たなければならないペクロクの話は果たしてどんな破局に向かって走って行くだろうか。
--------------------------------------------------------------------------------
金曜日夜ビールとともに互いに違う立場に立った社内らのひどく気味悪くある戦いを見たいなら血のほかまた他の19金の要素を期待しているならば
ta_1291627562_2047587434_1.jpg
すでに何ヶ月前から韓国の<スパルタクス>という広報文句とともにティーザー映像が公開されるほど<夜叉>はブルースクリーンとCGを利用した血さく烈するアクションに相当な傍点がつけられている。 実際に刃物で肉体を切る時ごとに非現実的なトンの血が散らかされる動作がしばらく停止する演出は<スパルタクス>のそれと全く同じだ。 だが、剣闘士のそれとは違った、東洋武術特有のハプを見せるという面で<夜叉>のアクションは映画<300>をはじめとするその他西洋アクション映画とは差別化される。 特にKBS <チュノ>で人物それぞれの叙事をアクションスター日で表現やり遂げたペク・ギョンチャン武術監督は<夜叉>でも人物によりディテールなアクション方式の差を置くようだ。 普段には著者の白丁で過ごすペクロクはそのイメージに合うように鈍刀を荒々しく振り回す<スパルタクス>の剣闘士と似たアクションを、黒雲剣のまた他の散水は素早くて軽快な<チュノ>の大吉とも同じアクロバティックな姿を見せる。 これとは違い無関係なペッキョルははるかに節制された剣術で彼が属した制度圏を象徴的に表わす。

だが<夜叉>が単純な19金残酷劇に終わらないためには演出を引き受けたキム・ホンソン監督の話のように“残酷な部分が正当性を認められるためにその理由がストーリー中ではっきりと明らかにならなければならない。”ペクロクには今の王が静寂に追われた時期王族とは知らずに兄弟のように過ごした理由が、ペッキョルには山奥を抜け出して出世をしたいという強い野望がある。 この少しは単純な葛藤構造が深くなるのは、ペクロクが王に対する忠誠よりは過去の義理で動きは弱い心情の社内で、相変らず自身の弟を愛するためだ。 その心の葛藤はもしかしたら首と腕が切られていくアクションシーンよりさらに激しいのかも分からない。 “期待される私の心のアクションシーンはかえって対話する場面だ。 彼らがどれくらい激しく対話ごとに戦うのか見ることができること”というク・ドンフェ作家の話はそれで<夜叉>に対する期待感をより一層増幅させる。 印象的なビジュアルで冒頭を飾ったこのドラマは果たしてそれ以上のことを視聴者の胸に残してくれることができるだろうか。 確認は来る10日金曜日夜12時からすることができる。 ア、あるいは<スパルタクス>の派手でけばけばしい場面に対する期待感やはり抱いているこれらのためにキム・ホンソン監督の話を付け加える。 “扇情的な面ではたくさん失望することだ。”

文. ウィ・クンウeight@編集. イ・ジヘseven@

記事元 http://news.nate.com/view/20101206n22659

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5372-cbfd4a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード