FC2ブログ

2019-08

チョン・ヘビンさん インタビュー記事です

チョン・ヘビン"びっくりするほど弁韓姿見せてあげたい"(インタビュー①)
TVリポート原文記事転送2010-12-17 17:53最終修正2010-12-17 18:01
20101216_1292504534_95210600_1.jpg
[TVリポート イ・ジェフン記者]テーブルの上にはスマートフォンとタブルリッPCが並んで置かれていた。 アーリー・アダプターといううわさが事実であるようだった。 だが、俳優チョン・ヘビンは“アーリー・アダプターまでは違います。 いつでもファンたちと会うことができる疎通窓口に関心が多いだけでしょう”と話す。 ツイッターを通じてファンたちといつも会っているチョン・ヘビンはファンたちとの疎通他にも多くの悩みを抱いていた。

悩みの中心には真の俳優に新たに出たい熱望が位置していた。 永らく‘イ・サドン’という芸能キャラクターで愛を受けた彼女がしばらくTV出演を自制したのもこの悩みから始まった。 俳優での成熟を試みているチョン・ヘビンをノンヒョンドンのあるカフェで会った。

ツイッターを通じてファンたちとしばしば疎通していて、最近では画像電話を通じてファンミーティングを持つこともした。 ‘夜叉’出演に対してファンたちは主にどんな反応を見せているか。

ファンという名前自体が応援になる。 特にかなり以前から私を見守ってきたファンたちは私が選択したことに対しては惜しみなく応援するほうだ。 ‘夜叉’試写会の時ファンたちを招くと見せてくれたがとても好んで下さった。

‘夜叉’が青少年観覧不可等級という点で出演が迷われてはいないか。 初回からモギョックシンもあったが。

事実周辺に‘夜叉’が‘朝鮮版スパルタクス’と紹介するとすぐに“とても派手でけばけばしくないか”という話をよくした。 だが、作品がとても良くて出演を決心した。 ところで暴力や露出程度が期待よりは低くしていないのではないか?(笑い)

正劇演技に挑戦した後実質的に初めての主演作といえる。 主演に対する負担感なかったか。

そのような負担は全くなかった。 男性キャラクターが中心になるドラマだ見るから荷物は他の男俳優らになっている。 私は生で食べた。(笑い)男俳優らは本当に大変に撮影した。

‘王と私’という作品もあったし、史劇が初めてではない。 ‘王と私’時もそうしたが今回も身分が高くない。 女優でカリスマある王妃の役割欲しいのではないか。

してみたいが今ではない。 年齢がもっとかかってカリスマが自然に吹き出てこなければならないようだ。 チョン・インファ先輩程度年齢になればしてみたい。

特別に好む俳優がいるか。

マリオはコティルラル. ‘ラビアン ローズ’と‘インセプション’に出てきた俳優だ。 それほど伝達力が強い俳優になりたい。 マリオはコティルラルはまた、自分だけのイメージをよく構築した俳優であるようだ。 私もそれほどなれば良いだろう。

俳優に対する欲がますます大きくなる時期でないかと思う。

俳優に対する欲は本来多かった。 どんな役割でもよく消化できる俳優になりたい。 大学でも演劇映画科を専攻したし、機会になれば大学院にも進学して演技の勉強も継続したい。 事実芸能界デビュー初めには幼い時と明確な夢がなかったようだ。

それならコルグループでデビューした後芸能で人気を得たのが悔やまれる時があるか。

率直に後悔したこともある。 だが、そのために名前を知らせることになったし、他の人々より順調に演技をすることになったのも事実だ。 今は全く後悔しない。


最近では芸能番組を含んでTVにほとんど出演しなかった。

俳優に対する真正性をさらに育てたいからだ。 ある瞬間びっくりするほど変わった俳優としての私の姿を見せてあげたい。 中間中間変わっている姿を見つけられたくない。 そして今芸能に出演するといってもよくやり遂げられるかも疑問だ。

過ぎたことだが非常に難しい時期もあった。 TVに出演して失語症に自害までした程に骨を折ったといった。 これを克服した力は何だったか。

その時は本当に底を打った。 さらに降りて行くことができない程。 その後で悟った。 これ以上降りて行く所がないから上がること外に残っていないんだな。 本来肯定的である方が極めて重要だ。 また、当時には宗教的信頼が強いリョウォンが力になってくれた。

必ず体験しなければならない経験ではないが体験してからは俳優として重要な滋養分になったことも同じだ。

合う。 その時が私には大切な時間になった。 お金を払っても買えない経験であったから。 芸能人は真の傷をたくさん受ける職業であるようだ。 だが、俳優としてそのような傷も大切な基礎になるようだ。

イ・ジェフン記者kino@tvreport.co.kr /写真=イ・セロム記者

記事元 http://news.nate.com/view/20101217n19374
------------------------------------------------------
チョン・ヘビン"片思いしたい相手? キム・ユンソク!"(インタビュー②)
TVリポート原文記事転送2010-12-17 17:54最終修正2010-12-17 18:01
20101216_1292504708_70405600_1.jpg
[TVリポート イ・ジェフン記者] ‘夜叉’は確かに男たちのドラマだ。 権力を掌握できない王と、その王を守る秘密組織の要員、王の権威を威嚇する左議政、そして権力欲のために左議政を妻の父で選んだ男. ‘夜叉’はこの4名の男たちが行う暗闘を中心に展開する。

これら4名の中心に1人の女性がいる。 傷を抱いたまま左議政の妾に入るチョンヨン、すぐにチョン・ヘビンが‘夜叉’で引き受けた役割だ。 純粋だった時期とパムムパタルチョギン魅力を同時にリリースしなければならない容易ではない役割だ。 チョン・ヘビンはそれでかえってこの役割が魅力的だと話す。

ツイッター通じて直接‘夜叉’広報もしたのに、愛情が格別なようだ。

脚本を書かれた駆動会作家様とメールをやりとりして整然というキャラクターを作った。 作家様も自身の初めてのドラマに初めての女主人公なので特別な愛情を注いだ。 私にはとても大切な経験だ。 作家様が‘夜叉’使いながら本当に苦労たくさんした。 一部使う時ごとに3kgずつ陥って、後日には歯まで陥った程に神経多く使った。

チョンヨンというキャラクターでどんな魅力を感じて出演を決心したか。

山奥少女の純粋な姿と疲れてケガして痛くて傷ついた5年後整然の姿が対照的なのが魅力的に近づいた。 5年の時間を置いて変わって行く姿を表現してみたかった。

男俳優らの露出が多い。 筋肉質スタイルを近く立ってみながら演技するとどうだったか。

慣れるからそのまま肉同じに見えた。(笑い)事実スタイル管理する男俳優らのために表情見えた。 食事時間に男俳優らは鳥のささみだけむしゃむしゃ食べていると表情ボーイだよ。

獣南二(ナミ)最近人気があったが、こういうスタイルの男好むか?

筋肉はないものよりあるのが良いがひどすぎればちょっとそうだ。 チョ・ドンヒョクが劇中斬首される直前の場面があった。 露出がある場面だと突然どこかに(から)運動して降りてくるのに本当に獣同じだった。(笑い)

相手俳優らとの呼吸はどうだったか。 チョ・ドンヒョクとは同じ所属会社なのでさらに気楽だったことも同じなんだけど。

チョ・ドンヒョクよりソ・ドヨンとの撮影がさらに多かった。 現場でしばしばあうことになるから自然に親しくなった。 後ほどにはマネジャーら間でも親しく過ごしたよ。 チョ・ドンヒョクとは中盤部以後からはほとんど見られなかった。

100%事前製作だ。 正規放送時間に見ていればどうしても感慨が格別だと思うんだって。

ひとまず事前製作だと気楽で良い。 放送で見れば視聴者立場だけで見られないのは事実だ。 どうしても短所がたくさん見える。 何より私が出演した場面だけ見るのでなく全体ドラマを見ることになるから大韓民国の映像技術が優れるということを感じたし、スタッフら本当に苦労しただろうすることも感じられた。

劇中整然がどんな意図で接近しようがソン・ビョンホとカップル演技をしたが、どうだったか?

良いカップルだった。(笑い)ソン・ビョンホ先輩は本当におもしろい。 チーム内の雰囲気を後輩らが作らなければならないことにも直接されるのを好む。 演技に対してもたくさん習った。 いつもいたずらがあふれられるが、演技する時は完全急変する姿にたくさん驚いた。

‘夜叉’以後‘ポセイドン’にもキャスティングされた。 どんな役割なのか。

応急救助隊員の役割だ。 溌刺としてとんでもないキャラクターが気に入った。

アクション演技もよく消化できると思うが、‘夜叉’もクロッも‘ポセイドン’もそうで直接アクション場面を消化してはいない。

事実熱いアクション演技してみたい。 パワフルな姿が少し弱いことはすると思うが舞踊をして柔軟なことは長所だ。

クリスマスと年末が近づいている。 ツイッターに年末計画があるが、話さないといった。 公開することができるか。

愛したいが、時間もなくて、人もない。 それで誰1人対象を探して片思いをすることがその計画だ。(笑い)学生時代に2年半程度片思いした経験があるが、かえって片思いがさらにときめく。

芸能人中に片思いしたい対象を探すならば?

キム・ユンソク先輩. 強烈な目つきに引かれるようだ。 映画‘追撃者’を見ながらキム・ユンソク先輩が台詞を言えば私に話すようで答えることもした。(笑い)

最後にファンたちに一言.

‘夜叉’がクリスマスと新訂連休に放送されて少し不安だ。 恋人いないと土地を弾かれる方々、‘夜叉’とともに暖かいクリスマスと新年を迎えられたら良いだろう。

イ・ジェフン記者kino@tvreport.co.kr/写真=イ・セロム記者

記事元 http://news.nate.com/view/20101217n19393

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5480-3e8faa51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード