FC2ブログ

2019-12

チョ・ドンヒョクさん インタビュー記事です

'夜叉'チョ・ドンヒョク"史劇は目つき、オ・ジホが助言した"(インタビュー②)
TVリポート原文記事転送2010-12-25 13:57
20101224_1293166758_43959000_1.jpg

20101224_1293166698_19282800_1.jpg
[TVリポート イ・ジェフン記者]チョ・ドンヒョクはモデル出身俳優中一人だ. 今芸能界で全(前)塗った関係を結んでいる俳優らやはりモデルの時から会ってきた人が多い。 特に‘チュノ’に出演したオ・ジホは‘夜叉’をために助言もアまでしなかった。 オ・ジホがチョ・ドンヒョクに強調したことは目つき演技であった。 史劇は目つきというもの。

オ・ジホの助言をチョ・ドンヒョクが完ぺきに吸収したようだ。 ‘夜叉’でチョ・ドンヒョクはスペクタクルあるアクション場面だけでなく微妙な感情処理にも本当にペクロクになったような感じを伝える。 彼はこの作品により獣ボロ イメージが固まるといっても関係ないことだと話す。

‘夜叉’の修飾語の‘朝鮮版スパルタクス’に拒否感を感じる視聴者も事実あるようだ。 劇全体を導かなければならない主演俳優として負担があっていないのではないか。

責任感が本当に大きい。 放送前3日は睡眠も寝られなかった。 映画封切りを控えたこと畝は次元が違った。 前は主演俳優でも相手がさらに経歴が多かったりして心理的により安らかだったが今回の作品では私がほとんど先輩格だ。 祈祷もたくさんした。

現場でも後輩らよく用意するほうなのか。

そういうのをよくできない。 ソ・ドヨンとはもう実の弟のように楽になったがその友人もあまりにも口数が少ないほうだと私が迎えて通った。(笑い)事実現場の雰囲気メーカーはソン・ビョンホ先輩であった。

あまりにも強烈な役割だと見ると劇が終わった後にも‘ジム・スンナム’イメージに固まることができないだろうか。

そのような心配はしない。 かえって役に立つと思う。 今まで週である家子供の役割をたくさんして男性的な役割を必ずしてみたかった。 白鹿は野性的だが同時に人間味が感じられるキャラクターなので気に入る。

実際にも義理を重視するほうであるようだ。

女性的であることはない。(笑い)義理や約束は大変重要だと考える。 ‘夜叉’製作報告会の時オ・ジホやソン・ジョンホをわざわざ呼ばなかったが彼らが訪ねてきてくれた。 嫌うことはできない友人らだ。

オ・ジホは‘チュノ’に出演したことがあって演技的助言もしそうなんだけど。

オ・ジホもそうでチャン・ヒョクもそうで多くの話をしてくれる。 オ・ジホがした話は‘史劇は目つき’というもの。 実際にしてみると目に力を集中しなければならない時が多いようだ。 初めにはよく分からなかったがますますどんな意なのか知ることになった。

100%事前製作だと見ると気楽なようだ。 放送で完成された作品また見ればどうなのか.

惜しい場面が眼に触れる。 ストーリーが若干変更された部分があるのに日程上感情シーンを再撮影できない部分がある。 その部分が特にちょっと惜しい。 事前製作ではなかったとすればかえってまたとろうといったはずなのに。

‘夜叉’が残忍だという意見もあるが、残忍な映画やドラマよく見るほうなのか。

残忍な作品好きではない。 事実恐怖映画もよく見ない。

1話が視覚的に派手だったとすれば2話からは本格的なドラマが展開した。 製作スタッフらは2話の視聴率が離れていないだろうか心配したもので分かるのに視聴率がかえって上がった。

私やはり心配になった。 周囲に尋ねると2話がより良いという人が多かった。 金曜日12時放送であるのに視聴率が離れていないことは本当に幸いだと考える。 ところで3話が放送される24日がクリスマスイブと心配だ。 最大の曲がり角になるようだ。

もう何日あれば一歳さらに食べる。 演技者としての悩みもより大きくなると思うが、ロールモデルとしている俳優がいるか。

もちろん習うから演技が上手だという声を聞きたい。 チャン・ドンゴンを先輩俳優として好むのに彼の演技も演技だが性分も似ていたい。 チャン・ドンゴンはすべての人々がみな好む俳優であるようだ。

年末だ。 恋愛しないか?

別に考えない。 今は仕事がさらに重要だという考えだ。 愛たくさんしてみたがやはり愛はタイミングという気がする。 結婚に対して考える時ぐらい会う友人ができればその友人と結婚しないだろうか。

その時期をいつ頃と考えているか。

およそ四十ぐらい? そうしてみてこそ5年しか残らなかった。

最後に2011年計画を伝えるならば。

‘夜叉’がうまくいくのが優先だ。 たくさん愛して下さって感謝申し上げる。 前に本当におもしろい話多いからずっと愛すれば良いだろう。

イ・ジェフン記者kino@tvreport.co.kr/写真=イ・セロム記者

記事元 http://news.nate.com/view/20101225n03631

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5543-1c256de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード