FC2ブログ

2019-12

ケーブルテレビ 金曜日は地上波との障壁が低い魔法の時間帯

金曜日、ケーブルは常勝疾走、地上波は遅遅不進なぜ?
OSEN |記事転送2010/12/25 10:51
os201012250023776440_0.jpg

os201012250023776440_1.jpg
'スーパースターK2'で'ヨンエ氏','夜叉'まで無視できないケーブル底力

[OSEN=チョン・トクヒョンの四角形の世の中]地上波で金曜日は避けなければならない編成時間帯と認識される。 週5日勤務制で金曜日から週末を楽しむこれらが多くなりながら視聴率は普段の半分で大きく落ちる。 SBSはそのウィーン土地(?)ウル占めようと過去金曜日に二時間連続で唯一ドラマを編成する破格を見せたがそれほど良い成果を得ることができなかった。 結局ドラマ編成は廃止されてもう少しカジュアルな教養プログラムや芸能番組がその場を占めた。 現在まで地上波の金曜日視聴率成績表は似たり寄ったりだ。 連続ドラマやニュースを取り除いて地上波金曜日視聴率は10%台に留まっている。

だが、ケーブルは違う。 エムネットで放映された'スーパースターK2'は金曜日夜の風景を変えた。 視聴者たちはこの手に汗を握るようにさせて時にはかっと感動まであたえるオーディション プログラムを見るために三々五々TVの前に集まった。 ケーブル史上空前絶後な14%台の視聴率を記録したこのプログラムは金曜日の視聴パターンまで揺さぶっておいた。 あえてまあまあに編成された地上波を見るよりは完成度高いケーブルで視線を転じていること。

OCNで金曜日夜12時に放映されている'夜叉'はドラマ版'スーパースターK'に対する期待感を精一杯高めておいたドラマ. 初回で最高視聴率3.5%を記録した。 ケーブル ドラマとしては異例なことだ。 これが可能だったことはケーブルなので可能な刺激的で扇情的な場面らに映像と台本にあっての完成度を加えたためだ。 '夜叉'はミドゥ'スパルタクス'の感覚的な映像を朝鮮時代バージョンで見ることだけ同じ錯覚を起こす。 肉が飛んで行って鮮血が飛び散る場面らさえ極めて刺激的だが、その刺激的な場面らを映像に入れる方式は非常に美的だ。

tvNで金曜日夜10時に編成された'ウォンス オポノタイムイン生草(センチョ)リ'はキム・ビョンウク師団が作ったといううわさが立って初めから話題になった。 初放送で分党最高視聴率2.3%を記録したこのシチュエーションコメディはキム・ビョンウク師団特有のピョンピョンはねるキャラクターが連日リアルタイム検索語に上がっている。 一週間に一つをするということが惜しいほど'はやくはやく'金曜日が来ることを待つようにさせるシチュエーションコメディだ。

シーズン8というすごい記録を持っている'無作法で食べたヨンエ氏'も金曜日夜11時tvNで放映される。 最初のシーズン制ドラマなのに加え、ドキュメンタリードラマという独特の形式も異例的なこのドラマは、確実なマニア層を保有している。 シーズン8の初めての部屋視聴率はやはり2.19%. 過去1%渡すのが難しかったケーブル視聴率を考えてみれば非常に高い視聴率といえる。

地上波が金曜日夜を戦々恐々とする時、ケーブルがその空席を食い込んでいる。 このようになったことは金曜日という独特の時間帯のためでもある。 金曜日は他の曜日と違いもう少し積極的に探してみる視聴者たちによってプログラムの成否が分かれる時間帯だ。 慣性的な市庁(視聴)から抜け出しているからより確実なコンテンツ競争力があるならばかえって機会の時間帯になるわけだ。 これは地上波にも同じ機会として作用する。 'MBCスペシャル'がドキュメンタリーとしては例外的に着実に10%台の視聴率を占めて、'アマゾンの涙'は20%台の視聴率を記録したことにも金曜日という時間帯は明らかに作用をしただろう。

'スーパースターK2'の異例的な成功やはりもしかしたら金曜日という時間帯が重要だったと見られる。 そのように見れば金曜日はケーブルとしては地上波とのどんな障壁が精一杯低くなるそのような魔法の時間帯であるわけだ。 そしてこういうパターンがますます固定化されれば金曜日という小さいスキ間をほじくってケーブルが地上波の牙城を食い込む状況はそんなに非現実的なイルマンではないだろう。
/チョン・トクヒョン大衆文化コラムニストmansuri@osen.co.krブログhttp://thekian.net/

記事元 http://media.paran.com/enter/view.kth?dirnews=4084170&year=2010

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5545-75568df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード