FC2ブログ

2019-12

本日のドヨンニュース(1月1日)

3F4Vymno3HlElHjxCrsoOg.jpg

本日、1月1日付けのソ・ドヨンさんのニュースは
こちらのコメント欄をご覧ください。

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

夜叉4話 兄弟の葛藤で劇的緊張感

'夜叉'チョ・ドンヒョク-ソ・ドヨン兄弟残念な運命、劇的緊張感UP
スポーツトゥデイ 2011/01/01 01:21

ケーブルチャネルOCNスペクタクル アクション史劇'夜叉'(脚本チョン・ヒョンス、駆動会・演出キム・ホンソン・製作公園メディア)で兄弟間の葛藤が劇に駆け上がって劇的緊張感が高まっている。

31日夜12時放送した'夜叉' 4話では左議政アシカ順(ソン・ビョンホの方)に追われて日本、対馬まで流れて行くことになった白鹿(チョ・ドンヒョクの方)の姿を描いた。
この中'黒雲剣'の首長が兄白鹿であることを知ることになった弟(妹)百きめ(ソ・ドヨンの方)は'兄弟愛'を発揮して"心を変えておくから白鹿だけは生かしてくれ"とアシカ順に哀願した。 だが、南海河口でぶつかった兄白鹿は百きめに"私は'黒雲剣'行首だ。 生きれば一緒に住んで死ねば一緒に死ぬ"という話を残して死の道を選んだ。

引き続き数多くの矢が白鹿の腹(船,梨)を襲って整然(チョン・ヘビンの方)はこの過程を二つの目で全部見守って涙を流した。 また、百きめやはり兄の死を目の前で眺めながら惜しんだ。

一方白鹿の前で矢をむかえたト時評(ソ・テファの方)が王になろうって(チャン・テフンの方)の前にまた現れてアシカ順のスパイではないか疑問を買った。 その間王と黒雲剣の間を行き来して伝達者役割をした都市平易アシカ順の方だったら王と白鹿は孤立になって大きい危機に処する可能性が高い。

また、この日は初めて対馬に行った白鹿の姿と奴隷コムトゥ場面が登場して目を引いた。 前に進行されるストーリーで白鹿が奴隷剣闘士で猛活躍する予定なので'夜叉'に対する関心をより一層高まるものと見られる。

記事元http://media.paran.com/enter/view.kth?dirnews=775&year=2011

チョン・ヘビンさん インタビュー記事です

美貌の上に魅力、チョン・ヘビン見れば今更くなったみな
ニューシス 2011/01/01 08:13

パムパタルは女優ならば誰でも夢見てみるほどのキャラクターだ。 一見やさしく見えるこの延期(煙、演技)が事実誰もがすることができるあるのではない。 ‘美貌’よりは‘魅力’という条件が侮れない。 男たちが全てのものを投げても勝ち取りたい程致命的な魅力がなければならない。 この魅力は純粋に俳優の持分(役割)だ。 脚本や演出でかばうには限界がある。

ケーブルチャネルOCNのスペクタクル アクション史劇‘夜叉’にもファームパー(ネギ)事故が生じてくる。 女主人公‘整然’だ。 男主人公白鹿(チョ・ドンヒョク)と百きめ(ソ・ドヨン)兄弟に同時に裏切られて複数のために寄生(芸者)に変身するキャラクターだ。 清純な少女で悩殺的な寄生(芸者)まで1000の顔を見せる整然はタレント チョン・ヘビン(28)が演技する。

“権力やお金のような目的のために男を誘惑して破滅に導くパムパタルはドラマや映画でありふれています。 だが愛した人々から裏切られて、復讐するために寄生(芸者)になる整然のように嫌うことはできないパムパタルは前に会うのが容易でないことです”というものがチョン・ヘビンのパムパタルロンだ

‘夜叉’は朝鮮版スパルタクスと呼ばれる。 暴力性、扇情性の限界線にきわどく乗っている。 チョン・ヘビンは1回には入浴シーンを通じて白い肌を表わしたし、2回には包帯神(靴)で男性視聴者たちを熱狂させた。 特に2回序盤に出てきた1回のハイライト場面では全羅(チョルラ)の後テまで露出して視聴者たちを驚かせた。

チョン・ヘビンはかえって“露出に負担がなかったことではありませんでした。 だが、内容展開上必ず必要だという考えに果敢に演技しましたよ。 監督様が私を配慮するために激しい露出には対訳(帯域、代役、大役)撮影をしましたが放送出てきたことを見ながら‘あの程度なら直接してもかまわないだろう…’したそうです”と笑う。 もうこれ以上の‘整然一切’がありえない返事だ。

チョン・ヘビンの出演決定には信頼と尊敬が大きく作用した。 “本当に尊敬するだけのことはあった方々が一緒にして下さい。 チョン・ヒョンス作家様、駆動会作家様、キム・ホンソン監督様、ソン・ビョンホ先生、ソ・テファ先輩、ドンヒョク兄さん. ソ・ドヨン氏…. こうした方々が作る作品とか一緒にするということは演技者として光栄だと考えましたよ。”チョン・ヘビンは当初歌手でデビューした。 2002年グループ‘LUV’であった。 当時には‘ウィーン’という芸名を使った。 “デビューが何故ワールドカップ シーズンでした。 国民皆の関心がそちらへ注がれていて見たら注目されているのが難しかったんですよ。”そのためだったのだろうか。 チョン・ヘビンは行きますプログラムよりかえって芸能番組を通じて浮かび上がった。 彼女が初めて視聴者たちの注目をひきつけたことは2003年MBC TV ‘赤い糸’というプログラムだった。 優れた踊りの実力をリリースしてMCカン・ホドン(41)から‘イ・サドン’(24時間回る)という愛称まで船会社(善事、プレゼント)受けた。 後事情をよく分からない視聴者たちはチョン・ヘビンの芸名を‘イ・サドン’と分かるほど印象的だった。

2002年MBC TVシチュエーションコメディ‘ノンストップ3’を経て2003年KBS 2TVドラマ‘サンドゥ学校へ行こう’を通じて本格延期(煙、演技)兼業に出る。 だが、容易ではなかった。 “延期(煙、演技)と認められたくても歌手出身という荷札が本当にギルダーですね。 上手にしても、できなくても大衆はいつも色眼鏡をかけて私をボーダーですね。” 2005年SBS ‘オルリユ’以後ある間沈滞期を体験することになる。 芸能では‘スター’だったがドラマや映画では‘新人’に過ぎなかった。 本人も自身のアイデンティティに混乱を経た時期であったから製作スタッフはどのようだったのだろうか。 正統演技者らも彼女の存在をそんなにうれしく思わなかっただろう。 当然キャスティングが容易ではなかった。 アップ打ったのに襲ったように信じた人々に背信まで当てられた。 昨年2月SBS TV ‘強心臓’に出てきて失語症と自害までした程に苦痛だった過去を告白して視聴者たちを鳴った。

“幸せだった時間がチャムカニオットゥッが永遠だと思った苦痛も少しの間でした。 底まで落ちよう‘これ以上失うことがない’という考えに勇敢になったのです”として“私が背信を直接体験してみたためか少女でパムパタルがなる整然の変身を理解できます。 私には痛くて大変な時間だったがそのような経験らがチェ・ヨンギをより一層光るようにするようで今はその記憶らがかえって感謝します。” 2007年SBS TV ‘魔女遊戯’を通じてまた放送に復帰した後、その年のような放送会社‘王と私’で‘設営’役を担って背筋が寒くなった目つき延期(煙、演技)で可能性を証明した。 2008年SBS TV ‘神の秤’を通じて主演級で背伸びした後2009年9月1日KBS 2TV '2009伝説の故郷‘八回目の話‘九尾狐’方でタイトルロール九尾狐で熱演した。 当時このドラマは視聴率6%というみすぼらしい成績表を受けて聞いたがチョン・ヘビンが視聴者たちに’演技上手くする俳優`で刻印されるには充分だった。

‘出身成分’のためにしばらく泣かなければならなかった彼女とは違いこの頃アイドル スターらはアイドルという出身成分を看板のように活用している。

“うらやましくないといえば嘘でしょう。 私が演技者と認められるために本当に長時間とさらに多い努力を入れなければならなかったことと違いこの頃後輩らはアイドル人気を基盤で主人公もやさしくなって、色眼鏡挟まって見る視線もそんなに多くありませんから”と率直な心境を明らかにする。 その一方で“だが、私や他のアイドル出身らが熱心に努力して道を整えたので後輩らの演技活動がもう少し容易になったようでやりがいもあって、逆に後輩らが上手にするほど私も刺激になると良いです”としてアイドル出身先輩としての心費用が大きい。

チョン・ヘビンは今年上半期SBS TVを通じて放送されるエリック(32)キム・ガンウ(33)キム・オクビン(25)ユノ・ユンホ(25)主演の海洋ブロックバスター‘ポセイドン’にキャスティングされた状態だ。 海洋警察を素材にするアクションドラマだ。 この頃女優らが果敢にアクション演技に飛び込んでいるのにこのドラマでは新しいチョン・ヘビンの姿を見ることができるだろうか? “私もアクションをしたかったが‘ポセイドン’でも応急構造社役割を受け持ってアクションはないですね。 ‘夜叉’もアクション史劇なので期待したがアクションがせいぜい馬に乗る場面だけだったし….”この上なく惜しむそぶりだ。 それでも制服姿で登場するとは男性をしばらくの間‘ヘビン病’に陥れる展望だ。

‘夜叉’は100%事前製作ドラマだ。 したがって演技力指摘を受けて気を引き締めて補強することもできない境遇だ。 それこそありのままの反応を耐えなければならない。 チョン・ヘビンの演技力に対する視聴者たちの呼応は高い。 特に彼女を売るローイングとある1万ツイッターの友人らは総12回中4回までの放送を見守って‘チョン・ヘビンの再発見’、‘生きている延期(煙、演技)’という好評を吐き出している。

ファンたちが演技が良いと評価して下さるがまだあまり熟さなかったようです。 今までソン・ビョンホ先生をはじめとする大先輩様と作品をしながら悟ったのがあります。 すぐにキムチやマッコリのような熟成された延期(煙、演技)でしょう。 直接口に入れてみなくても良く熟したキムチやマッコリでは良い香りが私でしょう。 香りだけでも私を知らせることができるその日が一日でもさらにはやくくるように努力するでしょう。 見守って下さい。

記事元
http://media.paran.com/enter/view.kth?dirnews=2209&year=2011

地上波TBSにて春のワルツ再放送

地上波TBSで1月10日深夜1:55から「春のワルツ」再放送

夜叉4話

夜叉'朝鮮版コムトゥノイェシン

エクスポツニュス 2011-01-01 14:34

OCNスペクタクル アクション史劇<夜叉>の'朝鮮版コムトゥノイェシン'がいよいよベールを脱いだ。
31日午後12時放送された<夜叉> 4話で破格的な想像力を加えた'コムトゥノイェ'ストーリーがいよいよ登場したこと。

劇中白鹿(チョ・ドンヒョクの方)が黒雲黒い根元から選ぼうとする左議政アシカ順(ソン・ビョンホの方)の陰謀に陥りながら日本、対馬に捕えられて自身の身代金の代わりに'剣闘士'生活をすることになる設定で'コムトゥノイェ'ストーリーが興味深く描かれた。

事実'コムトゥノイェ'と'コムトゥドバク'などは私たちの歴史では記録されていなかった虚構の設定で米国ドラマ'スパルタクス'でモチーフを取って韓国版で再解釈した内容だ。

これと関連して製作スタッフは<夜叉>がフュージョン史劇であるだけに既存史劇の枠組みを破る仮想のストーリーを採択してスリルあふれる見どころをプレゼントするとして強い自信を表わした。 また、既存TVアクションを跳び越える破格的なアクション シークエンス、剣闘士らの程度高い対決場面で視聴者たちの手に汗握ることとも伝えた。

特に5,6話からは'スパルタクス'のコムトゥジャンを連想するようにする派手な日本コムトゥジャンがクロマキー技法で再現されて大型スケールの派手なCGで視聴者たちに視覚的な衝撃をプレゼントすることだと耳打ちした。

記事元
http://news.nate.com/view/20110101n06591

OCNブログです

<夜叉>また再び同時間帯視聴率1位

金曜日夜キラーコンテンツで挨拶の実績ぎゅっと!
“ベールを取ったコムトゥノイェシン新しい局面予告”
交錯した二兄弟の残念な正面対決胸うろうろと
日本、対馬コムトゥデギョル期待集めて

1月2日(日)夜11時再放送スペクタクル アクション史劇<夜叉>が金曜日夜最高のキラーコンテンツであることを確かに証明した。

OCNスペクタクル アクション史劇<夜叉>が再び‘ケーブルTV同時間帯視聴率1位’を記録して、歳末視聴者たちをぎゅっと捉えたこと。 去る31(金)夜12時放送された4話は平均視聴率0.9%、最高視聴率1.37%を記録、ケーブルTV同時間帯視聴率1位に上がった。 (AGBニールセンメディアリサーチ、ケーブルオイル価格区基準).
この日放送では左議政‘アシカ順’(ソン・ビョンホの方)がついに黒雲剣の停滞(正体)を知って、彼らを除去するために百きめ(ソ・ドヨンの方)を送りながら白鹿-百きめ兄弟間にスリルあふれる正面対決が繰り広げられた。 黒雲剣が自身の兄‘白鹿’(チョ・ドンヒョクの方)であることを知ることになった百きめは兄を求めようとしたが、白鹿は同僚らと共に死ぬ事を決心して降り注ぐ矢の中に運命を任せたこと。 交錯した運命でお互いをねらわなければならなかった兄弟の残忍な運命に視聴者たちもまた惜しんだと。

後半部には命拾いで生き返って日本、ツシマ島に奴隷にとらえられた白鹿の‘奴隷コムトゥ’ストーリーが登場しながらドラマに新しい局面を予告した。 破格的な想像がより増した日本のコムトゥジャンが興味深く描かれたし、大型スケールの派手なCGで視聴者たちに視覚的な衝撃をプレゼントしたこと。 既存TVアクションを跳び越える剣闘士らの程度高い対決場面が視聴者たちの手に汗握ったと。

だけでなく、4話ではケソンパ俳優‘パク・ウォンサン’が初めての登場、詐欺師‘パクポ’役を担って強烈な表情と吸入力ある延期(煙、演技)で視聴者たちをひきつけることも。 愛した恋人を送らなければならないチョン・ヘビンの切ない絶叫もまた、視聴者たちの視線を奪った。

<夜叉>公式ホームページ(www.OnMovieStyle.com/yacha)視聴者掲示板と公式ツイッターアカウント(@ocn_yacha)では“前に繰り広げられるコムトゥ アクションが期待される” “ストーリーの完成度と派手なアクションがよく混ぜ合わせた花樹であった” “ジム・スンナム、チョ・ドンヒョクが真の義理ボロの姿を見せた”等好評が続いている。
OCNのイ・スンフン担当PDは“5話からミドゥ<スパルタクス>のコムトゥジャンを連想させる派手なコムトゥシンが本格的に登場する”として“チョ・ドンヒョクが広げる強力なコムトゥ アクションに多くの期待お願いする”と明らかにした。

タクシー解説その1

おまっちゃさんがあげてくれたようつべの一つ目に解説を付けてみました。テロップと聞き取れる部分を頼りに意訳しています。間違ってるところもあると思うけど、大きな心で見てくだせえv-435

http://www.youtube.com/watch?v=4XqXzmTKPx0&feature=mfu_in_order&list=UL

コ・ヒョンジャン「ヒョンジャントークショウ”タクシー”」
コ・ヒョンジャンが、今日は相方が来れないので2ENのサンダラ・パクが来ますと振って、相方の女性がサンダラ・パクの真似をするというギャグかひとしきり…。
女性MCのが、今日はモムチャンがゲストと紹介。
ヒョンジャン氏「2010年を華麗に締めくくる、浮かび上がる新星たち。チョ・ドンヒョクとソ・ドヨン」
ドンヒョク氏とトヨン氏の作品紹介。トヨン氏は春ワルの映像に「異国的な容貌の柔らかい男」って紹介文。その後に夜叉の映像が続いて決めの絵に
「ソ・ドヨン&チョ・ドンヒョク」
ヒョンジャン氏がトヨン氏たちを発見。
タクシーが二人の前に停車して女性MCが降りてきて、まずドンヒョク氏に握手を求める。そして、トヨン氏に握手を求め「カン・ドンウォン氏に似ている感じがある」とコメント。トヨン氏とカン・ドンウォン氏が並んだ絵が出る。ヒョンジャン氏も挨拶。ドンヒョク氏は昨年出演したことがあるらしく、その時に女性MCをお姫様抱っこさせられたらしく、その時の映像が流れて、もう一度やらされる。次にトヨン氏にも。構える女性MCにトヨン氏「緊張」ドンヒョク氏とヒョンジャン氏がアドバイスをしている。「ヒョン達のコーチを受けてみるが…」
ダッシュする女性MC「行くぞ」、「来い」、「はたして」…
「ウアアア~~」とう声とともに、受け止めきれずに崩れるトヨン氏。周りに書いてある擬音は「よろよろ」。失敗に笑うトヨン氏の横の字は「心苦しく思う」という意味合いらしい。
「夜叉の両班役だから力がないドヨン」
と言われて、トヨン氏は
「思ってたより軽かったですよ」なんて…負け惜しみか^^
女性MC「とにかく<夜叉>大当たりおめでとうございます」
ヒョンジャン氏「偉いぞ、ドンヒョク」などと話しつつタクシーへ乗り込む。
女性MCがタクシーの周りにいるギャラリーに
「夜叉を見ている人手をあげて。二人に声をあげて。」と叫ぶと、ワ~~と湧き上がるギャラリー。大きな反応に嬉しそうに「一度手を振った方がいいんじゃないかな」などというトヨン氏。二人をせっせと写メするギャラリーに「ありがとう、ありがとう」とドンヒョク氏。
出発するタクシー。女性MCが「一度走り出すと止まれないから、その前にコーヒーを買ってこようか」という。コーヒーショップへ向かいつつ夜叉の話。
女性MC「初放送視聴率が3.」
と振ってトヨン氏が「.5です」と答えるとヒョンジャン氏が「3.5%は地上波だとどのくらいか分かりますか?35%ですよ。」と言う。それを聞いたトヨン氏は
「私の人生で最高の視聴率だ。」とコメント。
女性MCがヒョンジャン氏に推奴の初放送視聴率について聞く。(推奴は最近ヒットしたアクション時代劇でヒョンジャン氏も出演している。)28%と答えるヒョンジャン氏に「夜叉より下だ」と突っ込む。女性MCにさんざん言われたヒョンジュン氏が後部座席に「嬉しいですか?」と振る。「よくありません」ととぼけるドンヒョク氏。どうやら、ヒョンジャン氏とドンヒョク氏は知り合いらしい。ヒョンジャン氏がトヨン氏に向かって、二人は個人的に知り合いだけど今日はゲストだからやりにくい?などと。ドンヒョク氏は、この番組に出たかったのに、ヒョンが司会だから出にくくてなどと盛り上がる。
今日のコンセプトはそれぞれの夢をかなえる「秘密の忘年会」
女性MCが自分は行ってみたいホテルがあると希望。番組のハイライトが少し流れる。
コーヒーを買ってくる間に希望を考えておくように言う女性MC。買いに行くのを手伝おうとするトヨン氏を女性MCは「お客様は王様だから」と断る。
その間にヒョンジャン氏が夜叉について質問。
トヨン氏が夜叉について「インドで…」(夜叉の意味について真面目に説明してるだけなので省略)「韓国では、トッケビみたいな感じです。」と説明する。ヒョンジャン氏が「コン夜叉」という言葉で笑いを取ってましたがネタが分かりません。
女性MCがコーヒーを持って戻ってくる。出発するタクシー。
女性MC「チョ・ドンヒョク氏にガッカリしました。」と言って、ドンヒョク氏のモムチャンについて話をする。はっきりとは分からないんだけど、去年の夏に「もうこれ以上体で勝負しない」と言っていたのに夜叉ではモムチャン自慢だとか言ってるみたいです。ドンヒョク氏は前は密かに鍛えてたけど今はそうじゃないというような事を切り返している???かな???
続いてドラマ夜叉についていろいろ質問したいという女性MC。二人は最高だとか、たくさんしゃべってますけど、よく分かりません。
夜叉の初放送はどこで誰と見たか質問。
トヨン氏は、「監督と男性俳優だけで日本酒居酒屋で見ました。」と、
女性MCが一緒に見ると、また面白いんじゃないですか、お互いに「次のシーンは…」とか言いあったりして…みたいな事を言ったとたんにトヨン氏とドンヒョク氏がハモりました^^
「自分のところしか見ていません。」で爆笑。
トヨン氏「監督はひたすらアングルだけ見て、僕は自分を見て、あ~~ハンサムだなあ…」一同爆笑「ヒョンは、体が素晴らしい…」
女性MC「家族の反応は?」
トヨン氏「両親も好きだけど、特にお祖母さんがテレビを見るのがすごく好きで。演技もうまいね~。ハンサムだね~って。」女性MC「ハリネズミも自分の子供は可愛いもんだ。」と言って、自分のお母さんも会えば喉は乾いてないか、何か食べなさいといろいろ言う、ヒョンジャン氏もそうでしょう?みたいな?ヒョンジャン氏は、うちの母はチャン・ドンゴンを知りません。って返事してました。どう面白いのかよく分からなかった。
その後、ヒョンジャン氏が「時代劇をしてみて大変だった事は?」という質問。
ドンヒョク氏「僕の衣装はボロだったので大変ではありませんでしたが、髭が嫌でした。」と言って、朝来てボンドで髭を貼るのが本当に嫌だったと力説。ヒョンジャン氏が、自分も推奴で髭をつけたと同意。女性MCとヒョンジャン氏で髭についてやり取りがあった後に女性MCが「髭はみる方にはかっこいいけど当事者は苦役なんですねえ」すると、トヨン氏が「すごく面倒くさくて、ご飯を食べると髭が落ちて、髭と一緒にごはんを食べるようだ。セリフを言っている時も落ちるし、」
女性MC[髭があると…夜叉の時代背景は?」
トヨン氏「朝鮮時代です。王と臣下の勢力争いの中で起こる、二人の兄弟のすれ違う運命…一人は王の側で一人は臣下の側で刀をかけて争う、そんな話で…」と説明しつつ、隣のドンヒョク氏に「ああ、難しい」とこぼす。ドンヒョク氏は「上手だ」女性MC「上手だから、視聴者はチャンネルを回しますよ」と励ます。そして、女性MCは、ドンヒョク氏にも説明して欲しいと要求。
ドンヒョク氏は「私たちのドラマには全て出てきます。ベッドシーンも出るし、チョン・ヘビン氏の背中演技から、ソ・ドヨン氏と僕はアクション。ストレスをパッと飛ばしてくれるドラマです。」
説明するドンヒョク氏をみながらトヨン氏にの横に「こう言えばよかったのかあ」というテロップが^^

待ってました~~、春頭様!!

昨晩、悩んでいたんですよ~v-388
v-20のシーンだけをキャプったのに、気がつくと画像が800枚以上になってしまってて・・これじゃ~アップするのに 店長様がお困りになるんじゃないかと・・・v-390

この春頭様の解説にそって画面をキャプれば 枚数がかなり削られて
店長様もきっと紙芝居が作りやすいと思いやすぅ!!v-426

春頭様、助かりました!どうもありがとうございました~v-435

ウホホホホ~~~~

春頭さま~~~
超嬉しいです。すごいです。
これで会話を頭に入れて、おまっちゃさまのようつべを見れば、もう完璧!!
それにしてもあれが聞き取れるなんて、ホントすごい!!

春頭さ~~ん、ありがとございます~~

何を言っているのか解らないって、ほんと淋しいものですv-35
春頭さんの解説のお陰で、楽しさも王子の可愛さも倍増です~v-343v-343
急がなくて結構ですから、その2,その3,その4も、どうぞよろしくお願いしますv-436

王子が自分の出番を見て「あ~~、ハンサムだなぁ」と思い
おばあさまも「演技もうまいね~、ハンサムだね~」って言って・・・
ほんと、微笑ましい祖母と孫ですね~v-408
もっちろん、私もお二人に同感ですv-392

しつも~ん

夜叉4話を見たんですけど、ちょっと分からないことが・・・・・。
王の側近の人、矢が2本刺さって海に落ちましたよね。
死んだと思ったのですけど、また元気な様子で王の前に出てきた・・・。
?????どなたか教えてくだされ~~~~。

私も謎でした

v-405v-361とか思って巻き戻しちゃいました。
想像ですけど、もしかして、カン・チスンとなにか取引が?正体のばれた黒雲剣を始末する為に密告したとか?追手が船のところに来る事を知っていて、中に鎧のようなものを着ていたとか…。
あの後で、王にカン・チスンが私兵の半分を解体して軍に編入させたとか報告してるからグルなのかなあ。王は泣いてましたね。王も知ってる陰謀?ヒョンなのに?それとも王は罠の事は知らなかったのかなあ?
陰謀を感じます。謎だ。

ありがとうございます!

楽しそうな王子を見ているだけでも、しあわせ~v-344で、こちらも笑顔になりますが、
言っていることがわかると、もっと可笑しくて、PCの前で声を出して笑っていますv-408 
お気に入りのところを何度も繰り返せるのが、嬉しいですv-441

新年からHappyをたくさん頂きましたv-344
おまっちゃさん、春頭さん、どうもありがとうございますv-398

春頭さま~

TBS「春のワルツ」を一生懸命探しているのですけど

地上波TBSで1月10日深夜1:55からイ・ジュンギの「ヒーロー」になってますぅv-12
http://www.tbs.co.jp/program/hero2010.html

突然変更になったんでしょうか???
それとも、ヒーローの後?

そうなんですか?

家で買ったTV雑誌にはそう書いてあったんで、てっきりそうかと思って確認してませんでしたv-388
確かにテレビの予約用番組表をみると「ヒーロー」になってますねv-409
え~~~~v-393なんで~~~、雑誌にデータを提供した時には「春のワルツ」だったんでしょう?・・・?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5560-a27b582b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード