FC2ブログ

2019-08

チョン・ヘビンさん インタビュー記事です

美貌の上に魅力、チョン・ヘビン見れば今更くなる
2011年01月01日(土)15:31:46示唆済州(チェジュ)sisajeju@sisajeju.com
100227_52198_3155.jpg
【ソウル=ニューシス】ナム・カンホ記者= 21日午後ソウル、鍾路区(チョンノグ)、三清洞(サムチョンドン)あるカフェでOCN 12部作ドラマ'夜叉'で注目されていているタレント チョン・ヘビンがニューシスとのインタビューに先立ちポーズを取っている。

【ソウル=ニューシス】パムパタルは女優ならば誰でも夢見てみるほどのキャラクターだ。 一見やさしく見えるこの演技が事実誰もがすることができるあるのではない。 ‘美貌’よりは‘魅力’という条件が侮れない。 男たちが全てのものを投げても勝ち取りたい程致命的な魅力がなければならない。 この魅力は純粋に俳優の役割だ。 脚本や演出でかばうには限界がある。

ケーブルチャネルOCNのスペクタクル アクション史劇‘夜叉’にもファームパー(ネギ)事故が生じてくる。 女主人公‘チョンヨン’だ。 男主人公ペクロク(チョ・ドンヒョク)とペッキョル(ソ・ドヨン)兄弟に同時に裏切られて複数のために芸者に変身するキャラクターだ。 清純な少女で悩殺的な芸者まで1000の顔を見せる整然はタレント チョン・ヘビン(28)が演技する。

“権力やお金のような目的のために男を誘惑して破滅に導くパムパタルはドラマや映画でありふれています。 だが愛した人々から裏切られて、復讐するために芸者になる整然のように嫌うことはできないパムパタルは前に会うのが容易でないことです”というものがチョン・ヘビンのパムパタルロンだ.

‘夜叉’は朝鮮版スパルタクスと呼ばれる。 暴力性、扇情性の限界線にきわどく乗っている。 チョン・ヘビンは1回には入浴シーンを通じて白い肌を表わしたし、2回には包帯シーンで男性視聴者たちを熱狂させた。 特に2回序盤に出てきた1回のハイライト場面では全裸の後姿まで露出して視聴者たちを驚かせた。

チョン・ヘビンはかえって“露出に負担がなかったことではありませんでした。 だが、内容展開上必ず必要だという考えに果敢に演技しましたよ。 監督様が私を配慮するために激しい露出には代役撮影をしましたが放送出てきたことを見ながら‘あの程度なら直接してもかまわないだろう…’したそうです”と笑う。 もうこれ以上の‘整然一切’がありえない返事だ。

チョン・ヘビンの出演決定には信頼と尊敬が大きく作用した。 “本当に尊敬するだけのことはあった方々が一緒にして下さい。 チョン・ヒョンス作家様、ク・ドンフェ作家様、キム・ホンソン監督様、ソン・ビョンホ先生、ソ・テファ先輩、ドンヒョク兄さん. ソ・ドヨン氏…. こうした方々が作る作品とか一緒にするということは演技者として光栄だと考えましたよ。”

チョン・ヘビンは当初歌手でデビューした。 2002年グループ‘LUV’であった。 当時には‘ウィーン’という芸名を使った。 “デビューが何故ワールドカップ シーズンでした。 国民皆の関心がそちらへ注がれていて見たら注目されているのが難しかったんですよ。”
100227_52199_324.jpg
【ソウル=ニューシス】ナム・カンホ記者= 21日午後ソウル、鍾路区(チョンノグ)、三清洞(サムチョンドン)あるカフェでOCN 12部作ドラマ'夜叉'で注目されていているタレント チョン・ヘビンがニューシスとのインタビューに先立ちポーズを取っている。

そのためだったのだろうか。 チョン・ヘビンは行きますプログラムよりかえって芸能番組を通じて浮かび上がった。 彼女が初めて視聴者たちの注目をひきつけたことは2003年MBC TV ‘赤い糸’というプログラムだった。 優れた踊りの実力をリリースしてMCカン・ホドン(41)から‘イ・サドン’(24時間回る)という愛称までプレゼント受けた。 後事情をよく分からない視聴者たちはチョン・ヘビンの芸名を‘イ・サドン’と分かるほど印象的だった。

2002年MBC TVシチュエーションコメディ‘ノンストップ3’を経て2003年KBS 2TVドラマ‘サンドゥ学校へ行こう’を通じて本格演技兼業に出る。 だが、容易ではなかった。 “演技を認められたくても歌手出身という荷札が本当にギルダーですね。 上手にしても、できなくても大衆はいつも色眼鏡をかけて私をボーダーですね。”

2005年SBS ‘オルリユ’以後ある間沈滞期を体験することになる。 芸能では‘スター’だったがドラマや映画では‘新人’に過ぎなかった。 本人も自身のアイデンティティに混乱を経た時期であったから製作スタッフはどのようだったのだろうか。 正統演技者らも彼女の存在をそんなにうれしく思わなかっただろう。 当然キャスティングが容易ではなかった。 アップ打ったのに襲ったように信じた人々に背信まで当てられた。 昨年2月SBS TV ‘強心臓’に出てきて失語症と自害までした程に苦痛だった過去を告白して視聴者たちを鳴った。

“幸せだった時間がチャムカニオットゥッが永遠だと思った苦痛も少しの間でした。 底まで落ちよう‘これ以上失うことがない’という考えに勇敢になったのです”として“私が背信を直接体験してみたためか少女でパムパタルがなる整然の変身を理解できます。 私には痛くて大変な時間だったがそのような経験らがチェ・ヨンギをより一層光るようにするようで今はその記憶らがかえって感謝します。”

2007年SBS TV ‘魔女遊戯’を通じてまた放送に復帰した後、その年のような放送会社‘王と私’で‘設営’役を担って背筋が寒くなった目つき演技)可能性を証明した。 2008年SBS TV ‘神の秤’を通じて主演級で背伸びした後2009年9月1日KBS 2TV '2009伝説の故郷‘八回目の話‘九尾狐’方でタイトルロール九尾狐で熱演した。 当時このドラマは視聴率6%というみすぼらしい成績表を受けて聞いたがチョン・ヘビンが視聴者たちに’演技上手くする俳優`で刻印されるには充分だった。

‘出身成分’のためにしばらく泣かなければならなかった彼女とは違いこの頃アイドル スターらはアイドルという出身成分を看板のように活用している。
100227_52200_3213.jpg
【ソウル=ニューシス】ナム・カンホ記者= 21日午後ソウル、鍾路区(チョンノグ)、三清洞(サムチョンドン)あるカフェでOCN 12部作ドラマ'夜叉'で注目されていているタレント チョン・ヘビンがニューシスとのインタビューを持って演技に対する考えと彼女が持っているキャラクター、人生観、今後の覚悟などに対して話している。

“うらやましくないといえば嘘でしょう。 私が演技者と認められるために本当に長時間とさらに多い努力を入れなければならなかったことと違いこの頃後輩らはアイドル人気を基盤で主人公もやさしくなって、色眼鏡挟まって見る視線もそんなに多くありませんから”と率直な心境を明らかにする。 その一方で“だが、私や他のアイドル出身らが熱心に努力して道を整えたので後輩らの演技活動がもう少し容易になったようでやりがいもあって、逆に後輩らが上手にするほど私も刺激になると良いです”としてアイドル出身先輩としての心費用が大きい。

チョン・ヘビンは今年上半期SBS TVを通じて放送されるエリック(32)キム・ガンウ(33)キム・オクビン(25)ユノ・ユンホ(25)主演の海洋ブロックバスター‘ポセイドン’にキャスティングされた状態だ。 海洋警察を素材にするアクションドラマだ。 この頃女優らが果敢にアクション演技に飛び込んでいるのにこのドラマでは新しいチョン・ヘビンの姿を見ることができるだろうか?

“私もアクションをしたかったが‘ポセイドン’でも応急構造社役割を受け持ってアクションはないですね。 ‘夜叉’もアクション史劇なので期待したがアクションがせいぜい馬に乗る場面だけだったし….”この上なく惜しむそぶりだ。 それでも制服姿で登場するとは男性をしばらくの間‘ヘビン病’に陥れる展望だ。

‘夜叉’は100%事前製作ドラマだ。 したがって演技力指摘を受けて気を引き締めて補強することもできない境遇だ。 それこそありのままの反応を耐えなければならない。 チョン・ヘビンの演技力に対する視聴者たちの呼応は高い。 特に彼女を売るローイングとある1万ツイッターの友人らは総12回中4回までの放送を見守って‘チョン・ヘビンの再発見’、‘生きている演技’という好評を吐き出している。

“ファンたちが演技が良いと評価して下さるがまだあまり熟さなかったようです。 今までソン・ビョンホ先生をはじめとする大先輩様と作品をしながら悟ったのがあります。 すぐにキムチやマッコリのような熟成された演技でしょう。 直接口に入れてみなくても良く熟したキムチやマッコリでは良い香りが私でしょう。 香りだけでも私を知らせることができるその日が一日でもさらにはやくくるように努力するでしょう。 見守って下さい。”

記事元 http://www.sisajeju.com/news/articleView.html?idxno=100227

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/5599-dbd4d37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード