FC2ブログ

2019-08

「いばらの鳥」古臭い設定と平面的・人為的キャラクターが視聴率低迷の原因?

出生の秘密にオールインした<茨の鳥>、これが最善?
放送2週差視聴率6.8% 3位... <ロイヤルファミリー>にミリや
11.03.11 10:20|最終アップデート11.03.11 13:50
IE001285472_STD.jpg
▲茨の鳥KBSドラマ(c) KBS茨の鳥

KBS水木ドラマ<茨の鳥>は放映2週差に入り込んでいるけれど視聴率回復の兆しを見せないでいる。 AGBニールセンメディアリサーチ集計結果によれば水木ドラマは相変らず<サイン>(放映終了)が23.2%で1位、<ロイヤルファミリー>が8.7%で2位、<茨の鳥>が6.8%で3位を記録している。 特に二重でも<茨の鳥>は視聴率が少しずつ下落する姿を見せながら水木ドラマ競争で完全に遅れをとるのではないかという分析まで出てきている状態. <ロイヤルファミリー>が少しでも視聴率上昇曲線を描くのと対照的な雰囲気だ。

明らかに<茨の鳥>以前に放送されたKBS水木ドラマ<プレジデント>が低い視聴率を記録したりしたが劇完成度において結構良い評価を受けたのを勘案すれば、現在<茨の鳥>は視聴率下落と一緒に劇完成度にも良い評価を受けられずにいてさらに暗たんたる状況が展開されている局面だ。 特にキム・ジョンチャンPDが<黄色いハンカチ>、<愛情の条件>、<バラ色人生>、<幸せな女>等を演出したスターPDであることを勘案すれば劇序盤視聴率停滞(正体)はさらに惜しく感じられる。

<茨の鳥>は孤児少女に生まれて端役俳優を経て最高のトップスターになる人物の話を扱っている。 設定自体が孤児少女という(のは)ことから出生の秘密を抱いて行くドラマであることを十分に知ることが出来るようにする。 ここに劇が始まる前スポイラー流出禁止という(のは)話が浮かび上がりながらドラマに対する情報がきわめて少ない部分だけ公開になったが、事実3回まで見た時こういう理由があったのか考えられるほど以前に放映した出生の秘密を扱ったドラマらと大きく異なった点がない。 スポイラー流出禁止がとても大層だったという話.

ドラマで大きい軸をなす人物らの叙情は(ハン・ヘジン),イ・ヨンジョ(チュ・サンウク),ハニュ卿(キム・ミンジョン)等は全部痛みを持っている人物だ。 ソ・ジョンウンは孤児キャラクターで自身の夢をかなえるために努力する人物、イ・ヨンジョは財閥家で生まれたが妾の子供という(のは)荷札を付けて生きる人物、ハニュ卿は自身が養子縁組された子供という(のは)ことを知っている人物だ。 三人全部自身の人生で腐った傷一つずつ持っているだけに、話がどのように展開するのかどうかにしたがってドラマ自らの完成度が完全に変わる可能性があった。

だが、現在まで<茨の鳥>で見せてくれたことはごり押し設定と偶然という要素が重なって食傷ぎみさを作り出したのが全部。 特にハニュ卿が実の母親と考えられる映画製作者ユン・ミョンジャ(チャ・ファヨン)を会うようになる部分、ユギョンが自身の秘密を知っているソ・ジョンウンがイ・ヨンジョが好きなことを知って占めるためにどんなことも拒まないという設定などは食傷ぎみさを越えて惜しいという気がする。 人物らが持っている痛みを構成して出す方法が古くさくて以前にしばしば見てきた形式がそのまま溶けているからだ。

とても出生の秘密にオールインして違うものみなのがして
IE001285473_STD.jpg
▲茨の鳥KBSドラマ(c) KBS茨の鳥

序盤<茨の鳥>を見ながらスポイラー緘口令が落ちたことは結局出生の秘密に対する部分がドラマで最も重要な部分を占めていたためだった。 このように出生という(のは)部分が強調されながら発生した問題は人物らの関係度が複雑に編集されられながら話に中心点がなくなってしまったということ. 各人物らが自身の痛みを表現してそれを克服する過程が立体的に繰り広げられるべきなのに2週差放送まで<茨の鳥>で見せてくれたことは各人物に対するとても多くの説明だ。

このように出生に関連した話が過度に序盤部大きくなってしまいながら人物関係に対する説明がさらに人為的で作為的に行くほかはない限界点を露出させている。 こういう現象のために話が多い部分で力をなくして序盤ぐるぐる本来の席でぐるぐる回っているような感じを与える。 序盤部キャラクターらが確立されて視聴者たちにあのキャラクターがどんな方向に進むのか予測して感情的に移入されなければならない部分で問題が生ずること。 ドラマでキャラクターが力がなくなってしまうということは深刻なほどの敗着といえる。

特に毎週放映されるドラマの場合、視聴者たちがキャラクターに移入する場合がさらに多くなる。 各種ドラマ視聴者掲示板に行けばこういう現象をすぐ知ることが出来る。 残念なことに<茨の鳥>は現在までキャラクターに対する視聴者たちの感情移入がほとんど起きなくなっているということを十分に分かるようにする。 かえってあまり頻繁に見てきた食傷ぎみであるキャラクターらのデパート同じ感じを与えながらドラマに対する興味を低くする結果になってしまった。 率直にソ・ジョンウンという(のは)人物はあまり頻繁に見てきたキャンディ キャラクターという(のは)ことを否定できないだろう。

事情がこのようになりながら<茨の鳥>に出演した俳優たちが演技力において大きい傷がない俳優らにもかかわらず目に目立っていて見せるキャラクターらが殆どなくなった理由になってしまった。 俳優らがどんな自分だけの演技を見せたくてもあまりにも平面的であり人為的なキャラクターらの設定のために自分たちが持っている演技力を誇る機会がなくなったこと。

結局今のように引き続き出生の秘密にだけ<茨の鳥>がオールインするならば総20部作中に4部放送が終わる今週より来週視聴率がさらに下落する可能性もある。 ドラマの場合、一度視聴率競争で他放送会社作品と比較して顕著な差に押されることになればまた水路を回すのが難しいのが現実だ。 したがって<茨の鳥>が<サイン>が放映終了されて新しいSBSドラマ投入される来週と最近視聴率上昇の勢いを少しずつ見せている<ロイヤルファミリー>に遅れをとらないために放送3週差にどのようにしてでも視聴者たちの呼応を勝ち取ることが必要だ。

<茨の鳥>の来週放送がどのように展開するのかさらに関心が行くほかはない理由だ。

記事元 http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001535269

スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/6213-1ffa8045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード