FC2ブログ

2019-08

この週末の渋谷は活気を取り戻していました!

3月27日(日)の渋谷、ハチ公前スクランブル交差点の
4つのスクリーンは、全て節電のために消えています。
20110327Shibuya1.jpg

20110327Shibuya2.jpg

しかし春休みも始まったからか、渋谷はものすごい人手でした。
20110327Shibuya3.jpg

被災地では、亡くなられたお方や、いまだ行方不明のお方の数が
日に日に増えています。
亡くなられたお方へ、謹んでお悔やみ申しあげます。
被災されたお方へ、心よりお見舞い申しあげます。

福島や茨城では、余震がまだまだ続いています。

福島原発の事故は、収束の見通しがたたないそうです。
世界一危険な場所で戦ってくださっている作業員の方々から
これ以上被爆者が出ないよう、切に願うばかりです。
そして心より感謝申しあげます。

今、家族も家も無事な私たちは、まだまだ心配なことは多々ありますが、
大事なことは元気に生活することだと思います。
前を向いて進んで行くことだと思います。

消費の自粛で経済が衰退しないように
これ以上、震災による解雇者が増えないように
少しでも早く日本を復興させるために

Riebom

スポンサーサイト



コメント

賑わい

今日、都内にお出かけしましたが、帰りに寄った池袋はいつものように人で溢れていました。その分、本数減で走ってる西武線のホームが混雑していて、駅員さんが人の流れの整理に気を配っていました。
西武のデパ地下惣菜売り場が、いつもより安売りしてて…影響で売れてないのかなあと思いました。

私達が元気に生活すること

昨日v-448のラジオで、経済学の先生が同じことをおっしゃっていました
ハイ!前を向いてがんばりますv-363

地震以降、買い控え心理が働き、消費が低迷しているそうです。

1週間前の週末、電気の薄暗いスーパーの棚には品物の欠品が多く、
薄暗い駅に人はまばらで、ケーキ屋さんのショーウィンドウには
ケーキがほとんど並んでおらず、この先どうなるのか?と
非常に不安でした。

しかしこの週末より少し前あたりから、人手が多くなってきました。

でもね、別の心配もしてしまいました。
これまで2週間、自粛ムードの中、我慢して家にいた若い子達が
もう解禁!?みたいな感じで、うかれている様子も見られました。

被災地ではまだまだ多くの行方不明者がいて
原発事故も先行きが見通せないのに
そんなことは自分には関係ないって思っている訳ではないですよね?って
聞いてみたくなってしまう一瞬もありました。

不安を吹き飛ばそうと、わざと明るく振舞っているのかしら?
きっとそうですよね?

ある意味…

店長、被災地の復興の為にも元気でいられるところが元気でいなくちゃ、と思いますよね。でも、被災地の方に心をはせるとどうしても浪費は出来なくなってしまいます。そう言う方もたくさんいますよね。だからこそ売り上げが落ちているわけで。
すごく乱暴な理論なんですが、遠くにいる他人の痛みに共感することなく日常を送り、気兼ねなく浪費する事が出来るある種の鈍さを備えた人間も社会には必要なのかもしれません。
全ての人が被災地の事を忘れてしまっては、これから始まる復興の足かせにもなります。全ての人が被災地を気にして地味に生活しても復興の足かせに…。でも、気に出来る人間が気にしていく事。無関心が無知の為なら啓蒙するのもいい事です。
気にせず浪費できる人には、ガンガン稼いでどんどん消費して、経済を活発にしてもらいましょう。

そうですよねぇ

鈍感力って、いい意味で大事だな~って思います。
とにかく前に前に進まないと、
日本がひとつにまとまって、意識的に元気にしていかないとって思いました。

でも、東京でぃずにーらんど、相当なダメージのようですね。
春休みの書き入れ時ですが、再オープンできるのはいつでしょうか?
浦安も心配です。

こんな高校生もいます^^

埼玉県の高校生が、ボランティアの際、何が必要かアンケートをとり、
手作り枕を配布しているという記事です
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032719360054-n1.htm
http://miyazaki.hb-nippon.com/news/38-hb-nippon-other/8536-other20110322001
節電、ささやかな募金以外にも、私にも出来ることがあると知り、ハッとしました。

はぴさま!

高校の野球部員の男の子達が、いいアイデアを出して実践しているんですねぇ。
元気が出ます!

テレビの前でニュースを見ているだけで、具合が悪くなった人が大勢いるそうです。
体は元気でも、心が萎えますものね。

元気が出るニュースをお知らせくださり、ありがとうございましたv-435

私もやってますよ、できること

地域の赤十字の募金集めをしています

領収書の但し書きもすぐに作れと言われて、作って剥離紙にコピーしてすぐに渡しました。
早々と提供物資もリストにして送りましたが、待て がかかっています。
自分のいる自治体より直接にお渡ししたいので。

手作りの枕

きちんとアンケートをとって、何が必要かを調べただけのことはあります。
枕があるだけで、寝心地もずいぶん違いますものね。
具体的にどんどん行動しているこの高校生の皆さんに私も教えられました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/6404-371d2f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード