FC2ブログ

2019-12

「いばらの鳥」総評など

放映終了‘イバラ鳥’なぜ失敗したのだろうか?
TVリポート原文記事転送2011-05-06 06:29
20110407_1302183516_79005600_1.jpg
[TVリポート イ・ヘミ記者]ある人物の利己主義による破滅を描いてきたKBS 2TV水木ドラマ‘イバラ鳥’が和解と新しい人生を描いて20回の長い旅行日程を終えた。

‘イバラ鳥’は史劇までフュージョンを大手を振るうテレビ劇場トレンドの中正統通俗劇を標ぼうした作品. 新鮮な試みで両極端二人の女性の対立と成功そして深みある三角関係を描くことという期待を集めたが予想ははずれた。 オジラプ キャンディとテジェンが悪女の対立は朝ドラマでよく見そうである痴情劇の限度を越すことができなかった。

これは酷評と記録につながって空席になった樹木劇王座を占めるのに失敗した。 競争作の一緒に不振に後半に達して視聴率10%の壁を越えたがこれを記録的な成功だと分類するには惜しい面があった。 そうだといってマニア層をひきつけたのかと尋ねるならばこれまた‘ダメなこと’であった。

◆説得力失ったキャラクターら、どこへ向かうか?

今やキャラクター全盛時代だ。 脚本と演出の力で作品の中だけで呼吸したこれらがドラマという枠組みを蹴飛ばして出た。 俳優でない劇中人物が広告界まで占領するほどとかよく作ったキャラクターの力はこれ以上説明する必要がないようだ。 そのような面で‘イバラ鳥’は期待とは外れる人物らを前面に押し出した。

先立って説明したように差し出がましいキャンディは1980年代典型的な女主人公を演技して劇に没入を助けるどころかかんしゃく指数を高めたし名分ない悪女でテジェンイで変質した悪女は説得力を失った。 三角関係が主となる作品で核心でも違わない男の主人公は優柔不断な姿で女心をひきつけるのに失敗した。

‘イバラ鳥’は主助演俳優らの熱演とアンサンブルが引き立って見えた作品だったがキャラクターが完成されなかった状況でこれらの演技力もまた、光を失った。 キャラクターの誤りは共感不足に連結されるところ。 ‘イバラ鳥’が20回という長い旅行日程の間三人の男女のそれこそドラマのような人生を描き出したのに説得力を得ることが出来ない理由がすぐにキャラクターの不在にあった。

◆外れた初めのボタン、すでに遅れた

名品ドラマは演出と脚本そして演技力の調和で誕生する。 合わせて競争作と同等な位置に立った状況で大当たりドラマはすでに序盤に決定される。 しかし‘イバラ鳥’は劇序盤可能性不足という誤りを犯した。 連続した偶然から始まった状況は劇的な感動を引き出すには力不足だった。

‘イバラ鳥’は7年という長い時間の間の三人の男女の屈曲負けた人生を表わした作品. 感情変化とそれ(彼)による関係変化を描き出しただけ視聴者との呼吸が重要だったが残念なことに初めのボタンを間違って挟まった状況で今一度視聴者たちをひきつけることは限界があった。 中盤部に達してこんがらがった糸の絡み合いを解いて本格展開を継続したがスタートが遅れた。

‘イバラ鳥’が不振のドロ沼に苦しんだ前作‘プレジデント’のバトンを受け継いだのに10%の壁を越えたのは明らかに注目するだけのことはあった点だ。 そうであるから完成されたキャラクターの不在と外れた初めのボタンが上昇を防いだのでより一層骨身にしみた。

写真= KBS 2TV ‘イバラ鳥’ホームページ
イ・ヘミ記者gpai@tvreport.co.kr

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n02168
------------------------------------------------------
放送3社樹木劇視聴率分け合って食べること…視聴率一緒に↑絶対王座ない
ニュースエン原文記事転送2011-05-06 07:19

[ニュースエン パク・ヨンジュ記者]

放送3社水木ドラマが視聴率上昇の勢いを記録した。

視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば5月5日放送されたKBS 2TV '茨の鳥'(脚本イ・ソンヒ/演出キム・ジョンチャン)最終回は14.2%を記録した。 この出た去る4日放送19回視聴率13.2%より1.0%P上昇した数値だ。

SBS '49日'(脚本ソヒョン卿/演出造営狂) 16回は14.7%で水木ドラマ1位を占めた。 これは去る4日放送された15回視聴率13.2%より1.5%P上昇した数値でKBS 2TV '茨の鳥'を0.5%P差に締め出した。

MBC新しい水木ドラマ'最高の愛'(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン/演出パク・ホンギュン) 2回は9.7%を記録、10%台進入を目の前に置いている。 特に'最高の愛'やはり1回視聴率8.4%より1.3%P上昇して樹木劇競争構図に一層近寄った。

一方'茨の鳥'が放映終了した中で5月11日からはソン・ユリ、チョン・ギョウン主演の'ロマンス タウン'が放送される。

パク・ヨンジュgogogirl@newsen.com
記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n02552
-------------------------------------------------------
'茨の鳥'容赦と和解で温かい仕上げ…自らの最高視聴率記録
マイデイリー記事転送2011-05-06 07:45

[マイデイリー=イ・ウンジ記者] KBS 2TV水木ドラマ'茨の鳥'が自らの最高視聴率を記録して有終の美をおさめた。

6日視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによれば5日放送された'茨の鳥'最後の放送全国視聴率は14.2%を記録した。 これは去る4日が記録した13.2%より1.0%ポイント上昇した数値だ。

その間主人公キム・ミンジョンのあらゆる悪行で'どん詰まり'論議まで包まれたドラマだが最後だけは温かかった。

俳優を夢見た情は(ハン・ヘジンの方)はついに夢をかなえた。 その間ユギョン(キム・ミンジョンの方)の悪行により俳優の人生をあきらめていましたがそのように望んだ俳優の人生だけでなく家族まで全部勝ち取った。

また、その間お母さんにむかえた名字(チャ・ファヨンの方)が自身の実の母親でないと明らかになったが信頼で延ばされた情は相変らず彼らを家族と感じるようにさせた。

あらゆる悪行にすべてのこれらを困らせて可視を抱いて生きてきたユギョンやはり新しい人生を始めた。 ユギョンには許しを請うたし自身を育てたお母さんとは和解をした。

また、女優生活を送ってきた名字は映画製作者に変身を試みた。 ユギョンの助けでジョンダル(パク・チイルの方)にヘジュ映画会社を取り戻して俳優ぐらい派手な映画製作者で生まれ変わった、

その間'茨の鳥'は可視を抱いて生きていくユギョンによりすべての人物が苦労して暮らさなければならなかった。 だが、最後だけは容赦と和解する姿で視聴者たちを温かくさせた。

一方来る11日からはソン・ユリ、チョン・ギョウン、ミン・ヒョリはキム・ミンジュン主演の'ロマンス タウン'が放送される。

[写真= '茨の鳥'ポスター]

(イ・ウンジ記者ghdpssk@mydaily.co.kr)

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n02843
---------------------------------------------------
[キャラクターで見た茨の鳥]二字余り愛したが1人の女性選択したチュ・サンウク
TVリポート原文記事転送2011-05-06 08:39
20110303_1299126468_43897200_1.jpg
[TVリポート チャン・ヨンジュン記者]二字余りを愛した。 その間で葛藤もした。 だが、結局1人の女性に定着して一生その人だけを愛することにした。

去る5日放映終了されたKBS 2TV水木ドラマ‘茨の鳥’(イ・ソンヒ脚本、キム・ジョンチャン演出)のチュ・サンウクが劇中見せたキャラクターだ。 英祖(チュ・サンウク)は幼い時期偶然にあった情は(ハン・ヘジン)と荒っぽい初めての愛の記憶を大事に保管していた。 情はやはりそのような英祖を忘れないでいたし、二人は偶然に映画撮影を契機にまた会うことになった。

だが、再会の喜びをまだ享受する前にユギョン(キム・ミンジョン)の嫉妬が始まった。 ユギョンは英祖を誘惑して火のような一夜を送った。 だが、英祖に対する愛より複数に目が見えなくなったユギョンは英祖に離別を告げたし、英祖はユギョンの冷遇に胸が痛いといった。

ユギョンの子供を引き受けて育てることになった丁銀と一日で底辺で落ちることになった英祖は今一度あれやこれやある愛を継続した。 だが、英祖に丁銀と別れることを要求するユギョンの突然登場に三人の葛藤は極に達した。 特に英祖はそのようなユギョンに揺れる姿まで見える優柔不断なことで視聴者たちに叱責を受けることもした。

結局ユギョンの悪行が皆明らかになって英祖は丁銀との愛をより一層強硬にする。 去る28日放送された18回で英祖は‘ロマンチック契約書’イベントまで広げてみせて丁銀を感動させた。 車中で渡した契約書には英祖が甲、丁銀がウルロ明示されていた。 丁銀は“をソ・ジョンウンが逃げなければ甲イ・ヨンジョは...インターネット百万アンチと戦ってくれてキスシーン ベッドシーンは必ず練習相手をする。 一番重要なことは毎日愛を百回ずつ...”という条項に大きく感動受けてキスで有り難みの代わりをした。

最終回でユギョンはすべての荷物をさっさと振り払ってしまい外国へ向かったし、残った英祖と丁銀も幸せな人生に対する希望を持って最後のキス場面でハッピーエンドを描いた。

チュ・サンウクが‘茨の鳥’で見せてくれたキャラクターは現在の放映中のMBC TV週末ドラマ‘きらきら光る’でキム・ソックンが熱演中であるスンジュン キャラクターと一定部分似ていている。

‘きらきら光る’でスンジュン(キム・ソックン)は定員(キム・ヒョンジュ)に自身の心を表わして正式に交際するようになった。 だが、金蘭(イ・ユリ)の登場で三人は三角関係を形成することになった。

だが‘茨の鳥’の英祖がそうしたように、スンジュンやはり苦しがる定員の手を握ってくれて暖かい慰労と信頼で力になってくれる。 結局スンジュンが'美しい悪女'金蘭の代わりに'にょきっと'定員を選択すると見られるという点が‘茨の鳥’のチュ・サンウクが浮び上がる理由だ。

誰でもそのように、二人中ひとりを選択するということは容易ではない問題だ。 結局丁銀を選択して志を守ったという点で‘茨の鳥’の英祖はロマンチックなキャラクターと認識されることができた。 利害関係にしばられて愛を選択して捨てるキャラクターでない愛と愛の間での葛藤を見せた英祖がすでに懐かしくなる。

写真=KBS 2TV '茨の鳥'画面キャプチャー
チャン・ヨンジュン記者jjuny54@tvreport.co.kr

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n03950
-------------------------------------------------------
[キャラクターで見た茨の鳥]ハン・ヘジン、純度100%キャンディ型キャラクター'共感不足'
TVリポート原文記事転送2011-05-06 08:42

[TVリポート弔意紙記者]去る5日KBS 2TV '茨の鳥'が放映終了された。 過度に両極化したキャラクターとどん詰まりコードで放送序盤視聴者たちの無視された。 だが、この日最終回では慕情の偉大さを知らせてハッピーエンドで温かい仕上げをした。

ハン・ヘジンは嘱望受ける新人でくやしく逆さまに落ちて永い歳月端役俳優を転々として一歩遅れて光を放つ叙情は役割を受け持った。 孤児院を転々として母性愛の不在の中で成長した丁銀は偶然にこのエリは(チャ・ファヨン)の写真をママ写真だと慰められて演技者の夢を育てる。

丁銀の長い間の友人ユギョン(キム・ミンジョン)は後日自身の実の母親がイエリンという事実を知って幼かった時いたずらでとった動画を流布して丁銀はもちろんで実の母親まで奈落に駆け上がるようにした。 愛した男英祖(チュ・サンウク)の子供を妊娠したが絡まって混ざった悪縁に彼を捨てて子供もまた、丁銀に押し付ける。

信じた友人の蛮行に対応無策になる丁銀は自身の人生が根こそぎさかさまになった状況でもいつも鷹するなした家族の情に引きずられてイエリンとハンビョルをおさめてママになった。

劇ストーリー上丁銀とユギョンのキャラクターの白黒が過度に強かった。 ユギョンの厚かましい悪行は道(ド)を行き過ぎたし丁銀は限りなくバカのように当てられるだけだった。 望んだ演技者の夢も失って一日で仮装になったがいつも笑う姿に熱心に走って通った。 典型的なキャンディ型キャラクターで序盤には視聴者たちの共感を引き出す不足した。

幸いにもドラマ後半部に行くほどママになった丁銀の強い慕情があらわれながら自身が守りたいものなどを取りまとめることができる姿を見せた。 それは欲でもなかったし当然感じる本能に従う姿に視聴者たちも共感した。

ドラマの中でキャンディ型キャラクターと全てのものをみな整えた悪女が対立する。 過去に比べて悪女の悪行にもある程度の背景と理由が取りそろったがキャンディ型キャラクターはまだ純粋な心だけ強調されている。

もちろんストーリーが与える教訓のために各種の状況的背景を絡めてあわせることができないこともある。 だが、100%純粋な心だけ持っている仙人がない以上彼らのキャラクターに簡単に共感できないのも事実だ。

時代の流れにより悪女も妥当性ある悪女で変化したようにキャンディ型女主人公も泣きたい時は泣いて腹が立つ時は大声を出すことができる現実的なキャラクターに変貌してこそ私たちの話を真実に入れることができる。

写真=TVリポートDB,KBS 2TV '茨の鳥'放送画面キャプチャー
弔意紙記者naeuiji@tvreport.co.kr

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n04027
-------------------------------------------------------
[キャラクターで見た茨の鳥]悪女にも理由はある
TVリポート原文記事転送2011-05-06 09:08

[TVリポート キムイエナ記者]女の悪行が終わった。 自身を破ったママに復讐するために女は娘を産むやいなや捨てる破廉恥な問題を起こした。 目一つうっかりしなかった女は結局血管に対する切実だということに会ファンの涙を流してまた注がなければならなかった。

去る5日KBS 2TV水木ドラマ‘茨の鳥’が放映終了された。 劇が進行される間悪女と見られたハニュ卿(キム・ミンジョンの方)は自身を生んでくれたママと育てたママに対する愛を感じて暖かい人に変わった。

ハニュ卿は表面的な判断で見るならばあくらつでできなくて悪い女であった。 幼い時両親に捨てられたという治らない傷に身震いした。 ずっと傷だらけ育ったハニュ卿は胸中に深い傷跡だけ残った。 からだが成長したがハニュ卿の心はイェリコ弱い子供であった。

成人になったハニュ卿はさらに多くの傷を受けないという気持ちで可視をたててドクを抱いた。 すなわちそれが自身を守ることができる方法だと考えた。 唯一の友人叙情は(ハン・ヘジンの方)と愛する男イ・ヨンジョ(チュ・サンウクの方)もそのような理由で無条件押し出した。

ママ、娘、友人、恋人に洗うことはできない損傷を与えたハニュ卿だが本来痛いことは本人だった。 お金や野望を満たそうと悪行を犯したその他悪女らと違った。 ハニュ卿は愛しながらも喉が渇いたし、それが愛なのかも分からなかった。 根が深い愛憎でハニュ卿は結局一人になった。

ハニュ卿が天倫を破ろうとしたとすれば、それを利用して次第に悪人に変わっていく女がいる。 MBC週末ドラマ‘きらきら光る’に登場する黄金欄(イ・ユリの方)は出生当時病院でさかさまになった限定院(キム・ヒョンジュの方)の平坦だった人生を揺るがし始めた。

パパの賭博借金に苦しむ内部事情で黄金欄は三十年近くぞっとする人生を受け継いできた。 黄金欄は当然享受するべきだった自分の分を取りまとめられなかったというくやしさが沸き上がった。 あたかも限定院が奪われてもしたように彼に向かって願望を降り注いだ。 彼のダイアリーを盗んで、周辺の人々の困惑させた。

過ぎた過去に対する佗びしいということと簡単に解きほぐすことができなくからまった家族史とぶつかった黄金欄. 総50回に進行される‘きらきら光る’は現在24回まで進行された状態で今後黄金欄が吹きだす毒気に視聴者たちの期待が集められている。

ひたすら成功だけ追って愛する人々を順に失った女がいる。 SBS連続ドラマ‘カボチャ花純情’でカン・ジュンソン(ペ・ジョンオクの方)は自身を一途のように愛した男ヤン・クァンウン(チェ・ジュニョンの方)と娘パク・スンジョン(イ・チョンアの方)に険しかった。 感情を表わさなかったし、そのような余裕もなかった。

幼くて両親に捨てられた記憶で育ったカン・ジュンソンは自身を守ることができるのはひたすら本人だけだと信じた。 その後で心は化石のように固まってしまった。 それは自身が産んだ娘にも同じこと. 愛をまともに受けたことないと信じるので(に)与える方法も分からなかった。

自身のためにヤン・クァンウンが事故(思考)で死亡するとすぐにカン・ジュンソンは一歩遅れた後悔で嗚咽した。 だが、カン・ジュンソンの冷たい心は簡単に溶けなかった。 相変らず娘には毒舌を浴びせて残忍に心を踏みにじった。 遠からずさらに多い涙を流して自らを恨んで絶望に陥るカン・ジュンソンの姿が描かれる。

写真=各ドラマ画面キャプチャー
キムイエナ記者yeah@tvreport.co.kr

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n04575
---------------------------------------------------------
'茨の鳥'ハン・ヘジン放映終了所感"気持ち変です"
スターニュース原文記事転送2011-05-06 09:34

ハン・ヘジンがKBS 2TV水木ドラマ'茨の鳥'最後の撮影所感を伝えた。

ハン・ヘジンは去る5日明け方3時15分頃自身のツイッターに"'茨の鳥'撮影を全部終えました。 気持ちが変ですね"として文を載せた。

引き続きハン・ヘジンは"やはりさっぱりすることができたがハ、本当に毎度難しいことですね。 この分かることはできない心を揺り動かすのは本当に"としながら惜しい心を伝えた。

これにドラマ'ハヤンゴタプ','済衆院'の利器院作家は"苦労しました。 その間苦労多かったんですってば。 ゆっくり休みながらおいしいということたくさん取りまとめて召し上がって下さい。 ヘジン氏はいつも私には最高の俳優です"として称賛の言葉を慎まなかった。

ネチズンは"常にドラマ取りまとめてみたファン(パン)として本当によく見ました!","ハン・ヘジン様とキム・ミンジョン様お二人様全部茨の鳥でなかったようです","最後まで本邦死守します","ご苦労さまでした。 ゆっくり休んで下さい"として応援のメッセージを送った。

一方'茨の鳥'は去る5日視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチ全国基準14.2%の視聴率で放映終了した。

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n05242
----------------------------------------------------------
‘茨の鳥’高貴な伝説は偉大な慕情、感動プレゼントして仕上げ
財経日報キム・ヨンジュ記者yjkim@jkn.co.krキム・ヨンジュ

‘茨の鳥’(脚本イ・ソンヒ、演出キム・ジョンチャン/製作GnGプロダクション)が去る5日出演俳優が全一桁に集まった特別なエンディングシーンで美しい好評の中に20回の大長征を終えた。

最後の放送分は4日19回放送分に続き自らの最高視聴率をまた再び更新、14.2%を記録した。 何よりも世の中で最も太くて鋭い可視に自身の情熱を傾けて最も美しい声を出すという題名‘茨の鳥’の高貴な伝説は偉大な慕情というメッセージが視聴者たちに暴風感動をプレゼントした。

‘茨の鳥’最終回ではユン・ミョンジャ(チャ・ファヨン)が記者会見を通じて自身の実の娘がハニュ卿(キム・ミンジョン)であり叙情は(ハン・ヘジン)を胸で抱くことになった理由を世の中に明らかにした。 免疫体系と関連した病気で倒れたユギョンは名字と丁銀の手厚い看護で健康を回復して自身を育てたママの中に帰った。

映画会社を占めようとするチェ・ジョンダル(パク・チイル)は息子チェ・カンウ(ソ・ドヨン)の阻止によって映画会社から退いて新しい事業を始めた。 丁銀は初めての映画主役を演じた‘不滅の愛’試写会で英祖(チュ・サンウク)とキスで永遠の愛を約束した。 ドラマの中人物は試写会を通じて一ヶ所に集まって映画を鑑賞した。 皆が幸せな美しいハッピーエンドだった。

‘茨の鳥’は20回が放映される間母性愛、そして家族に対する新しい接近法で好評を得た。 血管で結ばれた関係という伝統的な思考から抜け出して育てた情、そして各自の理由でお互いをかばう新しい家族形態を提示したこと。 ユギョンが捨てた生母と娘を胸で抱いて家族を成し遂げた丁銀がその例だ。

また‘ママの偉大さ’も呼び覚ました。 それぞれ違った理由で子供と落ちることになった名字とケスン(ソン・オクスク)が成長した子供たちと痛恨の和解の過程を描いたし、丁銀はユギョンの娘を胸で抱いて手厚い愛を表現したし、ユギョンやはり生母と和解して自身を育てたママの中に帰るなどドラマを通じて描かれた母性愛は感動それ自体であった。

この他にも男主人公は女性視聴者の感性を刺激する役割をやり遂げた。 イ・ヨンジョはいかなる誘惑にも揺れない馬鹿力ある志で過去の恋人あるいはパラムニョの間でどぎまぎする男主人公の姿と差別化された新しい‘志男’の姿を見せた。 チェ・カンウは丁銀の成功と愛のために最後まで彼女を守るロマンチックな影愛を成功的に描き出した。

‘茨の鳥’は20部が放映される間ロマンチック コメディが大勢である韓国放送関係者で正統感性メロドラマを指向して視聴者たちに感動的なメッセージと胸あの深いところを刺激するwell made感性で視聴者たちと一緒にした。

記事元 http://news.jkn.co.kr/article/news/20110506/5471245.htm
--------------------------------------------------------
メローと新派の間'茨の鳥'終わり…平均9.8%
ニューシス記事転送2011-05-06 13:03

【ソウル=ニューシス】ペク・ヨンミ記者= KBS 2TV水木ドラマ'茨の鳥'が自らの最高視聴率を記録して幕を下ろした。

AGBニールセン メディアリサーチによれば、5日'茨の鳥'最終回は視聴率14.2%を上げた。 同じ時間帯に放送されたMBC TV '最高の愛' 9.7%、SBS TV '49日'は14.7%で集計された。

3月2日5.9%で出発した'茨の鳥'は映画のような映像とOSTで着実に注目された。 しかし20回平均視聴率は9.8%に終わった。

ハン・ヘジン(30)とキム・ミンジョン(29)の善悪構図が中心だった。 不倫とどん詰まり要素などを抱いていながらも節制した点は注目するに値する。

視聴者たちは"慕情に対してまた感じられたし俳優らの演技力も良かった","中間に少し退屈だったりしたが久しぶりのなかなか良いドラマ","キム・ミンジョンをなぜそのように人間のクズで作ったか、人間として守らなければならない倫理と道徳は何か","感性メローでない新派劇に過ぎなかった"という背中多様な反応を見せた。

positive100@newsis.com

記事元  http://news.nate.com/view/20110506n11137
-------------------------------------------------
'可視'チュ・サンウク"ハン・ヘジン・キム・ミンジョンとキス思い出すということ"
スターニュース原文記事転送2011-05-06 18:27最終修正2011-05-06 18:46

[マネーツディ スターニュース ムン・ワンシク記者]俳優チュ・サンウク(c)写真=イ・キボム記者

俳優チュ・サンウクが去る5日放映終了したKBS 2TV樹木劇'茨の鳥'(脚本イ・ソンヒ演出キム・ジョンチャン)でハン・ヘジン、キム・ミンジョン二人の女主人公と全部キスシーンを撮影したのが最も記憶に残ると明らかにした。

チュ・サンウクは6日午後6時ソウル、汝矣島(ヨイド)63コンベンションで開かれた'茨の鳥'鐘方椽で"最も記憶に残る場面が何か"という問いに"ハン・ヘジン、キム・ミンジョン皆とキスシーンを撮影したこと"と話した。

彼は"毎場面みな記憶に残るが個人的にはキスシーンが一番記憶に残る"としながら"放送でキスシーンをとったことは多いがこうしたことは初めてであるようだ。 ハン・ヘジン、キム・ミンジョン氏お二人様皆とキスシーンをしてみた"と話して恥ずかしく笑った。

チュ・サンウクは"いつも作品が終わればすがすがしかったりさびしい"として"だが、今回の作品はどんな作品より物足りなさがたくさん残るようだ"と惜しんだ。

彼は"より良い姿をお見せすることができなくて惜しい"として"撮影会場でとても楽しく撮影したし3ヶ月がどのように流れたのか分からないほどはやく過ぎ去ったようだ"と伝えた。

一方感性の筆力街イ・ソンヒ作家と視聴率製造機キム・ジョンチャンPDが演出を引き受けて話題になった'茨の鳥'はハン・ヘジン、チュ・サンウク、キム・ミンジョンなど新世代トップスターをはじめとして1980年代を風靡したチャ・ファヨンが加勢しながら放送関係者の注目をあびた。

近ごろテレビ劇場でめったに見ない正統メロー劇で目を引いたが視聴率面では利益を得ることができなかった。 放送ずっと10%序盤低調な視聴率を記録した。

'茨の鳥'後続では来る11日からソン・ユリ、チョン・ギョウン、キム・ミンジュン、ミン・ヒョリは主演の'ロマンス タウン'が放送される。

記事元 http://news.nate.com/view/20110506n19990


スポンサーサイト



テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/6810-81b438d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード