FC2ブログ

2019-08

岩手・大船渡に行ってきました -- by くみさま

どこもかしこもこの世のものとは思えない状態で、現地はテレビでみるよりすごいと聞いてはいましたが、別世界に来たようで、私はなんだか実感がわきませんでした。


いとこのうちのあった場所です。
アパートがあったおかげで、屋根が流されずにすんだようです。
写っているのは、うちの子供たちです。
大船渡くみさま1

1枚目のアパートの反対側になる、お隣のお宅あとです。
向こうの方に見える家々は、道1本隔てたところにあるのですが、無傷です。
全壊と無傷は紙一重の様子に、大変おどろきました。
大船渡くみさま2

大船渡市は、1000軒ほどの全壊に対して、仮設住宅はまだ80戸しかできていません。
うちの親戚は、叔父叔母が2人とも歩けないので、仮設住宅に入ることができました。
6畳、3畳、3畳の部屋に5人で住むそうです。
家電製品は、ばっちりと完備されていて、寄付金等はこうゆうところで使われているようでした。
ドヨン王子の支援もこうして生かしていただいているのだろうと、とてもほっとしました。
赤十字から一時金もでたようです。
大船渡くみさま3

大船渡駅あと
大船渡くみさま4

別のいとこの家付近です。
すっかり流されてしまいいとこの家がどこだったかわかりません。
大船渡くみさま5

港から1km程離れたところに船が(^_^;)
大船渡くみさま6

大船渡のお隣の陸前高田市
84cmも地盤沈下し、美しい松原があったのですが、壊滅してしまいました。
大船渡くみさま7

スポンサーサイト



コメント

くみさま

レポートありがとうございました。

これが震災から約2ヶ月たった被災地の現状なんですね。
ニュースで見る映像、そのままなんですね。
ご親戚の皆様が、全員無事でいらして
本当に本当に良かったです。

立派なお家があったのに、これからまたお家を建てなければならないという
阪神大震災の時にも問題になった二重債務を
義援金で少しでも軽減されるよう、期待しています。

くみさん、ありがとうございます

2カ月近く経っているというのに、津波の爪痕の生々しさはそのままですね。
変わりない暮らしをしている私があれこれ言うのは申し訳ないような気がしますが
1日も早い復興を心よりお祈りいたしております。

くみさんご家族がはるばるいらして下さって、ご親戚の皆様も元気付けられたことでしょうね。
「今」を伝えて下さってありがとうございました。

くみさま 心よりお見舞い申し上げます

言葉もありませんが、日々変わらぬ生活を続けられることに感謝しております。

先日も、地域の義捐金の報告がありましたが、なかなか・・・でした。
日本全体で心を寄せていく思いを新たにしました。

においは..

寝泊まりは、同じ大船渡市内の山奥にある母の実家でしていました。

滞在中も地震が頻繁にあり、地鳴りというものを初めて聞きました。
怖いですv-12

疲れからか、風邪をひいてしまい、現地のにおいはよくわからなかったんです。
磯臭いのだけはわかりました。
いろんなにおいがすると主人は言っていました。

家はいつ建て直せるのと聞いたら、津波のあったところには、もう家は建てられないことになりそうだと、言っていました。
国が買い上げてくれるんじゃないかとは思いますが、土地すら奪われてしまうような形で、ちょっと衝撃でした。

なんといったらいいか・・・

言葉になりませんが・・・
くみさん、お疲れ様でした。
御親戚の皆様がご無事で、仮設住宅にも入居できて、少し安心されましたでしょう。

復興は少しづつ進んでいることと思いますが、長い時間がかかるのも事実ですね。
テレビのニュースも少なくなりました。
今自分に何ができるのかを考え続けること、忘れちゃいけないな、と痛感しました。

今も…

地鳴りのする余震があるんですね。
テレビやネットで瓦礫の映像を見る度に、余りの惨情に…自分が送る現実とのつながりが掴めません。
お身内が大勢被災されているくみさまにとっては、自分のいる場所と被災地は地続きなんですよね。私の中には被災地との間に大きな裂け目のようなものがあるような気がします。裂け目の向こうに友達がいるはずなんですが…
こうして、自分の知った方が撮った写真として見せていただくと、テレビで見るよりも心が近くなったような気がします。
ありがとうございます。

しかし・・・

1枚目のお写真を拝見すると
家の中にあった大切な物や思い出の物を
取ってくることも出来ないのではないですか?

最近、当時の津波の映像をテレビ番組で拝見しましたが、
本当に立派なお家も、立派な車や船も、津波の前では
簡単に壊れてしまって、大変ショッキングな映像でした。

くみさま、お疲れの中、お写真を見せてくださり、本当にありがとうございました。
私達も、東海沖も、関東直下型も、これまで以上に大きな地震が来ることを想定して
備えなければなりませんね。

あれから2か月たった今も、流された家々はそのままの状態なのですね。
改めて、普通に生活できることに感謝しなければと思いました。

今も、余震が続く被災地の皆さんが、せめて、一日も早く仮設住宅に入居できますようにお祈り申し上げます。

最近、こちらでは余震もすっかりなくなっていますが、また、いつ大きな地震が
来てもおかしくありません。 備えなければですね。

今も 緊急地震情報は出ていますよね

あるメルマガで読んだのですけれど、
地球の軸が今年までずれていて、地震が起きた頃には戻っていて、それでマグマの流れが変わってあの大地震になったとか・・・と。

戻ったので大きな地震も5月頃には終息していく・・・というような事が書かれていました。

本当に!!!

自然災害の凄さはこれまでも映像の中で見て来てはおりますが、この状況が自分に起きたらと思うと忘れてはいけない現実だなと思いますね。
お写真配信して頂きましてありがとうございます。日本列島一部がこの痛ましい姿が一日も早く回復してもとの美しい姿に戻る事を祈っています。

2ヶ月・・

くみさま、まだ、2ヶ月なのか、もう、2ヶ月なのか・・・
被災された、ご親戚の方の心の傷を思うと、早く、元の生活へと戻して差し上げたいですねv-409
何から手をつけていいのか、迷う時期から、住む所を確保されて、これからですねv-398
匂い・・色々な記憶の中で、綺麗にいつか片付いても、その匂いの記憶って意外と残るものですね・・・
v-405こんなに大きな3人のお子さまのお母さんなんですね~お若いので、
ビックリしましたv-398
お子さま達にも、この風景は忘れられないでしょう・・
少しでも、早い復興回復を願っていますv-343

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/6818-b0f7b9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード