FC2ブログ

2019-08

雑誌に掲載されたヒョジュちゃんインタビュー記事です

俳優とハン・ヒョジュの間
Posted on August 30,2011 byイ・ギョンテク
550main.jpg
ハン・ヒョジュはカメラの前でよく遊ぶことに有名だ。 彼女はカメラ レンズを手本として、顔色を見ることも人見知りすることもない。 そして大衆は彼女の遊びの中に陥ってしまう。 俳優ハン・ヒョジュが大衆に知らされたのもすでに6年目となる。 事実演技者として彼女だけに幸運である方に属しにくい。 彼女の積極的な性格と無茶苦茶な好奇心、探求欲が今日の彼女を引き出したと見られる。 新しい作品に入る時ごとに新しいキャンパスを準備していく女優ハン・ヒョジュ. 今回のインタビューを通じて彼女が描いていく下絵を共に鑑賞してみよう。

1.俳優ハン・ヒョジュはひたすら優しいのですか。 そのような面で大衆はハン・ヒョジュに非常に寛大なのですが。
:その間の配役に固まったイメージだから大きく気を遣いはしないです。 それでも私が確実に悪いことをして生きるということでもありませんから。 音. 非常に寛大です。 時にはその寛大だということが恐ろしいです。 だが、その波に振り回されなくします。 いまやっと二十代半ばですから。 前にしたい演技も多くて。

2.大衆は大韓民国俳優にとても多くのことを要求すると考えます。 演技だけ上手なことも大変なんだけど。
:それだけ俳優らに新しいものを期待するからです。 あの自ら浮気心が多いと考える方ではないが多様な分野に接しようと努力する方です。 絵を描くこと、文を書くことだけは一人だけの趣味で残したいです。 大衆に見える瞬間物事になってしまうからです。 ア。 この前にはその他も始めました。 時々する演奏とコードいくつかだけする水準だが。

3.本来音楽が好きだったんですか。 昨年グリーンミントフェスティバルでは歌も歌いましたね。
:お母さんが歌が上手にされました。 ミュージカル俳優志望生だったんですよ。 私は歌を歌うのを楽しむ方です。 ノーリプライと公演もそのようにして進行された巨体です。 私と共にした歌が最も快活でしましたよ。 (笑い)この前彼らの入隊前最後の単独公演も見てきました。 画報撮影車外国を行けばその時ごとに美術館はのがさなくなって行こうとします。 フィレンツェとパリは都市自体が美術館です。 都市、建築に対しては分かるのがあまりないがパリに行けば非常に複雑な都市なのに都市生活の一部門に芸術が席を占めています。 適当な現実とロマン、そして芸術性と世界性の共存.
poodlehyojoo.jpg
4.芸術話が出てきたので尋ねるが、演技も結局には脚本という枠組み中でなされる行為芸術でしょう。
:小説を読む時は作家の哲学、思想、知的な面を解釈しようとしたりするが、演技する時だけはこういう複雑な考えは完全に投げてしまおうとします。 そのような面で自分の次第で演技を消化する方でしょう。 演技という(のは)そうしたことでないでしょうか。 俳優が行う舞台が俳優に関係するところも大きいです。 環境から来る雰囲気が内部で入り込むからです。 舞台は演技者が感じることができる特別な体験をプレゼントします。 文を書いたり音楽をしたり、撮影会場の雰囲気が私たちの意識にあたえる影響を無視できないようにですね。

5.芸術作品は評価を受けるまで長い間の時間がかかるが演技はそうではありません。
:また、それだけ演技に対する評価は冷静です。 演技者は役割をよく得なければならないのではないかと思う問題が自分の成長のカギではないでしょうか。 そうした点で演技者は良い作品、適切な役割、能力ある演出家に会わなければならないという確信も高まって。 最上の調和が起きる時良い演技が出てくることができると考えます。 演技者も神経使わないことにはなりません。 インスピレーションというものを簡単に得るのではなくて。 ア、そして適切な休息. その休息期間にたびたび絵を描きます。 鉛筆で適当にスケッチをして水彩画染料でだまされる素早く満たします。

6.それならハン・ヒョジュの演技は心に描いている絵に忠実な方でしょうか。
:絵をあらかじめ考えようとしません。 自らの私の絵を描こうとするからです。 私の役割解釈により絵は現れるものです。 こういうインスピレーションは台本からくるが、私の幻想によって描く絵はより一層強烈でないでしょうか。

7.新しい配役と新しい人生、その間多くの作品を消化しました。 配役も多様だったし。 ハン・ヒョジュは感性を重視する俳優でしょうかでなければ知的な延期(煙、演技)を重要視する俳優でしょうか。
:二つともとても重要な要素なのに感情の呼び掛けにより解釈する人がいて、分析してコントロールして計算的な演技をする演技者もいるからです。 現場把握を即興的対応で連係させる即興性の効果を誘って深い境地まで体得して消化する即興的な俳優もいます。 そのような観点で見れば私は芸術家になるにはとても理性的だと考えます。
chairhyojoo.jpg
8.自らが追求する演技がどんなカテゴリーに属すると自信ありげに区分するということは真に難しくありませんか。
:幼い年齢演技を始めて、自らの自我を探そうとした時期にそれを解決しようとする初めての方法で私自身で関心を向けてみました。 空のキャンパスに何を描かなければならない広くて果てしないということの中で、冷静に国は事実を認めること。 自身を認める瞬間から作品が楽になり始めました。 何に関心があるのか何をしたいのかに対する確信がない状態でそれを探し回る試みを私自身を対象に引き出してみたかったです。 作品を解釈するということは一種の冒険、一種の未知の航海、前を分からない冒険と同じですから。

9.まだ摸索段階とそうではないでしょうか。 演技者が自分の演技世界が明確になる刹那が明らかにありますから。
:演技は私に生命力を付与してくれるでしょう。 明らかに、演技が広くなるほどそれだけ鷹人生は充満されるのを感じたいびきをかいたします。 演技する瞬間に自分の演技をそのまま感じることはできません。 それで時には演技を分からない人に私の演技を見せたいです。
blackhyojoo.jpg
撮影会場で見た(本)彼女はやはり快活だった。 少なくとも数百個の目が自身を凝視しているのにも彼女は別に概念分しないように一人で面白味を出して面白味の中に大衆を追い込んでとても軽く自らの役割をする姿でふっくらと飛ぶ躍動感を習うことができた。 若くて硬い個人の能力が後押しされて立派なアンサンブルを成し遂げる演技者が必要な時点でなかなか良い作家を1人紹介された気持ちだ。”

ハン・ヒョジュHan Hyo Joo俳優. 87年2月生. 2003年デビュー.

イ・ギョンテク、Lee Kyung-taekウェブマガジンVMSPACEエディター. 弘益(ホンイク)大学校建築科を卒業後設計実務から来る無気力さとけだるさが嫌いで逃避中. 都市と建築そして芸術の接点で発生する多様な事件に関心を持っている。

記事元 http://magazyn.co.kr/7053

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/7355-6caadc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード