2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョジュちゃん インタビュー記事です

‘ただあなただけ’ハン・ヒョジュ、“正統メロー、砂漠のオアシス同じで”
htm_20111014175128020000020201-001.jpg
-<ただあなただけ>は久しぶりに愛という感情で‘直球勝負’という作品だ。 それこそ女優らの‘ロマン’ではないのか?

正統メロー. その点が最も魅力的だった。 20代が終わる前に必ず熱い愛映画に一度会いたかった。 多分女優ならば誰でもそのような欲があれば良かったのに? 軽くて楽しい愛映画はたびたびあるが、正統メローはますます減っていく。 それでシナリオをぴったり受けた時、砂漠でオアシスを発見した感じだった。 すでにソン・イルゴン監督様とソ・ジソプ先輩が共にすることに決定されていた。 しない理由がなかった。

-とても自信あふれる答だ。 女主人公浄化が視覚障害者という設定は大きく負担にならなかった形だ。

なんと? 負担があまり大きかった。 睡眠も寝られないで、食べ物食べるに従い胃もたれして。(笑い)多くの観客がすでにハン・ヒョジュに障害がないという事実を知っている。 だから少しだけ演技を間違っても“エイ、何なの? にせ物演技ティー私!”と考えることではないのか。 私が狂いが生じれば映画全体にご迷惑をかける状況だと、負担が大きかった。 準備はたくさんしたが、実際に撮影を始めると本当に広くて果てしなかった。 全部見えるが、全く見えないふりをしなければならなくはないか。 いっそ目をとじている設定ならば気楽だったはずなのに、広々と目みなあけても‘見えない’状態を演技しなければならないから。 アル・パシーノ(<女性の香り>で視覚障害者を演技した),尊敬する。

-最小限‘にせ物演技ティー出る’という話を聞きそうなことはない。 とても自然だったのに?

準備はたくさんした。 映画も見て、ドキュメンタリーも参考にして、視覚障害者の生活を経験するために眼帯を使ってご飯食べて、道も歩いて。 そのような経験が演技に直接的な助けを与えたということより、浄化の心を理解するのに役に立った。 私は体験が終わって眼帯を脱げば世の中をまた見ることができる。 見たくても見られない浄化はどれくらい大変か。 不思議な経験もした。 前を見られない浄化になったと考えると、後ほどには見解より嗅覚と触覚が発達したよ。 遠くから‘牛おじさん’が現場に到着すれば、臭いで正しく知った。 相手の臭い、声、温度、雰囲気が残像のように、薄いアウラのように感じられるが、気持ち妙だった。

-ところでなぜソ・ジソプを‘牛おじさん’と呼ぶか?

(笑い)映画で浄化がチョルミンを‘おじさん’と呼ぶのがクセになった。 私が普段にも‘兄さん’という話をよくしない。 現場で‘先輩’と呼んだところ、人々がとても情のなく見えるといったよ。 直接お尋ねした。 “兄さんが良いですか? おじさんが良いですか?”(笑い)すぐ“そのままおじさんと呼んで”といわれた。 それで呼称整理しただろう。(笑い)

-<ただあなただけ>の浄化は特別なクセがある。 ためらう事なく“私たちの同じ人は,私同じ人は”式で自身の状況を明確に説明する。 自ら‘弱者’と考えない漸移新鮮だった。 見苦しい様子もなくて、猫かぶりもなくて。(笑い)

“私たちの同じ人畝は挨拶する時このように手を握ってくれますよ。”その大使はソン・イルゴン監督様が一番好む大使だ。 実際視覚障害者がよく使う表現なのに、私がよく生かしたのか分からない。 ソン・イルゴン監督様は浄化が明るかったら良いといわれた。 私の考えにも浄化は基本的に‘明るい人’だが、自分のミスで視力も失って両親も失ったぞっとしたことを体験した。 ひたすら明るいはずがない役割ではないのか。 他の見方をすれば‘生きたくない程’苦痛なことだ。 だが、浄化は“それでも暮らしてみよう!”と考える友人だ。 本当に強い人であって。 大胆な面もあって。

-男女が偶然に会えて運命のような愛を始める。 浄化はなぜチョルミンを愛することになったのだろうか?

私も本当にたくさん自らに尋ねた。 浄化はなぜチョルミンを愛するだろうか? 長い間の自問終わりに結論を下した。 理由がない。 いつその愛が始まったかもしれない。 そのまま自然に、いつからかそばに必須な人になってしまったことだ。 愛はそうしたのではないだろうか?

-そのような愛してみたことがあるか?

よく分からない。 恋愛はしてみた。 それが愛繋いだのかと尋ねれば、さっさと自信ありげに“はい”と答はできない。 私が考える愛はママが子供にあたえる愛のように、その人のために献身することができる愛だ。 私を捨てても惜しくない、献身的である面があってこそ愛だと考えるが、私はまだ利己的であるようだ。 そのようにしようとしても、自らブレーキをかけるようだ。 私の経験ではないが浄化ならば本当に愛することができそうだった。

-キャラクターに同意をしてこそ演技ができるようだ?

本来は同意をしてこそ演技できる性格であったのに、<トンイ>(MBC,2010)をとりながらたくさん変わった。 ‘同意’をできなくても‘トンイ’を演技したから….(笑い)申し訳ない。

-ユーモア感覚が年齢に比べてだいぶ古典的だ。 本来こういう苦戦ユーモアを楽しむのか?(笑い)

私つまらないだろう? 監督様もいつも“君はみな良いが愛嬌とユーモアがなくて”ととがめられた。(笑い)事実監督様も私に‘ユーモアない’でとがめる境遇ではない。 監督様もいつも真顔になられたら。 だから現場がどれくらい無愛想だったか。 ソン・イルゴン監督様牛おじさん、そして私三で“私たちのとてもつまらないだろう?”と嘆いた。(笑い)それなりに現場雰囲気を盛り上げる役割は牛おじさんがした。 ちょっと意外ではないのか? やはり先輩はすごいと考えた。
htm_20111014175128020000020201-002.jpg
-過去<ムービーウィーク> 497号で‘新チケット パワー’で映画投資、配給、製作会社関係者たちにアンケート調査をした。 次世代期待の主女優でハン・ヒョジュを挙げる返事が多かったのに?

オ? 本当に? 私をなぜ? その話を聞くと地の果てで消えて入るようだ。 肩が重くて。(笑い)その言葉が冗談にならないように、さらに熱心にするしかないだろう。 事実今までは休む隙間なしで走った。 果たしてこのように休まないながら働きさえしても私のからだが持ちこたえられるか考える暇もなく走った。 少しの間ことなしで休んだが、休むのがかえってさらに大変だった。

-ワーカホリックか?

本当にしてみないでいない。 演技だけでなく、MC,娯楽番組にもたくさん出て行ったし、新人としてできるのは、人の口に戸は立てられない片っ端からすべてした。 今でなければまたいつするようで、ことをのがしたくなかった。 俳優を職業とする前から、大きい目標があったよ。 本当にとんでもないけれど。(笑い)例をあげれば、私は演技をして後ほどハリウッドに行くのだ! こうしたこと?(笑い)かえって仕事をしながら具体的な目標が見えるようだ。

-具体的な目標は何か?

演技が上手だったら良いだろう。(笑い)や自ら私が演技できないのが嫌いだ。

-突然なぜ自虐モードに急変するか?

自分の演技に満足にならない時があるのではないか。 今は少しずつ楽しみながら、ある作品をしてもやりがいを感じながらしたいがまだうまくできない。 その上私のように‘明るくて元気な’イメージで固定された俳優は危険要素も多い。 意図的にそのようなイメージを作ったのではない。 私の性格でもある。 周辺を気楽にして上げたくて配慮もたくさんして、表情もたくさん見る性格だと、ひとまず人々を見れば笑った。 笑わなければ私がぎこちないから。 ところでそのような姿が積もって見たら雪だるまのように増えてとても退屈だった。 笑わないでいても私は気楽だから。 ところである瞬間笑わなければ人々が“何かあるのか、疲れるのか?”と尋ねる。(笑い)とてもはやくなく、少しずつ違う姿も見せるつもりだ。

-笑う顔がとても美しくてそうだ。 大衆がずっと見たい程気持ち良い‘笑い’を持っている。

分かる。 誰かを気持ち良くさせるのは、とても充ち足りたことだ。 <きらびやかな遺産>(SBS,2009)と<トンイ>を撮影しながら最も良かった点を挙げろと言うなら、知人たちに“ありがとう”という文字を受ける時であった。 ドラマを見て肯定の力を感じたと、1週間が楽しいとおっしゃられるのがどんなに甲斐があったのか。

-<ただあなただけ>の浄化も結局観客を幸せに、楽しくさせてくれることができるだろうか?

そうしたら良いだろう。 果たして浄化とチョルミンが幸せになりえるかは劇場で直接確認すれば良いだろう。 素早く耳打ちしようとするなら私は良い。 希望があったら。

-希望という話を好むようだ。

(しばらく考え)もちろん映画の中希望は作られた‘にせ物’希望だ。 だが、にせ物でも私は希望をあたえる映画が良い。 どんな状況にも希望を抱いて人生を肯定するのは本当に難しいことだ。 反対に難しい状況で弱気になり悲観的に変わるのはとてもやさしい。 にせ物であっても希望を抱くのは、すべての人に良いことではないか? 幸せで笑うのでなく笑うから幸せだという言葉もないか。 たとえ作り出した希望であっても、誰かその希望で笑いを得るならば演技する人として幸せなようだ。

2011-10-14パク・ヘウン記者

記事元 http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=27701

スポンサーサイト

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

後ろを止めていないだけ?

今、まさしく20年前のこのてのブラウス着ています。

洋服は捨ててはいけませんよ・・・
BIGな服が流行った頃、たっぷりとしていたので、肩パッドを外し、裾にゴムを入れてブラウジングして着ています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung2.blog68.fc2.com/tb.php/7666-0136931a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Riebom

Author:Riebom
2006年、NHKBS2で放送された「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんの魅力に撃沈しました!

We Love Seo Do-Young!が手狭になり、この度引っ越してきました。旧ブログもいつでも開店しておりますので、昔の記事をご覧になりたいお方はいつでもいらしてください。
http://lovedoyoung.
blog73.fc2.com/

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

また、mkmさまのブログ
SPRING WALTZ ピアニスト クリス・ユンの誕生と復活の物語
にて「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」と「ドラマの後の物語」が発表されています。
http://springstory2.
blog12.fc2.com/
ぜひご覧ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ソ・ドヨン (16)
ソ・ドヨン日本公式ファンクラブ (8)
KBS「あなただけ」 (98)
「いばらの鳥」 (87)
OCN「夜叉」 (56)
「いばらの鳥」紙芝居 (138)
「夜叉」紙芝居 (63)
「チング~愛と友情の絆~」 (138)
「チョルラの詩」 (90)
「チョルラの詩」試写イベント (46)
「天下無敵イ・ピョンガン」 (47)
「天下無敵イ・ピョンガン」エドワード動画 by mimi (14)
「天下無敵イ・ピョンガン」紙芝居 (26)
NHK「ハングル講座」 (40)
「チング」再視聴by春頭さま (2)
「チング」紙芝居byニャン吉さま (3)
「チング」紙芝居速報 (18)
「チング」サンテクシーン動画by春頭さま (21)
「春のワルツ」関連 (66)
「春のワルツ」BGMリスト (24)
「オー!サラ」 (1)
「止められない結婚」 (4)
「愛の記憶」関連 (1)
「ぼくは君に惚れた」 (1)
「快傑春香」 (3)
「海神」 (3)
その他テレビ番組 (73)
モデルドヨン (9)
日付記録写真による撮影日記 (12)
ソ・ドヨン掲載記事 (1387)
関連記事 (2115)
ツアー/ファンミーティング (214)
お出迎え・お見送り (71)
グッズの紹介 (41)
ファン活動 (105)
モバイル公式 (8)
ソ・ドヨンについて考える (281)
ダニエル・へニーの部屋 (177)
ハン・ヒョジュの部屋 (906)
「SPRING WALTZ - 空白の15年」 (5)
釜山のお勉強 (0)
はぴさまの写真 (20)
おまっちゃさまの作品 (16)
徐・勇さまの作品 (2)
イチゲンさまの作品 (87)
まぷママさまの写真 (2)
mimiさまの作品 (17)
ぴんくさまの写真 (5)
春頭さまの写真 (29)
ゆば~ばさまの写真 (15)
Hirokonさまの写真 (7)
ニャン吉さまの作品 (10)
青空さまのお写真 (7)
Camoさまの作品 (3)
Pansyさまの作品 (9)
どっきりポスター (5)
OPPESHAN22さまの作品 (18)
依依さまのお写真 (19)
花音さまの写真 (4)
チングBさまのレポート (7)
◎リスちゃんの写真 (2)
pukupukuさまのお写真 (39)
まあこさまのお写真 (3)
韓国の食文化 (14)
占い (2)
韓国旅行情報 (4)
妄想デート (5)
Riebomの写真 (66)
未分類 (153)
「あなただけ」紙芝居 (42)
春のくちづけ (5)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。